iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

2019年4月のスマホゲームレビュー(電ファミニコゲーマー掲載)

iPhone AC で公開していた最新のスマホゲームレビューは、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」さまに移転しております。(経緯は こちら をご覧下さい)

以下は 2019年4月 に電ファミニコゲーマーで公開された、当方のゲームレビューのリストです。
レビューの公開は iPhone AC の サイト / 当ブログ、及び Twitter でも告知し、記事ページに移動できるようにしております。

※お知らせ:ゴールデンウィーク中は、新しいレビューの公開はお休みとなります。

----------

4/26:ユグドラ・ユニオン
yggdraunion
可愛らしいキャラクターに似つかわしくない、重厚な物語と高い難易度、特異なゲームシステムを持つ、戦記物のシミュレーションRPG。
GBA や PSP で発売されていた作品で、スマホ版は PSP からの移植。
EASY モードや戦闘の高速化、アンドゥ機能やオートセーブが加えられており、オリジナルより遊びやすくなっているが、かなりコアゲーマー向けの作品。
レビューはプレイガイドを兼ねています。

4/25:This War of Mine: Stories
TWoMs1
戦火の中で娘の命を懸命に守ろうとした、ある父の物語。
戦災の中で生きる民間人のサバイバルを描いた作品「This War of Mine」のストーリーバージョン。
難易度はオリジナルより低く、チュートリアルのような印象もある。価格も安め。
全3エピソードが予定されており、その最初の作品。

4/22:ポプテピピック++
pptp
クソアニメをクソゲー化した自動進行のハクスラ系アクションRPG風クソアプリ。
Nonstop Knight」に似た内容で、主人公は勝手に戦い、装備の強化によりダメージやHPがどんどんインフレしていく。
ボイスが男性verと女性verに交互に切り替わるなど、ポプテピらしい演出を備えている。

4/18:Rush Rally 3
rushrally2
自然豊かなオフロードコースでタイムアタックを行うリアル系ラリーレースゲームの最新作。
繊細かつ大胆なドリフトを駆使する走りが魅力だが、リトライを繰り返しながら1秒を削っていくゲーム性はかなりストイック。
グラフィックが美しくなっており、車体の汚れやライトの明かり、雨や雪の表現、ぶつかったところが凹む車体ダメージなど、演出面もリアルになっている。

4/15:ダンジョン・ウォーフェア2
dungeonwarfare
Steamでもスマホでも人気になった、ルート可変型タワーディフェンスの名作の続編。
通路を埋め尽くす圧倒的物量の敵を数々のトラップで一網打尽にしていく。
基本部分は変わっていないが、スキルや装備アイテムが追加され、新たな敵やトラップも登場。
レベルを際限なく上げられ、周回プレイもあるなど、やり込み要素が強化されている。

4/11:エバーテイル
evertale
「ドラゴンアイランドBLUE」や「ハンターアイランド」、「ネオモンスターズ」の後継となるモンスター収集RPG。
今回はポケモン的な内容ではなく、王道ファンタジーのストーリーとなっており、グラフィックも大幅に改善されている。バトルも相変わらず戦略性が高い。
第二幕からスタミナ制になるため、その点で過剰に叩かれているが、第一幕は普通のフィールド移動型RPGであり、一幕だけでも十分なボリュームがある。

4/8:アボ(Avo)
avo
主人公はなんと「アボカド」。実写映像の研究所の中を歩き回るムービーアドベンチャー。
アボカドは CG だが、それ以外はすべて実写で、しかも主人公の移動に合わせて背景の人が振り向くなど、自然な映像が流れる。
ショートムービーと言えるが、海外ドラマのような物語を楽しめる。

4/4:Pirates Outlaws
piratesoutlaws
海賊がテーマのデッキ構築型ローグライク・カードゲーム。
カードを使って戦うソロプレイの RPG だが、手札の使い方より、カードの強化と破棄で「デッキ圧縮」をすることが勝利のポイントとなる。
他のローグライク・カードゲームより遊びやすく、ビジュアルセンスに優れ、アプリも安い。

