iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

華玉ドドンパ

俗に言う「落ちものパズル」。
まあ上から徐々に下がってくるので、落ちてくる訳じゃないですけどね。

ゲーム内容としては「マジカルドロップ」に良く似ているのですが、玉を直接ドラッグして動かすのが特徴のゲームです。
純和風な BGM と背景も特徴ですね。

kadamadodonpa

私的には嫌いなゲームではありません。
和風の背景や BGM がいいし、操作性の悪いマジカルドロップに比べるとボールを指で直接配置できるこちらの方が、iPhone の操作にも向いていますね。

ただ、背景以外に目立った変化がなく、連鎖しても下に猫がちょこっと出てくるだけなので、展開が単調なのが玉にキズ
テトリスのようなスピーディーさや解りやすさ、ぷよぷよのような展開の変化、ルミネスのような演出の良さなどがなく、ただ坦々と玉を消していくだけなのが残念なところ。
なので、正直「今ひとつ」と言った感はあるのですが・・・

でも、パズルゲームとしては悪くないと思います。
遊びやすいゲームなので、この手のパズルゲームが苦手な方でも大丈夫。
ヒマを潰すには悪くないゲームですね。

華玉ドドンパ(iTunes が起動します)
華玉ドドンパ LITE(iTunes が起動します)

キャメルトライ

今回は、「試したけどイマイチなアプリ」として記事を書こうとしたら・・・
いつの間にかアップデートされてて良くなってた、というものです。

タイトーのボール転がし系アーケードゲームの元祖「キャメルトライ」です。

cameltry

ボールを時間内にゴールまで転がすという簡単なルールですが、ボールを動かすのではなく、マップ全体を回転させます。
言わば「Labyrinth」の拡大版と言えますね。

壁や障害物はもちろん、当たるとタイムが減ってしまうブロック、逆に壊すとタイムが増えるブロック、破裂する爆弾など、様々なものがマップ上に配置されています。
アーケード版はダイヤル式のコントローラーで操作していましたが、iPhone 版はドラッグでマップを回転させて操作します。

当初はステージが少なくてボリュームがなく、せっかく傾きセンサーがある iPhone なのに操作にそれが生かされていなかったため、やっててイマイチ楽しめなかったのですが・・・

いつの間にかアップデートされてて、ちゃんと iPhone の傾きで、直感的にマップを回転させられるようになっていました。
これによりプレイしやすくなり、さらにマップも大幅に増加、現在はオススメと言って良いアプリに変わっています。
加えて価格も安くなりました。

iPhone 版はグラフィックやサウンドがシックで渋いものになっていますが、これは iPhone や Apple のセンスに合わせたのでしょうか・・・?
個人的には、アーケード版やスーパーファミコン版のような楽しげでスピード感のある雰囲気も好きでしたが、まあこの辺は好みの問題でしょうか。

とにかくオススメしないつもりだったけど、アップデートにより改善されていました。
ティルト操作(傾きセンサーによる操作)だと iPhone をグルグル回さないといけないので、人のいる場所でやるのは恥ずかしいのですが、この操作方法は「キャメルトライ」というゲームにとっては理想的です。
無料体験版もあるし、ルールも解りやすくて楽しめるゲームです。

キャメルトライ(iTunes が起動します)
キャメルトライ Lite (iTunes が起動します)

Geo Geo Wars

あの GeoDefense のような綺麗なワイヤーフレームとパーティクル(光効果)を持つ、独特な縦スクロールシューティングゲーム。
それがこの「Geo Geo Wars」です。

geogeodefense

連射が効き、操作もしやすく、攻撃もハデ。
なかなかいいなーと最初は思っていたのですが・・・
どうも今ひとつな感が否めません。

というのも序盤は敵が隕石のみ。
しばらく進んでも障害物のような敵ばかりで、面白みに欠けます
ステージが進むと飛んできて弾を撃ってくる敵も出てくるのですが、基本的に敵の種類は多くありません。

