クリスマス&年末商戦のスタートとなる「ブラックフライデー」の前日!
セールアプリも大量に増えています。

このページでは引き続き、セール情報を更新していきます。

ここでは当方で扱ったことのある、値下げされたアプリをまとめてご紹介しています。
セールの終わったアプリの削除や、新たにセールを始めたアプリの追加などを行い、随時更新しています。
(値下げされたまま半月~一月経過したアプリは削除しています)

リンクは注記がない限り、iPhone AC 内のレビューページに移動します。

----------

【 新着セールアプリ 】

Monument Valley 2(600円 → 240円)11/23 追加
Monument Valley 2
世界中で絶賛された、あのエッシャー的だまし絵パズルの続編。
遠近も上下も無視した、見たままが真実の不思議な世界を彷徨う母子の物語。
Apple もイチオシの作品。

Poly Bridge(600円 → 240円)11/23 追加
Poly Bridge 2
強度のある橋を設計して車を渡らせる物理&強度シミュレート系パズルゲームの決定版。
優れたインターフェイスの設計画面で好きな橋を作り出すことができる。
クオリティとパズルとしての難易度、共に高い。

FRAMED 2(600円 → 240円)11/23 追加
FRAMED 2
絵コンテを入れ替えて動画の結末を変えていく、高く評価されているムービーパズルの続編。
前作同様、ボリュームはあまりないが、パズルとビジュアルはさらに磨かれている。

Splitter Critters(360円 → 120円)11/23 追加
Splitter Critters
画面をビリッと破ってズラし、新しい道を作り出すビジュアルパズルゲーム。
タッチパネルを活かしたゲームシステムで、Apple が賞賛している作品。
やや物足りないが、120 円はお得。

Prune(480円 → 240円)11/23 追加
Prune
スルスルと伸びていく木の枝を剪定し、光の当たる場所まで導いていく、盆栽シミュレーターをパズルに応用したアプリ。
海外のゲームだが「和」と「禅」の雰囲気を強く感じる作品。
欧米の BEST of 2015 で iPad 部門の1位に選ばれた。

Shadowmatic(360円 → 240円)11/23 追加
Shadowmatic
物体を回転させて影絵を完成させる、美しいビジュアルのパズルゲーム。
角度の微調整が必要で、なかなか完成判定にならずイライラすることもあるが、そのグラフィックは一見の価値がある。

Alto's Adventure(600円 → 120円)11/23 追加
Alto's Adventure
美しい風景の中をスノボで疾走するランニングゲーム。
シンプルなゲームながら、ビジュアルの素晴らしさでロングセラーになっている作品。
アップデートで日本語化され、ミッションのクリア条件が解りやすくなった。

Nanuleu(360円 → 240円)11/23 追加
Nanuleu
主人公が「木」という、変わり種の RTS。 根を張り、新たな木を増やし、敵の木霊を撃退する。
オシャレなアプリで、なかなか歯応えもある簡易シミュレーション。

Out There: Ω Edition(480円 → 120円)11/23 追加
outthere
ローグライクな宇宙漂流サバイバルゲーム。 戦闘のない FTL といった感じの内容。
かなり難しいゲームだが、マップがランダム生成で何度でも楽しめる。
アップデートで名前が「Out There: Ω Edition」に変わり、グラフィックが強化された。

Kingdom Builder(360円 → 240円)11/23 追加
Kingdom Builder
2012 年の「ドイツ年間ゲーム大賞」受賞作で、ドミニオンを作った方の作品。
ボード上に家のコマを置いて領土とし、ポイントを稼いでいく陣取りドイツゲーム。

禁断の島 - Forbidden Island(600円 → 240円、iPad 専用11/23 追加
禁断の島 - Forbidden Island
沈みゆく島から財宝を探して脱出する、協力型ソリティアのドイツゲーム。
Pandemic と同じ原作者の作品で、内容にも共通した部分が多い。日本語対応。

【 セール継続中のアプリ 】


ドラゴンクエストVI 幻の大地(1800円 → 1200円)11/22 追加
ドラゴンクエスト6
ドラクエシリーズの6作目。 4と5が物語重視であったため、今作は冒険の自由度を重視して作られた。
転職により魔法だけでなく、様々な特技を習得できるのが特徴。
ドラクエ 4~6 は「天空シリーズ」と呼ばれており、その最後の作品。

