ファイナルファンタジーシリーズがゴールデンウィークセール開始。
またカルカソンヌなどのドイツゲーム、ソフトでハードなシューティング Missileman などもセールされています。
カイロソフトのゴールデンウィークセールも実施中。

このページでは引き続き、セール情報を更新していきます。

ここでは当方で扱ったことのある、値下げされたアプリをまとめてご紹介しています。
セールの終わったアプリの削除や、新たにセールを始めたアプリの追加などを行い、随時更新しています。
(値下げされたまま半月~一月経過したアプリは削除しています)

リンクは注記がない限り、iPhone AC 内のレビューページに移動します。

----------

【 新着セールアプリ 】

Carcassonne(1200円 → 600円)4/29 追加
carcassonne
iPhone 用ドイツゲームアプリの大定番にして名作。
公開は 2010 年だが、アップデートが続いており、ボードゲーム系のアプリとしては今でも完成度はトップクラス。
原作は 2001 年にドイツ年間ゲーム大賞とドイツゲーム賞をダブル受賞した。
滅多にセールしない。

Missileman(360円 → 120円)4/29 追加
missileman
単発のミサイルで敵を撃墜しながら、狭い洞窟のような場所を高速で飛んでいく、縦スクロールのランゲーム的シューティング。
カジュアルなシステムながら難易度はかなりハード。
どちらかと言うとゲーマー向けの作品。

Final Fantasy(960円 → 480円)4/29 追加
final fantasy
ファイナルファンタジーシリーズの原点。すでに FF の基本部分は完成している。
PSP 版をベースにしているため、グラフィックは新しく、バランス調整なども行われている。
追加ダンジョンの「ソウル・オブ・カオス」と「時の迷宮」収録。
FF シリーズのリンク先は攻略ページにしています。

Final Fantasy II(960円 → 480円)4/29 追加
Final Fantasy 2
ファイナルファンタジーの2作目にして、特異な育成システムを持つ問題作。
経験値が存在せず、ダメージを受ければ HP が上がり、武器や魔法も使用することで熟練度が上がる。
これも PSP 版をベースにしており、オリジナルはバランスに問題が多かったが、それがかなり改善されたバージョン。 グラフィックも綺麗に。
追加ダンジョンの「秘紋の迷宮」と「ソウル・オブ・リバース」収録。
I と II は「ファイナルファンタジー ポータルアプリ」にも同梱されていて、そちらも安くなっていますが、ポータルアプリのメニュー画面を通さなくても起動できる単体版の方がオススメ。

Final Fantasy III(1800円 → 840円)4/29 追加
Final Fantasy 3
初めて「ジョブシステム」が登場した、RPG としての評価が高いシリーズ3作目。
フルリメイクされた DS 版を高解像度化して移植しており、グラフィックは 3D になっている。
発売当初はそのクオリティの高さに驚かれた。
iPad 版は別アプリで、そちらも約半額。

FINAL FANTASY IV(1800円 → 840円)4/29 追加
final fantasy 4
シナリオ重視のシリーズ4作目。 キャラの人気が高く、ファンの多い作品。
DS 版がベースで、グラフィックが 3D になり、見た目が一新された。
特技を追加で習得できる「デカントアビリティ」が加えられている。
また、やり込み要素として追加ボスが存在する。

FINAL FANTASY IV: THE AFTER YEARS -月の帰還-(1800円 → 840円)4/29 追加
ff4ta
通称 FF4TA。FF4 の直接の続編で、前作の仲間とその子供達が活躍する。
グラフィックはスマホ版 FF4 と同じ 3D で、PSP や Wii 版の移植。
章ごとに主人公が異なるオムニバス形式で、全10章、仲間は総勢 20 人以上に及ぶ。
デカントアビリティはなくなっているが、連携技の「バンド技」を使用できる。

FINAL FANTASY V(1800円 → 840円)4/29 追加
final fantasy 5
自由に転職できるのが特徴の FF シリーズ5作目。 ゲームシステムの評価が非常に高い。
GBA 版がベースだが、グラフィックや演出はスマホ用に作り直されている。
追加ダンジョンや新職業、ボスラッシュモードなどが加えられていて、バランスも一部調整された。
スマホ用の FF としては随一の完成度で、特にお勧めの作品。

FINAL FANTASY VI (1800円 → 840円)4/29 追加
Final Fantasy 6
FF6 のスマホ移植版。FF6 自体はシリーズの中でも屈指の名作だが、スーパーファミコン版そのままのグラフィックで、操作性や外見は他の移植作には劣る。
スマホ版オリジナルのインターフェイスが使い辛いと不評だったが、のちにアップデートで一般的なインターフェイスも追加された。
追加ダンジョン「竜の巣」、連戦モード「魂のほこら」、さらに新魔石が加えられている。

