iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

2010年05月

パックマン & ミズ・パックマン & PAC-MAN REMIX

昨日、「Google がパックマンになってる」 と聞いたので、何事かと思って見に行ったら・・・

こんな事になってました。

GooglePacman

なんとこのパックマンな Google ロゴ本当にプレイ出来るのです!
下にある 「Insert Coin」 をクリックするとゲーム開始、カーソルキーでパックマンが動きます。
ルールはもちろん普通のパックマンと同じ、さらに Insert Coin を2回クリックすると「ミズ・パックマン」も現れ、WASD キーで2人同時プレイも可能!

ゲームはオリジナルのパックマンの通りで、もちろん BGM 付き、ちゃんとモンスターの「縄張り」もあり、パックマンショーも完備。
さすが Google、意味不明なところに全力投球です

GooglePacman

これは、2010年5月22日にパックマンは「30周年」を迎えたそうで、その記念だったそうです。
http://pacman.com/ja/

と言う訳で、前置きが長くなりましたが、30周年記念セールも行われているので、ここでパックマンとその関連アプリをご紹介したいと思います。
と言っても、一番オススメの「PAC-MAN Championship Edition」は攻略ページを作っているので、ここでは他のパックマンアプリと本家のパックマンを取り上げます。


まずは、「PAC-MAN REMIX」 から。

Pacman Remix

ちょっと 3D っぽくなったグラフィックが特徴のパックマン。
昔あった「パックマニア」というアーケードゲームによく似たグラフィックなのですが、パックマニアのようにジャンプすることは出来ず、ゲーム自体はオーソドックスなパックマンに準じています

ただ、迷路の形がステージごとに異なり、開閉する扉、ダッシュゾーン、昇降機やワープポイントなど、各ステージには様々な仕掛けがあります。

ナムコの iPhone / iPod touch アプリは操作性が悪いことで知られていますが、このゲームは「フリック操作」にすれば、決して良いとは言えませんが、そんなにストレスが貯まるほど悪い訳でもありません

ステージはいくつかのワールドに分かれていて、各ワールドのラストにはボスキャラも登場します。

Pacman Remix

倒す方法は、パワーエサを食べると小さく分裂するので、それを全部倒せば OK。
ワールドごとにステージの風景も異なり、バラエティーに富んでいます。

まあゲーム自体は意外と「オーソドックスなパックマン」なので、面白さも「パックマンのまま」です。
解りやすくて楽しめますが、飛び抜けて面白いと思うほどではないですね・・・
でも、言われている程には(少なくとも今のバージョンのフリック操作なら)操作性が悪いとは思わないし、相応に遊べるアプリだと思います
普段の価格は 350 円なのでオススメかどうか難しいところですが、セールで 115 円になっている時は、価格以上に楽しめると思います。

PAC-MAN REMIX(iTunes が起動します)


そして、本家の「パックマン」の iPhone / iPod touch 版について。
派生版の「ミズ・パックマン」も合わせてご紹介します。

pacman

ゲーム内容は・・・ 今さら説明する必要もないですね。
「パックマン」を操作してモンスターに捕まらないように、迷路の中のエサ(ドット)を食べていきます。
パワーエサを食べたら一定時間、モンスターに反撃出来ます。

「ミズ・パックマン」は海外で作られた俗に言う「パクリ版」なのですが、後に正式に認められたという経緯を持つもので、迷路の形が数ステージごとに変化する、ワープゾーンが2つある、フルーツが迷路の中を移動する、パックマンが不気味、という特徴があります。
パックマンショーもオリジナルとは違うものが挿入されています。
元々は海外発売のみで、日本では出回っていなかったようです。

操作はリミックスと同じく、「フリック操作」にすれば割と良好です。
何度かのアップデートで調整されているようで、PAC-MAN REMIX より良いように感じます。
全体がスローな「イージーモード」があるため、これだとさらに操作しやすくなりますね。

