基本的にこのブログは iPad のみのゲームは扱わないのですが・・・
この作品は海外で非常に高く評価されているため、今回ご紹介しておこうと思います。
2012 年の IGF(インディーズゲームの表彰)で「ビジュアルアート賞」の最終選考作品となり、他にも優秀ブラウザゲーム賞など様々な表彰を受けている、ヘンテコなゴルフゲーム。
Wonderputt」です。

このゲームは元々 Flash のゲームで、以下のページで無料で公開されています。
http://www.dampgnat.com/wonderputt

iPhone や iPad では上記ページでのプレイはできませんが、パソコンからならタダで好きなだけ遊べるので、ぜひ試してみて下さい。
iOS 版は先日公開されましたが、(2012/9 現在)iPad 2 以上専用であり、他の機種ではプレイできませんのでご注意を。

Wonderputt

誰がどう見てもゴルフ場には見えませんが、ゴルフゲームです。 と言うか、いわゆる「パットパットゴルフ」です。
ドラッグしてボールを弾き、穴の中に入れていきます。
一応普通のゴルフと同じように規定打数があって、それより少なければバーディーやイーグルとなり、多ければボギーになります。
ただ、どんなに成績が悪くてもゲームオーバーのようなものはありません。

ホール開始前にはちょっとしたアニメーションがあり、牛が草を食べてホールが作られ、その後 UFO に連れ去られたり、いきなり雪が降ってスキー場が出来たり、地面が動いて予想外なものが出て来たり、様々なギミックがあります。

ホールもクセのあるものばかりで、初回プレイで良いスコアを出すのはまず無理なので、まずはどんなギミックになっているのか探りながらプレイし、2度目以降にハイスコアを狙う感じになりますね。
思わぬ仕掛けがあったりするので、最初は驚くかもしれません。
ホールは実際のゴルフ同様、全 18 ホールです。

Wonderputt2
※ここはちょっと解りにくい。 強く打てばボールは水面を越えていけるので、強さを調整して、まずは右のハスの上を狙いましょう。
他にも行き止まりでボールを止めるとエレベーターが動いたり、石碑にボールを当てるとバリアが消えるなどのギミックがあります。


Wonderputt3
※最後のスコア表示も洒落ています。 BGM なども落ち着いていて、全体的にオシャレですね。
ある意味 iPad にマッチしていると言えるかも?


コースは1つだけなので、ボリュームがあるゲームではありません。
1つのコースをやり込む遊び方をしないと、長く楽しむ事はできないアプリです。
ただ、ボールの動きはリアルでサウンドも良く、様々な表彰を受けるのも納得できるセンスの良さがあります。
極上のミニゲーム」という感じでしょうか。

iPad 版の価格は 85 円。 でも前述したように全く同じものをウェブページ上でプレイできるので、このページでこう言うのは本末転倒ですが、パソコンを持っている人ならそちらでやれば OK です
一応、Game Center などを通してスコアを競えるのが iPad 版の利点でしょうか。

実は以前から密かに「iOS にも来るんじゃないかなぁ、来たらいいなぁ」と思っていたゲームです。
コースが1つのままなのが残念ですが、一見の価値のあるゲームですね。

Wonderputt (iTunes が起動します)