6/2 までドラクエ本編シリーズがすべて値下げ。
地下鉄運営 SLG の Mini Metro もセール開始。

コンピューターの演算処理を擬人化した Human Resource Machine、グラフィックの細密なアドベンチャーゲーム Samorost 3 も 120 円セールされています。

このページでは引き続き、セール情報を更新していきます。

ここでは当方で扱ったことのある、値下げされたアプリをまとめてご紹介しています。
セールの終わったアプリの削除や、新たにセールを始めたアプリの追加などを行い、随時更新しています。
(値下げされたまま半月~一月経過したアプリは削除しています)

リンクは注記がない限り、iPhone AC 内のレビューページに移動します。

----------

【 新着セールアプリ 】

ドラゴンクエスト(360円 → 240円)5/25~6/2
ドラゴンクエスト II(500円 → 360円)5/25~6/2
ドラゴンクエスト III(1200円 → 840円)5/25~6/2
※すべて「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」内
ドラゴンクエスト123
「ドラゴンクエスト ポータルアプリ」に同梱されている ドラクエ1、2、3 がそれぞれ値下げ。
ポータルアプリ内の課金で購入を行う。
いわゆる「ロト三部作」であり、特にドラクエ3は名作の誉れ高い。
ポータルアプリの詳細は こちら、スマホ版ドラクエ1の攻略は こちら、ドラクエ2の攻略は こちら、ドラクエ3の攻略は こちら に掲載しています。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち(1800円 → 1200円)5/25~6/2
ドラゴンクエスト4
新展開となったドラクエの4作目。 全五章に渡るオムニバス形式のストーリーが特徴。
スマホ版では新たに追加された第六章も楽しめる。
スマホ版ドラクエ4の攻略は こちら に掲載しています。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(1800円 → 1200円)5/25~6/2
ドラゴンクエストV 天空の花嫁
ドラクエシリーズの5作目。 親子三代に渡って展開される物語で、歴代シリーズの中でも人気はトップクラス。
モンスターを仲間に出来るのが大きな特徴で、スマホ版には第三の花嫁候補もいる。
スマホ版ドラクエ5の攻略は こちら で公開しています。

ドラゴンクエストVI 幻の大地(1800円 → 1200円)5/25~6/2
ドラゴンクエスト6
ドラクエシリーズの6作目。 4と5が物語重視であったため、今作は冒険の自由度を重視して作られた。
転職により魔法だけでなく、様々な特技を習得できるのが特徴。
ドラクエ 4~6 は「天空シリーズ」と呼ばれていて、その最後の作品。

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち(1800円 → 1200円)5/25~6/2
ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち
3DS 版ドラクエ7の移植作。 ドラクエ 4~6 と違い、ベースが 3DS なので、グラフィックが1世代グレードアップしている。
町やダンジョンだけでなくフィールドも 3D 化しており、転職によりスキルを習得できるのが特徴。

ドラゴンクエスト VIII(2800円 → 1800円)5/25~6/2
sale_dq8
PS2 で発売されていた、フル 3D になったドラゴンクエストの8作目。
キャラクターが生き生きと動くのが特徴で、まるで鳥山明作品のアニメを見ているかのよう。
職業はないが、スキルポイントを使って様々な特技を習得していく。

Mini Metro(600円 → 120円)5/25 追加
Mini Metro
地下鉄の路線図をゲーム化したようなリアルタイム制の鉄道運行ゲーム。 
操作感に優れ、デザインセンスも良く、世界的に評価されている。
各国の「BEST of 2016」選出作品。アップデートで新ステージが追加された。

Never Alone: Ki Edition(600円 → 120円)5/25 追加
Never Alone Ki Edition
アラスカの先住民族に伝わる伝承をゲーム化した、娘と狼が極寒の地を旅するアクションゲーム。
文化的背景を解説するムービーが付属されていて、学術的な雰囲気がある。
日本の「BEST of 2016」、iPad 部門の選出作。

Construction Simulator 2(600円 → 500円 → 250円)5/25 価格更新
constructionsim2
ブルドーザーやクレーン車などの重機を操り、様々な仕事をこなしていく、オープンワールドの土木建築シミュレーション。
重機のレンタル、建設現場までの移動、資材の輸送なども行う総合的な建設会社運営ゲーム。
今月初めに 600 円から 500 円になっていたが、それがさらに 250 円に。