しばらくやっていると感じますが・・・ パックマン本来の「追って追われて」という面白さは、やはりこのオリジナルのものが一番な気がします。
パックマンには多くの派生型が生まれましたが、画面のスクロールとか派手なパワーアップとか、そういうものがあると逆にゲーム性が損なわれていた気がします。
REMIX があえてルール自体はオリジナルのままなのも、そのためかもしれません。

とは言え、やはりパックマンはパックマン。
今さらこれをやっても・・・ と言うのも本音です。
今のご時世にパックマンの定価が 700 円というのは、あまりにも高すぎるでしょう。
現在はセールで 450 円ですが、それでも高い。

メーカーのことを考えると、「世界的な需要があるパックマンの価格は高めにしておきたい」というのがあるのかも知れませんが、よほど好きな人以外には、この価格ではオススメすることは出来ませんね・・・

「ミズ・パックマン」は定価 600 円。 やっぱりかなり高い。
現在は記念セールで 115 円とかなり安くなっていますが、正直ミズ・パックマンはチープなサウンドや不気味なパックマンがいかにも古くさい印象で、明らかに「パチ物」という感じ
これ買うなら、ちょっと高くても普通のパックマンを勧めたいですね。
よほどパックマンが好きな人しかオススメ出来ません。

パックマン(iTunes が起動します)
PAC-MAN Lite(1面しかプレイ出来ません)
ミズ・パックマン(iTunes が起動します)

まあ、私的に一番オススメするのは、最初に述べたように PAC-MAN Championship Edition ですね。
 

Stranded Without A Phone

無人島に漂流したおじさんが、その場にあるものを活用して救助を要請できるまで生き延びる、サバイバルアドベンチャー
それがこの「Stranded」です。
iPhone 版は「Stranded Without A Phone」という名前ですが、iPhone じゃなくて Without A Phone(電話はない)なんですね。

iTunes の有料アプリランキングで上位独走中、しかしレビューを見てみると、賞賛する人と批判する人の意見で真っ二つ

やってみるとその理由が良くわかる、「人を選ぶゲーム」の代表格なアプリです。

stranded

無人島に漂着した「おじさん」を、そこにある様々なものを工夫して使い、生き延びさせていきます。
例えば、石ころをたくさん拾って「たき火の炉」を作り、乾いた草と木の棒を拾ってきて火をおこします。
アシ(草)の生えているところで葉を取って、それを紡いでヒモにして、ヒモと石と木の棒から斧を作ったりします。

おじさんは物を6しか持てませんが、物は好きな場所に置いておくことが出来ます。
ですから拠点とする場所を決め、そこに拾ってきたものを集めておくのがポイントとなります。

おじさんには「食料」「水」「ケガ」「体力」の4つのパラメーターがあり、まずは食料と水を調達できるようにしなければなりません。
食料や水がなくなったり、ケガをしてしまうと体力が徐々に減っていき、なくなるとサバイバル失敗、ゲームオーバーです。

島にはレモンやベリーなどがなっている茂みがあるので、それを食べれば当分は生き延びられますが、レモンには限りがあるため食べ尽くすと餓死が待っています。
水を調達する方法を整え、イノシシや魚が捕れるようになると、サバイバルは安定します。

stranded2

最終的には、海岸に漂着する道具を使って通信機を作り、救助を呼ぶのが目的となります。
道具は一定の日数が経たないと流れてこないようなので、長期間生活できるようにする必要がありますね。

このゲーム、最初はどうすればいいのか悩むと思います。
物は少ししか持てない、食料はない、水もない。 それでも容赦なく飢えていき、ケガもする。
どれを使えば何が作れるのか、何を使えばどうなるのかも、やっていく中で少しずつ自分で調べていくしかない。
そもそも、島の形もゲームごとに違う。