ストリートファイターIV CHAMPION EDITION(600円 → 240円)11/22 追加
ストリートファイターIVCE
2011年に発売され大きな話題となった「スト4 VOLT」の改修版。
初心者でも、そしてスマホでも対戦格闘を楽しめるよう、操作が工夫されている。
オンライン対戦を備え、登場キャラは 25 人以上に及び、アップデートでさらに増加している。

Mini Metro(600円 → 240円)11/22 追加
Mini Metro
地下鉄の路線図をゲーム化したようなリアルタイム制の鉄道運行ゲーム。 
操作感に優れ、デザインセンスも良く、世界的に評価されている。
各国の「BEST of 2016」選出作品。アップデートで新ステージが追加された。

Fighting Fantasy Legends(600円 → 480円)11/22 追加
FFL
ゲームブック「火吹山の魔法使い」「バルサスの要塞」「盗賊都市」の3作品を含む「ファイティング ファンタジー」シリーズをアドベンチャー RPG として現代風リメイクした作品。
ゲームブックらしさは薄れているが、遊びやすくアレンジされている。

Agricola(アグリコラ)(840円 → 600円)11/22 追加
sale_agricola
2008 年の「ドイツゲーム賞」で首位を受賞した作品。 農園を築く建設型ドイツゲーム。
人員を施設に派遣して資材を得る「ワーカープレイスメント型」のゲームで、ルールは複雑ですが、ボードゲームマニアからの支持が厚い作品。

Bottom of the 9th(600円 → 480円)11/22 追加
bottomofthe9th
野球を題材にしたダイスゲーム。1900 年代初期の古いメジャーリーグの雰囲気がある。
プレイするのは9回裏のみ。相手の狙いを読むことで、ダイスの結果に修正を加えることができる。

アニメスタジオ物語(720円 → 240円)11/22 追加
アニメスタジオ物語
アニメ制作スタジオを運営するカイロの開発 SLG。 ゲーム発展国系のシステム。
割とシンプルな作りで、実際のアニメを再現して楽しんだりする方がメインの印象も。

アパレル洋品店(600円 → 240円)11/22 追加
アパレル洋品店
洋服店を経営するカイロソフトのシミュレーションゲーム。
洋服店と言っても最終的には地下1階、地上7階の巨大店舗になる。
難易度が低めで、やや初心者向けの作り。

星になったカイロくん(600円 → 120円)11/22 追加
星になったカイロくん
RPG 仕立てのカイロゲームだが、開発シーンも RPG シーンも簡易的。
入門向けというか、ライトユーザー向け / キッズ向けのカイロアプリ。
作るはしから壊れていくヨワヨワなカイロ君で敵に立ち向かう。

Lara Croft GO(600円~120円、現在120円)11/22 追加
Lara Croft GO
トゥームレイダーをテーマにしたターン制のパズルゲーム。
センスの良い 3D グラフィックのビジュアルと映画風の演出により、冒険感のあるパズルになっている。
Apple が選出した BEST of 2015 の iPhone 部門1位の作品。
セールの常連だが、ここしばらく値下げしていなかった。

Deus Ex GO(600円~120円、現在120円)11/22 追加
Deus Ex GO
デザインに優れるターン制のパズルゲーム「GO」シリーズの3作目。
サイボーグエージェントが敵組織に潜入するスパイアクションをパズル化している。
クオリティは相変わらず高い。
常時セール状態だったが、しばらく値下げしていなかった。

Hitman GO(600円~120円、現在120円)11/22 追加
Hitman GO
ジオラマゲームを再現したかのような、センスの良いグラフィックが評判のパズルゲーム。
暗殺がテーマで、大人の雰囲気。 GO シリーズの最初の作品で、セール常連。

I am Bread(600円 → 120円)11/22 追加
I am Bread
主人公は「食パン」。 素敵なトーストになるため旅に出る、奇想天外なバカゲー。
しかしゲームとしてしっかり作られており、グラフィックやサウンドも高クオリティ。
セール常連アプリ。

FOTONICA(360円 → 120円)11/22 追加
FOTONICA
ワイヤーフレームで構成されたサイバー空間を疾走する、3D のランニングゲーム。
前衛芸術的な作品で、良くも悪くも雰囲気ゲーだが、疾走感は十分。
数々のインディーズゲームの表彰を受けた作品で、セールは久々。

Rusty Lake Hotel(240円 → 120円)11/22 追加
Rusty Lake Hotel
高水準な脱出ゲーム。 キャラクターは動物で、ホテルの使用人となり、客人の要望に応えていく。
大人の雰囲気で、ややサイコパスな題材は人を選ぶが・・・

