昨日、テレビで「堂本兄弟」を見ていたら、出演者のみんなでこのアプリを遊んでいました。
1~25 のボタンを順番に押していき、そのタイムを競うだけの非常にシンプルな無料アプリ。
Touch the Numbers」です。

テレビを見てたらやりたくなったので、思わずダウンロード。
ここでもご紹介いたします。

tekunodo

と言っても、解説が必要な程のアプリではありません。
画面に 1~25 のボタンが並んでいて、素早く押していくだけ。
最後にタイムが表示され、ランキングが付けられます。

ただ、シンプルながら綺麗で嫌みのない画面とサウンドのおかげで、チープなイメージは受けず、むしろ高級感があります
テンポ良くプレイでき、思わず何度もやってしまいますね。
単純で解りやすく、見栄えもするため、テレビで取りあげられたのも頷けます。

テレビでやっていたキンキキッズの二人は慣れていないせいもあって 20~24 秒ぐらいでしたが、慣れれば 15 秒前後、さらに 11~13 秒前後も可能になります。
10 秒を切れる人はかなり早い方だと思います。

スポーツで重要な「周辺視野」が鍛えられるとのフレコミですが・・・ 確かに脳トレ的な雰囲気はありますね。
ちなみにゲームでも、アクションゲームやシューティングゲームの上手い人は周辺視野が広くて鋭いと言われています。


無料版と有料版がありますが、無料版が基本です。
有料版(Pro)は広告がなく、ツイッター連携機能やリプレイ機能などがありますが、ゲーム自体は無料版と変わりません。

店頭展示品の iPhone や iPod touch にも良く入っている定番アプリの1つです。
タダですし、やって損のないアプリだと思いますよ。

Touch the Numbers(iTunes が起動します)
Touch the Numbers Pro(iTunes が起動します)