4/1:DJノブナガ
djnobunaga
サウンドは中田ヤスタカさん、ゲームデザインは「グルーヴコースター」の石田礼輔さん、アートデザインは「ウゴウゴルーガ」などで知られる田中秀幸さんという、名うてのクリエイターが携わった戦国DJ音楽アクションパズル。
2018年7月にスタートし、2019年2月に終了したソーシャルゲームを買い切り化した作品。
音楽ゲームではなく、音楽がテーマのアクションパズル。

----------

2019年3月のレビューリストは こちら をご覧下さい。

2019年3月のスマホゲームレビュー(電ファミニコゲーマー掲載)

iPhone AC で公開していた最新のスマホゲームレビューは、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」さまに移転しております。(経緯は こちら をご覧下さい)

以下は 2019年3月 に電ファミニコゲーマーで公開された、当方のゲームレビューのリストです。
レビューの公開は iPhone AC の サイト / 当ブログ、及び Twitter でも告知し、記事ページに移動できるようにしております。

----------

3/28:映画スタジオ物語
eigastudio
カイロソフトの新作。スタッフと出演者を集めて映画制作を行う経営シミュレーション。
「ゲーム発展国」や「アニメスタジオ物語」のような、ジャンルとテーマを組み合わせて娯楽作品を作るゲームで、施設配置型ではない。
初心者向けと言えるが序盤の資金繰りが厳しく、無駄遣いを控える運営が必要。

3/25:信長の野望・烈風伝
reppuden
全国版から数えて「信長の野望」シリーズの7作目。DS版からの移植。
マップ上に畑や村を建設していく箱庭内政が特徴で、「全国版」や「風雲録」などの初期の信長の野望とはかなりシステムが異なる。
合戦は従来のようなターン制のシミュレーションだが、武装変更や陣形など細かいルールが多い。
DSのゲームとしては風雲録より前の作品なので、グラフィックはやや見劣りする。

3/22:ブレイブフロンティア ローグストーリー
brefrorogue
人気作「魔女の迷宮」を踏襲した「不思議のダンジョン」系のローグライク。
「風来のシレン」と発売日が重なったが、シレンは上級者向け、こちらは初心者向けと言える。
操作性はこちらの方が優れており、ボタン配置やレスポンスが良く、スマホでもプレイしやすい。
初心者向けと言っても、後半のダンジョンは相応に手強い。

3/18:Snakebird Primer
snakebirdprimer
シンプルなルールで見た目もフレンドリーなのに、中身は激ムズのガチなパズルゲーム「Snakebird」の初心者向けバージョン。
解き方の基本やしかけの使い方をプレイしながら学べる、チュートリアル的な内容になっている。
前作の経験者にとっては物足りない内容だが、前作がムリだった人でも楽しめそうな難易度。
ただ、初心者向けなのに、価格は前作より高い。

3/15:不思議のダンジョン 風来のシレン
shiren
日本型ローグライクゲームの名作、本家「不思議のダンジョン」の待望のスマホ版。
2006 年に発売された DS 版の移植で、アイテムの持ち込みが可能な3つの新ダンジョンが追加されており、イベントなども増えている。
バランスも変化しており、その点でオリジナルのプレイヤーからの批判もあるが、言われているほど問題ではない印象。

3/11:Evolution: The Video Game
デジタルボードゲーム。本体無料、フルバージョン化 1200 円。
evolution
生物の環境適応と生存競争を描いた、「進化論」がテーマの壮大なデジタルボードゲーム。
カードを使って動物を繁殖・進化させ、エサを食べた数を競う。
肉食動物を作って他のプレイヤーを直接攻撃することも可能。
英語のゲームだが、レビューの末尾にカード効果の和訳を掲載。

3/8:テクテクテクテク
(iPhone AC 内に掲載)
位置情報ゲーム。本体無料+アイテム課金型。
※このゲームは6月17日での運営終了が発表されました。
teku4
カドカワの決算発表で約8億円の赤字を出していることを晒され、ドワンゴの社長解任、さらに子会社から孫会社に格下げされる「戦犯」となってしまった、大爆死のニコ動文化的な位置情報ゲーム。
地図を塗りつぶして陣地を広げていく内容で、同じ位置ゲーでもポケモンGOやイングレスとは全く異なる。
実は田舎でも楽しめる良質の位置ゲーで、ユーザーの評価は高かったのだが・・・