さらに、自機の当たり判定が大きくて、画面がハデ過ぎることもあって、やられた時の状況がよく解らない
いつの間にかダメージを受けてしまう感じ。

また、途中から逆スクロールや横スクロール、全方向スクロールのステージが出てきて、バリエーションに飛んでいるのですが、当たり判定が大きいため全画面スクロールになると、常に真ん中をキープしてないと出た瞬間の敵に当たってしまう感じ
逆スクロールになると下から敵が出てくるのに、指でその方向が隠れているものだから、iPhone を逆持ちにしないと見えない。
さらに縦画面のままで横スクロールになったりするので、画面が狭すぎて無駄に動くとすぐ敵に当たってしまいます

ユニークではありますが、シューティングゲームとして楽しめるものではないかなぁ、という印象。
もっと当たり判定を小さくして、敵を見やすくして、敵が出てくる前兆を表示するなど、もっとプレイヤーが状況を把握・回避しやすいものにしないと、楽しむ以前の問題かなと言う感じです。

こうした攻撃がハデハデなゲームって嫌いじゃないから、もっと調整すれば良いものになるとは思うんだけどなぁ・・・
現時点ではオススメしないですね。

Geo Geo Wars(iTunes が起動します)

iBomber

はるか上空から爆撃機で爆撃をするゲーム。
爆弾は投下してから着弾するまで間があり、しかも地上の目標は当たり判定が小さいので、なかなか撃破できません。
ホントの爆撃もこうなんだろうなー」と思わせてくれるゲームです。

ibomber

ボタンで爆弾をポイポイ投下。旋回しながら地上の目標を狙います。
地上からは対空砲などで迎撃も来るので、たまに出るアイテムをタップして回復しながら戦います。
広範囲の爆弾や、狙った場所に直接落ちる爆弾などのアイテムも出てきます。
攻撃してくる砲台を先に壊しておくのが攻略のポイントですね。

割と面白くて、私も全ステージクリアするまで遊んだのですが、「攻略ページ作らなくては!」という程ではないかなぁと言う印象。
と言うか、攻略するような要素はあまりないですね。

敵は日本軍&日本艦隊なので、日本軍に爆弾の雨を降らせるというのが人によっては違和感あるかも。
また、日本艦隊や基地を爆撃するのは良いんですが、アメリカの高々度爆撃機で日本を爆撃するのに都市爆撃がないってのは、ちょっと史実を避けてるようで嫌だなぁ・・・

まあ、日本の都市を焼け野原にするステージがあったら iTunes の評価コメントも炎上しそうだけど。

115 円とリーズナブルな割にボリュームがあるので、それなりにオススメではあります。
なかなか爆弾があたりませんが、そこがいいって感じでしょうか。

iBomber(iTunes が起動します)

Bear Paw

美しい画面に惹かれて買ってみたゲーム。
内容は簡単に言うと「重力をシミュレートした空間で星にぶつからない方向に宇宙船を置く」という感じです。

bearpow

画面は綺麗なんだけど・・・ 出来る事が、宇宙船を置く位置と方向を決める「だけなのです。
あとはどのように動くが見て、ぶつかったらダメ、ぶつからないようにしばらく動いてればクリアですね。

どうもこういう「置いたら見てるだけ」系のゲームは面白いと感じません。
それにいくらなんでも、内容が単純すぎる・・・
これはゲームと言うより、重力に従って動く粒子を眺めて楽しむ環境用ソフトなのかもしれません。

しかし環境用ソフトとして考えても、美しさをウリにするなら、もうちょっと背景や粒子に種類や動きがあった方が良かった気がするなぁ。
これで 230 円ってのは高く感じますね。

まあシンプルかつ綺麗ってのは、iPhone / iPod touch 向けではあると思いますけどね。

・Bear Paw(公開終了)