Infinity Blade (720円 → 120円)11/22 追加
Infinity Blade II (840円 → 120円)11/22 追加
Infinity Blade III (840円 → 120円)11/22 追加
Infinity Blade III
かつての iPhone の看板タイトル。美しいグラフィックのスラッシュ剣劇アクション。
基本であり簡潔にまとまっている1作目、システムが大幅に拡張された2作目、女主人公が加わり強化要素も増えた3作目が、まとめてセール。

60 Seconds! Atomic Adventure(480円 → 240円)11/21 追加
60 Seconds Atomic Adventure
原爆投下まで 60 秒、わずかな時間で物資をかき集め、核シェルターで生き延びる、核戦争サバイバルゲーム。
シンプルなゲームだがリアリティがあり、切迫したシェルター生活を体験できる。
北朝鮮の核開発とミサイル発射により注目を集めている。

Danmaku Unlimited 3(600円 → 240円)11/21 追加
danmaku unlimited 3
美しく危険な弾幕を楽しめるスマホ定番弾幕シューティングシリーズ3作目。
サイバーなグラフィックと派手な演出は相変わらずで「かすり」の楽しさも健在。
今回が初セール。

Danmaku Unlimited 2(600円 → 120円)11/21 追加
Danmaku Unlimited 2 Bullet Hell Shmup 弾幕無限
サイバーなグラフィックが特徴の、同人的縦スクロール弾幕シューティング。
弾幕と光の演出が美しく、ゲーム展開も非常にハデ。 スコアは「かすり」で増えていくタイプ。
長期的な強化要素もあるシューター御用達のアプリ。

Agent A - 偽装のパズル(600円 → 240円)11/21 追加
Agent A 偽装のパズル
海外製の「脱出ゲーム」。クオリティの高いビジュアルを持ち、そこいらの脱出ゲームとはひと味違う。
Apple Pencil と連動した手書きメモや触覚フィードバックなど、最新 iPhone の機能を活用したシステムが追加されたが、定価は 600 円に値上げされている。
今回のセールは iPhone X 対応アップデート記念。

Azkend(360円 → 120円)11/20 追加
Azkend 2(720円 → 120円)11/20 追加
Azkend
スマホの「一筆書きパズル」のパイオニア。
初代 Azkend は 2009 年に公開された最初期のアプリの1つで、のちに続く一筆書き系のゲームはここを原点としている。
Azkend 2 には iPhone 版と iPad 版があったが、iOS10 対応アップデートの際に1つにまとめられた。
どちらも 64bit に対応済み。

Sparkle the Game(360円 → 120円)11/20 追加
Sparkle 2(840円 → 240円、リンクは iTunes 起動11/20 追加
Sparkle
「パズループ」のクローン。レールに沿って転がってくるボールの列に手玉を打ち込み、同色をそろえて消していく。
古いアプリだが面白さはパズループそのままで、今でも楽しめる。
2作目は当サイトではレビューしていないが、内容はほぼ1と同じ。
どちらも 64bit に対応済み。

Heroes of Kalevala(350円 → 120円)11/20 追加
Heroes of Kalevala
いわゆるマッチ3ゲーム。 コマを消した場所の色が変わり、全てのパネルの色を変えればステージクリア。
キャンディークラッシュに似たシステムだが、こちらは買い切りゲーム。
古いアプリだがオーソドックスなスタイルで、そつなく遊べる。

Hero Generations(600円 → 240円)11/16 追加
Hero Generations
RPG + ローグライク + シヴィライゼーション。
ランダム生成の世界を探索し、敵と戦いながら町を開発、次の世代に血筋を繋げていく。

Motorsport Manager(240円 → 無料)11/10 追加
Motorsport Manager
Motorsport Manager の1作目。リアル系の F1 チームの運営 SLG としてロングセラーになった。
ここから PC 版の Motorsport Manager が開発され、それをまたスマホ / タブレット用に戻したものが Motorsport Manager Mobile 2 になる。
続編の方がオススメだが、こちらは無料配布されている。

Anthill (240円 → 120円) 11/11~11/16 終了、11/22 再追加
anthill
アリをテーマにした RTS。 兵隊アリで敵を迎撃し、働きアリでエサを巣に持ち帰る。
移動指示はラインドロー(線を引く)方式で、ステージクリア型のゲーム。
古いゲームだが RTS としてしっかり作られている。 ただし大量の虫が出て来るので「虫イヤァー」な人は注意。

