iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

World Wars

先日 iPhone AC に「戦略/戦術シミュレーションゲーム」の紹介/攻略ページを作り、「Strategery」と「欧陸戦争」、「Judgement Day War」を追加しました。
(Judgement Day War の攻略は今日、別ページとして独立させました)

そして実際には他にも「戦略/戦術系のシミュレーションゲーム」を試しているのですが・・・
今日はその中の1つ「World Wars - A Dice War Games」をここで取り上げたいと思います。

まあ、こちらで紹介して、前述のページで取り上げていないと言う事は・・・ つまり、「ページに追加する程のものではなかった」という事なんですけどね・・・

worldwars

コミカルな兵士のグラフィックと見やすい画面が好感触の Lux 型のシミュレーションゲームです。

戦力のある自国の領土を選択し、敵の領土に攻め込んでサイコロを振って勝敗を決め、勝ったら領土を占領するという・・・
Risk / Lux 型ゲームのお馴染みのシステムですね。

ただ、このゲームはそのベースとなっている Lux を・・・ さらに極限まで簡略したゲームと言えます。
Lux を簡略化したものが Strategery と言えるのですが、それがもっとシンプルにされています。

本来の Risk / Lux は双方がサイコロを振り、一番高い目から順番に1つ1つ見比べる形で戦闘時の双方の損害を決めていました。
欧陸戦争」 も同じシステムで、Lux も画面には表示されませんが、内部的に同じ方法で判定を行っています。
Strategery は必ず一方が全滅するため、違う計算方法になっているようですが、出目に応じて双方の損害がちゃんと計算されています。

ところがこの「World Wars」は・・・
単純に戦力の数だけサイコロを振って、目の合計が大きい方が勝ち、負けた方は全滅、という非常にシンプルなルールになっています。
勝った方には損害がなく、負けた方はどんなに戦力があっても一撃で全滅するのです。

おかげで戦略性が乏しく、どんなに有利な状況で攻めても、サイコロの出目が悪かったら一発で壊滅します。
さすがにこれは「運」の要素が強すぎる・・・
まあサブタイトルが「Dice War Games」だしなぁ・・・
こんなシステムのため、コンピューター同士の戦いもひたすらシーソーゲームが続きます。

戦力の補充が「繋がっている領土の数だけ行われる」という点などは Strategery に似ていますが、Strategery が「戦略性を維持したままで簡略化したゲーム」と言えるのに対し、World Wars は「戦略性まで簡略化させてしまったゲーム」と言えます。

コンピューターは戦力の少ないところを攻めるので、攻略法としては「常に各領土に多数の戦力を貯めて、攻められないようにしながら、絶対にサイコロで負けないところだけを少しずつ取って、徐々に領土を増やしていく」しかありません。
コレ以外だとどんなに兵力が多くても出目で負けると全滅なので、運勝負になってしまいます。
コンピューター国は勝手に消耗戦をしてくれるので、自分だけひたすら貯め込めば何とかなります。
でも、それもちょっとなぁ・・・

難しい事を考えず、ノホホンとテキトーにシンプルなシミュレーションゲームをやりたい人には良いかもしれません。
でも、そんな人ってそもそも戦略シミュレーションゲームなんかしないですよね・・・?

やっぱり見た目や操作が良くても、ゲームシステムが出来ていないとゲームとして面白くないよなぁ・・・
価格は安めですが、あまりオススメはできませんね。

World Wars - A Dice War Games(iTunes が起動します)

Hostile Tides

むかしむかしあるところに・・・
ランパート」というゲームがあったのをご存じの方はいますでしょうか?

