イギリスのヒーロ-「ロビンフッド」が活躍する横スクロールの格闘アクションゲーム。
それがこの「Robin Hood: Rebellion」です。

iPhone / iPod touch の横スクロール格闘アクションとしては「PrincessFury」が人気ですが、それによく似たゲームシステムと雰囲気のゲームですね。
そして内容も、PrincessFury に勝るとも劣らない面白さがあります

robinhood

次々と出てくる敵を剣や弓、斧などの武器を使って次々と倒していきます。
操作性は良好で、やっていて操作のしにくさを感じる事はありません。

このゲームが他の横スクロール格闘アクションと違うのは、接近攻撃よりも飛び道具である「弓」が主力な事
ロビンフッドと言えば弓の名手として知られていますが、そのためこのゲームでも無理に接近戦をするより、遠くから弓を撃ってヒット&アウェイで戦った方が有利です。
ただ、接近攻撃にも複数の敵をまとめて攻撃出来たり、威力が高めという利点があるので、飛び道具と格闘を使い分けるのがポイントですね。

ボタン連打で1セットの連続攻撃が出るという事はなく、攻撃はすべて単発です。
しかし剣や弓の攻撃は連射できるので、ザクザクと敵と攻撃する爽快感はあります。
また、武器の中には連発できない斧や投げナイフなどもあり、これらを4つのボタンに装備できるので、例えば「投げ斧→弓」や「斧→剣連打」という使い方もポイントになります。
言わばこれが連続攻撃とも言えますね。

敵が落とすお金や水晶玉を集める事で、武器や自分の能力をパワーアップさせたり、魔法を使用可能にすることも出来ます
武器はパワーアップすることで性質が変わり、例えば弓なら貫通するようになり、剣なら高速で連打できるようになります。
水晶玉は武器に装着することで、炎の玉なら敵がしばらく燃える、氷の玉なら敵が一定確率で凍り付く、などの追加効果も付加されます。

robinhood2

先のステージに進むと敵も相応に手強くなりますが、難易度はそれほど高くなく、さらにやられてもそのステージで得たお金や水晶玉を持ち帰れる親切設計になっています。
そのためやられまくっていてもお金が貯まり、キャラクターを強化できるので、何度もやっていればいずれクリア出来ますし、ストレスも貯まりません。

ただ、この親切設計がアダとなってか・・・ 割とサクサク進めるので、集中してやると短時間でオールクリア出来てしまいます。
ステージは 7x4 で 28 ステージと相応にあるのですが、そんなに苦労せず進めるため、ややボリューム不足を感じてしまいます

だからと言ってこの親切設計が悪いという事は出来ませんが・・・
オールクリアしても、「もっと遊びたかった」という印象を受けるのは拭えませんね・・・

また PrincessFury と比べた場合、「味方の兵士がいない」というのがちょっと見劣りする点です。
ロビンフッドは仲間や民衆と共に挙兵して暴君に立ち向かうストーリーなので、出来れば味方兵士も欲しかったのは本音ですね。


とは言え、230 円でここまで遊べれば十分でしょう。
ゲーム自体は非常に面白く、操作性も良く、完成度も高いです
今はセールで 115 円なので、尚更お得です。

パワーアップが中途半端でもオールクリア可能なので、出来ればアップデートで追加ステージやエンドレス、2週目などを導入して欲しい気もしますが・・・ まあ、この価格でこれ以上言うのもちょっと贅沢でしょうか。
解りやすい内容ですし、誰でも楽しめる難易度なので、お勧め出来るアプリですよ。

ちなみに余談ですが、ロビンフッドは 12 月に映画が公開される予定です。 一応、それに合わせてたりするのでしょうか・・・?

Robin Hood: Rebellion(iTunes が起動します)
Robin Hood: Rebellion Lite(iTunes が起動します)