2011年6月初頭の iPhone / iPod touch & iPad アプリのアップデート情報です。

当サイト/ブログで扱った主要なアプリの中で、内容に変化があったアップデートが行われたものをピックアップしてご紹介いたします。

-----------

Sentinel 3: Homeworld (5/25)
大規模アップデートが導入されました! 実質「センチネル 3.5 になった」と言っても良いぐらいです。
15 の新しいマップにより構成された新キャンペーンが追加されました。
この新キャンペーンでは登場するコマンダー(指揮官ロボット)が新しくなっていて、新たにレベルアップさせていく必要があります。

アップデートをすべて利用可能にするには 230 円の課金が必要になりますが、新キャンペーンのステージ1と2は課金なしでも利用出来ます。

Sentinel 3: Homeworld

新ロボットは以前より射程が長く、3発同時に撃ったり一時的に無敵なるなど、射撃と防御を重視した特性を持ちます。
新しいタワーや母船攻撃、新タイプの敵なども増えていて、母艦のようなボス敵も追加されています。

マップのしかけも追加されており、エイリアンの巣のようなものが出現、たまにタマゴを生み出します。
しかし巣やタマゴはこちらの攻撃で破壊可能です。

厄介なのが敵のショートカットルートで、特定の敵が溶岩の上や抜け道のようなルートを使って、近道したりバリケードを迂回して進行してきます。
このため防衛ポイントの選定がより難しくなっており、マップによっては最前線で守るのが困難です。

Sentinel 3: Homeworld

新キャンペーンは難易度も高めで、私も Medium の2面で連敗しました。
Easy でも最初のキャンペーンの Medium と同じか、それより難しい感じ。
なかなか歯応えのある難易度になっていますね。

課金が必要ですが、タワーディフェンスやセンチネルが好きな方なら、必須のアップデートだと思います。


Infinity Blade (5/21)
こちらも大規模アップデートが行われ、オンライン対戦が出来る「アリーナモード」と、勝ち抜き戦である「サバイバルモード」が追加されました。
武器や防具、魔法などもいくつか追加されています

アリーナモードは Game Center を利用した 1 vs 1 の対戦ですが、1人プレイで育てたキャラクターは使えません。

Infinity Blade

対戦は一方が「モンスター」、一方が「戦士」となって戦います
戦士の方は通常通りの戦い方です。 ではモンスター側はどうなっているかというと・・・
モンスターには回避がなく、かわりに画面左に表示されるバーをスライドして攻撃(武器の振り)の速さを調整できます。
速く振れば戦士側は急いで回避する必要があり、逆に遅く振ったときは戦士側はやや遅めに回避しないと当たってしまう訳ですね。
この振りの速さの調整と方向の変化で、相手が回避し辛い攻撃をする訳です。

このゲームは「モンスターの攻撃を回避してから戦士が反撃」というシステムですから、戦士が回避できなかったら戦士がダメージ、戦士が回避したら戦士の攻撃タイムとなりモンスターがダメージとなります。

戦闘後、戦士は武器を、モンスターは自身の種類をお金を使ってアップグレード出来ます
お金は負けた方が多めに貰えるようなので、戦いはシーソーゲームになりやすいように調整されています。
勝負は4本先取で勝ちとなります。

Infinity Blade

で、実際にどっちが有利なのかですが・・・ ハッキリ言って、モンスターが圧倒的に有利
戦士はどの方向から、どういう斬り方の、どんなスピードの振り方が来るか解らない攻撃を3~4回回避しないと自分の攻撃にならないので、やってみれば解りますが非常に難しいです。
一方でモンスターは常に自分の攻撃からスタートする訳だし、1発でも当たればダメージを与えられます。
私の場合、戦士になった時は全敗で、モンスターになった時は全勝でした
戦士で勝つのはかなり困難で、全く勝てる気がしません。

ゲームシステム的に仕方がないと思いますが、対戦と言ってもこのように「互角の状況ではない」「全くルールが違う者同士の対戦」なので、これはどうなのかなぁ、という感じです。
同条件で斬り合いをするようなゲームではありませんね。

「サバイバル」もこの対戦のようなシステムですが、自分は常に戦士で、相手はコンピューターの操るモンスターです。
ステージクリアしても HP が回復せず、何人勝ち抜けたかでランキングが付けられます。


カプコンアーケード (5/12)
カプコンアーケードに新しいゲームが2つ追加されましたが・・・ 私的には、ナナメ上な選出。

1つは魔界村シリーズの後期作「超魔界村」。
スーパーファミコンのゲームなので、「アーケードゲーム」じゃない・・・
まあカプコンアーケードの元と思われる「カプコン クラシックス コレクション」には含まれていたし、魔界村シリーズは一通り追加されてきたので、その点では妥当な追加ではありますが。

