iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

Sky Burger

すごーく高いハンバーガーを作るゲーム。
その名も「Sky Burger(スカイバーガー)」。
どんなゲームかは、画像を見ればだいたい解りますね。

skyburger

iPhone / iPod touch の傾きでハンバーガーを左右に動かし、上から降ってくる具材を乗せていくゲーム。
注文通りの具材を乗せていくと「チップ」が増えていき、逆に注文外のものを乗せるとチップが減ります。
注文の具材を全て乗せて、上のバンズ(パン)を乗せたらクリア。
注文の具材を乗せてないのにバンズを乗せてしまうとゲームオーバーです。

ハンバーガーは高くなっていくと「しなる」ように動くので、早め早めに操作する必要があり、そこがゲームのポイントとなっています。

個人的には好きなゲームです。
何というか、上からハンバーガーの具材が次々降ってくる様子と、ハンバーガーがビルより高くなっていく様子が、ホノボノ&おバカっぽくていいです

ただ、それ以上のものがないゲームなので、iPhone AC で紹介しようという気にはならなかったですね・・・
あと、この内容なら無料か、有料でも 115 円かなぁ、という気が。
230 円という価格はちょっと高いかなー、という気がします。

でも、この内容でこの価格が高くないと思うのなら、ちょっとした時間に暇つぶしするゲームとしては、オススメできるかな。

Sky Burger(iTunes が起動します)

Lightsaber Unleashed

スターウォーズに登場する、あのライトセーバーが振り回せます。
コレであなたもジェダイの騎士になれる!?
早い話がスターウォーズごっこが出来る「おばかアプリ」ですね。

starwars

柄をタップするとライトセーバーが「びぃしぃゅぅん」と言う音と共に出て、iPhone を振ると「ぶぉうぅ~ん」というライトセーバー特有の音が鳴ります。
iPhone を素早く振ると「バシューン!」などの戦闘時の音が鳴り、気分を盛り上げてくれます。
さらにスターウォーズの BGM を鳴らせる追加機能付き。

なんてことのないアプリですが、iPhone の加速度センサーがうまく利用されており、最新技術でおバカをやるという、このコンセプトが素晴らしいです。
センサーに合わせたサウンドのリアルさは地味にレベルが高く、ライトセイバーの明かりのみを画面に表示するボタンもあり、これにするとライトの代わりにもなります。

無料なので気軽に試せますから、ぜひ1度ライトセーバーを振り回してみましょう!

起動時に広告が出るようになってしまいましたが、右下の「Lightsaber」のボタンを押せばすぐにアプリが始まります。
個人的にはこの手は結構好きです。^^;

・Lightsaber Unleashed(公開終了。ただ、似たアプリはたくさんあります)

Everest Hidden Expedition

個人的にかなり好きなゲームで、いつか iPhone AC に紹介ページを作ろうと思いつつ、ずっとほったらかしになってたゲーム。
でもいずれ作ります。 とりあえず先にここでご紹介。

このゲームは一言で言うと「絵探しゲーム」です。
画像の中に隠された、様々な「絵」を探します。

HiddenEx

上の画像の中にも、色々なものが隠されています。
左の画像には「ハシゴ、ネックレス、フラット(♭)、ヨット、貝殻、うさぎ、望遠鏡、星、くし、傘」などが隠れています。
右の画像には「空き瓶2個、耳、トンボ、クジラ、手鏡、ブラシ、鍵、貝殻、手形、剣」などが隠れています。
皆さんは見つけられるでしょうか?

見つかったら画面をタップ、全部見つけたらステージクリアというゲームですね。
ルールとしては非常にシンプルですが、それだけに熱中できます。
解らない時はヒント機能を使う事も出来ます。
激しい操作が必要なゲームではないので、外出時や通勤時の待ち時間に暇つぶしするにはちょうどいいです。

このゲームには「世界中の遺跡を巡って謎を解き、最後にエベレストの山頂を目指す」というストーリーがあります。
よって世界各地の風景の画像が出てきます。
日本の屋久島なんかもあったりして、主に世界遺産を巡るようになっているようです。

このシリーズには他にも、タイタニック編やバッキンガム宮殿編、アメリカ南北戦争編があります。
それぞれに無料版があるので、どんな感じか試してみるのがいいかも。

ただ、英語版しかありませんから、「見つけるもの」が英語表記なんですよね・・・
かなりマイナーな英単語もあるので、日本人だと厳しいものはあります・・・
まあ私も英語は強くないんですが、勘で適当にタップしたり、ヒントを使ったりして何とかなってます。^^;
(ただし適当にタップしまくるとペナルティーを受ける。一定間隔をあけてなら大丈夫)

iPhone AC に攻略ページを作るとしたら、見つけるものの日本語訳一覧になるかな。

・Everest Hidden Expedition(公開終了)
・秘宝探索:タイタニック(公開終了)
・Buckingham Palace: Hidden Mysteries(公開終了)

ルミネス - Touch Fusion

PSP や PS3 で人気となったハイセンスなパズルゲーム、
それがこの「ルミネス」です。
スタイリッシュなイメージそのままに、iPhone / iPod touch に移植されました!