テトリスのようなブロックでお城を囲い、囲った中に大砲を設置して、海からやって来る敵を砲撃で倒すゲームです。
敵も砲撃してくるので、一定時間経過後にまたブロックを使って城壁を修復しなければなりません。

そんな「ランパート」をリスペクトしたようなゲームが、
今日ご紹介する「Hostile Tides」です。

hostiletides

見た目はモロにランパート
でもゲームは結構違っていて、城壁は好きなように作れます。
城壁修復中の制限時間などはありませんが、戦闘シーンで敵を倒して得たポイント分だけしか、城壁の設置や大砲の配置は出来ません。

戦闘シーンでは画面を直接タップして大砲を撃ちます。
ただ砲弾は着弾まで時間がかかるので、船の移動先を撃たなければなりません。
この辺りはオリジナルのランパートと似ていますね。

ポイントが足りなくて町を城壁で1つも囲えなかったらゲームオーバー。
全ての町を城壁で囲う事に2度成功するとステージクリアです。

このゲーム特有の要素として、城壁は2重3重にする事ができ、壊れにくく出来ます
また大砲の強化が可能で、耐久力・装填速度・攻撃力を上げられます。
しかし敵も火炎弾やグライダー攻撃などを行ってきて、特に火炎弾は着弾地点で燃えて障害物となるので非常にやっかいです。

ランパートをやった事がある人なら、懐かしみながらプレイ出来ると思いますよ。
ランパートを知らない人でもそれなりに楽しめるゲームだと思います。
操作が独特ですが、ヘルプが「ムービー」になっていて、解りやすく解説してくれます。

Easy は割と簡単なのですが、Medium だとやたら難しく、最終ステージとかクリアできる気がしません・・・
また、敵の船の種類が少なく、ステージも6つ。
城壁修復シーンがテトリスじゃなくなってるので、パズル要素もほとんどありません。
やり込み要素やパワーアップ要素がある訳でもないので、それほどボリュームがあるゲームではないですね。

しかし価格が 115 円と安く、無料版もあるので、気楽に遊べるゲームではあります。
ランパートを知っている人はもちろん、ちょっと興味のある方も、試してみるといいかなと思います。

Hostile Tides(iTunes が起動します)
Hostile Tidas Lite(iTunes が起動します)

Ragdoll Blaster

人形を大砲から撃ち出して的に当てるというシュールなゲーム、
それが「Ragdoll Blast」です。

人気的には iPhone / iPod touch の「定番ゲーム」と言っても良いと思います。

ジャンルとしては、一応「パズル」になるのかな・・・?
物理法則をシミュレートしたゲームですね。

ragdollblaster

大砲から人形を撃ち出して「赤い的」に当てるのですが、多くのステージで赤い的に当てるには柱を倒したり、ブロックを押したり、人形をすき間に通したりなどの「工夫」が必要になります。

撃ち出した人形やブロック、ボールや柱などは全て物理法則と重力に従って動いたり倒れたりするので、それをうまく使って各ステージをクリアしていきます。

タップした方向に次々と人形が撃ち出される良好な操作性、リアルな物理シミュレート、テンポ良く進むゲーム性、独特な雰囲気を醸し出すシュールな内容/見た目/BGM など、全体的に高レベルなアプリです。
なかなか頭を使うステージも多く、ちょっと捻らないとクリアできない場面もあって、パズルゲームとしてもレベルが高いですね。

iPhone AC で取り上げていないのは、人形を大砲から撃ち出して、それがブロックやボールに轢かれたりする様子が残酷な気がしたからですが、別に人形が壊れる訳でもなければ血とかが出る訳でもないので、それほど残酷な表現がある訳ではありません。
子供とかにやらせるのは、ちょっと微妙な気はしますけどね。

人気面でも「定番」と言って良いのですが、とりあえずこちらでご紹介します。
無料版もあるので iPhone / iPod touch を持っているなら、1度は試しておきたいゲームですね。
ちなみに開発メーカーは、定番ゴミ投げ入れゲーム「Paper Toss」を作ったところと同じです。

Ragdoll Blaster - A Physics Puzzler(iTunes が起動します)
Ragdoll Blaster Free (iTunes が起動します)

