ゲームに関する巷の話題は、もう例の「ソーシャルゲームのコンプガチャ規制」で持ちきりですね。
グリーと DeNA(モバゲー)、さらにコナミやバンダイナムコなど、ソーシャルゲームに関わっているメーカーの株価もストーンと下落。
一方、カプコンやスクエニは一時的に落ちたけど持ち直していて、この辺に「ソーシャルゲーム依存度」みたいなものが見え隠れします。(セガは微妙)

先日の読売新聞の発表で、特定のカードを集めると特典カードが貰えるという「コンプリートガチャ」が規制対象になると報道された訳ですが、もちろんこれは手始めで、今後さらに規制や指導の対象になるものが増えていくと言われています。
特徴的なのは「こんにゃくゼリー」が規制された時とは違い、多くの人がこの規制を歓迎していることで、ソーシャルゲームのプレイヤーの中にも「規制されるんだったらして欲しい」という意見が見られること。
要するに、誰の目にもおかしかった訳で、それが長い間放置されていて、こうなるのは「時間の問題」だったと言えますね。

さて、そんな今日この頃ですが、前回のお題は「あなたが一番最悪だと思うゲームメーカーは?

えぇ、やっぱりソーシャルゲームメーカーが上位を独占しております。
結果は以下の様になっています。

gree1st

と言う訳で、「もっともユーザーが最悪だと思っているメーカー」は GREE(グリー)に決定いたしました!
そして2位はモバゲーを運営する DeNA です!
まさに今話題のメーカーですね!

まあぶっちゃけ、こうなることは解りきっていたので、最初はグリーとモバゲーは「殿堂入り」と言う事にしてリストから外そうかと思ったのですが、でも「最悪なメーカーは?」という質問でこの2社を外すことは出来ないだろうと思い、結果が解っていてあえて含めました。
グリーは見事に半数の票を獲得し、ぶっちぎりのトップです。

やや以外なのはグリーとモバゲーとの差が2倍以上で、思った以上の大差が付いたことでしょうか。
まあモバゲーは今年目立った iPhone アプリを出していないし、ガラケーでは「ドラゴンコレクション」や「アイドルマスター シンデレラガールズ」がヒットしていましたが、これはモバゲーと言うよりコナミやナムコのゲームと言う印象がありますからね。
一方グリーは、ドリランドが悪い意味で妙に目立ってたし、自分を棚に上げてモバゲーを訴えたりとか、色々アレな意味で目に付いた印象があります。

ちなみに 430 の票を頂きましたが、そのうち 300 票がこの2社で占められています

3位は得票率 7 %、票数 34 の「バンダイナムコ」。
言わずと知れた iPhone アプリ界においては最大の「地雷メーカー」。
それでもナムコだから買ってしまうのはゲーマーの悲しい性。 そして今年もきっと、そんなゲーマーの思いを踏みにじりつつ、我々ブロガーにネタを提供してくれるのでしょう。
たまに優秀な作品も出して来て、それで気を許したら足下をすくわれる、そんなスリリングさが魅力(?)です。

4位は得票率 5 %、票数 22 の「スクエニ」(スクウェア・エニックス)。
スクエニの票が多いのは、最近グリーやモバゲー型のソーシャルゲームに傾倒し始めているからかもしれませんが、コメントで頂いた意見には「他機種での販売方針が気に入らない」というものが見られます。
大企業なのでこういったアンケートでは叩かれやすいのもありますが、ユーザーの様々な想いが集まっての得票のように感じます。

5位はギリギリまで4位だった、得票率 4 %、票数 20 の「ゲームロフト」。
コメントにもいくつか見られたように、ゲームロフト嫌いの人の意見は共通しています。
それは「パクリが多い」。 ゲームロフトのゲームの大半は、ヒットしている他のゲームに「全体的に」似ています。
ゲームロフトのパクリについては国内だけでなく海外でも批判対象になっているのですが、見方を変えればヒットゲームをスマホに最適化して(さらに日本語化して)移植してくれるメーカー、とも言えます。
まあそれでもパクリはパクリなので、嫌いな人が出てくるのは避けられませんね。
ゲーム序盤は楽しめるのに、後半になると急に「手抜き感」が見えてくるゲームが多いのも問題点でしょうか。