Neon Chrome(1200円 → 600円 → 360円)10/31 追加、11/2 価格改定
Neon Chrome
2スティック制のシューティングに、ローグライクのランダム性とステルスアクションのゲーム性を加えた玄人好みの作品。
ストーリーもシステムも解りにくいが、理解できれば長く楽しめるゲームで、ファンも多い。

----------

【 64bit 対応について 】
※32bit 版(64bit 未対応)のアプリは iOS11 では動きません。
新規公開アプリは 2015年2月1日 以降、アップデートは 2015年6月1日以降、Apple は 64bit 対応を義務付けています。
それ以前が最終更新のアプリは未対応の場合があるので注意して下さい。

Final Fantasy Tactics が 64bit に対応。
XCOM が 64bit に対応。Civilization Revolution 2 も対応予定。
Solomon's Keep が 64bit に対応。Solomon's Boneyard も対応作業中とのこと。
・Foursaken Media のアプリは Bug Heroes や N.Y.ZombiesBlock Fortress なども含め一通り対応。
Azkend や Sprinkle Islands も 64bit に対応。
FieldrunnersFTLRavensword などはすでに対応済み。

大富豪しよっ! が 64bit に対応。
Pinball Crystal Caliburn II が 64bit に対応。
・Codito のドイツゲーム ティカルラールアーブルチグリス&ユーフラテス は 64bit 対応完了。

・タイトーの スペースインベーダー インフィニティジーンアルカノイド は 9/30 に配信終了となりました。
・スパイク・チュンソフトの 428 ~封鎖された渋谷で~ や かまいたちの夜 SSN などはストアから消えています。
・他にもスクエニの THEATRHYTHM FINAL FANTASY など、9/30 で配信終了となったアプリが多くあります。
・64bit 対応の影響かどうか不明ですが、異世界に生きる と 異世界の闇の中で も消えています。

Slay や LUXGUN SPIRITS や Space Miner三國志2 や 信長の野望 全国版 などは対応。
Dungeon Raid や Might & Magic Clash of Heroes は未対応。
プラント vs ゾンビ は旧バージョンが削除されているので課金型の対応版のみ。
・カイロソフトのアプリは iOS9 の英語問題の時に一通りアップデートされているので、すべて対応。
・ケイブの買い切りアプリ(怒首領蜂 や 虫姫さま 等)はすべて非対応。

Wizardry 外伝 戦闘の監獄 が最新 OS に合わせた内容に更新され 64bit 対応。ただしストアでの再販はまだ。既存アプリのアップデートは可能。

----------

※以下はセール常連組です。

Table Tennis Touch (480円~120円、現在120円)11/18 追加
Table Tennis Touch
高精細なグラフィックのリアル卓球ゲーム。 卓球の元選手が開発に携わっている。
チャラチャラした感じのない、ストイックなスポーツゲーム。 セール常連。

OTTTD(1080円~120円、現在360円)11/14 価格改定
OTTTD
倒した敵の破片で画面がグチャグチャに汚れていくタワーディフェンス。
ゲーム自体は面白いが、この汚れっぷりは人によってはダメかも?
アップデートが続いており、64bit にも対応済み。

----------

※以下は最近セールが終了したアプリです。

財閥タウンズV(600円 → 240円11/14~11/22 終了
財閥タウンズV
カイロソフトの本格的な都市開発シミュレーション。
施設配置型で、このスタイルの原点となったゲームの1つ。
難易度が高めで、油断すると赤字経営になるが、ゲーム性が高くやり込み要素も随一。
すでに続編の 箱庭タウンズ が登場しているが、そちらは課金型になっているので、買い切りが良い人は、アプリは古いがこちらがお勧め。

開幕!!パドックGP(600円 → 120円11/14~11/22 終了
パドックGP
カイロソフトのレーシングチーム運営シミュレーション。 コマンド選択型。
マシンを研究開発し、ドライバーを育成、グランプリでの優勝を目指す。
これも 続編 が公開されているが、そちらは課金型なので、買い切り派の人はこちらがお勧め。

ゲーム発展国++(600円 → 120円11/14~11/22 終了
ゲーム発展国
ゲーム会社を運営する経営 SLG で、コマンド選択型。
カイロソフト初期のアプリだが、世界的ヒットとなりカイロの名を知らしめた作品。
アップデートでグラフィックが刷新された。レビューは初期版のものなのでご了承を。