【11/27 操作性の改善について文末に追記】

rumines

ブロックを回転させ、同じ色のブロックで「正方形」を作ると合体します。
合体したブロックは、横に動き続けているガイドバーに触れると消えます。
これで上まで積み上がらないように、ブロックを消していくゲームですね。
ゲーム自体はシンプルですが、グラフィックがハイセンスで、効果音がそのまま BGM になるかのようなサウンドも特徴です。

しかし、このゲームは・・・ 「操作がダメで移植失敗になってしまったゲーム」の1つと言えます・・・
まともに操作ができないのです。

タップでブロック回転、横にドラッグで左右移動、下にドラッグするとブロックが落ちる。
それだけなのですが、ドラッグの反応が悪く、落とそうと思って回転したり、落としたいのに横にズレたり、逆に落としたくないのに落ちてしまうミスが多発します。
この手のゲームで操作ミスがいかにヤバイかは説明しなくても解ると思いますが、その操作ミスが続発する操作性なのです。

「慣れてくれば何とかなる」という人もおられるようですが、そもそも「慣れないとダメ」って時点で操作性が悪いと言うことです。
こう思っている方は、ぜひ iPhone のテトリスをプレイしてみて下さい。
同じ操作なのに、テトリスがいかに操作性が良くて、ルミネスがいかにダメかが解ります。
そして操作性の問題が、iPhone / iPod touch のせいではないことも解ります。

ただ、私はこの「ルミネス」というゲームは、プレステ3で結構プレイしていました。
プレステ3版はかなり長くやっていて、だからこのゲームの「楽しさ」も知っています。
ゲーム自体は(最初はちょっと地味だと思ったけど)決して悪くありません。
今でもたまにやりたくなります。

だからこそ、iPhone 版が操作のせいで酷評されているのが残念でなりません。
今後、アップデートで改善されたら、iPhone AC にもすぐページを作りたいなぁと思っているのですが・・・
でも、もう2ヶ月近くも放置だから、やっぱり望み薄なのかな・・・

私的には、特に復活(?)して欲しいアプリの1つです。

※本家 iPhone AC の こちら で詳細ページを公開しています。

※11/27 追記
先日アップデートが行われ、操作性が改善しました!
実際にプレイしていますが、非常に良好になっており、iPhone / iPod touch としては十分な操作性になっていると言えます。
これで iPhone / iPod でもルミネスが楽しめますね。
まだスキンが少ないので、今後はスキンパックの追加販売に期待したいところです。

マジカルドロップ Touch

ゲーセンや NEOGEO で人気だった、データイーストが開発したパズルゲーム、「マジカルドロップ」。
多くのゲーム機に移植されたこの作品が、ついに iPhone にも登場しました。

※11/17 アップデートが行われたので追記を行いました。

magicaldrop

上から徐々に迫ってくる丸い「ドロップ」をキャッチして、それを別の場所に放り込み、同じ色を3つ以上並べて消すというパズルゲーム。
「ぷよぷよ」のような対戦モードが基本であり、大量に消したり連続で消すことで、相手のドロップを早く降ろすことが出来ます。

が、iPhone 版のものは・・・ 操作がダメです!
左右移動が左右に「フリック」、ドロップのキャッチが下に「フリック」、投げるのが上に「フリック」なのです。
つまり、横に3つ動こうと思ったら、横に3回「フリック」しないといけない。 これでは素早く動けない!

操作の反応自体はそんなに悪くありません。 操作ミスが誘発されるようなこともありません。
しかしこのマジカルドロップというゲームは、連続で素早く消すことで連鎖でなくても「チェイン」が発生し、相手を攻撃することが出来るゲームです。
つまり素早く操作できることが非常に重要な訳です
簡単なルールで、バンバン消して、どんどんチェインする・・・ それが爽快で攻略法でもあるゲームなのに、横に一回移動する度にフリックでは、まともにプレイ出来ません。
つまり操作性が悪いと言うより、ゲームのコンセプトに操作が合っていないのです。

iTunes のコメントでも操作性に関する批判が多いのですが、無理にタッチパネルに最適化しようとして、操作がゲーム性と相反してしまった、そんな例じゃないかなと思いますね。

アップデートでの改善に期待したいところですが、すでに販売から5ヶ月経っててそのままだから、望み薄だろうな・・・
残念ながら、操作がダメで移植失敗になってしまったゲームと言えますね。

・マジカルドロップ Touch(公開終了)

※11/17 追記
マジカルドロップ Touch にアップデートが行われました!
うーん、記事を書いてから数日後に操作方法改善のアップデートが来るとは・・・ ちょっとタイミング悪かったかな。

