チャリ走」をアメリカで作ったらこうなった?
そんなシンプルなワンキーゲーム(ボタン1つだけのゲーム)が「Canabalt」です。

サラリーマン風の男が障害物をかわしながら高速で突っ走るという内容で、チャリ走と決定的に違うのは「終末的」な世界観

謎の襲撃を受けている都市から男がひたすら逃げ続けるのですが、絶対に逃げられない。 そもそもゴールがない。
モノクロのドットグラフィック、滑らかな動き、凝った効果音と重厚な BGM が、その雰囲気に拍車をかけています。
スピード感もかなりのものですね。

canabalt

ゲームは非常にシンプルで、勝手に男が右に走っていくので、画面タップで障害物や穴をジャンプします。
ジャンプの高さはタップする長さで調整可能。
箱やイスなどの障害物は当たっても大丈夫ですが、当たると転んでスピードが下がります。

走り続けているとどんどんスピードが上がっていくので、適度に箱にぶつかってスピードを下げるのがポイントですが、下げすぎると穴をジャンプしきれなくなります。
ステージは自動生成なのでプレイごとに変わります。 よってハイスコアには運も絡んできますね。
かなり高速で走るので集中力も必要です。

サウンドが作り込まれているため、プレイ前にはヘッドホンでのプレイを推奨するメッセージが表示されます。
ただ、BGM は1つしかないし、効果音もそんなに多い訳ではないので、ヘッドホンがない時に、わざわざそれを用意するほどでもないかな・・・
※ BGM はアップデートで追加され、現在3つ用意されています。
タイトル画面の右上に曲名表示があり、タップで切り替えられます。


ゲームとしては「豪華になった高速チャリ走」でしょうか。
高難度で、短時間で終わり、繰り返しプレイ出来る」という携帯電話に向いたゲーム性で、何度もリトライを繰り返しながらハイスコアを目指すゲームですね。
それにスピード感と独特な雰囲気が加わっています。

ただ、このゲームは 350 円なのが気になります・・・
シンプルな内容でこの価格は割高に感じざるを得ません。
115 円ならオススメ出来ますが、買う側がこの点をどう考えるかで評価が分かれそうです。

しかし私的には、チャリ走やトメナサンナーよりこちらの方が好み。
iPhone のデザインにもマッチしたゲームですね。

Canabalt(iTunes 起動 が起動します)