Coast Defense - Reloaded

遠くから敵を撃ち倒す「狙撃系ガンシューティング」と、基地に向かって次々やってくる敵をプレイヤーの攻撃で倒していく「キャッスルディフェンス系」を足したような現代戦のゲーム・・・
それがこの「Coast Defense - Reloaded」です。

マシンガンをバリバリ撃ちまくる爽快感のあるゲームで、欧米でもヒットしているようですね。

Coast Defense - Reloaded

画面左の海岸側から次々とやって来る敵をライフルやマシンガンで倒し、味方の基地を守ります。
敵を一定数倒せばステージクリア、基地が攻撃を受けると耐久力が減っていき、基地が破壊されるとゲームオーバーです。
ステージクリア後にはお金を入手でき、それを使ってショップで武器の購入や弾薬の補給、基地耐久力の回復などが行えます。

良好な操作性、リアルなグラフィック、武器の購入によるパワーアップ要素に加え、ゲームもとても解りやすく、かなり楽しめるゲームです。
iPhone 3G だと敵が多い時に動作が引っかかる場合もありますが、アプリもほぼ安定しています。

iTunes にはステージが短いと言う意見もありますが、アップデートによって大幅に拡張されたようで、30 ステージ超えても終わりません。
そこからロケットミサイルを撃つ敵や特殊装甲車なんかも出てきたりして、さらに戦いは激しくなります!
ボリュームも十分と言えますね。

価格もそんなに高くなく、無料体験版もあり、プレイもしやすいので、気軽に試す事が出来るオススメのゲームですよ!

中盤から難度が高くなるためか、その辺りで引っかかっている人もいるようなので、ここで少し攻略を掲載しておきます。
プレイされる方は参考にしてみて下さい。

【 ちょこっと攻略 】

・武器は弾を撃ち尽くすと「リロード」して少し隙が出来ますが、リロードは武器チェンジしても行われます
ですので弾が少なくなったら武器を変えて、交互に使うようにするのも有効です。
・マシンガン系が使いやすいので、出来るだけ早く M16 や M60 を購入しましょう。
また、購入済みの武器は「SELL」で売れる事をお忘れなく。
・ライフルは精密射撃が可能です。
このライフルで敵兵の頭を撃ち抜くと「ヘッドショットボーナス」が付き、資金を多めに貰えます。
慣れてきたら序盤はこれでお金を稼ぎましょう。
・M60 は強力ですが狙いがバラバラで小さい的は狙いにくいです。
中盤は車輌には M60、歩兵には M16 と使い分けていきましょう。
・基地の耐久力は、レベルを上げると全快します。
ダメージが大きい時は 500G ずつ払って回復するより、レベルを上げた方がお得な事もあります。
・M134 は非常に強力で弾も多くリロード時間もほとんどありません。
M60 を購入するまでが最初の山、M134 を購入するまでが2つ目の山です
どうしてもクリアできなくて先に進めない場合、これらの武器がないなら、古い武器を売って資金を調達するか、もしくはやり直してお金を節約しながらプレイし、これらの武器を購入できるように進めて行きましょう。
・M134 などのマシンガンは撃ち続けていると狙いが甘くなっていきます。
適度に撃つのを止めると狙いのバラつきを抑えられます。
・(2010/1/12 時点のこのゲームには、ゲームオーバー後の「Try Again?」に YES と応えると開始前の補給を行っていない状態で戦闘が再開してしまうバグがあります。 NO と応えてタイトルに戻りコンティニューを選ぶと補給前のショップから再開できます)

Coast Defense - Reloaded (iTunes が起動します)
Coast Defense Reloaded - Free (iTunes が起動)