Infinity Blade (720円 → 120円)5/25 追加
Infinity Blade II (840円 → 120円)5/25 追加
Infinity Blade III (840円 → 120円)5/25 追加
Infinity Blade III
かつての iPhone の看板タイトル。 美しいグラフィックのスラッシュ剣劇アクション。
基本であり簡潔にまとまっている1作目、システムが大幅に拡張された2作目、女主人公が加わり強化要素も増えた3作目が、まとめてセール。

Human Resource Machine(600円 → 120円)5/24 追加
Human Resource Machine
コンピューターの演算処理を擬人化したプログラミング・パズルゲーム。
命令語を並べて条件を満たす数値や文字を出力する内容で、コンピュータープログラムがどのように動いているのか学ぶのに良いゲーム。
日本以外の各国で「BEST of 2016」に選出されている。
クリア条件の翻訳文をレビューの最後に掲載中。

Samorost 3(サモロスト3)(600円 → 120円)5/24 追加
Samorost 3 サモロスト3
細かく描かれた細密なグラフィックと奇抜な世界観が特徴のアドベンチャーゲーム。
いわゆる脱出ゲーム系だが、キャラクターを移動させて調査を行う。
日本の「BEST of 2016」の iPad 部門、大賞作。

Captain Cawboy (360円 → 無料)5/24 追加
Captain Cowboy
穴掘りパズルゲームの古典「バルダーダッシュ」を SF 迷宮探索にリメイク。
バルダーダッシュのルールと雰囲気はそのままに、広大な宇宙ステーションの廃墟に挑む。
レトロにこだわったグラフィックで、古いゲームが好きな人向け。

【 セール継続中のアプリ 】


60 Seconds! Atomic Adventure(480円 → 240円)5/23 追加
60 Seconds Atomic Adventure
原爆投下まで 60 秒、わずかな時間で物資をかき集め、核シェルターで生き延びる、核戦争サバイバルゲーム。
シンプルなゲームだがリアリティがあり、切迫したシェルター生活を体験できる。

Nanuleu(360円 → 120円)5/23 追加
Nanuleu
主人公が「木」という、変わり種の RTS。 根を張り、新たな木を増やし、敵の木霊を撃退する。
オシャレなアプリで、なかなか歯応えもある簡易シミュレーション。

アメイジング・スパイダーマン2(840円 → 120円)5/23 追加
amazingspiderman
スパイダーマンになって広大なニューヨークの町を自由に飛び回るオープンワールドアクション。
戦闘やクエストもあるが、戦うより移動してる方が楽しいという希有なゲーム。

Lumino City(600円 → 120円)5/23 追加
Lumino City
ペーパークラフトの模型を撮影し、それを背景にしている独特なビジュアルのアドベンチャーゲーム。
センスの良いゲームで、特にヨーロッパで高い評価を受けている作品。
アイテムが見にくい、タップ箇所が小さいなど、やや進み辛い部分があるのが難点。
内容の割にデータ量が多いので注意(約 1.8 GB)。

Alto's Adventure(480円 → 120円)5/23 追加
Alto's Adventure
美しい風景の中をスノボで疾走するランニングゲーム。
シンプルなゲームながら、そのビジュアルの素晴らしさでロングセラーになっている作品。
アップデートで日本語化され、ミッションのクリア条件が解りやすくなった。

Shadowmatic (360円 → 120円)5/23 追加
Shadowmatic
物体を回転させて影絵を完成させる、美しいビジュアルのパズルゲーム。
角度の微調整が必要で、なかなか完成判定にならずイライラすることもあるが、そのグラフィックは一見の価値がある。

BADLAND (400円 → 120円)5/23 追加
BADLAND 2
無数に増殖するクローンたちを犠牲にしながら、凶悪なトラップだらけの洞窟を抜けていく、やや鬱ゲーの飛行アクション。
Apple がやたら推しているゲームで、セール多め。

Severed(840円 → 360円)5/20 追加
Severed
片腕の女剣士が敵の腕を切り落とす、スラッシュ剣撃アクションの 3D ダンジョン RPG。
PS Vita からの移植で、ダークな世界観ながら驚くほど遊びやすい、丁寧に作られた模範的作品。
世界各国の BEST of 2016 で iPad のベストに選ばれている。