超魔界村

もう1つは落ちものパズルゲーム「スーパーパズルファイター II X」。
これは「カプコン クラシックス コレクション」にさえ入っていなかったゲームで、私的にはかなり意外。
ただ海外で発売されていたカプコンのパズルゲームを集めた PSP ソフトには入っていたようだし、携帯アプリにもなっていて、iPhone 向きのゲームでもありますね。
個人的にも好きなゲームなので嬉しいです。

スーパーパズルファイターII X

相変わらず超魔界村は難易度が高く、コインがあっという間になくなります。
しかし操作性については違和感ありませんでした。 魔界村シリーズの中では一番プレイしやすいかも。

スーパーパズルファイターはさすがに物理コントローラーには及びませんが、及第点の操作性ではあります。
とりあえず、パズルファイターはお勧めですね。


Diner Dash (5/26)
公園のステージが追加されたので、久々に試してみたら・・・
アップデートでめっちゃ変わってました。
グラフィックが綺麗になってるし、ヘルプメッセージからゲーム中のコミックまで全部日本語化されてるし、ステージ数もかなり増えてるし・・・

Diner Dash

しばらく起動してなかったので気付かなかったのですが、初期のものとは大違いです。
最近やってなかった方は、起動したら驚くかも。
なお、追加ステージの一部は有料ですのでご注意を。


Helsing's Fire (3月)
もう3ヶ月ほど前のアップデートなので今さらなのですが、気付いていなかったので・・・
アップデートでヘルシング博士が北極に向かう新ストーリー「フローズン・ノート」が追加されています。
ここでは助手のラフトン君がおらず、その奥さんの妹が登場します。
新しいしかけとして、トニックの色をかえてしまう「クリスタル」が登場します。

また、以前のアップデートで廃工場に向かうストーリー「ショッキング・マイヤー」も加えられています。
ここでは爆発して敵を倒すことが出来る「カエル」が出現します。

Helsing's Fire

新しいオープニングなども加えられており、継続的なアップデートが行われているようですね。


SDガンダム Gジェネレーション タッチ (6/2)
4/12 のアップデートで発生していた致命的な不具合の数々・・・
パイロットの絵がバグる、アプリが起動できなくなる、キャラクターや設計図がダウンロード出来ない、ローディング画面でフリーズする、などの問題が修正されました。

でも治った後でこんなこと言いたくないけど、こんな致命的なバグの修正に2ヶ月近くもかかるってどうなんだと
無料や安価なアプリなら解りますが、これは製品版にするには 1000 円も課金しなければならないうえに、多数のユニットやパイロットが有料で販売されている高額アプリなのです。
それに致命的なバグを起こして約2ヶ月もそのままって・・・ ダメなところを色々と述べまくったアプリですが、さらに災害対応の遅さまで加わって、いったいどこの政党だって感じですね。

とは言え今回のアップデートで(正確には前回のアップデートで)フォントは読みやすくなりました
決して綺麗なフォントじゃないし、一般携帯そのまんまの文字ですが、前よりはマシです。

SDガンダム Gジェネレーション

また操作性が大幅に改善され、ピンチ操作によるスムーズなズームイン/ズームアウト、二本指による自然なスクロールが行えるようになっています。
良くなったと言うよりは、これでようやく「普通の操作性になった」といったところですが。

バージョンアップ後はメインメニューの「製品版の更新」を行い、その後にアプリを終了させ、タスクからもアプリを消してから再起動しないと、正常にアップデートされないようですので注意して下さい。
なお、プレゼントユニットとして「ジムII (エゥーゴ)」が追加されています。


ビューン (5/25)
ゲームアプリではないのですが・・・ iPhone や iPad には重要なアプリなので紹介を。
ソフトバンクがわざわざ子会社を作って運営している週刊誌やニュースを読めるアプリ「ビューン」が Ver.2 にアップデートし、デザインがリニューアルされました。

ビューン

このリニューアルにより、新刊の自動ダウンロードや本体へのデータ保持が可能になりました
これによって読みたい本を Wi-fi 環境がある自宅などでダウンロードしておき、通勤中などに閲覧できるようになっています。
移動中に使えないというビューアとしては大きな欠点があったビューンですが、これでようやくニュースビューアとして本格的に活用できるものになったと言えます。

また画面下に「ニュース一覧」のタブが追加され、最新ニュースも一覧表示でチェックしやすくなりました。
ニュースの多くは画像付きで表示され、一部はタップする事で映像も表示されます。
後は扱っている週刊誌がもっと増えてくれることを願うのみですね。