それ以外はもう少数意見です。
若干コーエーコナミが多めですが、これはどちらもソーシャルゲームに力を入れているメーカーなので、票が入った理由はその辺が要因の気がします。
まあコーエーの場合は価格、コナミの場合は最近の iPhone 版パワプロのダメっぷりが影響してるかもしれませんが。

なお、今回の投票は6時間経過で再投票できる形式だったので、票数=人数とは限りません。
また、この発表は特定のメーカー等を貶めるような意図は持っておりません。 あくまでお遊びなので、深く考えないようお願いいたします。

なお、投票は引き続き可能ですので、一票を投じてみたい方は以下の欄からお願いいたします。


と言う訳で次のテーマですが・・・
もう、例の「ガチャ」に関するものにするしかないでしょう!

今回のお題は「ガチャはどこまで規制すべき?」にしたいと思います。

今回、消費者庁によって「コンプガチャ」が満を持して「暗黒です」と認定された訳ですが、他にもガチャには多様なものが存在します。
さらにガチャに限らず、ソーシャルゲームのシステムには「これって法的にヤバいんじゃない?」と思うものが存在します。
と言う訳で、当方で勝手に独断と偏見で「ヤバいガチャ」「黒いガチャ」に以下の様なランク付けをさせて貰いました。

ヤバイ確定:コンプガチャ(コンプリートガチャ)
ヤバイ度S:レベルアップガチャ
ヤバイ度A:レアカード出現率の内部変更
ヤバイ度B:スーパーレアカードの出回り数制限
ヤバイ度C:期間限定ガチャ(キャンペーンガチャ)
ヤバイ度D:連続ガチャ(11連ガチャなど)

で、どのレベルまで規制されるべきか、というのを投票して頂ければと思います。
ちょっと解りにくいアンケートで申し訳ないのですが、各項目の詳細は以下の通りです。

・コンプガチャまで
今回規制対象と報じられた「コンプリートガチャ」のこと。
つまり「今以上の規制は必要ない」と思われる方はこちらを選んで下さい。
同じ種類のカードを集めると特典が貰える「テーマガチャ」もこれに含みます。

・LvUPガチャまで
課金ガチャを繰り返すことでガチャのレベルが上がり、レアカードが出やすくなっていくという仕様を「レベルアップガチャ」と言います。
ガチャをやればやるほどレアが出やすくなる(はず)という射倖心 MAX なシステムです。(実際は大して変わらない)
次の規制対象の大本命でしょう。

・内部確率調整まで
レアカードが当たる確率を内部的に(非公式に)調整・変更すること。
大手ソーシャルゲームメーカーのシステムは「KPIツール」を使ってユーザー数の増減や課金ユーザーの金額の割合などを確認することができ、それを利用して「課金○円以下はレアがほとんど当たらないようにする」「金額○円~○円はもっと出させるため確率を絞る」「金額○円以上はSRカードの放出率を上げる」と言った内部調整が行えると言われています。
これはソーシャルゲームの売上のキモと言われていて、これがあるためソーシャルゲーム各社は当選率の表示を拒んでいると言われていますが、かなりグレーな仕様です。
なお「KPIツール」というのは企業の業績を最適化するためのツールの総称で、ソーシャルゲームの調査&調整用ツールに限った用語ではないのでご注意を。

・SR 数の制限まで
最上位の SR(スーパーレア)カードが出回っている数を制限すること。
特定のカードの出現が制限されている状態だと、そのカードを出そうとして課金している人は明らかに「騙されている」状態になる訳で、詐欺と言われても仕方のないところ。
ただ運営側から見ると、強力な SR カードが出まくるとゲームバランスがメチャクチャになり、レアカードの価値もなくなってしまうので、ゲームの維持のためには仕方がないという意見もあります。

