中国のメーカーが開発した、三国志をテーマにしたタワーディフェンス
それが「三国TD - 蜀伝」です。
名前の通り、三国志の「蜀」を主役としたストーリーが展開されます。

見た目は一世代前のグラフィックですが、役割のハッキリした兵士の使い分けや、武将の成長要素などが盛り込まれており、ゲームバランスも良くとれていて、意外な秀作タワーディフェンスとなっています。

三国TD - 蜀伝

タワーディフェンスのタイプとしては、敵の通り道が決まっている「ルート固定型」になります。
兵士と武将の2タイプのユニットがあり、武将の方が強力ですが、設置費用が高くなっています。 また、同じ武将を何人も配置することはできません。

武将は5人まで出陣させることが可能で、戦闘で経験値を貯めレベルアップしていきます
さらにアイテムを装備して強化することも可能で、この武将の育成もゲームのポイントと言えますね。

武将とは別に一般の兵士も存在し、こちらは何人でも配置可能です。
単体攻撃の剣兵、対空攻撃の弓兵、周囲攻撃の鐘兵、貫通攻撃の槍兵が存在し、それぞれ特性や攻撃範囲が大きく異なるので、使い分けが重要ですね。
また「術師」というユニットもあり、攻撃力は低めですが遠距離攻撃が可能で、さらに範囲内で倒した敵の魂のようなものを吸い取って「術ポイント」を貯めることが出来ます。
武将はこの術ポイントを消費して「技」を出す事が可能で、高難度や後半ステージではこの技も駆使しなければクリアは困難になります。
さらに術師は伏兵を見破ることも可能なため、攻撃力はありませんが重要なユニットと言えます。

武将もこれらの役割のどれかを担っていて、例えば劉備や関羽は剣兵、張飛や趙雲は槍兵、諸葛亮は術師となります。

ステージの途中で史実に沿った敵武将も登場し、合間にはストーリーが語られるシーンもあります。
このストーリーシーンの絵がすごく「ホノボノ系」の味のある絵で、とても良い雰囲気を出しています。

三国TD - 蜀伝

三国TD - 蜀伝

三国TD - 蜀伝

難易度は前半はかなり簡単なのですが、中盤から徐々に手強くなってきて、Wave 数も多くなっていきます。
二方向・三方向から敵が来るステージも出て来ます。

終盤は難しくなりますが、同じステージを繰り返して武将を育成したり、アイテムを集めることも可能で、ステージごとに難易度を3段階から選択する事もできるので、初心者の方でもハマることはないと思われます。
もちろん TD に慣れた人なら難しめでプレイでき、クリア評価はその方が高くなります。

ステージ数は 21 で、集中してやると早く終わってしまうと思いますが、ボリューム不足という程ではありません。

特に目立った難点はありませんが、やや残念なのは、ちょっと地味なグラフィックでしょうか。
実はこのゲーム、Retina ディスプレイに対応していて、キャラクターの書き込みはかなり細かいのです。
スクリーンショットをアップにしてみると、非常に精密に描かれているのが解ります。

三国TD - 蜀伝

しかし iPhone / iPod touch の画面の大きさじゃ、そんな細かいところはほとんど解らないので、演出が地味でフィールド上の書き込みはそうでもないため、ノッペリした印象を受けてしまいます・・・
サウンドは中国風の、雰囲気の良い BGM が流れています。


結論としては、十分にオススメできるアプリだと思います。
正直、私もやる前は「イマイチかなぁ・・・」と思っていたのですが、やってみると予想以上に楽しめる秀作タワーディフェンスでした。
価格は 350 円で、この内容なら決して高くない値段だと思います。

なお、別バージョンの「三国TD - 春」というものもありますが、こちらは三国志とは関係ないキャラクターがいて、ステージ数も少ないので、新年祝いの「おまけバージョン」のようですね。
春や Lite などは無料なので、まずこちらで試してみるのも良いでしょう。

三国志やタワーディフェンスが好きな方には、一押し出来るアプリですよ。

三国TD - 蜀伝(iTunes が起動します)
三国TD - 蜀伝 HD(iPad 専用版です)

三国TD - 蜀伝 Lite(無料体験版です)
三国TD - 春(無料のお祭りバージョンのようです)