3の倍数になるように数字のパネルを重ねていく、シンプルなパズルゲームが全米で大ヒット!
新しい世界的な定番タイトルになろうとしています。
Threes!」です。

解りやすいルールとオシャレなデザイン、病み付きになるゲーム性で、2月6日に登場してからアメリカの有料アプリランキングでトップ独走
今は欧米での人気は落ち着き始めていますが、少し遅れてアジア各国で上位になっており、世界的な高評価を受けています。

このゲームは Apple のアプリの表彰「BEST OF 2013」で欧米の最優秀ゲーム賞を受賞した Ridiculous Fishing の製作者2人が開発しており、彼らの新作と言うことでも注目を集めていました
その期待に見事に応えた内容と言えます。

Threes!

ゲームのルールはシンプルです。

4×4のマスの上に、数字の書かれたパネルが配置されます。
数字は「1」と「2」、さらに「3」「6」「9」などの3の倍数になっています。

画面を上下左右にスライドすると、その方向に「全ての」パネルが、1マス動きます

そして「1」と「2」のパネルが合わさると「3」になります
3以上のパネルは、同じ数字が合わさると、足された数字になります。
「6」と「6」が合わされば「12」のパネルになります。

そしてパネルを動かすと、外周から1枚のパネルが補充されます。
どのパネルが出てくるかは画面上部に表示されています。

パネルをどんどん重ねて高い数字を作ることで、スコアは飛躍的にアップしていきます
例えば「6」のパネルは9点ですが、「12」のパネルは3倍の 27 点、「24」のパネルはさらにその3倍の 81 点です。

全てのマスがパネルで埋まり、動かせなくなるとゲーム終了。
残っているパネルが集計され、合計スコアが表示されます。

Threes!
※左の画像の状態から上にスライドすると、1と2が重なって3に、6と6が重なって 12 になり、右の状態になります。
そして下から新しいパネルが補充されます。


このゲームの魅力は、画像や文章では伝わりにくいです。
とにかくゲーム性が秀逸で、最初はどんどんパネルを重ねていけますが、上位のパネルほど重ね辛くなり、そして重ねられないパネルは邪魔になっていくので、なかなか高いスコアにはなりません。

しかし気持ちよく動かせる快適な操作性と、短時間で終わるテンポの良さ、それでいて歯応えのある難易度のおかげで、思わず延々と繰り返してしまいます。
このハマリ性はほんと、数あるスマホアプリの中でもトップクラスでしょう

加えて演出や BGM が非常によく、パネルにちょこっと付いている顔の表情も豊富で、しかもゲーム中に色々しゃべります。
非常にハイセンスで、こんな画面のゲームなのにチープな印象を全く受けません

ゲーム性、操作スタイル、デザイン、全てがスマホにマッチしていますね。

Threes!
※スコアは「パネルを重ねた回数の3乗」になります。
96 のパネルは 729 点、その1つ上の 192 は 2187 点、さらにその上の 384 は 6561 点なので、スコアランキングもこの前後の点数になる場合が多いです。


定価は 300 円。 (現在は発売セールで 200 円)
目立った欠点はなく、万人にオススメできるゲームです。

実はだいぶ前に「Ridiculous Fishing のクリエイターの新作」という海外の記事で、このゲームのスクリーンショットをチラッと見ていたのですが、すごく面白くなさそうだったのでガッカリしていました。
今でもこの画像だけでは、面白さは伝わらないでしょう。
しかしやってみれば、その評価は一瞬で変わります。

このゲームのアイデアには、Cut the Rope新操作のテトリス を見た時のような衝撃を受けました。
これ以上ないぐらいスマホ向きのゲームで、新しい定番タイトルになるのは確実です

Threes! (iTunes が起動します)