悪魔と人の力を宿した魔剣士が「スタイリッシュ」に戦う、人気アクションシリーズ「Devil May Cry」(デビル・メイ・クライ)
カプコンが開発した「かっこよさ」を重視したゲームです。
そのデビルメイクライが iPhone / iPod touch にも登場しました。
デビル メイ クライ 4 リフレイン」(Devil May Cry refrain)です。

このゲームは元は 2009 年にガラケーのアプリとして公開されたもので、iPhone / iPod touch 版はその移植となります。
先に言ってしまいますと、背景は iPhone アプリとしては簡素な感じが否めず、グラフィックのレベルはガラケーアプリの域を出ていません

ただキャラクターの動きは滑らかで、ちゃんと「スタイリッシュに」戦ってくれます。
携帯版を見ていないので比較はできないのですが、キャラクターのモーションは iPhone 用に調整されているのではないかと思われます。

devilmaycry

画面左下の仮想スティックで移動、攻撃ボタンで敵を斬る、3D 格闘アクションです。
銃撃も可能で、距離に合わせて双方を自動的に切り替える操作と、「剣ボタン」「銃ボタン」の2つを使う操作の双方を選べます。

また「悪魔の右腕」を使うボタンもあり、これを押すと手がビューンと伸び、敵を掴んで引き寄せたり、投げ飛ばしたり、逆に自分が敵に急接近するなどのアクションが可能です。
この悪魔の右腕の使い方がゲームのポイントの1つですね。

ザコ戦はかなり簡単で、攻撃ボタンを連打しているだけで華麗な連続攻撃か勝手に次々と決まります
よって初心者の方でもラクにプレイ出来ますが、上級者の方だと物足りないかも。
ただ、ゲーム後半になると後ろから攻撃しないと効かない敵も登場し始めます。

一方、ボスはかなり手強いです。
元々「デビルメイクライ」シリーズのボスの強さは「何度もチャレンジしてやっと倒せる」というぐらいのバランスで作られていて、それはこのゲームでも踏襲されているようです。
2体目以降のボスをノーミスで倒すには相応の「攻略パターン」を作る必要がありますね。

しかしこのゲーム、超初心者向けの仕様があって・・・
「その場コンティニューを使いたい放題」なのです。
普通、この手のゲームはボスにやられるとボス戦の最初からになりますが、このゲームはボスの体力や状況はそのままで、体力最大で何度でも復活できるのです。
つまり実質、残機が無限になってるような状態。
よってコンティニューしまくれば誰でも最後まで行けるという非常に易しい設定。

携帯アプリだから、アクションゲームが苦手な人も多いため、それに対する配慮だと思うのですが・・・ 正直、「ぬるすぎます」。

まあコンティニューするとクリア評価が下がるし、その評価に応じてオールクリア後に色々な特典やアイテムを貰えるので、そうしたものの取得を目指そうとするとノーミスクリアを目指すことになる訳ですが、この「誰でも簡単にストレートクリア可能」な仕様はどうなのかなぁ・・・ と言う気も。

また、「デビル メイ クライ 4」は「ネロ編」と「ダンテ編」の2部構成になっており、それは携帯アプリ版の「リフレイン」でも同様でした。
しかし iPhone / iPod touch 版は現時点で「ネロ編」しか入っていないようで、ダンテは次回のバージョンアップで追加される事になっています。
と言う事は、現時点(2011年2月時点)では「まだ半分」って気も・・・

※3月のアップデートで「ダンテ編」も追加されました。

devilmaycry2

ただ、クリア後に1週目では通れなかった扉や仕掛けを作動できるアイテムを入手出来るので、2週目以降は違ったルートを通って進めるなど、長く楽しめるようにする工夫は見られます。

普通にネロ編をクリアするだけだとそんなにボリュームがある訳ではないので、2週目で新ルートを見つけたり、高評価のゲットを目指すなど、プレイヤー自身に「やり込もう」という気持ちがないと、そんなに楽しめないアプリかもしれません。

以下は海外のゲーム情報サイト GameTrail で公開されている、このゲームのプレイ動画です。



総評としては・・・ オススメかどうかは難しいところですね。
こういう結論は何ですが、「人による」という気がします。

アクションゲームとして相応に遊べるし、キャラクターの動きが良くて、初心者の方でもラストまで必ず行けますから、その点では万人向けのアクションゲームと言えます。
しかし簡素な背景と地形の使い回しの多さは、昨今の iPhone のゲームアプリと比べると大きく見劣りします。

スパイダーマンアイアンマンなどのゲームロフトのアクションゲームアプリと比べると、キャラクターの動きはそれ以上、グラフィックはそれ以下、と言った感じでしょうか。
ストーリーも「紙芝居」のような一枚絵だけで語られる形で、バイオハザード4のような状態ですね。 しかもかなりハショられてる印象。
これが 2009 年に発売されたゲームなら「素晴らしい!」という事になったと思いますが、2011 年のゲームとしては・・・ うーん。

ただグラフィックなどを考慮に入れず、ノーミスクリアを目指すものとしてゲーム性を考えると、悪くないことも確か。
「その場コンティニュー」が良し悪しですが、ボスが倒せなくて投げ出されるよりはいいかも。

定価は 600 円ですが、2/10 までは発売セールで 350 円の模様です。
600 円だと高く感じますが・・・ 350 円なら、悪くはない気もします。

オススメかどうか言い辛いゲームですね。
私自身は iPhone 4 で最近話題のアクションゲームをやり尽くしてきたので、見劣りする印象は否めません。
新機種専用のアプリと比べてはいけないとは思うけど。

デビル メイ クライ 4 リフレイン(iTunes が起動します)