Army Wars Defense

キャラクターがかわいい現代戦の RTS が、
この「Army Wars Defense」です。

名前からして「タワーディフェンス」のように思ってしまいがちですが、俗に言う「一本道 RTS」(ラインウォー)ですね。
一本道の左右から兵を出し合い、相手の陣地の破壊を目指します。
ただ一本道 RTS でありながら、道の幅が広いのが特徴です。

armywars

このゲーム、兵士は配置したらまっすぐ走っていくのみです。
後退とか待機とかそういう命令はなく、単に敵陣に突っ走っていくだけ。

だから最初見た時は戦略性のようなものが全く感じられず、ただ兵士を突っ込ませていくだけのゲームに思え、「なんだよこのクソゲー」と思ってしまいました。

しかししばらくプレイして、このゲームの戦術のようなものが解ってくると、急に面白くなってきて来ました
このゲームの各ユニットには「攻撃範囲」があって、例えば「射程が短いユニットは、長射程のユニットを同じ軸に配置して狙撃する」、「射程が長いけど横に狭い相手は、横に撃てるユニットを軸をズラして配置する」と言った戦い方です。
ユニットを集中して一点突破したり、足の速いユニットを敵のいない軸に配置して敵陣を狙うなど、色々な戦術が考えられ、その辺りのシステムが理解できると俄然面白くなりますね。

ただ、この辺りのシステムが理解できないうちは全く面白くない上に、何度かやらないとこれが解り辛く、おまけに序盤のステージは簡単すぎて適当にユニットを出しまくっているだけでも勝てるので、どうしても最初は「ダメだこりゃ」と思ってしまいがちです。
この辺は、初見で判断されがちな iPhone / iPod touch のアプリとしては、弱いところだなぁと思います。
キャラがかわいいのに、若干の残酷な表現があるところも、ちょっと頂けないところでしょうか。

でも、内容が理解できれば楽しめるゲームです。
価格も 230 円とそんなに高くないし、ステージが進むと数多くのユニットが登場、敵も手強くなります。
私的にはオススメしたいゲームです

と言う訳で、少しでも内容が理解できるよう、ちょっと攻略を掲載しておきたいと思います。

【 ちょこっと攻略 】

●序盤のユニット解説
・ライフル系 (Riple man)
攻撃範囲が広くて耐久力もあるバランスの取れた使いやすい兵士。
盾役にしたり、スナイパーを横から狙ったり、使い道は多い。
・スワット系 (SWAT)
攻撃範囲は狭いが威力はかなり強力。対車輌として特に有用。
・スナイパー系 (Sniper)
射程が長くて威力も強力だが、横に撃てる範囲は狭く、撃たれ弱い。
ゲームのポイントとなるユニットで、遠くから敵を狙撃できる。
射程の短い敵を倒したり、盾役の後ろから敵を狙うなどしよう。
・スカウト系 (Scout)
弱いけど足がすごく速い。
敵のいないラインを突っ走って一気に敵陣を狙おう。
・レンジャー系 (Ranger)
攻撃が横にすごく広いが、射程は短い。 足は遅いが攻撃を連射。
敵を横から狙えるので、敵のいる軸からズラして配置する事。
防御力があるので敵が目の前まで来た時の盾役にもいい。
・メディック系 (Medic)
回復役。 近くのユニットを回復させられる。攻撃力は乏しい。
有効に活用できるのは耐久力の高い車輌や戦車が登場してからだ。

●ステージが進むと活用できる陣地のボタンの意味は次の通りです。
UP Grade : 陣地の攻撃が強くなる
Fix : 陣地の耐久力を回復
AIR STRIKE : ライン上の敵を殲滅する

・車輌系にも、速度が速いバギーや遅くて強い戦車など、それぞれに特性があります。
後から登場する高くて強いユニットが有利とは限らないので注意。 というか、高いユニットほどコストパフォーマンスは悪いです。 入手できる資金とのバランスが大切ですね。
・ユニットの横にある UP Grade のボタンで選択中のユニットを強くする事が出来ます。 価格が高くなってしまいますが、スナイパーなどを強化すると使い勝手が良くなります。

Army Wars Defense(iTunes が起動します)

Air Assault

戦略/戦術シミュレーションゲームを探そうと、「Strategy(戦略)」とか「Tactics(戦術)」という言葉で iTunes で検索したら・・・
なぜか「現代戦」をテーマにしたゲームばっかり出てきました・・・

