先日のクリスマスイヴ、iPhone ゲーマーが注目していた iPhone 専用の物理コントローラーが遂に発売されました。
G550 パワーシェル コントローラ+バッテリー」(G550 Powershell controller + battery)です。

PC 機器の大手メーカー「ロジクール」が開発したこのコントローラーは、本当に iPhone ゲームの救世主となるのでしょうか?

今年一年、死ぬほど良い子だった私の元にサンタさんが訪れ、このコントローラーをプレゼントしてくれたので、さっそくその使用感をゲーマー的にレビューしたいと思います。

G550 パワーシェル コントローラ

iPhone の取付は簡単で、コネクタのある方に iPhone を滑らせて押し込むだけ。
取り外す時は後ろに空いている穴から iPhone を指で押し出し、コネクタから引き抜きます。
コネクタは若干上下に可動するようになっていて、着脱時に iPhone の角度が変わっても対応できるようになっています。

後ろに空いている穴はカメラ用の穴にもなっていて、装着したままカメラを使用可能。
また側面部に切り欠きがあり、そこにはボリュームとミュートのボタンが来るようになっています。
装着したからといって、何かのボタンが使えなくなったりすることはありません

G550 パワーシェル コントローラ

ボタンはスーパーファミコン的な感じですが、スーファミのコントローラーと比べると A ボタンと B ボタン、X ボタンと Y ボタンの位置が逆です。
XBOX 的な配置ですが、ボタンの色はスーファミとも XBOX とも違う。
この辺は同じにしたら、やっぱりヤバいんですかね・・・?
上部側面には L ボタンと R ボタンも用意されています。

ボタンはちょっと硬めで、押すとハッキリしたポチポチという感触を受けます
押し辛さはなく、気持ちの良い感触です。

G550 パワーシェル コントローラ

4つのボタンの下にはポーズボタンもあります。
対応しているアプリなら、これでポーズしたりメニューを開いたり出来そうです。

コネクタの左右の開口部はスピーカーの音を通す穴。
イヤホンは専用のアダプタを付けないと使用できません
逆に言うとアダプタを通せば装着したままでイヤホンを刺せます。

G550 パワーシェル コントローラ
※この画像はイヤホンのアダプタと iPod touch 装着用のマットを引いている状態です。
iPhone と iPod touch は厚さが違うので、このマットを使って高さを調整します。


方向キーもやや硬めで、押した時にポチポチとした感触があります。
おかげで安物感は受けないのですが、こちらが硬いのは若干操作し辛そうな印象も・・・

方向キーの横には小さなつまみがあり、これで iPhone の電源ボタン(スリープボタン)を押せます。
ただ、このつまみはちょっと押し辛く、装着したままでスクリーンショットを撮るのは困難ですね。

G550 パワーシェル コントローラ

方向キーの下部には電源用の Micro USB コネクタがあり、これでコントローラー側のバッテリーの充電を行います。
コントローラーには 1500 mAh のバッテリーが内蔵されていて、方向キーの側面にあるボタンを ON にすると、コントローラーのバッテリーで iPhone の充電を行えます。

なお、コントローラーの裏面には「G」のマークがあって、充電中はこれが青く明滅、バッテリーが切れそうになると赤く光ります。
この辺のギミックには高級感がありますね。

G550 パワーシェル コントローラ

高いだけあって、しっかり作られているのは伺えます。
しかしもっとも気になるのは操作性。
とりあえず今回は3つの対応アプリを試してみることにしました。

まずは NAMCO ARCADE に収録されている「ドルアーガの塔」と「ゼビウス」「パックマン」。
そしてドルアーガプレイ中、いきなり問題が発生・・・

ナムコアーケード

方向キーを押してるのに動かない!
正確には、たまに押してるつもりでも動かなかったり、急に立ち止まったりする場合がある。

原因は、方向キーが少し硬いことと、遊び(ニュートラルの範囲)が大きいこと
方向キーの周辺が少し凹んでいるのも影響がありそうです。
これらのため、しっかりとキーを押し込まないと反応しないのです。

それが解った後、しっかり押し込むのを意識しながらプレイすると、操作しやすくなりました。
しかしたまに押し込みが不十分で止まる事があるし、そういうのを意識しないといけない時点で操作性に問題がある。
指のズレによる誤操作が発生しなくなるので、仮想キーでやるよりはプレイはしやすいのですが・・・

「ゼビウス」もドルアーガと同様、「普通にプレイ出来るようになるけど、気を付けてないと押し込みが不十分で動かないことが間々ある」という感じ。

一方「パックマン」の方は、かなり操作しやすいです。
なぜならパックマンはずっと動き続けるゲーム。
方向キーを常に押しっぱなしにするので、押し込みが足りないという状況が発生し辛いのです。

続いて、全方向に動ける オーシャンホーン を試してみます。

オーシャンホーン

このオーシャンホーンで解ったのは・・・
方向キーは4方向や8方向ではなく、もっと微妙なアナログ操作が可能なこと。

実はこの G550 の方向キー、正確には方向キーではなく、アナログパッドの上部の形が方向キー型になっているもののようです。

だから 360 度に動けるオーシャンホーンでも操作に違和感はありません。 360 度の移動が可能です。
とはいえドルアーガでも問題だった「押し込みが足りないと動かない」というのは、こちらでも気になります。

もしかすると、パッドが実はアナログということは、この「押し込み」もアナログ的な入力であり、それに対するソフト側の調整が甘いということなのかも・・・?
この辺は今の時点では解りませんが・・・

ボタンの方は違和感なしです。 やっぱり物理ボタンだと押した感触があっていいですね。
まあオーシャンホーンの場合、タッチパネルでも操作性は良いので、無理にコントローラーは必要ないのですが。

続いて格闘ゲーム、THE KING OF FIGHTERS-i 2012

KOF2012

このゲームは4つのボタンに加え、R ボタンで超必殺技、L ボタンでハイパー発動、キャラクターの選択もボタンのみで行えるようになっているなど、操作がコントローラーに最適化されます。

ただ、この方向キーで必殺技コマンドを入力するのは、かなり辛い
このゲームには簡単に必殺技を出せるボタンがあるので、それを使えばプレイする上では問題ないのですが、昇竜拳コマンドを入力したりするのは相当厳しいです。

「押している位置を気にしなくてすむ」「ボタン操作はしやすい」という利点が大きいので、コントローラーの方が間違いなくプレイしやすいのですが、格ゲーでサクサク必殺技が出せるほどの操作性は残念ながらありません。
やはりここでも方向キーの硬さと押し込みの深さがネックになります。

結論としては・・・ iPhone に合わせた作り込みはされていたけど、方向キーの操作性は賞賛できる程ではない、という感じでしょうか。

そして現時点の最大の問題は、対応ゲームが少ないこと。
今の時点(2013/12/26)では ストIV Volt やメタルスラッグなど、コントローラーでプレイすると楽しさが増しそうなゲームも、まだその多くが対応外です。

こちらのページ で対応アプリが公開されていますが、見てのようにまだ少ないですね。
まあ NAMCO ARCADE が入ってなかったりするから、実際にはもっとありそうだけど。

こうした物理コントローラーがゲーマーにとって必須になるのは、もう少し先かなぁ・・・

G550 パワーシェル コントローラ + バッテリー (Amazon に移動します)