でも、このゲームはサバイバルアドベンチャーです。
それを自分で解明していくことが面白いゲームです。
どうすればいいのか調べて、工夫して、それで突破口を見つけていく事を楽しむ内容と言えます。

iTunes の意見が真っ二つなのも、まさにこのゲーム性だからでしょう。
気軽なゲームがやりたい人や、やり方が明確でないゲームが嫌いな人は、このゲームには全く向きません。
逆に自分で解決法を見つけていく事を楽しめる人は、このゲームに向いています。

アクション性が全くなく、素材を集めて道具や設備を作る「コツコツした作業」も必要なので、この点でも好みが分かれるでしょう
オンラインゲームで「生産」が好きな人や、モンハンなどで素材集めが楽しかった人は、おそらくこのゲームも楽しめると思います。

動物が1種類(イノシシ)しかいない、サバイバルが出来る体制が整うと後は流れてくる道具を探すのみとなる、というのが残念な点で、もっと日数の経過によって新たに登場するアイテムやイベントなどが欲しかったところですが、生活が安定するまでは色々とやるべき事は多いです。

少し序盤のヒントを言うと、草(アシ)の前に行って葉をたくさん取るとヒモが作れます。
水面をよく見ると渦が巻いているような場所があり、そこには魚がいます。(これは解りにくい)
ケガは花を食べれば回復します。(食べるのはステータス部分に食べたいものをドラッグです)


人を選びますが、楽しめる人には本当に面白いゲームです。
価格も 230 円とお手頃で、1回のプレイ時間が長めなうえに、プレイごとに異なる島で遊べるので、合う人なら長期間楽しめるゲームですね。
「自分に合ってそう」と思うのなら、オススメのアプリです。

なお、無料版もありますが、無料版は英語な上にクリア出来ないようなので、ここではオススメしません。
どんなゲームか試してみるだけならいいかも?

Stranded Without A Phone(iTunes が起動します)

(後日追記)
後半はひたすら海岸を捜索しながら、アイテムが流れてくるのを待つ事になるので、ちょっと単調かも・・・
寝れば時間は早く経過しますが・・・
 

Gold Rush

勝手に線路の上を進む列車が脱線しないように、急いでマスの上に線路のパネルを並べていくパズルゲーム。
それがこの「Gold Rush」です。

俗に「チクタクバンバン系」と呼ばれるパズルゲームですが、パネルをスライドさせたり回転させたりするのではなく、直接マスの上にパネルを置いていく(そして邪魔なパネルはいくらでも壊せる)という点が、他の同タイプのゲームとは異なる点です。

かなり前からあるアプリで、2009 年の初頭に私が始めて iPhone を使い始めた頃には、すでにありました。
無料で気軽に楽しめたこともあり、当時はかなり遊んだものです。

goldrush

右に並べられている線路パネルをマスの上に置いて、時間が来ると勝手に出発してそのまま進み続ける列車が脱線しないように走らせていきます。
マップ上には金塊があって、それをすべて回収し、車庫に戻らせればステージクリア。
金塊を回収してないのに車庫に入ってもクリアとはならず、しばらく後に再び出発しますが、少し時間稼ぎをすることが出来ます。
脱線すると右上の「Lives」が減っていき、0 になるとゲームオーバーです。

パネルは置く端からいくらでも補充されていきます。
また、ダイナマイトをタップしてパネルを選ぶことで、置いたパネルを自由に破壊することが出来ます。
しかし思い通りのパネルが補充されるとは限らない上に、列車はどんどん進み続けるので、急いで線路を繋げていかなければなりません。

いらないパネルは適当なところにどんどん置いて次々と壊す事と、先のルートを早めに作っていくことがポイントですね。

実は1つ攻略があって、同じ場所をグルグル回らせるように線路を作り、そこを回らせている間にゆっくり必要な線路を作るとラクに進めるようになります

goldrush2

でも、先のステージに進むと障害物などが増えるため、この方法を使っても簡単ではなくなって来ますけどね。

やってみれば解りますが、列車はけっこう早いので、慣れないうちはステージ1をクリアするのも難しいです。
しかし慣れると面白くなって来ますし、結構頭も使います。
それでいて気軽に楽しめるゲームで、移動中や待ち時間などにやるには良いゲームですね。

