「パズル+RPG」のパズドラ(パズル&ドラゴンズ)の大ヒット後、同じパズル+RPGの ロード・トゥ・ドラゴン や、クイズ+RPG の 冒険クイズキングダム など、似たタイプのゲームが次々と登場しています。
そんな中、「コイン落とし+パズドラ型RPG」という、かなり変わったタイプのゲームをセガが公開しました。
ドラゴンコインズ」です。

セガのパズドラ型 RPG と言うことで注目されている作品ですが、私的に注目なのは「セガが作ったコイン落としゲーム」という点。

コイン落としゲーム(コインプッシャー)は世界的ヒットとなった Coin Dozer (コインドーザー)の他に、RPG 仕立ての Dungeons and Coins や大量のコインが振ってくる コインキングダム など、iPhone にも多くの秀作がありますが、セガと言えばゲームセンターに置いてある「本物の」コイン落としゲームを開発しているメーカー。
そんなメーカーが開発したコイン落としアプリは、一体どんなものになるのか・・・ このジャンルが好きな私としてはかなり興味がありました。

結論から言うと、不満な点がない訳ではありませんが、かなり楽しめる内容で、コイン落としをうまく RPG の戦闘にアレンジしています
RPG としてもコイン落としとしても十分楽しめますね。

ドラゴンコインズ

ステージクリア型の RPG で、モンスター4体+助っ人1体の5体でパーティーを組み、敵のモンスターと戦います。
戦闘は「コイン落としゲーム」になっていて、落としたコインが前後している壁によって手前に押し出されていきます。

手前には味方モンスターが描かれている5つの穴があり、ここにコインを一定数落とすと、そのモンスターが敵に攻撃を行います。
ただしサイドの崖(ガター)に落ちたコインはそのままなくなってしまいます。
ゲームとしてはタップでコインを落とすだけのシンプルなもので、複雑な操作は一切ありません。
よってどこでも気軽に遊べますね。

他のコイン落としゲームと違い、「手持ちの枚数」といった概念はなく、「落とせる制限数」というものもありません
よってコインをいくらでも、一度に好きなだけ投下できるのですが、敵モンスターの横にカウンターが付いていて、1枚投下する度に1ずつ減っていき、0 になると攻撃を繰り出してきます。
つまりいくらでも落とす事が出来ますが、ガンガン落としていると敵の攻撃もバンバン食らう訳です
逆にこちらがコインを落とさない限り、敵のカウンターも減らないので攻撃を受ける事はありません。

状況によって、一気に勝負をかけた方が良いときと、慎重にプレイした方が良いときがあります。
例えば、一定時間だけ有効なスキルを使った時は、その間に出来るだけ落とした方が良いですし、連続してダメージを与えれば「コンボ攻撃」になって威力が増します。
しかし HP が少なくなっている時は、少しずつコインを落として無駄を少なくする必要があります。

敵にダメージを与えると、お金になるゴールドコインや、体力回復が出来る緑のコイン(キュアコイン)などが出現することがあります。
この緑のコインの使い方は、攻略の大きなポイントになります。
また、敵を倒すと大量のコインが出てくるため、たくさんのコインがジャラジャラ落ちてくる楽しさもありますね。

敵を倒していると丸いオーブも落とします。
これを手に入れるとクリア後に新しいモンスターを入手できるのですが、オーブは丸いので、すぐサイドの崖の方に転がってしまいます
これが出現したら、出来るだけサイドに行かないようにコインを落とすことが必要です。

最後に登場するボスを倒せばステージクリアとなり、上位のステージが解放されます。
もちろん先のステージほど強い敵が現れますが、報酬も良くなっていきます。

ドラゴンコインズ
※左の画像は光属性のモンスターを闇属性のパーティーで攻撃しているところ。
モンスターには無属性を含む6つの属性があり、水は火に強く、火は樹に強く、樹は水に強い性質があります。 光と闇は互いに有利な関係です。
この属性相性は非常に重要で、多少の能力差をカバーするほどの効果があるので、特にゲーム序盤はレアリティやレベルよりも相性を重視して編成した方が有利です。
右の画像は緑のコインを落とせそうな状態ですが、体力にはまだ余裕があります。
こういう場合はワザとコインを連打して敵の攻撃を食らい、それから緑コインで回復した方が、敵のカウンターをリセット出来るし、場のコインも増えるしで一石二鳥です。


モンスターは「スキル」を持っており、これはそのモンスターの穴に「スキルボックス」と呼ばれる箱を落とすことで使用可能になります。
発動は任意のタイミングで行え、「しばらく攻撃力アップ」「一定時間攻撃がクリティカルになる」「体力が回復する」などの一般的なものの他に、「サイドに壁を出現させる」「コインをたくさん振らせる」「巨大コインを出す」などのコイン落としらしい効果のものもあります