新しい操作として、仮想キーによるタッチ操作が可能になっています。
この操作方法だと横に3回動きたい時は3回タップすればいいので、以前より素早く動けるようになっています。

ただ、それでも操作性はお世辞にも良いとは言えません・・・
キーが密集しているため、素早く操作したい時に別のキーをミスタッチしてしまいやすいのです。
以前よりは改善されていますが、それでもまだやりやすいとは言えないなぁ・・・

キーをもっと大きくするか、もしくは画面の左半分タッチで左移動、右半分タッチで右移動、キャッチとシュートはフリック、という操作が良いと思うんですが、もうちょっと改善できなかったのでしょうか・・・?
でもアップデートが行われたこと自体は喜ばしいことだし、これなら今後に期待できるかも。

Battle Zone

現代兵器が登場する「タワーディフェンス」です。
戦車や戦闘機が次々と攻めてきて、フィールド上にマシンガンやミサイルの砲台を配置して、それを迎撃します。
旧バージョンは「Battle Field」という名前でしたが、バージョンアップに伴い改名され
Battle Zone」に変わりました。

battlezone

タイプとしてはフィールドランナーズのような「オープンフィールド系」で、敵の通る道順は決まっておらず、敵はこちらが配置した砲台の間を抜けながら出口へと向かっていきます。
よって、砲台を並べて壁や通路を作り、敵の移動ルートをコントロールすることが出来ます。

面白いシステムとして、敵を倒すと「攻撃力アップ」や「射程アップ」などの効果が付いた「勲章」を手に入れることができ、これをタワーに「装備」することで能力値を強化できます。

割と早くから登場していたタワーディフェンスなのですが、正直言って、ゲームの作りが全体的にイマイチです・・・
敵の動きやグラフィックもやや劣り、ゲームバランスも今ひとつ。
全体的に「B級」な雰囲気が漂います。

紆余曲折を経てきたゲームでもあり、初期バージョンは航空機が強すぎて途中から進むことが出来ず、そのためかアップデートでバランスが改善されましたが、今度はタワーが設置できなくなるバグが発生。
それらが改善されたと思ったら 100 Wave 以上になると敵が異様に硬くなり、Wave クリアに時間がかかりすぎる状態に。
なんだかずっと「βテスト」やってるような感じ。

かなり容易にジャグリング(道の形を作り替えて敵を行ったり来たりさせる方法)が可能なため、注意すべきは航空機のみです。
勲章システムは非常に面白いのですが、どの勲章がいつ出るかは「運」なので、これでゲームバランスが左右されるのも欠点と言えます。

色々あったからか、旧バージョンの「Battle Field」が一旦削除され、リファインして「Battle Zone」になって復活したのですが・・・ 代わり映えしません。
新たに核爆弾や敵の動きを止める電撃が追加されましたが、後半はこれを連発して進む形になり、ますますゲームバランスがおかしく・・・

私はかなり遊んだんですが、あまりオススメできるアプリではありませんね。
まあ価格は安いし、相応にボリュームはあるので、タワーディフェンスが好きなら手を出してみてもいいかも・・・?

・Battle Zone(公開終了)
・Battle Zone - Free(公開終了)

MAGICAL TOWER DEFENSE

日本のメーカーで作られた、タイトル画面やキャラクターがかわいいタワーディフェンスが
この「MAGICAL TOWER DEFENSE」です。

敵の通り道が決まっているタイプで、一般的なルールと言えますね。

magicaltd

で、ゲーム内容はぶっちゃけ、ホントに「ふつーのタワーディフェンス」です。

飛行する敵がいて、味方にはスプラッシュダメージ(巻きぞえダメージ)を持つ者、スロー効果を持つ者、継続ダメージを発する者などが存在します。
また時間と共にゲージが溜まっていき、それを使って全体に効果を与える「大魔法」を使うこともできます。
しかしどれも既存タワーディフェンスにあったものであり、あまり目新しさはありません
BGM もないし、ちょっと淡々としてますね。

そして何よりステージが少なく、タワーディフェンスに慣れている人だとあっという間に終わります
iTunes の説明文に「やり込み系ゲーム」と書かれていますが、やり込み要素はかなり低いです。
初心者でも簡単に遊べるようになっている」との事なので、最初から初心者向けなのかもしれませんが、これでは逆にタワーディフェンス経験者には進められませんね。
正直、攻略ページとかは作るべくもないです。

背景グラフィックは非常に綺麗で、陽光が降り注ぎ、雨も降ります。
特徴としてはそのぐらいでしょうか。

基本的なところはよく出来ているので、これからタワーディフェンスをやってみようと思っている人には悪くはないかな。
でも、慣れている人だと物足りなさ爆発だと思います。
「プレイヤーを楽しませる要素」が足りない印象かなぁ・・・

・MAGICAL TOWER DEFENSE(公開終了)
・MAGICAL TOWER DEFENSE LITE(公開終了)

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google