欧米の iTunes で高評価、各ゲーム情報サイトの評点も非常に高いのに、見てみたらおもいっきり古風なゲームだった・・・
そんな '80 年代初期のオールドゲーム風ドットイート(パックマン型)ゲーム。
それが「Forget-Me-Not」です。

ちなみに forget-me-not とは「忘れな草」のことだそうです。
オーストラリアの方による個人作成のアプリのようですね。

Forget-Me-Not

画面上のドット(このゲームでは花)をすべて取って、鍵を持った状態で扉に入るとステージクリアになるパックマンタイプのゲームです。
ステージは自動生成で、プレイするたびにマップの形や出現する敵が異なります。

操作は画面をスライドして行います。
指を右にスライドすれば右に、左にスライドすれば左に動きますが、ボタンを押す訳ではないのでやや反応は遅れ気味になります。
少し早めに操作するのがポイントですね。
操作性は良いとは言えませんが、悪いという程でもありません。
なお、画像は横向きですが、縦画面と横画面の双方に対応しています。

自機は常に前方にショットを撃っていて、これで敵を倒すことが出来るのですが、迷路の上下左右は繋がっていて、上に撃ったショットが下から出て来て自機に当たる事もあります。
よってショットはむしろ自分がダメージを受けることも多い、厄介なシロモノ。
ただ、鍵を取るとそれが自機の後ろに付いて、後方からの攻撃を防ぐ盾になります。

見てのようにグラフィックは非常に古くさく、ファミコンよりさらに前の ATARI 的な雰囲気。
いかにも「オールドゲーム」と言った感じで、ゲーム内容も古典的。
もう「その手のユーザー層を狙い撃ちしたゲーム」であるのが解りますね。

とは言え、実際には最新のゲームであるため、敵キャラクターは非常に豊富、その特性も多種多様。
迷路にはネオンのようなグラデーションがかかっていて、敵キャラの爆発により迷路の形がどんどん変わっていくなど、「今風のアレンジ」も施されています

ドットは連続で取り続けるほど高得点になり、敵を倒した時に出てくるフードも連続で取ると1つあたりのスコアが上昇していきます。
壁をこすっていると火花が散って、ずっと続けていると自機がフラッシュし敵を押しつぶせるというシステムもありますが、こすり過ぎると自爆してしまいます。

Forget-Me-Not

Forget-Me-Not

正直、このゲームが海外でやたら高評価なのは納得いかない面もあるのですが、それだけ海外の iPhone / iPod touch ユーザーには「レゲーファン」が多いと言う事でしょうか?
実際、空手道とかも海外ではすごい高評価だったしなぁ。

この見た目ですからレトロゲームが好きな人しか購入しない訳で、評価もそういった方しかしないでしょうから、それで高評価が集中しているのかもしれません。

しかし私もなんだかんだ言いながら結構やり続けていて、得も言えぬ魅力があるのも確かです
割と短時間でプレイでき、難しくて凡ミスしやすいゲームなので、それで何度も繰り返してしまうのもありますね。

地味に Game Center や Retina ディスプレイ、2人同時プレイにも対応。
まあこの見た目だと Retina はあまり意味ない気もするけど。

2人同時プレイは画面左側で 1P、画面右側で 2P を操作する形で、やり辛い気もするのですが、iPad にも対応しているユニバーサルアプリなので、iPad 用なのでしょうか?
このゲームで2人同時プレイしたら仲間を撃つ事故が多発しそうだけど、それはそれで楽しそうですね。

以下は Youtube で公開されている公式のプレイ動画です。



価格は 230 円。 この見た目だと購入し辛いと思いますが、高くない値段ですね。

とにかく、レトロ風のゲームが好きかどうかで評価が分れるアプリでしょう。
最近のゲームしか知らない人には全く勧められません。
「レゲーが大好きだ!」「こんなゲームも嫌いじゃない」と思える人なら、楽しめるアプリだと思います。
私自身は、割と好きです。

forget me not という名前は、「こういうゲームも忘れないでくれ」という意味もあったりするのでしょうか・・・?

Forget-Me-Not(iTunes が起動します)