・期間限定ガチャまで
「○月○日までの間、○○が出現します! 手に入るのは今だけ!」と言って専用ガチャに誘導するもので、「キャンペーンガチャ」とも呼ばれます。
射倖心煽りまくりのシステムですが、イベントをやるんならその時だけ手に入るアイテムやご褒美も用意して欲しい訳で、それを考えると規制は微妙なところ。
とは言え期間限定ガチャをしておきながら、その特別カードの出現率が絞られていると、それこそ悪質な誘導になるので難しいですね。

・連続ガチャまで
俗に言う「11連ガチャ」など。少しだけお得な感じにして、プレイヤーに大枚をはたかせようとする課金誘導です。
あからさまに重課金を煽るシステムですが、しかしガチャ自体が公平なら、何度もガチャをやる予定の人にとっては手間が省けるシステムです。
多くのゲームはそれを凄く目立つところに置いていて、かなり目障りだったりするけど。

・カード合成まで
いらないカードを使ってメインカードのレベルを上げるというカード合成。
これを規制するのは昨今のソーシャルゲームのシステムを全否定する事になりますが、合成に特定の(有料でないと入手困難な)素材が必要だったりすると射倖心を煽る形になりますし、合成に成功確率があったりすると、失敗した人は「うぎゃー! 課金してやるー!」になりやすいですね。

・ガチャ全部ダメ
もう「有料ガチャ」を全部規制してしまえ! という人はこちら。
諸悪の根源は元から絶つしかない、というソーシャルゲーム全壊的な意見。
産業をまるごと潰す事になるのでここまで規制になることは考えられず、「えらいひと」の中にはソーシャルゲームを発展産業・有望輸出産業と考えている人もいるようですが、でも世界的にはガチャが制限されている国は多いです。

・課金コンティニューダメ
ガチャはもちろん、課金および課金アイテムでのコンティニューも禁止だという人はこちら。
課金でのコンティニューはある意味「初心者救済」でもある訳ですが、あと少しでボスが倒せるという状況で全滅し、「お金払ったら助けて上げるよ♪」と言われたら課金したくなるのが人情。 そう言う意味では非常に強力な課金誘導です。

・アイテム課金もダメ
入手アイテムがランダムなガチャはもちろん、入手アイテムが決まっている有料販売も全部禁止だ! と言う方はこちらを。
そもそもソーシャルゲームは「月額制オンラインゲーム」→「アイテム課金制オンラインゲーム」という流れを経て生まれてきたものです。
アイテム課金のオンラインゲームが源流にあって、5・6年ほど前はこのアイテム課金の是非が話題になっていました。

・課金全部ダメ
そもそもゲームに課金があるのがダメなんだ! 全部禁止だ! という方はこちらを。
昨今のダウンロードコンテンツなども全否定するこの意見。 それではメーカーのアップデートもボランティア作業になってしまいそうで、色々問題がありそうですが、でも昔は課金なんてなかった訳で、その頃に戻りたい方はこちらを。

なお、無料ガチャはもちろん対象外。 また課金は「追加課金」が対象であり、月額課金制などは含みません。
投票せずに結果だけ見たい方は何も入力せずに投票ボタンを押して下さい。
入力欄に記入して投票をするとコメントを残すことが出来ます。


長々と書いてしまいましたが、ぜひご意見を投じて頂ければと思います。<(_ _)>

なお、以前のアンケート結果は以下になります。

第一回アンケート「ソーシャルゲームは好き?」
第二回アンケート「iPhone アプリに出せる価格はいくらぐらい?」
第三回アンケート「追加課金に出せる金額はいくらまで?」
第四回アンケート「新 iPad 買う?」
第五回アンケート「スマートフォンの略はスマホ?スマフォ?」