iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

国破れて山河あり

スクエニが発売した簡易型のリアルタイムシミュレーションゲームです。
スクエニならではのキャラクターグラフィックと大河的ストーリーが魅力。

ゲームのルールは、「拠点と拠点が道で繋がっている Galcon という感じですが、オリジナルルールによって Galcon とは異なるものに仕上がっています。

kuniyaburete

ゲームはリアルタイムに進行し、プレイヤーは任意のタイミングで兵士を他の城に出撃させていきます。
敵や中立の城に攻め込んで勝利すれば城を占領、城を占領していくと徐々に兵士の補充量が上がっていきます。

Galcon はリアルタイムに各惑星の戦力が増えていましたが、こちらは一定時間ごとに指定した拠点のみ、拠点数に応じた戦力が増えるというルールになっています。
また、拠点は道で繋がっていて、その道に沿って進攻する必要があります。

それ意外は Galcon のルールをほぼ踏襲していて、道の上で敵と味方の兵士がぶつかっても戦闘にならない点も似ています。

Galcon と同じく展開はスピーディー、それでいて兵力の補充と進攻・占領という戦術シミュレーションゲームの基本が出来ており、簡易的ながらも戦略性があって楽しめます。
スクエニだからか iTunes の評価は辛口のものが多いですが、私的にはゲーム自体は非常に面白かったと思います。


・・・が、あまりにも本編が短すぎる!
国と国が争う大河的ストーリーが展開されるかと思いきや、1ステージにかかる時間が短いこともあって、あっという間に終わってしまう
何度かゲームオーバーになりながらプレイしていましたが、全ステージクリアまで2時間かかりませんでした。

これで 800 円では、確かに批判は出てしまうでしょうね。
スクエニで 800 円なら、みんなもっとボリュームを期待すると思いますから。
私としてもゲームが凄く面白かっただけに、「もっとやりたかったのに・・・」という印象が強いです。

そもそも Galcon というゲームは「短時間で決着が付く対戦型のゲーム」ですから、それをベースにした場合、相応にステージ数を用意しないとプレイ時間は短くなってしまいます。
また、このタイプのゲームはやはり対人戦が面白いものなので、CPU 戦だけだと飽きられるのも早いでしょう。

このゲームデザインと価格だと「携帯ゲームだからこのぐらいで」みたいな考えはダメだった気がするかな。
一応、クリア後も各マップを個別にプレイして勲章を得られるモードがありますが、スコアやランキングがある訳じゃないので、「やり込み要素」と言える程のものではありません。

でも、このゲームはラストで続編を匂わせる終わり方をしているので、「導入編」みたいな考えもあったのでしょうか・・・?

もしもっとボリュームがあって、ネット対戦が出来る続編が出てくれるのであれば、私的には期待したいですね。

国破れて山河あり(iTunes が起動します)
国破れて山河あり Lite(iTunes が起動します)

ぴよこディフェンス

かわいいヒヨコと女の子が出てくる、とっても「ほのぼの系」・・・
かと思ってやってみたら、ゲーム内容は予想以上にヘビーだった!?

みたいなタワーディフェンスがこの「ぴよこディフェンス」です。

piyoko

タワーにはなぜかヒヨコがいて、敵もネコやリスなどのかわいいキャラクターが多いです。
敵を倒しても「走って逃げていく」という、やさしいイメージのゲームです。

が! ゲームの難易度は結構高め
敵のパターンを SS(15wave)~L(40wave) まで選べるのですが、最初は L どころか SS でさえクリアできず、「うぉぉ、なんだコレ!? 思った以上に手強いぞっ!」となりました。
見た目が簡単そうだったのでナメてかかってたら、見事に返り討ち。

L のクリアは相当難しく、私はタワーディフェンスには相応に自身があったのですが、それでもかなり苦戦しました。

横視点のゲームですが、利子(クリアボーナス)で稼ぐ事が重要なゲーム性で、既存のタワーディフェンスで言うと 「Tap Defense」 に似た攻略が必要になります。
タワーのステータス表記も Tap Defense を踏襲していますね。

さすがに秀作ぞろいの海外製タワーディフェンスと比べるとグラフィックや動きなどはかなり劣るため、230 円という価格もやや高く感じてしまいますが、ゲームバランスはかなり練られている印象です。

私的にはタワーディフェンスが好きなこともあって、かなり遊んでいます。
見た目は初心者向けですが、どちらかと言うとタワーディフェンスの経験者にオススメしたい内容ですね
でもこの見た目だと、もうちょっとカジュアルな難易度があっても良かったかも?

