ワイヤー(フックロープ)を天井に引っかけて、ターザンジャンプのように飛び移りながらステージを進んで行く「ワイヤーアクション」の横スクロールアクションゲーム。
それがこの「Hook Champ」です。

インディーズ(個人や小グループ)によって作られたゲームの優秀作品に与えられる賞「IGF Mobile 賞」で、最終選考に残っているアプリの1つです。

hookchamp

見ての通りグラフィックは「ファミコンテイスト」になっています。
オープニングや途中の演出もいかにも「ファミコン風」で、昔のゲームのようなデザインとなっているのが特徴の1つですね。

ゲーム内容は一見、「スーパーマリオ」や「ロックマン」のようなジャンプアクションに見えます。
しかし実はこのゲームは、ゴールまでのスピードを競う「タイムトライアル」的な内容です。

ステージ開始時に巨大モンスターが現れ、プレイヤーを追いかけてきます。
プレイヤーはそのモンスターに追いつかれないよう、急いでゴールまで逃げなくてはなりません。
途中で敵が出てくる事もありますが、スピード勝負なので倒す必要はなく、そもそも前半ステージだと敵は出現しません。

一度クリアしたステージを再度プレイすると、一番早かった時の「ゴースト(幻影)」が現れ、それとのレースも行えます。
いかにもスピード重視のゲームという感じですね。

プレイヤーは普通に歩いて移動すると速度が遅く、そのままではモンスターにすぐ追いつかれてしまいます。
単なる通路でもワイヤーを天井に引っかけて、飛び移りながら進む方が速く、それが重要な攻略と言えます。
このため普通に歩いて横移動する事はほとんどありません。
この点もかなり特徴的だと言えます。

ワイヤーは画面をタップする事で、その方向に伸ばす事が出来ます。
そして押しっぱなしでワイヤーにぶら下がって移動、指を離すとワイヤーを切ります。
操作性は非常に良く、アクロバチックなアクションを手軽に行えるので、ワイヤーを使って移動しているだけでも気持ちがいいですね

ステージ中にはスーパーマリオのように「コイン」があり、クリア時にもボーナスコインが貰えます。
それを使ってフィールドマップ上にあるショップで様々なパワーアップアイテムを購入する要素もあります。

hookchamp3

スピード勝負の展開とワイヤーアクションのゲーム性がマッチしていて、やっていて楽しいゲームですね。
ステージも多く、相応にボリュームもあります。

ファミコン風のデザインが好きか嫌いかで好みが分かれると思いますが、このファミコンテイストが嫌いでないなら、オススメ出来るアプリです。
価格は 350 円ですが、無料体験版が用意されているため、まずは無料版で試してみるのがいいでしょうか。

Hook Champ(iTunes が起動します)
Hook Champ LITE(iTunes が起動します)