無料版と有料版があって、無料版は6ステージで終了しますが、最初は6ステージクリアも苦戦すると思います。
ゲーム自体は無料版でも変わりませんので、まずは無料版で試してみるのが良いでしょう。
有料版(115円)には大量のステージがあって延々と楽しめます。

私的にはオススメのゲームです。
シンプルですが気軽に楽しめて少し頭も使うので、暇つぶしゲームとしては、結構秀作だと思います。

Gold Rush(iTunes が起動します)
Gold Rush Lite(iTunes が起動します)
 

Where's Wally? (ウォーリーをさがせ)

世界的大ヒットの絵本、もはや説明する必要はないであろう「ウォーリーをさがせ!」。
オリジナルの名前は「Where's Wally?」で、iPhone / iPod touch ではこの名前で公式のアプリが販売されています。

登場してからずっとランキングの上位にいるアプリで、「ウォーリー」の人気の高さと知名度を物語っていますが・・・
ランキング上位にいる理由は、やってみてさらに解りました。 アプリとしての完成度も高いのです。
これで価格も安いのですから、そりゃ人気になりますね。

whatswally

基本のルールは一目瞭然、絵の中から「ウォーリー」や、指定された姿の人、物、巻物などをさがします。
「絵」はかなり大きく、指をなぞって画面をスクロールさせながら探さなければなりませんが、操作性は良好です。

単なる絵探しではなく、ちゃんとゲームとして作られていて、まずはウォーリーとその仲間を捜し、次いで指定された姿の人を探し、最後に巻物を見つけて、全て終わった時点で画面下の制限時間が一定以上ならステージクリアとなり次に進みます。
時間が残っていないか少ない場合は、次のステージに進めません。

ステージ中にはイベントが発生する場合もあり、急に星が降ってきて取ることで時間を回復できたり、突然別の人物が現れ、それを急いで見つけなければならないという事が起こったりします。
同じステージでも一部の人物の配置がプレイごとに変わり、発見物を変えてプレイする事も出来るので、何度でもプレイできる楽しさがあります。
また絵の一部はアニメーションしていて、単なる固定画ではありません。

通常モードの難易度は結構高いのですが、目的のものが簡単に探せる「KIDS モード」や、時間や条件なしでノンビリ絵探しが出来る「Explore モード」も追加され、誰でも楽しめるようになりました

ステージごとに用意された BGM もあり、ボリュームも十分、とにかく完成度の高いアプリです。

whatswally4

やや難点なのは、各ステージで「探す物が言葉で示されたもの」が出てくる場合があること。
例えば、「つまづいている人を探せ」とか「三段跳びしている人を探せ」とかがあるのですが、これらが当然「英文」なので、日本人だと解りにくいです・・・
まあ海外のアプリだからしょうがない事ですし、そこでヒントを使えば何とかなります。 難点と言えるのはこのぐらいですね。
画面のスクロールが必要な点が賛否あるようですが、スクロールがない小さな画面でプレイしても楽しくないだろうから、ここはこれで良しとするべきだと思います。

なお、このブログの画像はレイアウトが iTunes で表示されるものと異なっていますが、iTunes のものは古いバージョンの画像です。
現在はアップデートにより、画面が広く見えるように改善されています。


価格は 350 円ですが、現在は「世界100万ダウンロード記念」の期間限定セールとかで、115 円になっています。
でも、ここしばらくセールのままなので、良くある「ずっとセール」ってやつかもしれません・・・
いずれにせよ、非常にお得です。 350 円でも十分と言える完成度です。

「ウォーリーをさがせ!」は好みもあると思うので、万人にお勧めとは言えないかもしれませんが、嫌いでない人なら間違いなくオススメ出来るアプリですね。
もう世界的にも、iPhone / iPod touch の「定番」になったと言って良いと思います。

Where's Wally? The Fantastic Journey(iTunes が起動します)
 

何が変わったんだろう?