ぴよこディフェンス(iTunes が起動します)

Tumiki Fighters

ABA さん(長健太さん)の作られた Windows 版フリーソフトのシューティングゲームの名作「Tumiki Fighters」(積み木ファイターズ)。
それが iPhone / iPod touch に移植されました!

私的には 「iPhone で出たらいいのになぁ」 と待ち望んでいたゲームでした。

tumikifighters

横スクロールのシューティングゲームなのですが、倒した敵を自機にぺたぺた「くっつける」ことが出来ます
くっつけた敵もちゃんと敵を攻撃し、その攻撃も種類ごとに違います。
被弾すると壊れてしまいますが、それはそれで盾になりますね。

言わば「シューティング版 塊魂」でしょうか?
フリーのシューティングとして世界的に有名で、イギリスでは Wii 版も発売されているぐらいです。

が・・・ しかし!!
iPhone / iPod touch 版は・・・ 操作がダメだーーー!

傾きセンサーによる操作のみで、こんなんじゃ結構シビアな弾避けも必要なこのゲームはまともにプレイ出来ない!

最初に iPhone / iPod touch 版をやった人なら 「こんなもんだろう」 と思うかもしれません。
しかし Windows 版をかなりプレイしていた私としては、「違う! 本当はこんなに操作性が悪いゲームじゃないんだ! 本当はもっと面白いゲームなんだ! みんな誤解しないでくれ~~」 と思ってしまうのです。

特に後半ステージはかなり敵の攻撃が激しいので、今の傾きセンサーの操作じゃとてもクリアできるとは思えない。
クリアできるとは思えないものをやる気にならない。 っていうかコレやるなら Windows 版をやる。

と言う訳で、すごく好きなゲームだけど、残念ながら iPhone / iPod touch 版はオススメできません・・・
相応に遊べるし操作性以外の点での移植度は非常にいいので、決して悪いアプリではないのですが・・・

非常に本末転倒な気がしますがあえて、iPhone AC としては、TUMIKI Fighters は Windows 版 をダウンロードして(ゲームパッドで)プレイすることを強くオススメいたします!! (いいのかそれで)

TUMIKI Fighters(iTunes が起動します)

ジャンル別 iPhone / iPod touch アプリ一覧

この記事はアプリの紹介ではなく、iPhone AC からのご案内です。

iPhone AC、及びこのブログで扱ってきたアプリが多くなってきたので、
本日 「iPhone AC ジャンル別アプリリスト」 を作成しました。

このブログからは左上の 【ジャンル別アプリ一覧】 からアクセスできます。

使用中のアプリの攻略/活用情報があるかすぐに調べられるよう「五十音/アルファベット順」のアプリリストも作成しております
iPhone AC 五十音/アルファベット順リスト


リストを作ったのは、単にどのアプリがどこに掲載されているのかが解り辛くなってきたからですが・・・
もう一つ、このブログはカテゴリリストが見難くて、目標となるアプリがどこにあるのか確認しにくいからというのもあります。

ブログって元々「日記を書く」ために作られたものだから、メニューやリストの表示が作り辛いんですよね。
しかも更新はしやすいけど、改造しようとすると、普通のホームページよりも困難で、簡単にメニューや一覧を用意できない。
そこでこの際、「ブログの外」にリストメニューを別に作ってしまうことにしました。
これなら追加・追記がラクですし、今後はこのリストからアプリの記事や紹介を比較的簡単に探せると思います。


なお、リストには「おすすめ度」の★マークと価格も追加しました。
各リンクは直接 iTunes が開くようなものではなく、各アプリの攻略/紹介記事に移動するものなので、急に iTunes が起動して重くなることもありません。

おすすめ度の★マークは、★5 とか ★4 が多くなっているので、あまり他のアプリとの比較にはならないかもしれませんが・・・
iPhone AC はオススメのアプリだけを取り扱ってきたので、必然的にこうなってしまいますね・・・
まあ「おすすめ度」の★マークはあくまで私の「独断」と「好み」で付けてるので、参考程度にして下さい。