なお、iTunes レビューでは「アップデートしたら起動しなくなった」という意見が多発しています。
どうやらメモリの使用量がかなり多く、メモリが少ない状態で起動すると正常に動作しない問題があるようです。
こういう場合は iPhone / iPad 本体を再起動すれば治るはずです。

もう何度も言ってますが、アプリが正常に起動しない、もしくは落ちる時に、iPhone / iPod touch / iPad 本体を再起動するのは『常識』です!
基本として覚えておきましょう。 よく解らない方は こちら も合わせてご覧下さい。

-------------

他にも多くのアプリがアップデートを行っています。
以下でまとめてご紹介いたします。

Carcassonne (カルカソンヌ) (5/23)
Game Center に対応し、そのフレンドを招待できるようになりました。
またアチーブメントも追加され、色々な実績を達成する楽しみが追加されています。

また、カルカソンヌの今後のアップデート予定が発表されており、将来的には全ての「エキスパンション」(拡張パック)を導入したいと考えているようです。
まずは最初の拡張パックである「Inn and Cathedrals」(宿屋と大聖堂を追加し、新しい形のカードも追加されたもの)と、「The River II」(2005年発売のミニ拡張パックで、川のタイルをゲームに追加するもの)の2つを導入するとのことです。
これは今後のアップデートが楽しみですね。

GREE(グリー) (5月中)
新たに「フリッククエスト」「花札」「間違い探し」「タッチdeヒトフデ」「ラスプレ」「FlowerTouch」「フルーツさめがめ」、漢字・英単語・計算の各脳育ゲームなど多数のアプリが追加されています。
この1ヶ月でアプリ数を一気に増やして来ていますね。

まだガラケーアプリの延長と言ったものが多いのですが、「フリッククエスト」はフリック入力の練習ソフトとしてはレベルが高く、なかなかお勧め出来ます。

フリッククエスト

ハンゲーム for iPhone (5月中)
各アプリのアップデートが行われ、ほとんどのアプリがログイン認証不要で起動できるようになっています
これにより、通信できない場所や iPod touch でも普通に遊べるようになりました。
(ただし通信できないとハンゲームのサーバーへのデータ保存はできません)
また、新たに「ダイヤハントス」「パチンコ・甘もえっ!」「IQアニマル」などが追加されています。

なお、「対戦 大富豪」がリニューアルされ、スマートフォンらしい綺麗なグラフィックに変わっています。
しかし落ちたり起動しなくなったりする症状が多発しているようで、さらに「昔ながらのハンゲームらしい素朴なグラフィックの方が良かった」という意見もあり、批判も多いようです。

育成ゲーム MEGU (6/1)
Ver 1.6 となり、大型アップデートが導入されました。
Retina ディスプレイに対応し、家・ごはん・家具・MEGU のタイプなどが増加しています。
またアクセスブロック機能が追加されました。
今後も継続的なアップデートが予定されているようです。

虫姫さま BUG PANIC (5/5)
4月のアップデート情報で報告したように、マルチプレイで対戦相手がアプリを強制終了させるともう一方のアプリがクラッシュ(不正落ち)し、勝利数も記録されない問題があったのですが、これが修正されました。
これでようやくまともにマルチプレイで遊べるようになった感じです。
余談ですが、この確認を手伝ってくれたゲームキャストの Toshi さん、ありがとうございました。<(_ _)>

Angry Birds Rio (5/13)
予定されていた5月の追加ステージが導入されました。
今回はビーチバレーがテーマのようですが・・・ まだ夏には早い気も。
前のストーリーで救出した鳥が新たな武器として加わっています。

Angry Birds Rio

Siege Hero (5/20)
評価を高める事でチャレンジできるステージが追加されています。
ステージ選択画面で宝箱をタップするとプレイ出来ます。

Solomon's Boneyard (5/9)
「Bride Destiny」(運命へのワイロ)を購入していてもそれが保存されない問題の修正。
また、ワイロのコストの減少などの修正が行われています。

Birzzle (5/17)
クラシックモードでレベルが 80 を越えた時にバグってしまう問題が修正されました。
他にもアイスブレイクモードのバグや Game Center との同期問題が修正されています。

ORBITAL (4/22)
Retina ディスプレイに対応し、サウンドが変更され、アプリの動作も調整されました。
また、アップデート時のメッセージが日本語の応援メッセージになっていたのが印象的です。

up1106orbital

iSlash (5/17)
新しいステージが 10 追加されています。

Death Rally (5/19)
新しい武器の「Overdrive」が追加されています。(パーツを集めないと使えません)
また、新しいチャレンジ(特殊レース)も追加されています。
大型アップデートは延期になっている模様です。