Sally's Salon、Sally's Spa

いつか「お仕事系ゲーム」の紹介ページを作って、そこで紹介・攻略をしたいと思ってたんですが、ずっと伸び伸びになってて何時になるか解らないので先にこちらで紹介
Sally's Salon」は美容院を経営するゲーム、「Sally's Spa」はサウナサロンを経営するゲームです。

sallys

※画像は Sally's Spa の方です。

次々やってくるお客さんをイスや設備に誘導しつつ、要望通りにメイクやヘアカットなどを行っていくゲームです。
お客が増えてくるとどんどん忙しくなってきて、待たせすぎてしまうと「チップ」が減り、回転も悪くなります。
各ステージの売上げ目標を達成すればクリア、売上げが足りないとアウトですね。

クリア後に設けた資金で設備を購入したり店員を増やしたり出来ます。
また、続編となる「Sally's Spa」では商品の販売要素もあります。

お仕事系のゲームはお客の注文通りに商品を作るものが多いのですが、お客自体を誘導するのがちょっと変わっている点でしょうか。
言語は英語ですが、ゲームはシンプルなので悩む事はないでしょう。
簡単な攻略を言うと、開店時間中は待合席を出来るだけ空ける事と、コーヒーをうまく使う事。

この系統の経営ゲームは結構好きなのですが、ページを作る機会がないままズルズル伸びています。
でもこの系統には優秀なアプリが他にも多いので、いずれは作成したいですね。

※本家 iPhone AC の こちら で詳細ページを公開しています。

Avatar of War

iPhone AC ではポリシーとして、次の3つのアプリは扱いません
エロ系」「残酷系」「2ch 系」です。

このうち残酷系は、「ホラー」として作られている物は除きます。
残虐表現が酷い場合は扱わないと思いますが、例えば「バイオハザード」なんかは最初からホラーですから扱っています。
逆に可愛いキャラクターが血を吹き出して倒れるような「悪趣味」なものは、個人的に嫌いなこともあって却下です。

でも、今回ここでご紹介する「Avatar of War」は・・・
そういう「かわいいキャラクターが血飛沫をあげて下半身だけになって倒れる」ゲームなんですよねぇ・・・
だから本来は扱わない部類なのですが・・・ 困ったことに、ゲームが「すごく面白い」のです。 おまけに安い。

avatarofwar

内容は以前にご紹介した「ギャングストリートウォーズ」のような、一本道の両端から両陣営が兵士を繰りだして戦い合う「一本道 RTS」です。
「ラインウォー」とも言われるようですね。

兵士は半自動で行動し、敵が近づくと勝手に戦いますが、このゲームでは司令官がいて前進や後退などの命令を出すことが可能です。
命令はタッチパネルの上を「>」を書くようになぞると前進、「<」を書くようになぞると後退、しばらく押しっぱなしにすると停止という iPhone / iPod touch の機能に沿ったものになっています。
まあそのぶん、反応が鈍かったり、命令を出してから認識されるまでが長かったりと、あまり操作しやすいとは言えませんけどね

ゲームのポイントとなっているのが「チャージ(突撃)」や「集中射撃」などの命令もあること。
これを使い、停止して守りを固めつつ弓兵で射撃して敵を撃破、敵の守りが薄くなったところで突撃して一気に城を攻め、攻め切れなさそうな時は後退して再び軍勢を再編する、といった戦術を立てることが出来ます。
単に双方が前進し続けるだけのゲームとは違うのが特徴で、資金を使って兵士をレベルアップさせ強くしていくなどの要素もあります。

ただ、敵を倒した時に「ビチャッ」という音がして血が噴き出し、その場に下半身だけが倒れるという残酷な演出があり、どうもこれが好きになれません。
まあもっと残酷な表現のあるゲームはゴマンとあるし、抑えられている方だとは思うのですが、でも不要だよなぁ、この表現

ゲームは面白いからいずれ iPhone AC で攻略記事を作ることもあるかもしれませんが・・・ うーん、考えどころです。

とりあえず、こういう表現があっても構わないという方には、面白いしアプリの完成度も高いし価格も安いしで、かなりオススメです。
アップデートで兵士が死ぬ時の表現の ON/OFF が出来るようにならないかなぁ・・・

Avatar of War(iTunes が起動します)

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google