今日も先日に続き、サンフランシスコで GDC(ゲーム開発者カンファレンス)に合わせて行われているインディーズゲームの表彰「IGF」(Independent Games Festibal)のノミネートアプリをご紹介したいと思います。
IGF 2012 の「ビジュアルアート賞」の最終選考作である、簡易的なアドベンチャーゲーム。
Lume」です。

実物のミニチュア模型を作成し、それを撮影してゲームに使っているというのが特徴で、素朴な味のあるグラフィックになっています。
この点が「ビジュアルアート賞」に選出された理由でしょう。

ただゲームとしては、短時間で終わる「脱出ゲーム」に過ぎません
日本でも数多く公開されている脱出ゲームの「雰囲気を良くしたもの」という感じで、さらに盛り込まれているパズルは簡単なものもあれば、「そんなの普通わかんねーよ!」と言いたくなる不条理なものまで様々で、バランスがチグハグです。
あくまで雰囲気で勝負のゲームという印象ですね。

lume

停電になったおじいさんの家に来たルミちゃんが、色々なものを調べて家の電気を復旧させるお話です。
移動も調査もタップで行い、様々な謎やパズルを解きながら進んでいきます。
ただタップの判定は結構シビアで、小さなものを調べたいときは、ピンポイントのタップが要求されます

移動範囲は家の庭と中だけの狭い範囲。 ゲームのボリュームは少なめ。
謎は大半は簡単ですが、一部に難しいものもあり、迷っていると結構時間がかかるかも。

パズルも多くは簡単なのですが、暗号の解読が必要な場面もあります。
メッセージは英語ですが、パズルはほとんど英語が読めなくても解るものになっています。

lume
※ラインを繋げていくパズル。 これはやっていればクリア方法が解るので簡単な部類ですね。
こうしたミニゲーム的なパズルがいくつか盛り込まれています。


lume
※ドアの張り紙をタップするとこの画面になる。 ただし張り紙を「正確に」タップしないと表示されないので気付きにくい。 (ドアの小窓にも見えるし)
おじいさんからのメッセージが書かれているが、英文が読めなくても問題はない。 右下に書かれているアルファベットに注目しよう。


lume
※暗号解読系のパズル。 張り紙を元にケーブルを繋げて行く。
それぞれの表記を数字に直して考えれば良い。 この辺りのパズルや謎は、まだ納得ができるのですが・・・


lume
※納得いかなかったのがこの本の謎。 「こんなのわからねーよ!」と思ってしまった。
しかもダミーの本が多数あって、カモフラージュされている。
そのままではあまりにも解らないと思ったので、上記の本にはこちらで「追記」を行っています。
これなら普通に解読ができるはず。


グラフィックの雰囲気がよく、ちょっとした移動シーンやムービーなどが盛り込まれていますが、ゲーム自体は「普通の脱出ゲーム」といった感じで、内容的にはそんなに特筆できるものではありません。

素朴な雰囲気のため iPad を使って親子でやるのに良いかな・・・ とも思ったのですが、一部の謎が中途半端に難しいので、子供がやるには厳しい。
このタッチなら、もっと簡単に楽しめるものでも良かった気はしますが・・・
でも謎が簡単だと、それこそ 30 分ぐらいで終わるだろうな・・・

iPhone でプレイできる IGF 2012 ノミネート作ではありますが、表彰されるほどではない印象です。
「ビジュアルアート賞」ですが、ビジュアルアート的にも「ミニチュアを使っている」というのが感じられるのはエンディングくらいで、それ以外のシーンでは普通の絵とあまり変わらないですね。
もちろん、良く出来たグラフィックではあるのですが。
(元はパソコンのゲームだったので、あまりミニチュア感を感じないのは画面サイズのせいかも・・・?)

価格は 170 円。 ボリュームを考えるとちょっと厳しいかも。
ただ日本の簡易的な脱出ゲームも 170 円のものが多いので、それを考えるとこの手のゲームの相場価格ではあります。
大半の脱出ゲームと比べると明らかにクオリティーは上ですから、脱出ゲームが好きな方なら試してみても良いかもしれません。

Lume (iTunes が起動します)
Lume HD (iPad 用、250 円です)