iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

2017年06月

iPhone ゲームアプリ セール情報 6/23

最高峰脱出ゲーム The Room Three や、陸路の大航海時代 Wizards and Wagons、戦時下サバイバル This War of Mine、ゾンビホテルローグライク SKYHILL などが一斉にセール開始。
ドイツゲームも5作品がまとめてセール。
王国建設ディフェンスゲーム Kingdom: New Lands のセールも継続しています。

なお、32bit 版(64bit 未対応)のアプリは iOS11 で動かなくなる可能性がありますのでご注意下さい。
2015年6月1日以降、Apple は 64bit 対応を義務付けており、よってそれ以降に公開およびアップデートされたアプリは 64bit に対応しています。
それ以前が最終更新のアプリは未対応の場合があります。

このページでは引き続き、セール情報を更新していきます。

ここでは当方で扱ったことのある、値下げされたアプリをまとめてご紹介しています。
セールの終わったアプリの削除や、新たにセールを始めたアプリの追加などを行い、随時更新しています。
(値下げされたまま半月~一月経過したアプリは削除しています)

リンクは注記がない限り、iPhone AC 内のレビューページに移動します。

----------

【 新着セールアプリ 】

The Room Three(600円 → 250円)6/23 追加
The Room Three
細密に描かれた 3D グラフィックが美しい、箱の謎を解くアドベンチャーゲームで、いわゆる「脱出ゲーム」。
この手のゲームとしてはクオリティーは最高峰。
メッセージは英文だが、プレイする上で大きな支障はない。
なお、初代 The Room と The Room Two は本体無料、課金でフルバージョンにする形に変わっている。

Wizards and Wagons(600円 → 240円)6/23 追加
Wizards and Wagons
ワゴンに交易品を載せて町を巡る、陸路の大航海時代。
移動中の戦闘はアクションで、襲いかかって来る盗賊やモンスターをタップで撃退する。
稼いだ資金でワゴンの買い換えなども出来る、長く楽しめる秀作。

This War of Mine (1800円 → 240円)6/23 追加
This War of Mine
戦渦に巻き込まれた民間人となり、飢えと寒さ、激化する戦闘と崩壊した治安という絶望的な状況の中で、仲間と共に生き残る方法を模索するサバイバル生活シミュレーション。
2周年の大型アップデートが導入された記念セール。

SKYHILL(360円 → 120円)6/23 追加
SKYHILL
ゾンビが徘徊するホテルの最上階から脱出するローグライク RPG。
食糧を探して食いつなぎ、装備も自作しなければならない、サバイバル感の強い内容。

Valhalla Hills(480円 → 240円、iPad 専用6/12~6/19 終了、6/23 再追加
valhallahills
バイキングに指示を出して建物を建設し、食糧や道具を生産、村を拡大していく本格的な開発 RTS。
スマホ初期の名作「ザ・セトラーズ」を 3D 化したもの。iPad 専用。

The Spatials(480円 → 240円、iPad 専用6/23 追加
The Spatials
観光宇宙ステーションを建設する開発 SLG だが、RTS の惑星探索シーンがある。
探索した星で資源の輸入権を獲得し、その資源で開発を進めていく。iPad 専用。

ROME: Total War(1200円 → 840円、iPad 専用6/23 追加
rome total war
無数の兵士が 3D のフィールドで大戦争を展開する、古代ローマが舞台の戦略 SLG。
かなり取っ付き辛く、日本語化もされていないが、理解できれば長く楽しめる。iPad 専用。

Kingdom Rush Frontiers(360円 → 120円)6/23 追加
Kingdom Rush Origins(360円 → 120円)6/23 追加
Kingdom Rush Origins
ちびキャラがちまちま戦う、丁寧に作られたスマホ定番の人気タワーディフェス。
Frontiers はシリーズ2作目で、Origins は3作目。 一作目 はずっと無料になっている。
iPad 版(HD)も同様にセール中。 

Reckless Getaway(120円 → 無料)6/23 追加
racklessgetaway
名作レースゲーム「Reckless Racing」シリーズの派生作。
銀行強盗の逃走車がパトカーや対向車をぶっ飛ばし、障害物をジャンプしながら突き進むハチャメチャレーシングで、ステージクリア型。
先日続編が公開されたが、別物になっている。

Ticket to Ride(840円 → 120円)6/23 追加
Ticket to Ride
アメリカに鉄道網を築いていくボードゲーム。 2004年の「ドイツ年間ゲーム大賞」受賞作。
アップデートにより iPad 版が iPhone にも対応し、ユニバーサルアプリ(両用アプリ)になった。
インドやアジアのマップが追加されるなど、拡張も続いている。

Colt Express(840円 → 240円)6/23 追加
Colt Express コルトエクスプレス
アメリカ開拓時代の列車強盗をテーマにしたドイツゲームで、2015 年にドイツ年間ゲーム大賞受賞。
個性的なキャラクターが加えられており、ボードゲームでありながら、コンピューターゲームらしい演出を持つ作品。

Pandemic: The Board Game (840円 → 120円)3/21 追加
pandemic
人類を疫病の蔓延から救う、Plague Inc. の逆設定なドイツゲーム。
対戦ではなくソリティア型のボードゲームで、演出に優れている。
iPad 専用だったが、アップデートで iPhone でも遊べるようになった。

Splendor(宝石の煌めき)(840円 → 120円)3/21 追加
Splendor 宝石の煌めき
2014年の「ドイツ年間ゲーム大賞」ノミネート作。 宝石チップで場のカードを購入していくドイツゲーム。
アプリのクオリティは高くゲームも悪くないのだが、AI が弱いのがタマにキズ。

Mysterium: The Board Game(840円 → 240円)3/21 追加
Mysterium
幽霊役が見せる奇妙な絵のカードを元に、霊能探偵が独自の解釈で犯人を推理する、「ディクシット系」のドイツゲーム。
アプリの質は高いが「創造力」が求められるゲームで、それをコンピューターで再現できているかは微妙。 ユニークな内容ではある。

「スチーム:富へのレール」公式版(600円 → 240円) 2/15~3/5 終了
スチーム 富へのレール 公式版 Steam Rails to Riches
産業革命時代の鉄道網建設をテーマにしたドイツゲーム。
かなり思考性の高い内容で、コアなボードゲーム愛好家から支持されている作品。
続きを読む

【速報】新 iPad Pro と iOS11 発表(WWDC 2017)

日本時間 2017年6月6日 の早朝、開発者向けのイベント「WWDC 2017」で Apple が発表会を実施。
新しい「iPad Pro」と「iOS 11」が発表されました。

他にも新しい iMac や最上位クラスのパソコン iMac Pro、新型スピーカーの HomePod も公開されましたが、ここでは iPhone / iPad に関する情報を中心に、その詳細を私的な感想を交えてお伝えしたいと思います。

wwdc2017

まずは新型の「iPad Pro」から。
4月にモデルチェンジした通常の「iPad」が低価格モデルと位置付けられたため、主力(上位型)の iPad はこの新型 iPad Pro になります。

予約は本日(6/6)から受け付けられており、発送は来週からになります。

10.5 インチ型と 12.9 インチ型があり、10.5 インチ型の容量と価格は 64GB が 69800 円、256GB が 80800 円、512GB が 102800 円(税別)
256GB や 512GB といった大容量モデルがあるのも特徴です。
続きを読む

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google