近年のシューティングゲームの第一人者にして老舗のメーカー「ケイブ」。
iPhone / iPod touch でも「エスプガルーダ II」や「怒首領蜂」などを発売し、その圧倒的クオリティーで世界中のユーザーを驚かせたおなじみのメーカーですね。
そのケイブが新たに横スクロールのシューティングゲームを発売しました。
デススマイルズ」です。

このゲームはアーケード(ゲームセンター)では 2007 年に登場したもので、魔女や天使の、いわゆる「萌えキャラ」が多く登場するシューティングゲームです。
ケイブのシューティングゲームとしては敵弾の量は多くありませんが、縦ではなく横スクロールで、おまけに後方からも敵が出てくることが多く、さらに「障害物」も多いと言う、ある意味「シューティングのタブー」に挑戦した内容です

正直言って、シューティングゲームとしてはクセがあります
相変わらずゲーム自体のクオリティーは素晴らしいのですが、操作やステージ構成が iPhone に合っていない部分もあり、気になる点も多いゲームですね。
ただ難易度は抑えられていて、ケイブのゲームの中では比較的クリアやすい方です。

デススマイルズ

自機の操作は画面をなぞって行います。 画面のどこを触っても良く、指を動かした分だけ移動する「相対移動」です。
ショットは自動で、画面右下のボタンで「左に撃つか右に撃つか」を切り替えられます
左右両側から敵が出てくるため、それに合わせてショット方向を変えなければなりません。
自分が向いている方向と逆側から敵が出てくる場合、「ENEMY」という表示と矢印でそれを知らせてくれます。

他に「レーザー」と「ショット」の切り替えボタンと、「ロックショット」のボタンが用意されています。
レーザーはショットより強い・・・ と言いたいのですが、このゲームの「iPhone モード」は装備によってショットとレーザーを個別にパワーアップすることができ、装備によってはレーザーはショットより弱くなります。
レーザーはどちらかと言うと、稼ぎのために使うものですね。
「ロックショット」は自機の近くにいる敵を攻撃するもので、これを使うと上や下にいる敵を倒すことが出来ます。

ゲームモードは「アーケードモード」と「iPhone モード」の2種類があり、iPhone モードは敵を倒すことで「お金」を得られ、ショップで装備を購入することが出来ます。
また、ステージ内でトレジャー(宝箱)を得ることができ、ここからレアアイテムを得られる事もあります。

最初はクリア出来なくても、ゲームを繰り返してお金を稼ぎ、良い装備を入手すればクリアしやすくなっていきます
レアアイテムを探すという、長期的な楽しみもありますね
また、最初の難易度「Novice(ノービス)」はかなり易しめなので、シューティングが苦手な方でも遊べるでしょう。
低い難易度をクリアすると上の難易度に挑戦でき、難しくなるほどアイテムの質は良くなります。

デススマイルズ

デススマイルズ

アーケードモード」は性能の異なる4人の主人公がいて、ステージごとに Level 1 ~ Level 3 の範囲で難易度を選択できるのが特徴です。
ずっと Level 1 で進めば割と簡単にクリアすることができますが、レベルが高い方がスコア効率は良くなります。

ケイブのシューティングゲームと言えば「スコアシステム」が特徴的ですが、このゲームのシステムは割と簡略化されています。

敵を倒すとドクロや宝石のようなアイテムがポロポロ落ち、それを集めると画面左下に表示されている「アイテムカウンター」が貯まっていきます。
これが 1000 に達するとロックショットのボタンが「パワーアップ」のボタンになり、長押しすることで発動、パワーアップ中に「レーザー」で敵を攻撃することで大量の得点アイテムが出現します
耐久力のある敵や障害物をレーザーで撃ち続けていると凄い量のアイテムがボロボロ出てくるため、これで一気に大量点が稼げます。

要するに「カウンターが 1000 になったらパワーアップしてレーザーで攻撃する」のみで、ランキング上位を狙う場合は「どこでパワーアップを使うべきか」を考える必要がありますが、怒首領蜂エスプガルーダに比べるとシンプルだと言えますね。

デススマイルズ

ただ、最初に述べたように、色々と気になる点も多いゲームです・・・

まず、なんと言っても画面が指で隠れて見にくい
両手の指で横画面のゲームをすると言うことは、基本的に親指での操作になる訳ですが、そうすると画面の左下や右下は指で隠れてしまうことになります。
それなのにこのゲーム、下の方に敵が出てくることが多く、自機がその位置に移動することもあります。
だから指が邪魔になるケースが多く、頻繁に指を置き直す必要があります

虫姫さま BUG PANIC」なんかも横画面のシューティングでしたが、自機が常に画面の中央に位置していたため、自機が指で隠れる事はありませんでした。
しかしデススマイルズは横スクロールのゲームなのでそう言う訳にはいきません。
また、アイテムカウンターも画面の左下にあるので非常に見にくいです。

そして悪いことに、下にスクロールしていくステージが存在します。
下の方に指があって、画面が下にスクロールしていき、敵も下から攻撃してくるのですから・・・ それがどれだけやり辛いか・見辛いかは、もう説明しなくても解るでしょう。
元のゲームがそういうステージ構成で、その移植だから仕方ないのですが、せめて「iPhone モード」は iPhone のモードなんだから、この辺はどうにかして欲しかったところです。

スクリーン(ゲーム画面)の大きさを数段階に調整することが可能で、スクリーンを小さくする(周囲の余白を大きくする)と下スクロールのステージもプレイしやすくなるのですが、それでなくても小さな iPhone のゲーム画面がますます小さくなってしまうので、迫力がなくなります
また、親指で精密な回避をするのは、人差し指よりもやや難しいですね。
机の上に置いてプレイすれば人差し指でも出来るけど・・・

操作性や視認性を考えると、このゲームは iPhone / iPod touch 用ではありますが、むしろ iPad に向いている気もします。
実際に iPad でやってみましたが、書き込みが細かいためか2倍表示にしても画面の荒さは気にならず、操作もしやすくて視認性も問題なくなります。
iPad を持っている方は、そちらをメインにした方が良いでしょう。

デススマイルズ

デススマイルズ

操作や見やすさの問題はありますが、ゲーム自体のクオリティーは他社のシューティングゲームを寄せ付けない圧倒的な出来栄えです。
定価は 1000 円と高めですが、クオリティーとしては値段以上のものがありますね。

やり辛さはあるものの、遊びやすい難易度になっており、長く楽しめるモードもあるため、他のケイブのゲームが難しくてダメだったという方にもオススメ出来ます。

アイテムショップで毎回通信を行うため、今後はアイテムの追加なども行われるのだと思われます。
なお、iPhone 3GS 及び iPod touch 第3世代以降用なのでご注意下さい。
無料体験版が公開されており、これで動作確認を行えるため、心配な方はそちらを試しておくのが良いでしょう。

とりあえずシューティングゲームが好きな方や、ケイブのゲームが好きな方は押さえてくべきアプリです。
ただ、iPhone と横スクロールシューティングゲームの相性の悪さも垣間見えますね・・・

デススマイルズ (iTunes が起動します)
デススマイルズ LITE (iTunes が起動します)


最後になりましたが、以下は Youtube で公開されている公式のトレーラーです。