3/7:黒い砂漠 MOBILE
3DアクションRPG(放置可)。ソーシャルゲーム。
kuroisabaku
PCで2015年から運営されているMMORPGのスマホ版。無双系の3DバトルRPG。
スマホ最高レベルの美しいグラフィックが魅力だが、ゲームは典型的な韓国ソシャゲで、移動も戦闘も回復もオートにすることができる「自動無双」。
そのぶん難しい操作は必要なく、放置でもレベル上げできるスマホ向けのシステムを持つ。

3/4:Strange Telephone(再レビュー)
ショートアドベンチャー。480円。
strangetelephone
6桁の電話番号で生成される、小さく奇妙な、壊れた世界を少女が放浪するショートアドベンチャー。
2017年に公開された作品だが、ボリューム不足を指摘する声が多く、賛否が分かれていた。
先日、ボリュームを拡充したアップデートが公開されたため、改めて再レビュー。
ボリュームはまだ不足気味だが、ゲームは遊びやすくなっている。

----------

2019年2月のレビューリストは こちら をご覧下さい。

【ニュース】ゲーム定額制サービス「Apple Arcade」発表

日本時間3月26日の午前2時より始まった Apple のスペシャルイベントで、ゲームサブスクリプションサービス(ゲームの定額制サービス)である「Apple Arcade」が発表されました。
音楽聴き放題サービス Apple Music のゲーム版だと思えば良いでしょう。

applearcade

スタートは「2019年 秋」の予定。
月額制で、登録された100以上のゲームを遊び放題、150の国と地域でサービスを開始するとのこと。

コンセプトとしては、

・Easy to Use(簡単に扱え)
・Attention to detail(詳細で)
・Private and secure(安全で)
・Expert curation(整理されていて)
・Personalized(個人に合わせた)
・Family Sharing(家族でシェアできる)

サービスを目指すとのこと。

applearcade02

また、「広告なし」で「追加課金もなし」、異なる iOS 機器でのデータ共有が可能で、オフラインでもプレイが可能とアピールされていました。

紹介冒頭で「我々はゲームの広告や課金の問題を何とかしたい」と語っており、その解決策のひとつであると説明されています。
「我々は個人データを絶対に収集しない」という、安全性のアピールも繰り返されていました。

「オフラインでもプレイできる」という点は、ストリーミングサービスである Google の「STADIA」との差別化にもなっています。

applearcade03
続きを読む

【ニュース】新 iPad Air & 新 iPad mini 発表

日本時間2019年3月18日、Apple Store のサイトが一時閉鎖され、復帰後から新しい「iPad Air」「iPad mini」の販売が始まりました。
発表会などを伴わない、サイレントでの公開です。

ipadmini

先日までの iPad のラインナップは、「iPad(無印、2018)」、「iPad Pro 10.5インチ(2017)」、「iPad Pro 11インチ(2018)」、「iPad Pro 12.9インチ(2018)」でした。

そこに「iPad mini(2019)」が加わり、「iPad Pro 10.5インチ(2017)」は廃されて、代わりに「iPad Air(2019)」が入っています。
続きを読む

2019年2月のスマホゲームレビュー(電ファミニコゲーマー掲載)

iPhone AC で公開していた最新のスマホゲームレビューは、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」さまに移転しております。(経緯は こちら をご覧下さい)

以下は 2019年2月 に電ファミニコゲーマーで公開された、当方のゲームレビューのリストです。
レビューの公開は iPhone AC の サイト / 当ブログ、及び Twitter でも告知し、記事ページに移動できるようにしております。

----------

2/28:MIYAMOTO
ボードゲーム(将棋/チェス系)。360円。
miyamoto
純和風のミニチュアゲームのようなビジュアルが欧米で評判になっていた、思考型のボードゲーム。
カードを使ってコマを配置するが、ドイツゲーム系と言うより、将棋やチェス系のゲーム。
レベルアップやパワーアップといったものがなく、運と実力で最終ステージを目指すストイックな作品。

2/25:Throne Quest
全方向スクロールシューティングRPG。360円。
thronequest
広いフィールドとダンジョンを自由に旅する、オープンワールドの RPG を手軽にアレンジした作品。
9th Dawn II」を作者が自らカジュアル化したもので、攻撃がショットになっているため、2スティック制の全方向スクロールシューティングのようなプレイ感になっている。
文字がほとんど出て来ず、言語の問題はない。