価格も iPhone / iPod touch のアプリは変動が激しくてセールも頻繁なので、表記するかどうか迷ったのですが、「あくまで目安」という意味で表記しました。
実際の価格とは異なっている場合もあるのでご了承下さい。


と言う訳で、今後も更新を続けて参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。<(_ _)>

あと、一応最後に。
アプリ一覧、及び iPhone AC やこのブログの各ページは全てリンクフリーです。 特に連絡等は不要です。

・iPhone AC 取り扱いアプリ ジャンル別 一覧リスト

Star Trigon(スタートリゴン)

あの「ミスタードリラー」のキャラが登場するナムコのゲーム!
それがこの「Star Trigon」です。
操作は「タイミングを合わせてタップする」のみ。 グラフィックやサウンドもいいですね。

startrigon

キャラクターが星の上の高速でクルクルと回ります。
そして画面をタップすると、キャラクターはその時に向いている方向にまっすぐ飛んで行き、その先に星があると、星と星の間にラインを引きます。
このラインで三角形を作ると「救出エリア」のようなものが構成され、その中にいる宇宙人を救出できます。
マップ内の全ての宇宙人を救出するとクリアですね。

グラフィックも音楽も綺麗で安定性も良く、アプリとしての完成度は高いです
前述したようにミスタードリラーのキャラが出るのもポイントの一つ。


ただ、面白くない訳ではないのですが・・・ ミスタードリラーほどの「楽しさ」のようなものはないですねぇ。
ゲーム展開がほぼ「画面をタップするタイミング」のみに集約されているので、「テクニックや戦略」のようなものがほとんどないのです。

タイミングが悪いと飛んでいく方向がズレてしまうので、「思うように動かせない」のがゲームの面白い点であり、ポイントでもあるのですが、しかし簡単な移動さえもうまく行かなかったりするのでイライラするというか、タイミングの勝負だけなので「上達」がないというか・・・

例えば同じタップするだけのゲームに「Mr.AahH!!」があります。
これもロープから手を離すタイミングでタップをするだけです。
しかしこちらはタップのタイミング勝負と言うよりは、風や重力の影響を加味し、タップをどこで行うかを見極めるゲーム性となっています。
これだとプレイヤーの思考や経験などが入る余地があります。

しかし「Star Trigon」は単にジャンプごとの「タイミングを計る」ゲームなので、タイミングがよければクリアでき、タイミングが悪いとクリアできません・・・
そこに上達や経験の入る余地があまりないんですよね。

ヘンな方向に飛んでいっても、思わぬ形で別の星に取り付いてリカバリーできたりする面白さもあるのですが、後半になると1ミスでアウトというステージが多いので、本当に一瞬のタイミングだけで「成功/失敗」が決まるゲームになり、意外性もなくなってきます。


まあなんだかんだ言って長くプレイしていたのですが、iPhone AC で攻略したり紹介したりしようという気にはならないかな。
これでキャラがミスタードリラーのものじゃなかったら、こんなに長くやってなかった気もするし。

「タッチパネルでも操作しやすいゲームを」という事でコレが選ばれたのかなぁ・・・ でもそこだけに内容が集約してしまった感じです。

ちなみに余談ですが、iPhone / iPod touch のミスタードリラー、操作性が悪いと評判ですが、私はまだプレイ出来る程度の操作性だと思います。(操作性が良いとは言わないけど)
一応、あの操作でも 1000m モードでクリアできたし、他のナムコのアプリと比べればかなりマシな方かと・・・

まあ Star Trigon、気軽に遊べるゲームですし、アプリの完成度も高いので、悪くはありません。
面白そうと思った方や、ドリラーファンの方は、試す価値はある・・・ かも。

Star Trigon(iTunes が起動します)
Star Trigon Lite(iTunes が起動します)

Mr. Driller(ミスタードリラー。一応こちらも。iTunes 起動)

Pocket God

全世界で大ヒット! 世界的には百数十万もダウンロードされている超定番アプリです。
しかし個人的には、まったく面白いとは思えない・・・
そんなアプリがこの 「Pocket God」 です。

