一言で言うと「ガラケーのタクティクスオウガ」。
北方の軍事大国が部族間紛争の絶えない南部に傀儡政権を設立し、それに抵抗する「解放軍」が各地で暴動を起こす中、大国に雇われた傭兵部隊が各地を転戦する物語。
それが「マーセナリーズサーガ3」です。

ガラケーからの移植であるため、演出やグラフィックは物足りず、スマホのレベルではありません。
しかしガラケー時代から評価の高かったゲーム内容やシナリオの面白さは本物で、パッと見のチープさに慣れてしまえば、十分に楽しめるゲームです。

シリーズ3作目であり、2作目の登場人物も出てくるのですが、ストーリー的には独立しているため、2をやっていなくても問題なく遊べます
開発は RIDEON JAPAN(ライドオンジャパン)というメーカーで、不思議の国の冒険酒場 を作ったところでもあります。

マーセナリーズサーガ3

ターン制の戦術シミュレーション RPG です
フィールドは高低差がある立体的な地形になっていて、高所からの攻撃の方が有利になります。
さらにユニットには「向き」があり、敵の側面や背後から攻撃した方が命中率と威力が上がります。

「タクティクスオウガ」や「ファイナルファンタジータクティクス」のような玄人向けのシステムであり、やや複雑な反面、奥深い戦略性を持ちますね。

ただ素早さによって行動順が決まるシステムではなく、敵と味方が交互に行動するシンプルなターン制であり、高度による射程の増減や魔法の詠唱時間などもないため、前述した2つのゲームよりは、悪く言えば簡略化、良く言えば解りやすくなっています
難易度もユニットに死亡(ロスト)がないなど、やや簡単になっていますね。

一方、このゲームにしかない要素もあり、そのうちの2つが包囲効果と支援効果
味方に接していると能力に上昇修正が付き、包囲した敵には下方修正が付きます。
また攻撃や回復を行うと「ヘイト」(敵対心)が上昇し、敵に狙われやすくなります。
このヘイト値は常に表示されていて、ヘイトを大きく上昇させて敵を引き付ける「挑発」といったスキルも存在します。

操作はガラケー的な方向キーと、タップして移動先を指定するタッチ操作を選べます。
スマホだとタッチ操作の方が良さそうですが、このゲームはカーソルでユニットや移動先を選択できる方向キーの方がプレイしやすいですね。
それはスマホ版のファイナルファンタジータクティクスをプレイしていた人なら解るはず・・・

ただ、ユニットが密集しているとカーソルの位置が解りにくく、方向キーのすぐ下に「戻る」ボタンがあって誤タップしやすいなど、操作については快適と言うほどではありません
まだ改良の余地がある気がします。

マーセナリーズサーガ3
※画面はピンチ操作でズームイン/ズームアウト可能。 方向キー操作とタッチ操作は左右にあるボタンでいつでも切り替えられます。
視点の回転はなく、回転させなくても全体が見渡せるようなマップになっています。
職業の1つ「シーフ」は隠しアイテムを見つけたり、宝箱を回収するのが仕事。 普段は戦闘よりも探索をメインにしましょう。


マーセナリーズサーガ3
※会話シーン。 結構ひどいセリフがポンポン出てくる。
さすがは「駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚」を踏襲したゲームです。


冒頭で少し述べたように、タクティクスオウガ系おなじみの国家や民族が関わるヘビーなストーリーも特徴の1つでしょう。
主人公は金で雇われている「傭兵」であり、しかも大国の指示で解放軍と戦う「王国の犬」と蔑まされている部隊。
ややアンチヒーローな主人公ですが、解放軍も手段を選ばない連中であり、おまけに上の方では権力争いが起こっていて、その辺のドロドロした展開も魅力ですね。

戦闘が終わるとストーリーシーンの後、編成画面になります。
各キャラクターは戦闘によって経験値が貯まってレベルアップし、レベルが一定以上になると「クラスチェンジ」を行えます。
さらにスキルポイントとゴールドも得られ、職業に応じたスキルの習得と強化、装備やアイテムの購入を行えます。
キャラクターのカスタマイズ要素は豊富です

ストーリーバトルの他にお金や経験値を稼げるフリーバトルがあり、戦いが辛くなってもここでキャラを鍛えることが出来ます。

やや気になったのは、課金用の武器や転職チケットがあることですが、なくても十分に戦っていく事が可能ですし、これらの入手に必要な「トレードチケット」がステージ内で見つかる場合もあります。
課金をしなくてもゲームは普通に進めていくことが出来るでしょう。
ただ、課金額はそんなに高くないので、長く楽しむなら多少は出しても良いかも・・・

マーセナリーズサーガ3
※編成画面と転職画面。 仲間はストーリーの進行でのみ増えていきます。
転職にはスキルポイントが必要ですが、正確にはスキルポイントを使って行うのはその職業の「アンロック」であり、一度解除した職業へは自由に転職できます。


マーセナリーズサーガ3
※やられたキャラを回復させるには「ソウルストーン」が必要。 ただし結構高いです。
ソウルストーンがなくてやられたキャラが消滅しても、そのままロストする訳ではなく、戦いが終われば復帰します。
ただしクリア後に得られるスキルポイントを入手できません。
右はスキル強化画面。 スキルを強化すると消費 MP も増えるので注意。


定価は不明ですが、前作が 600 円だったので、今作も同じぐらいだと思われます。
ただ、このガラケー的な見た目でもし 600 円だと、カイロソフトのようにネームバリューがある訳ではないので、ちょっと辛いでしょうね・・・
しかし現在(2014/5)は発売記念セールで 100 円になっているし、不思議の国の冒険酒場 も頻繁なセールが行われているので、その辺りを加味した定価かもしれません。

難点は、やはりガラケーそのままの見た目・動き・演出でしょう。
「ガラケーで頑張ってタクティクスオウガを作ろう」としているのはひしひしと感じ取れ、そしてそれは成功している印象ですが、でもやっぱりこれはスマホアプリ。
スーファミやプレステでファミコンのゲームをやってもショボく感じるのと同じように、見劣り感は否めません。
ただ、ファミコンのゲームでも面白い物は面白い訳で、そう感じるまで耐えられるかどうかでしょうね。

スマホアプリとしては手放しでお勧めは出来ませんが、個人的には好きなゲームで、秀作だと思います
進めば進むほど、さらにその先が見たくなるシナリオとゲーム性ですね。

マーセナリーズサーガ3(iTunes が起動します)