2011年8月のアップデート情報、前回・前々回の続きです。
その1(7月中旬~下旬)は こちら 、その2(7月下旬~8月始め)は こちら をご覧下さい。

今回はかなり量が多いので、数回に分けてお伝えしています。
今回は8月中旬までのアップデートを扱っています。

---------------

モンスターハンター Dynamic Hunting (8/18)
ようやくゲームに本格的な拡張アップデートが導入されました。
新しい武器や防具の追加、「ハンマー」シリーズの導入、そして Level 4 のモンスター4種類の追加が行われています。
Level 4 のモンスターはさすがに手強いです。 「モンハンらしい強さ」で、モンハン未経験の方だと「なんだこの異様な強さは!」と思うかもしれません。
モンハンDH はタイムも厳しいので、武器の攻撃力も相応に必要になります。 よって装備を作る必要性も出来ていますね。

update20110821

新武器のハンマーは重量級の武器で、一撃の威力は強いのですが、攻撃の速さや機動力には劣ります。
ただ大剣ほど遅い訳ではなく、またタメ攻撃の「タメ」をしたまま移動が出来ます。
縦フリック攻撃はありませんが、連続攻撃の3発目が縦振りの吹っ飛ばし攻撃になります。

新しいモンスターから得られる素材とそれを使う武具も増えていますが、新モンスターはそう簡単に勝てる相手ではないので、まずは対抗できる装備を調える事が先決になるでしょう。


源平大戦絵巻 ~白の波濤、紅の雲霞~ (8/10)
ついに予告されていた Game Center 経由の対戦プレイが導入されました。
さらにエンディングまで到達したプレイヤー向けの追加ステージも導入され、イマイチなカードの強化を中心としたバランス修正も行われています。

update20110822

ただ、このゲームのオンライン対戦は数十枚のカードでデッキを作って戦う形式ですから、当然カードが十分にそろっていないと話にならない訳で、戦績やレートに合わせたマッチングが行われる訳でもないため、初心者や中級者が参戦しても一瞬でフルボッコにされるだけです。
エンディングまで到達し、対戦に必要なカードも十分に集めた上級者のみが楽しめる、と言った状態ですね。

Game Center のマッチングはアクセスしてきたユーザーを結びつけるだけなので、「プレイヤーのレベルに合わせたマッチング」は行ってくれません。
オンライン対戦のゲームは一部の上級者のみが残り、初心者お断りな状況になってしまいやすいのが問題ですが、このゲームシステムとマッチング方式だと特にその傾向が強くなる気がします。

しかし今回のアップデートの最大のポイントは、オンライン対戦でもなく、追加ステージでもなく・・・ 以下の変更点でしょう。
起動時に SEGA のロゴで『せ~が~♪』という音声が流れる
うむ。 解っていらっしゃる。 やはりセガのゲームはコレがないとね。


Lightning Fighter (8/12)
新たに2つの新機体が追加されました。 ただし有料課金の機体で、1つ 85 円が必要です。
紫の機体「サンダーボルト」は発射方向を任意に変えることが出来るレーザーが特徴で、このレーザーの発射方向は「本体を傾けて」変更します。
つまり、スライド操作で自機を移動させながら、本体を傾けてレーザーを左右に振るという珍しい操作方法になっています。
オレンジの機体「ファイアストーム」は怒首領蜂風のレーザーとワイドな攻撃、ホーミングの火炎弾攻撃を持つ使いやすい機体です。

update20110823

ボムもそれぞれの機体専用のものになっています。
またザコの攻撃パターンが増やされているようで、以前より道中が単調ではなくなっています。
元々秀作のシューティングでしたが、さらに改善が続いているようですね。


UNO (8/18)
iPhone / iPod touch の UNO はテレビ CM にも登場したメジャーなアプリでしたが、iPhone が発売されたばかりの頃に開発されたアプリだったため、今見ると動作や内容は見劣りするものでした。
しかし先日のアップデートで大幅リニューアルし、特にオンラインプレイを中心にかなり改良されています

update20110824

オンラインプレイは対戦する事でレベルが上がり、アイテムを購入するためのゴールドも得られ、アバターのようなものも用意されています。
ちょっとしたソーシャル要素が追加されたと言えますね。

ゲームはオートマッチングではなくロビー形式で、誰かが立ち上げたゲームルームに参加して行う形です。
ルームはプレイヤーのレベルによって3つに分かれていて最大6人、ルールは立ち上げた人が設定できます。

設定できるルールも増加しており、ゲーム全体の動作も以前より滑らかになっています
ただ、1人でプレイする「トーナメントモード」はルール設定が出来ないので、違和感のあるルールでやることを強いられますし、そもそも UNO (ページワン)はローカルルールが多いゲームなので、それに十分対応できている訳ではありませんが。

1人プレイにはまだイマイチ感がありますが、オンラインプレイはかなり遊べるものになりました。
Gameloft Live! への登録が必要ですが、世界中でプレイされているのでユーザーは多く、人がいない事はまずありません。
セールも行われているので、今なら悪くないですね。


I Dig It HD (8/18)
これは iPad 版のみの変更点なのでご注意下さい。 iPhone 版の i Dig It 2 にはまだ導入されていません。
久々のアップデートで、新ステージ「エジプト」が追加されました
スカラベやファラオのミイラなどの秘宝を探します。

update20110825

難易度としては中間レベルになります。
ノーマルや南極よりは難しいですが、南米や深海のステージよりは簡単です。

また iPad 版の I Dig It は独自のアップデートが続いており、見える範囲の拡大や新アイテムの追加、ゲームバラスの調整などが行われています。
ただ、これらの調整によってゲームが簡単になっていて、燃料タンクが安く売られていたり、一瞬で帰還できるアイテムも用意されていたりして、本来の I Dig it にあった緊張感のようなものは薄れています。
より万人向けになったとは言えますが・・・ この辺は難しいところですね。