ゲームではなく、原住民風のキャラクターに対してプレイヤーは「神」として干渉し、反応を眺めて楽しむアプリですね。

pocketgod

ボタンを押すと島にポイポイと住民が降ってきます。
住民は勝手に生活するのですが、プレイヤーはそれをドラッグでつかんで吹っ飛ばしたり、鮫のいる海に放り込んだり、逆に道具を与えて釣りをさせたり、たき火に雷を落として火を付けたり出来ます。

鳥をタップすればフンを落とし、太陽をドラッグすれば昼に、海に落とせば夕方や夜になるなど、とにかく色々な事が出来ます。
そして、それに対する住民の反応を見て楽しむ訳ですね。

ただ、あくまで「眺めて楽しむ」もの
ゲームとしての面白さがある訳でも、何らかの目的がある訳でもありません。
だから一通りのことをやったら、すぐ飽きてしまいますね。

ある意味「たまごっち風」なのかなぁとも思うけど、たまごっちのような長期的な楽しみや育成要素がある訳じゃないし、雷や人食い鮫などで住民が簡単に死んでいく「ブラックユーモア」の面が強いです。

宗教的な文化が強い海外だと、こういう「プレイヤーが神様」ってのがウケるんだろうなぁ・・・
日本人としては、楽しむ部分や表現に対しての「ズレ」を感じてしまいます。
この辺は欧米との文化の違いによるものでしょうね。

ちなみにゲームシステムにおいては、アメリカは自由行動形、日本は目的達成型のゲームがウケる傾向にあります。
ヨーロッパもアメリカ的ですが、国によってやや差があります。

海外で、現地ウケするたまごっち風のゲームを作ったらこうなる」という見本かなと思います。
そういう意味では、一度見てみるのは面白く、興味深くはあると思います。 すぐ飽きるとは思うけど、しばらくは楽しめるし、価格も安いし、アップデートも非常に頻繁です。

でも私的には面白いと思わないし、ブラックユーモアが強すぎて、なんだか住民をいじめて楽しんでる気がするから、人にオススメはしないですね。

Pocket God(iTunes が起動します)

神風

誰でも思いつきそうなアイデアだけど、誰もまだやってなかった(?)、指をフリックして自機を飛ばし、体当たりで敵をどんどん倒していくゲームです。
「シューティング」と書かれてるけど、これはシューティングになるのかな・・・?
少し和風でデザイン性の高いビジュアルが魅力ですね。

kamikaze

正直、ゲームはそんなに面白いとは思えません。
指をフリックして自機をビュンビュン飛ばし、体当たりで敵をどんどん倒していくのは爽快ではあるのですが、それ以上の事がないので、しばらくすると飽きますね

どうすればやられるのかと言う判定が曖昧で、ただ画面をフリックし続けるのみ。
ボスは「当たってはいけないタイミング」や「当たってはいけない個所」があるのでゲーム性があるのですが、ゲームらしいのはそこぐらいでしょうか。

ただ、このゲームってビューンと飛んで、シューっとスクロールして、バシュバシュと敵に体当たりできる爽快さがウリだと思うので、敵が弾を撃ってきたりすると逆に邪魔になる気もする。
実際、今のボスでも画面のスクロールの関係もあってタイミングや位置取りが難しく、このゲームにあまり難しい要素は加えない方がいい気もしますので・・・ この辺りはバランス的に難しいところですね。

まあ、そんなに長く遊べるアプリではないとは思いますが、ビジュアルはいいですし、なにより無料なので、試してみるのは悪くないと思います。


それと、最後に。
iTunes の評価コメントに「ゲームタイトルが神風特攻隊を思わせるもので不快だ」とか「不謹慎だ」とか言う悪評が尽きまくっていますが・・・

私は「第二次世界大戦」の歴史については相応に詳しく、こんなサイトこんなサイトこんなサイトこんなページも作っていますが、ハッキリ言いたいと思います。
「神風」というタイトル程度でそんなに「特攻隊の事だ! けしからん!」とかギャーギャー騒ぐのは、ナンセンスだと思います
(結局今回は、コレが言いたかっただけかも)

神風(iTunes が起動します)

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google