「東方シリーズを始めとする、日本の同人 2D シューティングゲームに感銘を受けて開発しました」という、非常に高クオリティーな縦スクロールシューティングゲームが登場しています。
Danmaku Unlimited」(弾幕無限)です。

開発したのは海外の個人製作者の方のようですが、前述したように日本のシューティングゲームが参考にされており、各所に「東方っぽさ」が見られます。
その一方で光源が非常に美しいオシャレなグラフィックと、画面を埋め尽くす程の弾幕&アイテムが出現するハデなゲームになっており、これはこれで既存のゲームとは異なるオリジナルのシューティングに仕上がっています。

ほぼ個人で作成されているのが信じられないほどの完成度で、最近見た(ケイブ以外の)シューティングゲームの中ではトップクラスの出来ですね。

Danmaku Unlimited (弾幕無限)

画面をなぞって自機を操作し、ショットは自動、画面左下のボタンで「ワイドショット」と「レーザー型ショット」を切り替えます。
その上にはボムボタンがあり、画面下部には指を置く場所も用意されています。
この辺りのコントロールは「怒首領蜂」や「エスプガルーダ II」と同様で、既存の iPhone 用シューティングも参考にしているのが伺えます。

ボタンの反応や自機の操作性は良好で、特に不自由はありませんが、自機の動きは初期設定では精密な回避をしやすくするためか、指の速度よりやや遅めになっています。
この速度はポーズして「touch sensitivity」のバーを動かす事で調整できるので、違和感がある人は反応速度を最大にした方がいいでしょう。

パワーアップはありませんが、最初から一般的なシューティングゲームのフルパワー状態に近いぐらいの超連射&ワイド攻撃を行えるので、パワーアップがない事はまったく気になりません。
当たり判定は小さく、また被弾しても「オートボム」が発動するので、ボムがなくなるまでミスにはなりません。

機体は3種類用意されていて、それぞれショットとレーザーの攻撃方向が異なります。
ボス戦の時はレーザーが敵を追尾してくれるので、無理にボスの正面に位置取る必要は無く、回避に専念することが出来ます。

敵を倒したり、敵弾に「かする」ことで画面上部のパワーゲージが貯まっていき、最大になると「極限解放」が発動、一定時間 超パワーアップして強力な攻撃を行い、さらにこの間に出現するアイテムはその場で得点が加算される金色の★になります。
極限解放の発生時と終了時には敵弾も消滅するので、うまく発動させればボス戦で有利に戦う事も出来ます。

また、連続して敵弾にかすることで「グレイズコンボ」が発生、これにより得点の倍率がアップしていきます。
敵弾にかする(グレイズする)のは危険な行為ですが、うまくやればハイスコアやパワーアップを得られる訳ですね。

Danmaku Unlimited (弾幕無限)

ボス戦時には画面中央にボスの耐久力メーターが表示されますが、これを 0 にしても次の段階(弾幕)に移行し、それを何度か繰り返さないと倒せません。
この辺は東方っぽい感じで、ボスの攻撃も「通常攻撃」→「弾幕攻撃」と言った感じの繰り返しになります。

見た目が綺麗で特徴的な飛び方をする弾幕や、ボスと自機の周囲に表示される魔法陣のようなサークルも、いかにも東方的な感じがありますね。
(ちなみにミスったときも「ボカーン」ではなく「ピチューン」です)

しかし全体的なグラフィックはサイバーな雰囲気で、ボスの形態が変わる時のネガポジ反転のようなフラッシュや、光源が美しいボム&レーザーなど、その演出は独特なものを持っています
青空をバックにハトが飛んでいく、妙に爽やかなタイトル画面も印象的です。

Danmaku Unlimited (弾幕無限)

ゲーム終了後に結果に応じて「トークン」がもらえ、それを使ってショップでアップグレードを買えるという要素もあります。
アップグレードにはボムやライフの増加、攻撃力アップやオプションの追加、コンティニュー増加があり、最初はクリア出来なくても、ここでアップグレードを買うことでいずれクリア出来るようにする事も可能です。

ゲームは EASY・NORMAL・HARD の3段階で、ノーマル以上はかなり難しいですが、イージーなら(少なくとも前半ステージは)シューティング初心者の方でも大丈夫な難易度です。
一度クリアすると、その難度の「ボスラッシュモード」もプレイ可能になります。


とにかく高クオリティーなシューティングです。
価格は 230 円で、内容相応か、やや安いぐらいだと思います。
シューティングゲームのファンなら「もっと高くても買うべきだ」と断言したいぐらいの内容ですね。

弾幕シューティングなのでやや人を選ぶゲームではありますが、iPhone らしいオシャレな雰囲気もあるので、シューティングゲームの中では割と万人向けな方かな、とも思います。

ただ、iPhone 4 か第4世代 iPod touch に最適化されていて、それ以下の機種だとオプションの「Graphcs」を落とさないと処理落ちする可能性があるようなのでご注意下さい。
(画質を落とせば 3GS や第三世代 iPod touch でも動くようです。また、画質を落としても爆発などのモーションが減るだけで、そんなに見た目が悪くなる訳ではありません)

後日 iPhone AC のシューティングのページにも解説などを追加したいと思っています。
私的には久々のスマッシュヒットと言う感じのゲームですね。

Danmaku Unlimited (iTunes が起動します)
Danmaku Unlimited Lite (無料体験版です)