ファイナルファンタジーの生みの親「坂口博信」さんが手がけ、音楽は巨匠「植松伸夫」さんが担当、さらに FFXI やドラッグオブドラグーン、ラストストーリーなどを手がけた旧スクウェアスタッフが集結して作成された、話題のソーシャルゲームがついに公開されました。
テラバトル」です。

内容としては、パズドラ型の操作システムとパーティー編成で「はさみ将棋」をやるといった感じです。
これが意外と面白く、昨今のソーシャルゲームは「手軽さがウリ」「演出が良い」などの様々なタイプがありますが、これは「ゲーム自体が面白い」というタイプですね。
こう感じたソシャゲは久々かもしれません。

スマホゲームにおいて「巨匠が作成」というのは地雷であることも多く、むしろ不安だったりするのですが、今作はシンプルなソシャゲでありつつも、「良い意味での巨匠感」があります。

テラバトル

バトルフィールドは 8x6 のマスで区切られていて、そこに敵と味方のコマが配置されます。
プレイヤーは味方のコマのどれか1つを動かし、敵のコマを挟むことでダメージを与えられます。

コマは時間内なら、どれだけ動かしても構いません
また味方のコマの上を通過すると、そのコマが1マスずれます。
これを繰り返すことで、直接動かしていないコマも間接的に移動させることが出来ます。
パズドラと同じシステムなので、パズドラ経験者ならすぐにコツが解るでしょう。

コマの移動を終えると、挟んでいる敵がいれば攻撃が行われますが、敵を挟んでいる味方の縦横のライン上に他の味方がいる場合、その味方も攻撃に参加します
時間内ならいくらでも動かせることを利用し、縦横のラインに味方のコマを集めておけば、全員を攻撃に参加させることも可能です。
さらに攻撃時には各キャラクターが持つ「スキル」が発動し、回復や範囲攻撃などの効果が発生します。

やってみると解りますが、パズドラに似た、しかしパズドラとは違うパズル性・戦略性があります
操作感も良く手軽にプレイ出来るので、やっていて楽しいですね。
動かせる時間は実際に動かし始めてから計測されるので、パズドラと同じく、動かす前に良く考えることが大切です。

敵のコマにはカウンターが付いていて、こちらがコマを動かす度に減っていき、0 になると相手のターンになります。
敵もちゃんとコマを動かし、こちらを挟み、そしてスキルを発動させます。
スキルには効果範囲があるので、どの敵がどんなスキルを使うかを覚え、その中に入らないのも攻略になります。
ゲームが進むとダメージゾーンを作り出したり、周囲のコマを吹っ飛ばす敵も登場します。

テラバトル
※炎の魔法で敵がまとめて炎上! スキルは必ず発動する訳ではありませんが、支援キャラもスキルを発動させられるので、ただ挟むだけではなく、出来るだけ支援できる動かし方を考えましょう。

バトルに勝利すれば参戦したキャラクターに経験値が入ります。
キャラのレベルは合成ではなく、ちゃんと戦闘によって上げていきます
もしガチャやドロップで同じキャラクターを入手した場合は、自動的に合体し、そのキャラのスキルブースト(スキル効果の補正)が上がります。
スキルブーストは通常のゲームプレイでも徐々に増えていきます。

素材アイテムを集めて強化する要素もありますが、いわゆる「進化」ではなく、転職できるジョブ(職業)の追加を行うものになっています。
覚えたジョブには自由に変えられますが、追加されるジョブは各キャラごとに決まっていて、戦士が魔術師になるような極端な変化はありません。
(どちらかと言うと、ジョブチェンジと言うよりクラスチェンジ)
ただ、習得できる「スキル」はジョブごとに異なり、レベルも別になっています。

そして各キャラは追加のスキル枠を持っていて、他のジョブのスキルをいくつか付加することが可能です
この辺は FF っぽい、そしてあまりソシャゲっぽくない、普通のゲームらしいシステムになってますね。

パーティーには6体のキャラクターを加えられ、助っ人枠はなし。
他のゲームで言うところの属性相性(剣・弓・槍)は存在します。
また魔法スキルにも火や氷などの属性が存在し、有利不利があります。

やはりソーシャルゲームなので、強いキャラは課金ガチャでなければ入手困難ですし、スタミナ制になっていて、尽きるとしばらくプレイ出来なくなります。
ただ(公称では)無課金でもクリア可能な難易度にはなっているとのこと。
低ランクキャラばかりだと辛いのは否めませんが、とりあえず当面は無課金でも問題はなさそうです。

やや残念だったのはストーリーで、引き込まれる舞台設定はあるのですが、文章で語られるのみであり、ストーリー演出に乏しいため、取って付けた感は否めません。
背景グラフィックには力が入っており、ストーリーに合わせた絵になっていますが、それだけでは・・・ というのも本音ですね。

テラバトル
※スキルはレベルが上がるとアンロックされ、追加スキル枠も増えていきます。
キャラクターデザインは劇画調で、スクエニじゃなくスクウェアって感じですね。


テラバトル
※左はメイン画面。 ワールドマップが描かれていますが、先に進むと・・・
右はストーリーですが、文字のみ。 やっぱりキャラや演出がないと、RPG っぽさは薄いですね。


まだ前半をプレイしている段階ですが、期待に応えた内容になっていると思います。
少しやった時点で「あ、これは面白いわ」と感じられたゲームですね。
BGM も素晴らしく、ちょっと変わった印象のサウンドがゲームの雰囲気にマッチしています。

1つ心配なのは、キャラクターが今風ではないこと。
この渋いキャラクターグラフィックは個人的には好みで、「萌え」に頼っていない作りには好感が持てるのですが、最近のヒットゲームとはかけ離れたデザインであり、スタートキャンペーンで貰えるキャラクターもオッサン僧侶。 一般ウケするのかどうか微妙です。
でも、この媚びない路線が「らしさ」でもありますね

坂口博信さんが率いる「ミストウォーカー」の作品は、これが最初ではありません。
しかし以前に公開された Party Wave(iTunes 起動) というゲームは楽しんで作っているのが伝わって来るだけで、何も取り上げたいと思うところがない作品でした。
その後に公開されたタワーディフェンス BLADE GUARDIAN(iTunes 起動)もフツーの TD で、だから私はこのゲームにそれほど期待感は持っていなかったのですが・・・
実際にやってみると、十分ネームバリューに足る作品だと思えます。

ゲーマー好みの雰囲気で、操作がパズドラに近いのでシステムも理解しやすい。
話題性も十分で、今年注目のソーシャルゲームであることは間違いないでしょう

テラバトル(iTunes が起動します)


最後になりましたが、以下は Youtube で公開されている公式のトレーラーです。