モンスターには N、G、R、SR (ノーマル、グレート、レア、スーパーレア?)と言ったレアリティーがあり、当然上位のモンスターほど強いのですが、全体的にレアリティーの高いものほどスキルが一般的で、言い替えると面白味がなく、逆にノーマルのモンスターの方がコイン落としらしいユニークなスキルを持っている傾向があります

このタイプのゲームは下位モンスターにはほとんど存在価値がない場合が多いので、スキルをユニークにすることで、レアリティの低いモンスターでも相応に使えるようにしているのだと思われます。

ドラゴンコインズ
※左の画像はデカコイン出現のスキルを使っているところ。 見た目が派手で良いのですが、他のコインの上に乗ってしまいやすいのがたまにキズ。
右の画像は左右に壁を出し、攻撃力アップやらスピードアップやらのスキルもまとめて使って、一気にラッシュをかけているシーン。 壁を出せばオーブも確実に回収できます。
スキルの組み合わせも重要で、全員の攻撃力を上げるスキルとクリティカルを出すスキルを併用し、大ダメージを狙うといった使い方が考えられます。


パーティーの編成や、手に入れたモンスターの強化・合成などの RPG のシステムは、パズドラ(パズル&ドラゴンズ)のシステムをそのまま踏襲しています

モンスターは他のモンスターを合成することでレベルアップし、レベルが 20 に達すれば上位種に進化合成させることができます。
ただしそれらを実行するには資金(ゴールドコイン)が必要なので、それも十分に貯めておく必要があります。

同属性のモンスターを合成すると経験値が増える、必要な資金はベースモンスターのレベルで決まる、まとめて5体合成した方が資金効率が良い、同じスキルを持つモンスターを合成するとたまにスキルレベルが上がる、などの点までパズドラと同じです。
無理に変えている部分はないので、パズドラ系の経験者ならすぐに理解できるシステムですね。

曜日限定ダンジョンや、期間限定ダンジョンなどが出現するところも同じなのですが、パズドラにない点として、強力なボスが出現し、その体力を多くのプレイヤーと共に少しずつ減らしていく「緊急ミッション」と呼ばれるシステムがあります。
強力なボスの体力を協力して減らしていくのはソーシャルゲームに良くあるシステムですが、パズドラ系では初ですね。

ドラゴンコインズ
※編成画面とモンスター詳細画面。 編成の「位置」はこのゲームでは非常に重要です。
コインは中央の方が落ちやすく、端の方は落ちにくいので、主力のモンスターや多用したいスキルを持っているモンスターは中央付近に配置しましょう。
リーダーは他プレイヤーの助っ人になれますが、このゲームには「リーダースキル」はないので、誰をリーダーにするかは自分のプレイにはあまり関係ありません。


ゲーム自体はかなり面白いのですが、気になるのは課金回りの部分。
パズドラと同じく、このゲームにも「ガチャ」があり、有料ガチャは 300 円分の「虹色コイン」で実行します。

虹色コインは 100 円分でコンティニュー、200 円分でモンスターボックスの拡張も行えるのですが、パズドラと違って無料で入手できる機会はほとんどありません
Twitter や Facebook と連携をすることで 100 円分だけ貰えるのですが、これではモンスターボックスの拡張さえ出来ません。
有料ガチャは初回のみ 100 円ですが、それをやったら無料で手に入る虹色コインはおしまいです。

加えて、モンスターボックスは最初は 20 枠しかなく、あっという間に飽和します。
ハッキリ言って 20 枠ではゲームの進行上、不便この上ないのですが、任意に拡張するには 200 円分の課金が必要です
(課金ごとに +5 枠。 パズドラ等と比べると割高です。 しかも 200 円という課金はなく、170 円の上は 350 円と 850 円です。 400 円がないところもいやらしい)
継続してログインすることで少しずつ増えていく要素があるのですが、これだけでは当分の間は不便を強いられます。

課金が必須という訳ではありませんし、メーカーも収益がないと運営できない訳ですが、パズドラはゲーム序盤から課金通貨である「魔法石」をかなり頻繁に配って貰え、プレイヤーは序盤の拡張やコンティニューを不自由なく行えました。
そのようないわゆる「ポカポカ運営」は、このゲームには見られない印象です。

さらにガチャ画面にはソーシャルゲームおなじみの「10連ガチャ」があり、他プレイヤーの SR 入手報告リストまであって、プレイヤーの射倖心を煽ってくれます。
この辺りの課金演出に関しては、完全にグリーやモバゲーのスタイルであり、他のパズドラ系とは違う感じですね。