The Spatials(600円 → 480円、iPad 専用5/19 追加
The Spatials
他の惑星を探索して資源を輸入し、その資源で観光宇宙ステーションを建造する開発ゲーム。
開発シーンはカイロソフトのような内容で、探索シーンでは RTS 風の戦闘を行う。
長く楽しめる作品だがメッセージは英語のみ、iPad 専用。

Agent A - 偽装のパズル(400円 → 120円)5/11 追加
Agent A 偽装のパズル
海外製の「脱出ゲーム」。 クオリティの高いビジュアルを持ち、そこいらの脱出ゲームとはひと味違う。
スパイもののストーリーで、部屋が 3D で表現されていて滑らかに動く。
今年1月に新章も追加された。

オーシャンホーン -未知の海にひそむかい物-(1080円 → 960円)5/8 追加
オーシャンホーン Oceanhorn
iPhone の 3D ゼルダの伝説。その高いクオリティで世界を驚かせた謎解きアクションアドベンチャー。
グラフィックもゲーム性も高品質で、サウンドは FF の植松さんや Saga の伊藤さんが担当。
現在も新ハードや新グラフィック技術に対応させるアップデートを継続して行っている。

San Juan(サンファン)(600円 → 500円)5/5 追加
sanjuan
労働者を派遣して資源を獲得し、町を開発していく「ワーカープレイスメント型」のドイツゲームを、カード用にアレンジしたもの。
2004 年に「アラカルトカードゲーム賞」を受賞、他のドイツゲームの表彰でも上位になっている。
ドイツゲームアプリとしてのクオリティも高い。

Scotland Yard(600円 → 500円)5/5 追加
ScotlandYard
ドイツゲーム(近代のオリジナルボードゲーム)を世に広めるきっかけとなった作品の iOS 版。
プレイヤーは5人の刑事と怪盗ミスターXに分かれ、ロンドンの町で追跡と逃走を行う。

Plasma Sky(360円 → 120円)5/5 追加
Plasma Sky
ギャラガのような固定画面のシューティングゲーム。
遊びやすく作られたシューティングで、シューターはもちろん、シューティングが得意でない人にも勧められる。

Brothers: A Tale of Two Sons(600円 → 360円)5/4 追加
Brothers: A Tale of Two Sons
豊かな大自然をバックに、驚異的な身体能力を持つ兄弟が道なき道を乗り越えていく 3D アクションアドベンチャー。
2つのスティックで兄弟それぞれを操作するのが特徴で、グラフィックの美しさは折り紙付き。

Catan(カタン) (600円 → 500円)5/2 追加
sale_catan
ドイツゲーム(ボードゲーム)の世界的定番「カタン」のスマホ版。
課金が必要だがキャンペーンモードがあり、拡張ルールの「海カタン」「騎士カタン」も楽しめる。
アップデートも続いていて、昨年末のアップデートで日本語にも対応した。

Rivals for Catan(領主カタン)(480円 → 400円)5/4 追加
sale_rivalcatan
大定番ドイツゲーム「カタン」をカードゲーム化したもの。 2010 年に公開された、割と最近の作品。
演出に乏しい面もあるが、カードで本格的な建設ゲームをプレイ出来る。
カード効果の日本語訳は こちら を。

Wars of the Roses(ローゼンケーニッヒ)(360円 → 250円)5/4 追加
sale_rosen
アブストラクトゲーム(チェスや将棋のような運の要素が低い戦略ゲーム)の1つ。
かなり思考性の高い、シックな雰囲気の大人のボードゲーム。
iPhone のアプリとしては、かなりのロングセラー。

Keltis(ケルト) (240円 → 120円)5/4 追加
sale_keltis
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)のドイツゲームで、2008 年の「ドイツ年間ゲーム大賞」受賞作。
カードゲームのソリティアとスゴロクを組み合わせたような内容。
ケルト民謡が流れる、素朴な雰囲気が良い。

----------

※以下はセール常連組です。

SteamWorld Heist(1200円 → 600円)5/25 追加
SteamWorld Heist
真横視点で銃撃戦のターン制シミュレーション RPG。 ロボットの宇宙西部劇。
細密なグラフィックと、ドラム缶などに身を隠しながら跳弾で敵を狙う、細部まで表現したシステムを持つ。
古い西部劇映画のような演出と雰囲気の良い BGM も特徴。セール多め。