一時期テレビでかなり流行った、「脳が活性化する」という触れ込みの間違い探しゲームです。
写真の一部が徐々に変化していくので、その変化している部分を当てる、というものですね。

これはある脳科学者の方(茂木健一郎 氏)が「アハ体験」と称して(たぶんテレビでは日テレの「世界一受けたい授業」で)最初に始めたもので、その後に様々なテレビ番組で放映されました
最近は茂木さんの「申告漏れ」や脳科学者としての批判などの影響か、テレビではあまりやらなくなりましたが、人気のあったコーナーだったことは確かです。

その「写真の一部が徐々に変わっていく」ゲームを iPhone / iPod touch アプリにしたのが、この「何が変わったんだろう?」(What's happening?)です。

nanigakawatta

アプリの内容は・・・ もう前文で全部説明した気がしますが・・・
写真の一部が徐々に変わっていくので、そこをタップするというものですね。

一応制限時間があって、時間切れになると終了ですが、すぐにリトライすることが出来ます。
また、何度もリトライしていると右上に「HINT」と表示され、それをタップすると正解の部分の周辺が明るく表示され、大まかな位置を教えてくれます。

アプリとしては非常にシンプルで、音も正解時と間違い時の効果音のみ。
絵が変化していく部分は常に一緒なので、一度解いた問題はもう二度と楽しめません

しかし問題の数は相応に多く、100 以上の問題が用意されています
1つ1分で解いても 100 分は遊べる計算になりますね。
無料版は 30 問しかありませんが、それでも相応に楽しむことは出来るでしょう。

このアプリ、韓国の人が日本のテレビの人気コーナーを勝手にパクって作ったものだからか、その点での批判が無料版の iTunes レビューにいくつか見られます。
(そのためか、著作権的にヤバい某ネズミの写真も平気で使われてたりする)

ただ、そう言うのを考慮せずに見ると、相応に楽しめるアプリだと思います。
有料版は 115 円・・・ 一度解いたら二度と遊べない難点はありますが、この価格なら缶ジュース一本分と考えれば、値段分は十分に遊べると言えるでしょう。

テレビで流行ったあの問題を、たくさんまとめて、好きな時に出来る
それだけでも注目は出来るし、長くランキングに入っているのも頷けます。
シンプルなアプリですが、テレビでこの問題を見たことがあって、楽しんだことがある方にはオススメです。

何が変わったんだろう?(iTunes が起動します)
何が変わったんだろう? Lite(iTunes が起動します)
 

Kerplinkus

レトロでネオン風のグラフィックが印象的な、シンプルなショートゲームパズル。
それがこの「Kerplinkus」です。

見た目に引かれて衝動買いしたパズルゲームで、内容よりデザインがウリのアプリと言えるでしょうか・・・

kerplinkus

シンプルな「落ちものパズル」ですが、ルールはちょっと特徴的です。

上からブロックが落ちてきて、下に積み重なっていきます。
タップで積まれているブロックを入れ替え、落ちてくるブロックと同じ模様のブロックをぶつけると消えます。
この時、消えたブロックに同じ模様の別のブロックが接していれば、そのブロックも繋がって消えていきます。
違う模様のブロックにぶつかった場合は、そのまま上に積み重なっていきます。

他と違うのは、ブロックをスライドさせるのではなく「入れ替える」(離れた場所にあるブロックでも自由に入れ替えられる)ことと、同じ模様のブロックがぶつかっただけで消えること。
つまり、ルールとしては非常にシンプルになっています。
連鎖などを考える必要もありません。
そのぶん、パズルとしては「深み」がないのですが、それでもブロックが次々と落ちてくるため、慣れないとあっという間にブロックは積み上がってしまいます。

長く続けるコツは、消えるブロックと同じ模様のブロックを「横方向」に繋げて、消えた時に複数の列が低くなるようにし、全体的に高くならないようにしていくこと。
1ヶ所が高くなってしまうだけでリカバリーが困難になるからです。