Bug Heroes (5/26)
新しいステージ「Living」(リビング)が追加されました。
このステージは無料で利用可能で、新しい敵やターレット(砲台)も登場します。

デビル・メイ・クライ 4 リフレイン (6/1)
特殊難度である「HEAVEN or HELL」モードが追加されました。
自分も敵も攻撃を1発食らったら即死というマニア向けモードです。

Phoenix (5/20)
リーダーボード(ランキング)がバージョンアップし、地域ごとの順位、国の順位、都市の順位などが表示されるようになりました。 郷土魂(?)を煽るユニークなバージョンアップですね。
使用している本体に合わせてグラフィックが調整される機能も内部的に導入されています。

Space Miner (5/26)
Game Center に対応しました。
ハイスコアやアチーブメント(実績)を集める楽しみが増しています。

Meteor Blits (5/3)
新たに「ROOKIE」(ルーキーモード)が追加されました。
シールドが回復しやすい初心者向けのモードですが、ハイスコアは記録されません。
なお、次のアップデートで Game Center に対応予定です。

CRYSTAL DEFENDERS (4月)
こちらも Game Center に対応しています。
アチーブメントを集める楽しみが追加されました。

Bloons TD4 (5/11)
新しいタワーDarting Gun」が追加されました。
発射方向が固定されているマシンガンなおサルさんで、風船の有無に関わらず常に攻撃を連射し、弾は画面外まで飛んでいきます。
発射方向はタップしてドラッグすることで手動回転させる事ができます。

Dead Space (5/26)
「サバイバルモード」が追加されています。
また、チャプター(章)を選択してのプレイや、さらに上の難易度が追加されました。

Touchgrind BMX (5/31)
Retina ディスプレイに対応し、より綺麗な画面になりました。
ただし本体側の「設定」の BMX で、Retina をオンにしないと対応になりません。
また Retina 対応表示にはやはりパワーがいるようで、一部の場面で処理落ちが発生しやすくなります。
(ただ iPhone 4 でやった限りでは、そんなに重くなると言う程ではありませんでした)

Lane Splitter (5/17)
Game Center に対応しました。 アチーブメント(実績)も導入されています。
また、ゲームの動作や難易度の調整が行われ、ステージ(背景)や新しい車(大型車やトレーラーなど)も追加されました。
ステージ構成も全体的に変化しています。

Pix'n Love Rush (5/19)
バージョンが 3.0 になり、新たに「Rainbow」(レインボー)というゲームが追加されました。
これは本編とはまったく違うワンキーゲームで、画面をタップすると主人公が1段上にジャンプ、最上段でジャンプすると下から出て来て、ひたすら障害物をかわしながら進むゲームです。

PC Engine Game Box (5/31)
ゲームに「雷電」「アドベンチャーアイランド」「改造町人シュビビンマン2」「モトローダー」「アウトライブ」が追加されました。
でもゲームの追加もいいけど、基本アプリの方をもうちょっと改善して欲しいのが本音・・・

Reiner Knizia's PoisonDungeon Solitaire(6/1)
Reiner Knizia's Poison が Retina ディスプレイに対応し、さらに3人プレイモードが追加されました。
また、アプリ紹介の画面に Dungeon Solitaire のプロモーションコードが隠されていて、これを入力すると Dungeon Solitaire 側にミニカードパックが追加されます。
カードが2枚だけのあまり役立つカードパックではありませんが、他のアプリにコードを隠しておくと言うのはユニークですね。

Reiner Knizia's MoneyReiner Knizia's Kingdoms (5/23)
「無音アプリ」のシリーズであるこの2つに、今更ながら効果音が付きました。
ちょっとしたサウンドですが、やはりあるとないとでは結構印象が変わりますね。
ただし、Reiner Knizia's High Society だけはまだ無音です。

i将棋サロン (6/1)
「千日手」に対する対応追加、観戦チャットの ON/OFF が可能、対戦レーティングの調整などが行われています。

ガチャコン(iTunes が起動します) (5/20)
バグ修正と、「それだけでは申し訳ないのでおもちゃを2個追加しました」とのこと。

Overkill (5/17)
新しい武器が2つと、新しい敵や攻撃が加えられています。
ただし新武器はどちらもメダル(課金アイテム)が必要です。

電子文庫パブリ (6/2)
ゲームではないのですが・・・
文庫本の書籍数は No.1 と言える電子書籍「パブリ」のアプリが、ようやく iPad に対応しました。
アイコンも変化しています。