パワフルプロ野球TOUCH 公式ライセンス版2011 (8/4)
難易度(COMの強さ)が増え、非常に簡単な「ぷぅ~」と、超難しい「パワフル」が追加されています。
パワフルはバッティング時に着弾点の表示(相手のカーソル)が表示されません。 左右はともかく、高さが解らないからハッキリ言って打てない。 相当慣れないと無理ですね・・・

あと iTunes レビューで「勝手にランナーが U ターンする!」と怒っている人がいますが、今回からランナーをタップすると塁上で停止し、そこから帰塁できるようになりました
おそらくその人はダッシュボタンを連打していて誤ってランナーをタップしてしまったのだと思われます。
つまり本人の操作ミスですが、外野にボールが飛んでいくとちょうど一塁ランナーのアイコンとダッシュボタンが接近するため、非常にミスしやすいインターフェイスになっています。 これが大きな問題ですね。

update20110826

また、今回のアップデートで「夏版選手データ」をダウンロード出来るようになりました。
有料で 170 円必要、また以前のゲームデータは全てクリアされてしまいます。
しかし旧来のゲーム機版だと選手データを一新するには新しいソフトを発売しなければならなかったので、それをダウンロードで行えるようになったというのは、アプリ版の利点と言えますね。

---------------

おさわり探偵 なめこ栽培キット (8/17)
新しい「なめこ」が6種類追加されました。
ただし新しいなめこを出現させるには、既存種をすべてコンプリートさせておく必要があります。
図鑑の新ページは新なめこを1つ見つけた時点で閲覧できるようになります。

Kingdom Conquest (8/2)
アクションパートが拡張されました。 敵の動きが賢くなり、飛び道具を持つ敵は距離を取って戦おうとします。
またボスは周囲のキャラを気絶させる特殊攻撃などを持つようになりました。
インターフェイスも改善され続けており、配下同盟の色の変更や親同盟の簡易表示などが行われています。

RAGE / RAGE HD (8/3)
iOS4 に合わせてゲームの動作が再調整されました。
また本体を手前に振ると銃身で殴る攻撃を行うようになり、ダメージを受けた時に画面に血飛沫が飛ぶようになっています。 他にもゲームに細かい調整が加えられています。
また iPad 2 のテレビ出力に対応しました。

Sentinel 3: Homeworld (8/5)
各ステージのクリアした事がある難易度には★マークが付くようになりました。
また「キャンペーン2」の EASY と MEDIUM は以前より簡単になっています。
また、エンドレスモードで得られる経験値とクレジットが増加しています。

Zombie Gunship (8/6)
iPad にも対応したユニバーサルアプリになりました。
また、射撃ボタンが少し大きくなるなどの細部の調整も行われています。

CoinFallsNinja (8/15)
5分間継続する「フィーバーモード」というものが追加されたのですが・・・
フィーバー中でも特に変化は感じられません。 ぶっちゃけ、何が「フィーバー」なのか・・・
ゲームバランスも調整されたようですが、「スロットの当選率が下がった」という報告が多いようで、実際に自分もそう感じます。

Stick Stunt Biker (8/4)
新コースが追加され、Game Center のアチーブメントが大幅に増やされたようです。

Fling! (8/3)
ヒントの回数を購入できる追加課金が導入されました。

---------------

以下はゲームアプリではない、実用アプリのアップデート項目です。

FastFinga 3 (8/10)
正確には「アップデート」ではないのですが、手書きメモアプリ「FastFinga」に新バージョン「FastFinga 3」が登場し、FastFinga のユーザーは 3 の「無料アップグレード版」を無料で使えるようになっています。
FastFinga 3 は縦画面となり、キーボードの使用やフォルダ管理が出来るようになりました。

ただ、横画面全体を使ってメモを取れることと、サッと手軽にメモれたのが FastFinga の長所。
それが FastFinga 3 になって失われてしまったため、レビューも賛否両論の状態になっています。
私的にも、縦画面なら SpeedText の方がいいし、キーボード入力なら ATOK Pad を使うし、フォルダ管理とかを手書きメモに求めていないので、FastFinga 3 の方向性はちょっと疑問でした。
ただ、そうした声を受けてか従来の FastFinga も再公開されたので、どちらか選んで使う事は出来ますね

ネスレ バランスライフ【統合版】 (8/10)
レシピが増加し、ついに合計 1700 を越えました。
ダイエット支援機能も拡張され続けており、無料提供ながらここまで長期的にアップデートされ続けていることに感服です。

ウェザーニュースタッチ (8/16)
「ゲリラ雷雨防衛隊隊員となって予測不可能と言われるゲリラ雷雨の情報を共有。 活動内容に応じてバッジをGET!  バッジを獲得すると秘密兵器WITHレーダーが使用可能に」
なんだこの斜め上のアップデートは・・・
内容は要するに、ユーザーからの積乱雲の発生報告などを集めてその情報を元にゲリラ雷雨を予知しようというもので、ウェザーニュースの会員になる必要があるようです。

他にも会員が使えるリポートチャンネルや、ソーシャル的な機能も導入されたようで、天気予報アプリがソーシャル化しているというのが面白いです。


3回に分けてお伝えした 2011/8 のアップデート情報は以上です。
次回からはまた通常のレビューに戻ります。