追いかけて来る看守に捕まらないように、ひたすら地中深くに逃げていく、囚人のモグラが主人公のショートゲームが登場しています。
Super Mole Escape」です。

iOS には「昇り続ける」「走り続ける」と言ったショートゲームが数多くありますが、このゲームはそれが「潜り続ける」になったものですね。
犬が逃げ続ける「Off the Leash」というゲームがありましたが、それが上下逆になったようなゲームです。

良くあるパターンのゲームではありますが、グラフィックや演出、サウンドなどのクオリティーが高く、なかなか楽しめる内容です。
開発はアメリカの Grumpyface Studios というメーカーで、発売は Adult swim という動画やフリーゲームの配信をしている会社。 この組み合わせは「Bring Me Sandwiches!!」とまったく同じです。

Super Mole Escape

主人公のモグラが自動的に下に掘り進んでいきます。
プレイヤーは本体を左右に傾けて障害物をかわしながら、追いかけて来る看守からひたすら逃げ続けます。
地中には岩盤や岩などがあるのはもちろん、爆弾やらモンスターやら放電装置やらもあって、主人公モグラの行く手を阻みます。

地中には「ジェム」もたくさん埋まっていて、並んでいるジェムをすべて集めると主人公がダッシュ!
ダッシュ中にさらにジェムを集めると連続ダッシュも出来ます。
ダッシュ中は無敵で、おじゃまキャラや岩なども突き抜けていく事が可能です。

地中には木箱も置かれていて、これを取るとランダムにアイテムが手に入ります。
アイテムには高速+無敵で掘り進むドリル、前方の岩や敵を破壊するハンマー、後方から追いかけて来る看守を撃退する爆弾などがありますが、アイテムは1つしか保持できません。

たまにダイヤモンドが落ちていることもあり、これを3つ集めると「ドリルロボット」が登場、一定時間無敵のまま高速ダッシュできます。
ただダイヤモンドは岩に囲まれた場所にあることが多く、アイテムなしで岩を破壊するのは時間がかかるため、ムリに取ろうとすると看守に追い付かれる危険があります。

Super Mole Escape
※左の画像の左の道にあるのが木箱、右の道にあるのがダイヤモンド。 このダイヤモンドは取りやすいですが、大抵は岩で塞がれている場所にあります。
アイテムは1つしか持てず、すでにアイテムを持っている時に木箱を取るとジェムが 10 個増えます。
右の画像はダイヤモンドを3つ集めると登場するロボット。 超高速で進めますが、すぐに壊れてしまうので、もうちょっと効果時間が長い方が爽快感はあったかな・・・


看守に追い付かれるとゲームオーバーですが、その際に「ルーレット」が登場し、復活やボーナスジェムなどが当たることがあります。
復活を当てる(もしくは復活アイテムを持っておく)とゲームを続行できますが、復活は1ゲームで1度しか行えません。

ゲーム終了後、集めたジェムでパワーアップや使い捨てアイテムを購入する事ができ、多くのジェムを集めれば新キャラクターをアンロックすることも出来ます。
キャラクターごとに初期能力や能力上限、得意とするアイテムが異なるため、好みのキャラクターを育てていく長期的な楽しみがありますね。
なお、スコアはなく掘り進んだ距離がそのまま記録になります。

オンライン対戦も用意されていて、2人のプレイヤーで競走できるのですが、マッチングが Game Center を通したものであるため、マッチングされるまでボーッと待たないといけないのが難点です。
プレイヤーも残念ながら多くないようで、マッチングには時間がかかります。

Super Mole Escape
※ゲームオーバー時にはルーレットが。 ここでハートが当たると「その場復活」できます。 また、画面右上にある CONTINUE のボタンを押すと、1000 ジェム払ってハートを購入できます。
ただ 950 ジェムで復活アイテムを買えるので、CONTINUE ボタンを使うより事前にアイテムを買っておいた方が少しお得ですね。
右の画像はキャラクターのパワーアップ画面。 SPEED は最高速、ACCELERATION は加速、STRENGTH は岩を早く壊せます。
アワーアップアイテム(UTILITIES)は使い捨てで、SILLINESS と言うのは土を掘る時の演出です。


シンプルなゲームですが、なかなかスピード感があり、思わず繰り返してしまう面白さがあります

ただ難点は、2000m 辺りになると看守のスピードが異様に速くなること。
普通に掘り進んでいてもすぐに追い付かれてしまうので、ジェム回収によるダッシュか、アイテムによる緊急回避が行えないとすぐに詰みます。
しかしジェムやアイテムの回収には運も絡むので、ある程度のレベルを超えるとゲームが運次第になる感じが否めません。

この手のゲームは運と技術のバランスがキモだと思うのですが、ちょっとテクニック云々ではどうしようもない状況が多すぎるかな、という印象です。
ダラダラ続くより、始めて3~4分ほどで終わって欲しいという事なのかもしれませんが・・・

Super Mole Escape
※ 左は途中に出てくる溶岩シーン。 ここだけは看守がいなくなり、後ろから溶岩が迫って来ます。
BGM も変わり、嫌が応にも危機感が増します。 他にも水晶の洞窟や大空洞など、場面の変化が多いのが良いですね。
右は氷のシーン。 ここだけやたら難しいです。 ハッキリ言って、ゲーム後半にこのシーンが出て来たらもうほぼ「終了」です。 どうしようもない場面がやや多く、運の要素が強すぎるのが残念ですね・・・


価格は 85 円と安く、コストパフォーマンスは高いです。
あくまでショートゲームなのでボリュームがある内容ではありませんが、気楽に楽しむ事が出来ますね。
一応課金要素がありますが、課金が必須な内容ではありません。
多少課金しても良い方は、ジェムの入手量が2倍になる課金(Gem Doubler)が 85 円なので、これを利用しておくのと良いかも。

この手のゲームの中では完成度の高いアプリです
ヒマ潰し用のゲームではありますが、ショートゲームも好きな方にはオススメできますね。

Super Mole Escape (iTunes が起動します)


最後になりましたが、以下は touch Arcade により Youtube で公開されているプレイ動画です。