RollerCoaster Tycoon 3 (600円 → 360円)5/24 追加
RollerCoaster Tycoon 3
2004年にパソコンで発売されたソフトの移植。 3D 表現された遊園地を作る箱庭シミュレーション。
ゲーム性や経営要素はあまり高くなく、テーマパークの作成自体と、それを眺めることをメインとしたゲーム。
当初の言語問題は修正されたが、メッセージは英語。セール常連。 

アサシン クリード アイデンティティ(600円 → 120円)5/23 追加
アサシン クリード アイデンティティ
据え置きゲーム機で人気のステルス暗殺アクションゲーム。 15世紀のイタリアが舞台。
グラフィックは流石だが、短いミッションを繰り返す「スマホゲームな作り」になっているため批判も多い。
アップデートで追加ミッションが公開されたが、利用には課金が必要。 

Table Tennis Touch (480円~120円、現在360円)5/23 価格改定
Table Tennis Touch
高精細なグラフィックのリアル卓球ゲーム。 卓球の元選手が開発に携わっている。
チャラチャラした感じのない、ストイックなスポーツゲーム。 セール常連。

Sine mora(720円 → 600円)5/8 追加
sine mora
美しいグラフィックとユニークなメカデザイン、優れた演出を併せ持つ XBOX から移植の横スクロールシューティング。
専用ゲーム機からの移植のため操作や表示サイズに問題があったが、タッチ移動が追加され、当初より操作性はマシになった。

Panzer Tactics HD(600円 → 480円、iPad 専用5/9 追加
Panzer Tactics HD
第二次世界大戦をテーマにした、大戦略タイプのターン制戦略シミュレーションゲーム。
DS で発売されたゲームのリメイクで、ドイツ・アメリカ・ソ連のシナリオがある。
知名度は低いが秀作のシミュレーション。 ただし iPad 専用。

Battle Worlds: Kronos(2000円 → 1800円、iPad 専用5/9 追加
Battle Worlds Kronos
こちらも大戦略タイプのターン制戦略シミュレーションゲーム。
価格もゲーム内容もヘビー級、1ステージに数時間かかる規模で、難易度も高め。
「真の挑戦的なターン制 SLG」を目指して作られたゲームで、SLG マニア向け。
iPad 専用で、ここまで値段が下がったのは初めて。

レオズ・フォーチュン (840円~120円、現在120円)5/23 価格改定
レオズ・フォーチュン Leo's Fortune
非常に細密に描かれた世界を進むスーパーマリオ型のジャンプアクション。
BEST of 2014 で iPad 部門のベストゲームの次点に選出されている。
マリモみたいなのにやたらダンディーな主人公も特徴。 ほぼずっとセール。

Rush Rally 2(240円 → 120円)4/30、5/9 再追加
Rush Rally 2
オフロードラリーのレースゲーム。 野山や雪原などの自然のコースを疾走する。
トップクラスのクオリティではないが、ラリーレースらしさはある。
最近はほぼずっとセールの状態。

Knock-Knock (360円 → 120円) 3/11 追加、4/12 再追加
Knock-Knock
正体不明のゴーストに怯える、サイコホラーなかくれんぼ。
作り込まれたサウンドと日本語化された独り言がプレイヤーを狂気にいざなう。セール多め。

----------

※以下は最近セールが終了したアプリです。

Danmaku Unlimited 2(600円 → 120円)5/19~5/25 終了
Danmaku Unlimited 2 Bullet Hell Shmup 弾幕無限
サイバーなグラフィックが特徴の、同人的縦スクロール弾幕シューティング。
弾幕と光の演出が美しく、ゲーム展開も非常にハデ。 スコアは「かすり」で増えていくタイプ。
長期的な強化要素もあるシューター御用達のアプリ。

Little Inferno(360円 → 120円5/19~5/23 終了
Little Inferno
暖炉に物を放り込んで燃やす。 ただそれだけなのに、妙にハマってしまう破壊欲求充足アプリ。
燃えている様子が非常にリアルで、燃やす物も数多く用意されている。
iPad 版(HD)も 600 円から 120 円に値下げ。