2/21:ナイト・アンド・ドラゴン2 - 狂乱の時代 -
RPG。360円。
knightanddragon
ほぼテキストだけのゲームだが、TRPG のような雰囲気と、自由度の高い育成を持つ、ハクスラの楽しさが詰まった古典風 RPG。
スマッシュヒットとなった前作の正統進化と言え、システムに大きな変更はないが、ボリュームはかなり拡大、インターフェイスやバランスも調整されている。

2/18:ヘクソニア
4X(シヴィライゼーション型)ストラテジー。無料+α。
hexonia
シヴィライゼーションを小型化したような文明興亡ストラテジー。
早いときは5分で決着が付くほどの小さな作品だが、シヴィライゼーションにあった領土の拡大、都市の開発、技術の獲得、そして文明間の戦争が、面白さを損なうことなく盛り込まれている。
The Battle of Polytopia」の模倣作と言えるが、グラフィックやインターフェイスに優れ、日本語化されているのも嬉しい。

2/14:Silent Abyss-fate of heroes
ローグライク・カードバトルRPG。120円。
silentabyss
デッキ構築型のローグライク・カードバトルRPG。
ソロプレイのゲームだが、TCG(トレーディングカードゲーム)のようにカードの効果を組み合わせて戦うシステム。二人パーティーなのも特徴。
Card Quest」より難易度が低く、見た目も取っ付きやすい。
英語のゲームだが、レビューの末尾にカード効果や状態変化の和訳を掲載。

2/7:ファンタジーライフ オンライン
生産系アクションRPG。ソーシャルゲーム。
fantasylifeonline
MMORPGをソロプレイ用にしたような、レベルファイブが3DSで発売していた人気作のスマホ版。
可愛らしいキャラの見た目と生活がテーマの内容から、「ラグナロクオンライン」や「どうぶつの森」と並べて語られることが多いが、生産重視のアクションRPGであるため「Ultima Online」の方が近い印象。
基本的に1人用なのでプレイ感としてはアトリエ系。
ソシャゲ化されているためガチャやスタミナがあるが、それらをあまり気にせず遊べる。

2/4:Beat Cop
警察官シミュレーション。600円。
beatcop
濡れ衣で降格させられた元刑事のアウトロー警察官が、犯罪都市ニューヨークのストリートをパトロールしつつ、路上の車に駐車違反の切符を貼りまくる不良警官アドベンチャー。
内容は違えど、そのプレイ感は「Papers, Please」を彷彿とさせる。
1980年代のポリスドラマをテーマにしたストーリーと、レトロな雰囲気を醸し出すドットグラフィックが魅力。

----------

2019年1月のレビューリストは こちら をご覧下さい。

2019年1月のスマホゲームレビュー(電ファミニコゲーマー掲載)

iPhone AC で公開していた最新のスマホゲームレビューは、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」さまに移転しております。(経緯は こちら をご覧下さい)

以下は 2019年1月 に電ファミニコゲーマーで公開された、当方のゲームレビューのリストです。
レビューの公開は iPhone AC の サイト / 当ブログ、及び Twitter でも告知し、記事ページに移動できるようにしております。

----------

1/31:ポケット戦国(再レビュー)
戦略シミュレーション。960円
pocketsengoku
300の城と1300人以上の武将が登場する骨太で本格派の戦国シミュレーションゲーム。
2016年に公開された作品だが、大型アップデートで新シナリオ「本能寺の変」や新システム「決戦」などが導入されたため、電ファミ読者向けに再レビュー。
「本能寺の変」では信長の死後の織田家の混乱と、後継者争いの様子が細かに再現されていく。

1/28:The Greedy Cave 2
ローグライク風RPG。無料。
thegreedycave2
ロングヒットとなっていた「貪欲な洞窟」の続編。
ダンジョンやアイテムは自動生成だが、戦闘は半オートのターン制バトル、レベルは引き継ぎという、普通のRPGとローグライクの中間のようなシステムを持つ。
前作を踏襲した内容だが、グラフィックは大幅に強化された。