クロノ・トリガー(1200円 → 600円)4/29 追加
chrono trigger
スーパーファミコンで発売されていた名作を「そのまま」移植。
今話題の アナザーエデン の原点とも言えるゲームだが・・・
スマホ用に最適化されている訳ではないので、操作性がイマイチで、低解像度なグラフィックも古く見えるのは否めない。

アグリコラ:牧場の動物たち(600円 → 360円)4/29 追加
アグリコラ 牧場の動物たち
人気ドイツゲーム「アグリコラ」の派生作で、畜産に特化したシステム。
2人対戦になっていて、町で資材を調達し、牧場を整備していくワーカープレイスメント型。
アグリコラを簡易的にして遊びやすくしたシステム。 課金で拡張パックを導入可能。

Patchwork The Game(パッチワーク)(360円 → 240円)4/29 追加
Patchwork The Game パッチワーク
テトリスのブロックのような布切れを、ボード上にすき間なく配置しつつ、スゴロクのようにコマを進めていく、変わったルールのドイツゲーム。
2人対戦のゲームで、ポップな絵柄の雰囲気がとても良い。
2015 年のドイツ年間ゲーム大賞のノミネート作。

Lost Cities(480円 → 240円)4/29 追加
Lost Cities
ライナー・クニツィアが 1999 年に公開した、ケルトの前身になったドイツゲーム。
同色のカードを出してポイントを稼ぐゲームだが、中途半端なところで終わるとマイナス点になるため、そうなるぐらいならむしろその色は出さない方が良い。
開発元はスマホ版カルカソンヌのメーカーと同じで、オンライン対戦に対応。

テニスクラブ物語(840円 → 360円)4/26 追加
テニスクラブ物語
テニスクラブを運営しつつ、所属選手の育成をするスポーツ SLG。選手育成の方がメイン。
某熱血コーチの教えの如く「メンタル」が重要になっている。
サッカークラブ物語に似たシステムで、試合シーンは眺めているだけでも楽しい。

開園ピクセル牧場(600円 → 360円)4/26 追加
開園ピクセル牧場
観光農園を運営するカイロソフトの経営シミュレーションゲーム。
花畑や牧場などを作り観光収入を得る内容だが、パズルのミニゲームもある。
近年発売された施設配置型のカイロゲームの中では特にお勧めの作品。

大空ヘクタール農園(600円 → 240円)4/26 追加
大空ヘクタール農園
観光農園の拡張と農作物の改良を行う、カイロの農場シミュレーションゲーム。
難易度は高くないが、自由度が高く、やり込み要素も豊富。
「開園ピクセル牧場」のベースになった作品。

財閥タウンズV(600円 → 240円)4/26 追加
財閥タウンズV
カイロソフトの本格的な都市開発シミュレーション。
施設配置型で、このスタイルの原点となったゲームの1つ。
難易度が高めで、油断すると赤字経営になるが、ゲーム性が高くやり込み要素も随一。
古いアプリだが、システムは今でもカイロの中でトップクラス。

アストロ探検隊(600円 → 120円)4/26 追加
astro
未開の惑星を探険し、産業と観光地を開発、観光客を招いて製品の販売も行う宇宙開拓 SLG。
未開地探険時には戦闘もあり、RPG の要素もある。
古いアプリだが未知の世界を探る楽しさがあり、個人的に好きな作品。

欧陸戦争5:帝国(120円 → 無料)4/26 追加
欧陸戦争5 帝国
ターン制戦略 SLG「欧陸戦争」シリーズの5作目。
古代から近代に至るまでの世界史の戦いがテーマで、兵士のデザインが変わった。
将軍を雇用しやすく、キャラを増やして育てるシミュレーション RPG の楽しさがある。
後半は課金圧力が強くなるが、スマホ用の SLG としては定番。
Galaxy Trucker (600円 → 360円)4/29 追加
Galaxy Trucker
パーツを組み合わせて宇宙船を造り、航海を行うドイツゲーム。
1プレイの時間はドイツゲームとしては短めで、1人用のキャンペーンモードがあるのが特徴。
iPhone 用の Galaxy Trucker Pocket と、iPad 用の Galaxy Trucker があるが、双方値下げ。

