世界的大ヒットの絵本、もはや説明する必要はないであろう「ウォーリーをさがせ!」。
オリジナルの名前は「Where's Wally?」で、iPhone / iPod touch ではこの名前で公式のアプリが販売されています。

登場してからずっとランキングの上位にいるアプリで、「ウォーリー」の人気の高さと知名度を物語っていますが・・・
ランキング上位にいる理由は、やってみてさらに解りました。 アプリとしての完成度も高いのです。
これで価格も安いのですから、そりゃ人気になりますね。

whatswally

基本のルールは一目瞭然、絵の中から「ウォーリー」や、指定された姿の人、物、巻物などをさがします。
「絵」はかなり大きく、指をなぞって画面をスクロールさせながら探さなければなりませんが、操作性は良好です。

単なる絵探しではなく、ちゃんとゲームとして作られていて、まずはウォーリーとその仲間を捜し、次いで指定された姿の人を探し、最後に巻物を見つけて、全て終わった時点で画面下の制限時間が一定以上ならステージクリアとなり次に進みます。
時間が残っていないか少ない場合は、次のステージに進めません。

ステージ中にはイベントが発生する場合もあり、急に星が降ってきて取ることで時間を回復できたり、突然別の人物が現れ、それを急いで見つけなければならないという事が起こったりします。
同じステージでも一部の人物の配置がプレイごとに変わり、発見物を変えてプレイする事も出来るので、何度でもプレイできる楽しさがあります。
また絵の一部はアニメーションしていて、単なる固定画ではありません。

通常モードの難易度は結構高いのですが、目的のものが簡単に探せる「KIDS モード」や、時間や条件なしでノンビリ絵探しが出来る「Explore モード」も追加され、誰でも楽しめるようになりました

ステージごとに用意された BGM もあり、ボリュームも十分、とにかく完成度の高いアプリです。

whatswally4

やや難点なのは、各ステージで「探す物が言葉で示されたもの」が出てくる場合があること。
例えば、「つまづいている人を探せ」とか「三段跳びしている人を探せ」とかがあるのですが、これらが当然「英文」なので、日本人だと解りにくいです・・・
まあ海外のアプリだからしょうがない事ですし、そこでヒントを使えば何とかなります。 難点と言えるのはこのぐらいですね。
画面のスクロールが必要な点が賛否あるようですが、スクロールがない小さな画面でプレイしても楽しくないだろうから、ここはこれで良しとするべきだと思います。

なお、このブログの画像はレイアウトが iTunes で表示されるものと異なっていますが、iTunes のものは古いバージョンの画像です。
現在はアップデートにより、画面が広く見えるように改善されています。


価格は 350 円ですが、現在は「世界100万ダウンロード記念」の期間限定セールとかで、115 円になっています。
でも、ここしばらくセールのままなので、良くある「ずっとセール」ってやつかもしれません・・・
いずれにせよ、非常にお得です。 350 円でも十分と言える完成度です。

「ウォーリーをさがせ!」は好みもあると思うので、万人にお勧めとは言えないかもしれませんが、嫌いでない人なら間違いなくオススメ出来るアプリですね。
もう世界的にも、iPhone / iPod touch の「定番」になったと言って良いと思います。

Where's Wally? The Fantastic Journey(iTunes が起動します)