と言う訳で思ってたのとは違うけど、なかなか面白いゲームも多かったので、しばらく現代戦ウォーゲーム特集にいたします。

まずは機関銃をバリバリ撃って押し寄せる敵軍を倒しまくるゲーム
Air Assault」です。

ジャンルとしては、こちらの拠点に向かってどんどんやって来る敵をプレイヤー自身の攻撃で倒し続ける防衛ゲーム「キャッスルディフェンス」系と言えますね。

airassault

画面をタップするとその方向に機関銃が連射されます。
攻撃には対空と対地があって機関銃をタップすると変更、それを使い分けながら空と陸からやって来る敵をひたすら迎撃します。
敵を倒し続けてゲージが貯まると、ボム(空爆)も使用できます。

しばらく敵を倒せばステージクリア、敵を倒しきれないと攻撃を受け、耐久力がなくなったら1ミス。 ライフがなくなるとゲームオーバーですね。
1ステージはそこそこ長めです。

最初はすぐ倒せるヘリと歩兵だけなので楽勝なのですが、ステージが進むと一撃必殺の爆弾を落とす爆撃機や耐久力の高い戦車、さらにそれらの混合攻撃が来るので結構難しくなります。
でもアイテムやパワーアップなどがある訳ではなく、ルール自体はシンプルで、プレイごとのスコアを競うゲームなので、どっちかというと「カジュアルゲーム(軽く楽しむゲーム)」と言えますね。

キャッスルディフェンスに良くある操作が忙しいゲームではなく、攻撃の切り替えと撃つ方向をタップし続けるだけの、遊びやすい内容です。

ボリュームがある訳ではないので、この内容で 350 円という価格はちょっと高い気もしますが・・・
カジュアル系のゲームにもこのぐらい出せる人なら、悪くないゲームだと思いますよ。

Air Assault(iTunes が起動します)

欧陸戦争

私はストラテジー(戦略/戦術)シミュレーションゲームが好きなのですが、なかなか iPhone / iPod touch ではこの手の面白いと思うゲームが見つかりません。
まあ、LuxGalcon という名作もありますけどね。

で、何か面白いものがないかと探していて行き着いたのが、このアプリ。
ナポレオン戦争時代のヨーロッパの戦略 SLG 「欧陸戦争」 です。

ourikusensou

ボードゲームを模したような「国取りゲーム」で、サイコロを振って戦う点などは Lux(Risk) に似ていますが、各領土に収入があり、自分のターンで貯まった資金を使って兵士を雇用したり、部隊を強化したりできます。
シンプルながらも戦略ゲームのポイントとなる「兵士の雇用」「資金収入」「部隊移動」「強化や守備」がちゃんと盛り込まれており、操作性やインターフェイスも悪くなく、グラフィックも良くて、しっかりと作られた戦略 SLG です

欧州の戦争をテーマにしたゲームですが、開発したのは中国の会社。
でも雰囲気は完全にヨーロッパ風で、中国っぽさは全くないのでご安心(?)を。
メッセージはまんま「機械翻訳」で、そのため日本語版は文法がおかしいのですが、読んで理解できる文章ではあり、英語版のままよりは遥かに解りやすいです。

今のところ、iPhone / iPod touch の戦略シミュレーションゲームとしては、トップクラスの出来じゃないかなぁと思います。
三国志 touch ほど難しくなく、Lux よりも本格派、それでいてサイコロが直接表示されるので、戦闘のルールも解りやすいです。

ストラテジー系のゲームが好きな方には、かなりオススメですね。


欧陸戦争(iTunes が起動します)
欧陸戦争 Lite(iTunes が起動します)

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
http://iphoneac.com/

 最新のレビュー記事は
 iPhone AC(本家側)に
 移転しております。

iPhone AC レビュー記事移転

 移転の詳細は
 こちら をご覧下さい。

 更新情報は Twitter
 お伝えしております。

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ

カムライターオ

ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google