夜空に次々と花火があがっているような、とても美しい、それでいてなかなか手強いショート・パズルゲーム。
それが「Collision Effect」です。

Retina ディスプレイにも対応した綺麗な画面と、タッチパネルならではのゲーム内容が非常に iPhone 4 にマッチしています
発売は大手パブリッシャーの Chillingo ですが、開発はスウェーデンの小規模メーカーのようです。

Collision Effect

ルールはとても簡単。
同じ色の光球が複数出てくるので、そのうちの1つをタップします。
すると他の同色の光球がタップした球に吸い寄せられていき、合体すると花火のように爆発して消えます。
違う色の光球がぶつかってしまうとゲームオーバーです。

アクション」と「パズル」の2つのモードがあり、アクションは光球が次々と出現し、それを素早く消していくスピードが必要なサバイバル(耐久)モードです。
連続で消していくと得点倍率が上がっていき、全ての光球を消したり動きを遅くしたりする特殊アイテムも出現します。
一定数の光球を消すと Wave が増えて難度が上がります。

「パズル」は配置されている光球を全て消すステージクリア型のモードです。
光球をタップする順番がポイントになりますが、このモードでは光球はゆっくりと動き、その動きに合わせて次の光球をタップするなどしてタイミングを計る事も必要になります。

Collision Effect

「アーケード」も「パズル」も両方面白く、アーケードは難易度は高いのですがテンポ良くプレイ出来て短時間で終わるため、なかなかうまくいかないことと相まって、思わず繰り返しプレイし続けてしまいます。

タップした光球はその場で止まり、そこに同色の光球が吸い寄せられてくるので、そのライン上に他の色の光球がないのを確認しながらプレイする必要があるのですが、光球は次々と出てくるためノンビリ判断していると光球だらけになって収拾が付かなくなります。
しかし早くプレイしすぎると不注意の事故が起こるため、このジレンマがたまりませんね。

一方パズルモードは結構頭を使い、それでいて難しすぎない難易度なので、落ち着いて楽しむ事が出来ます。

花火のような爆発と周囲の動きに合わせて動く粒子が美しく、BGM も神秘的で、とても雰囲気の良いゲームです。
以下は Youtube で公開されている公式トレーラーです。



価格も 115 円と安く、さらに iPhone / iPod touch と iPad の双方に対応しているユニバーサルアプリです。

見た目・内容共に「これぞ iPhone」と言えるゲームで、かなりオススメできますね。
Game Center のランキングにも対応しているので、ハイスコアを狙う楽しみもあります。

美しくてシンプル、難しいけどクセになる、そんなアプリですよ。

Collision Effect(iTunes が起動します)