ミステリーオブフォーチュン2(120円 → 無料)4/29 追加
ミステリーオブフォーチュン2 Mystery of Fortune 2
各キャラクターの行動パターンを細かく設定できる、オートバトルの RPG。
多彩な職業とスキルが用意されていて、多数のチームメンバーを自由に育てられる。
手軽さと深い育成をうまく融合させた作品。


【 セール継続中のアプリ 】

アーン トゥ ダイ 2(Earn to Die2) (240円 → 120円)4/18 追加
Earn to Die 2
ゾンビや木箱をぶっ飛ばしながら疾走する車のモトクロスゲーム。
パワーアップとリトライを繰り返しながら徐々に走行距離を伸ばしていくスタイルで、爽快感とテンポの良い作品。

9th Dawn II(480円 → 240円)4/12~4/15 終了、4/18 再追加
9th Dawn II
荒廃した広大な世界を旅する、クラシックな雰囲気の 2D アクション RPG。
洋ゲーらしい自由度があり、好きなように探険を行え、あちこちにダンジョンや廃墟、洞窟がある。
ただし死体の転がる凄惨な場面もあるので注意。 言わばソロプレイの UO。
昨年10月から 480 円になっていたが、それがさらにセールで半額。

Ravensword: Shadowlands(840円 → 120円)4/15 追加
ravensword
高クオリティーな 3D グラフィックを誇るオープンワールドの RPG。
解りにくく難易度も高い「洋ゲー」だが、洋ゲーらしいリアルさと自由度も併せ持つ、かなりレベルの高い作品。

----------

※以下はセール常連組です。

SteamWorld Heist(1200円 → 840円)4/29 追加
SteamWorld Heist
真横視点で銃撃戦のターン制シミュレーション RPG。 ロボットの宇宙西部劇。
細密なグラフィックと、ドラム缶などに身を隠しながら跳弾で敵を狙う、細部まで表現したシステムを持つ。
古い西部劇映画のような演出と雰囲気の良い BGM も特徴。 セール多め。

レオズ・フォーチュン (840円~120円、現在240円)4/24 価格改定
レオズ・フォーチュン Leo's Fortune
非常に細密に描かれた世界を進むスーパーマリオ型のジャンプアクション。
BEST of 2014 で iPad 部門のベストゲームの次点に選出されている。
マリモみたいなのにやたらダンディーな主人公も特徴。 ほぼずっとセール。

Rush Rally 2(240円 → 120円)3/25 再追加
Rush Rally 2
オフロードラリーのレースゲーム。 野山や雪原などの自然のコースを疾走する。
トップクラスのクオリティではないが、ラリーレースらしさはある。
最近はほぼずっとセールの状態。

Knock-Knock (360円 → 120円) 3/11 追加、4/12 再追加
Knock-Knock
正体不明のゴーストに怯える、サイコホラーなかくれんぼ。
作り込まれたサウンドと日本語化された独り言がプレイヤーを狂気にいざなう。セール多め。

----------

※以下は最近セールが終了したアプリです。

きらめきスキー白書(600円 → 360円4/15~4/26 終了
きらめきスキー白書
カイロソフトのスキー場&リゾートホテル開発シミュレーション。
ゆけむり温泉郷の後継作と言えるが、スキー場の拡張やレースシーンなども盛り込まれている。
今回が初セール。

ゆけむり温泉郷(600円 → 240円4/15~4/26 終了
ゆけむり温泉郷
初期のカイロソフトのアプリでありながら、今でも特に人気が高い作品。
温泉旅館を自由に作ることができる、施設配置型の経営シミュレーション。

合戦!!にんじゃ村(600円 → 120円4/15~4/26 終了
合戦 にんじゃ村
村の開発、敵勢力との合戦、住民を鍛える RPG の三要素が盛り込まれたカイロの戦国 SLG。
しかし決して複雑ではなく、カイロらしい遊びやすさを重視した作りになっている。
特にオススメのカイロ作品の1つ。

海鮮!!すし街道(600円 → 240円4/15~4/26 終了
海鮮すし街道
回転寿司店を経営するシミュレーションゲーム。 施設配置+料理型。
ネタを組み合わせてオリジナルの寿司を開発するのが攻略のポイントになる。
寿司が流れるレーンを自由にレイアウトできるのも特徴。

開幕!!パドックGP(600円 → 120円4/15~4/26 終了
パドックGP
カイロソフトのレーシングチーム運営シミュレーション。 コマンド選択型。
マシンを研究開発し、ドライバーを育成、グランプリでの優勝を目指す。
先日 続編 が公開されたが、そちらはソシャゲ型になっている。