1/24:Tropico(トロピコ)
都市開発独裁シミュレーション。1400円。iPad専用
tropico
アメリカとソ連の干渉があるカリブ海の小国の大統領となり、住民に仕事と住居を与え、支持と賄賂を集めていく都市開発「独裁者」シミュレーション。
トロピコ3の iPad 移植版で、タッチパネルでも快適にプレイできるインターフェイスを持つ。
土地はそれほど広くなく、規模的には「村開発」だが、住民ひとりひとりに家・職場・スキル・趣向が設定されていて、リアルな経済・生活シミュレートが行われている。
記事はレビューと言うよりプレイガイドになっています。

1/21:Twinfold
ローグライクパズル。480円。
twinfold
パズルの名作「Threes!」と「Imbroglio」を足したような、奇妙で独特なゲーム。
頻繁に変わる迷路の中で、画面をスライドして敵を含む全てのパネルを動かし、敵は撃退し、アイテムは合体させて回収していく。
シビアな難易度で、慣れないうちはすぐに終わってしまうが、コツがわかれば長く遊べる思考性の高いゲーム。

1/17:はじめてのA列車で行こう
鉄道会社経営&都市開発シミュレーション。480円。
はじめてのA列車で行こう
列車の運行によって駅周辺の発展を促すことができる、間接的な都市開発の要素を持つ鉄道会社経営シミュレーション。
初代の「A列車で行こう」を現代風にリメイクした作品で、グラフィックは 3D 化されており、雰囲気もポップで楽しげなものになっている。
チュートリアルの出来が良くなく、プレイ方法がわかりにくいのが難点ですが、それを補填するレビューにしています。

1/15:大航海時代Ⅳ
歴史シミュレーション+RPG。1900円。
daikoukai4
16世紀の「大航海時代」を舞台に、艦隊を率いて交易を行い、時に海戦を繰り広げる、コーエーの海洋冒険シミュレーション。DS版の移植。
従来の大航海時代より後の時代で、探険よりも各海域での勢力争いが中心となっている。
システムが簡略化されており、「大航海時代2の縮小版」といった印象。
5のようなソシャゲではないのでご安心を。

1/10:7 Billion Humans(セブン・ビリオン・ヒューマンズ)
プログラミングパズル。600円。
7billionhumans2
コンピュータープログラミングを擬人化した名作『Human Resource Machine』(ヒューマン・リソース・マシン)の続編。
命令語のパネルを並べて条件を満たすプログラムを作成するゲームで、今回は多くの社員が同時に動く並列処理(マルチタスク)になっている。
新たな命令語が登場し、既存の命令も拡張され、よりスマートなプログラムを組めるようになった。
今回は最初から日本語化されているので安心。

1/7:レイトン教授と悪魔の箱 EXHD for スマートフォン
ナゾ解きアドベンチャー。1200円。
レイトン教授と悪魔の箱
英国紳士の「レイトン教授」が活躍するナゾ解きミステリーアドベンチャーの2作目。
開けると死ぬと言われる「悪魔の箱」の手がかりを追い、豪華列車「モレントリー急行」に乗り込む。
パズル、なぞなぞ、ひらめき問題など、多種多様なナゾを150問以上収録。
スマホ版はグラフィックが高解像度化していて、より綺麗になっている。

----------

2018年12月のレビューリストは こちら をご覧下さい。

新年のご挨拶 2019

2019年、あけましておめでとうございます。

newyear2019

本来なら昨年9月で更新終了する予定だった当サイトですが、電ファミニコゲーマー様にひろって頂き、なんとかスマホゲームのレビューを続けられております。

このブログはすっかり「跡地」になってしまいましたが、場所が変わっても面白いゲームや、注目のタイトルの本音レビューを、皆様に届け続けられればと思っております。
また、わかりにくいゲームの解説など、人の役に立つページをこれからも用意していきたいと思っております。

正直、今後が不透明な状況はまだ変わっておりませんが、とりあえず・・・
本年もどうかよろしくお願いいたします。 <(_ _)>

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
https://iphoneac.com/

 最新のレビュー記事は
 電ファミニコゲーマーに
 移転しております。

iPhone AC レビュー記事移転

 移転の詳細は
 こちら をご覧下さい。

 更新情報は Twitter
 お伝えしております。

最新コメント


月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ

カムライターオ

ご意見・ご連絡は
iphoneac@mobile.nifty.jp へ
ブログ方針は こちら を。
Google