正直このゲームはちょっとシンプル過ぎて、連鎖などのハデな展開がある訳でもないので、やっていてそんなに楽しいと感じるものではありませんでした。
ただ、独特なドットグラフィックと抑えめに輝く味のあるネオンが綺麗な、雰囲気の良いゲームではあります。

まあ、その雰囲気だけで 230 円払うのも微妙ですが、ちょっとした時間にプレイ出来て人に見られてもあまり恥ずかしくないグラフィックなので、外出時の空き時間にちょこっとやるゲームとしては悪くないかもしれません。

あと、これは余談ですが・・・ このゲームのような「入れ替えタイプ」のパズルゲームは、「タッチパネル」との相性が良いことに気付きました。
その手のゲームは、もっと出てきても良いと思うんですけどね。

Kerplinkus(iTunes が起動します)
 

StarCannon

ひたすら自機がパワーアップしていく縦スクロールのオーソドックスなシューティングゲーム。
それがこの「StarCannon」です。

ゲーム自体は「何の変哲もない縦シュー」なのですが、自機がひたすらパワーアップし続ける点が特徴のゲームです。

starcannon

シューティングゲームとしては、目を見張るような特徴はありません
操作性は悪くなく、プレイもしやすくて無難な出来なのですが、綺麗だけど一般的なグラフィック、悪くはないけど特徴のない敵キャラ、ごく普通のゲーム性など、全体的に「無難な内容」です。

敵編隊を全滅させると「×」マークのアイテムが出て、それを取ると倍率ゲージがアップ、任意のタイミングで倍率ボタンを押すとゲーム全体に一定時間スローがかかり、その間に敵を倒すとスコアに倍率がかかるという特色がありますが、あまり派手さはなく、特筆できるほどのシステムではありません。


しかし特徴的と言えるのは、武器が3種類あってアイテムを取るとどんどんパワーアップ。
そのパワーアップがなんと最大 18 段階!
最初は弱いのですがパワーアップが 10 段階あたりを越えるとかなり強くなり、敵を大量の弾でバリバリ倒せるようになって、爽快感が増してきます

ミスしてもパワーアップはそのままなので、際限なく強くなっていく楽しさがあります。
最初が弱いだけに、「強くなった」という気になれますね。
「やっぱりパワーアップって、シューティングの楽しさの1つだよなぁ」というのを実感させてくれます。


ただ、1ステージがやたら長く、そのためゲームのテンポが悪いです。
1ステージが 10 分ぐらいかかります・・・ えらく冗長
シューティングゲームとしてはパワーアップ以外には特筆する点がない、オーソドックスなものなので、十分なパワーアップをする前にやめてしまう方も多そうです。
これでは評価しない人も多いでしょうね・・・
ステージ3ぐらいまで行くと、パワーアップにより攻撃がかなり派手になってくるのですが・・・

難易度は「NORMAL」だと低めで、シューティングが苦手な人でも遊べると思います。
得意な人はいきなり「HARD」でやった方が良いかもしれません。

まあオーソドックスである分、一般的なシューティングの面白さはあります
パワーアップし続ければ中盤からは爽快に敵を倒せるようになりますし、後半ステージは敵も増えて手強くなってきます。
操作性も悪くないし、そして何より価格も安めです
(現在は 115 円になっていますが、今は 50% OFF のようなので、通常は 230 円だと思われます)

私的には、シューティングが嫌いでないなら、相応にオススメ出来るゲームです。
値段分は楽しめるアプリだと思いますよ。

StarCannon(iTunes が起動します)
 

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
https://iphoneac.com/

 最新のレビュー記事は
 iPhone AC(本家側)に
 移転しております。

iPhone AC レビュー記事移転

 移転の詳細は
 こちら をご覧下さい。

 更新情報は Twitter
 お伝えしております。

最新コメント


月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ

カムライターオ

ご意見・ご連絡は
iphoneac@mobile.nifty.jp へ
ブログ方針は こちら を。
Google