また、これはゲームの欠点という訳ではないのですが、個人的な意見として・・・
こういう短時間で終わるコイン落としも、これはこれで面白いのですが、やっぱり「コイン落としゲーム」は手持ちのコインを増やしながら、延々とプレイしたいという気持ちもあります。
このシステムだとコイン落としはミニゲームに過ぎない印象です。

実物のコイン落としの老舗メーカーだけあって、コインの動きなどはリアルで非常に滑らかです。
だからこそ、他のコイン落としゲームのような、それ自体がメインになっているエンドレスモードのようなものも欲しくなりますね。

ドラゴンコインズ
※10連ガチャと SR 獲得リスト画面。 パズドラはソーシャルゲームと言うより、普通のゲームにソーシャル要素が付いたものという感じだったのですが、このゲームはこんなのを見ちゃうと、「やっぱりソーシャルゲームなんだな」と思ってしまいますね・・・
ゲーム自体にはソーシャルゲームっぽさはないのですが・・・


アプリ本体は無料。 課金要素はありますが、一応無課金でも進めます。
ただ初期のモンスター所有数が少なすぎるので、出来ればモンスターボックスの拡張を2回ほど行っておきたいところです。
しかしそれには 400 円分の課金通貨が必要です。 400 円の課金はないので、850 円ということになります。
課金通貨をタダで貰えるようなシステムは今の時点ではないので、相応の出費は必要な印象ですね
(初回 100 円の課金ガチャを我慢すれば、Twitter と Facebook の連携をすれば 350 円の課金で拡張を2回行えますが・・・ そこまでするぐらいなら普通に課金した方がマシでしょうね)
もしくは、無課金で毎日少しずつ増えていくのを地道に待つかです。

ただ、課金部分以外については、かなり楽しめるゲームです。
個人的にコイン落としゲームが好きだというのもあり、パズルの戦闘よりもこちらの方が私的には面白いですね
思わず没頭してしまう楽しさがあります。

プレイするごとにスタミナが減っていき、なくなるとしばらくプレイできなくなる制限はありますが、他のセガのゲームをインストールすることで回復薬を貰える仕様があり、それで序盤は補うことが出来ます。

「コインプッシャー+パズドラ」という、いかにも「スマホアプリのヒット要素を組み合わせました」みたいな感じが「狙ってる感」が強くてアレなのですが、成功していることは間違いありません。
今後の定番アプリの1つになるのは確実だと思われます。

ドラゴンコインズ (iTunes が起動します)


【 ちょこっと攻略 】

モンスターのカウンターを1にしたら、そこで一旦落とすのを止めて、コインが落ちるのを待ちましょう。 コインが落ちてトドメを刺せれば攻撃は受けずに済みます。
・逆にあと少しで最後のモンスターを倒せる状態で、カウンターが多く残っているときは、トドメの一撃を与える前にカウンターが1になるまでコインを落としておきましょう。 そうすれば場のコインが増えて次の戦いが楽になります。
・敵が複数いるときは倒しやすい相手から狙いましょう。 そうすれば、その敵を倒したときに出るコインで他の敵に一気にダメージを与えられます。
・スキルは2つ以上ストックできないので、スキルを使えるモンスターのところにスキルボックスが落ちそうなときは、使ってから落としましょう
・中央の方がコインが落ちやすいので、攻撃力がある者は中央付近に配置するのが基本です。 ただし端はスキルボックスも落ちにくいので、その点は留意しましょう。
・有利な属性で戦えば大ダメージを与えられます。 攻撃力が多少低くても十分な威力になるので、ゲーム序盤は属性優先で編成して下さい。
・HP が少なくなったら、コインを少しずつ落とし、確実にコインを落とせるよう狙っていきましょう。 緑コインがあるときは尚更です。
・体力に十分な余裕があって、緑コインを落とせそうなときは、コインを落としまくって攻撃をワザと1発食らい、それから緑コインで回復しましょう。 その方が場のコインを増やせますし、相手のカウンターも戻せます。
・モンスターは攻撃に必要なコインの数が少ないものの方が、コンボを繋げやすくなります。
・ただし緑コインの回復量はそのモンスターの HP と同じで、HP は必要コイン数の多い重量級のモンスターの方が高い傾向があります。
・中央が盛り上がっているとオーブがすぐ横に落ちてしまいます。 よって敵が3体の時は中央を最後に倒さない方が、オーブは横に転がって行きにくくなります。

最後になりましたが、以下は Youtube で公開されている公式のトレーラーです。