改めて、新年明けましておめでとうございます。

年またぎでお送りしている、2015 年度の「ジャンル別ベストゲームアプリ」発表
今年最初の記事は、その後編をお送りいたします。

各ジャンルで「特選」と「次点」を選び、他の注目アプリも紹介しつつ、選出理由や論評を掲載しています。
選出は私の独断ですのでご了承下さい。

後編では以下のジャンルのゲームを扱っています。
(アドベンチャー、開発シミュレーション、戦略シミュレーション、タワーディフェンス、レース、ボード / カードゲーム、ソーシャルゲーム、放置系 / クリッカー系、インディーズゲーム、ネタゲー / クソゲー、総合大賞)

以下のジャンルを扱っている前編は こちら をご覧下さい。
(ショートゲーム、アクションゲーム、パズル、RPG、サバイバルゲーム、シューティングゲーム、FPS系 / ガンシューティング)

注記がない限り、リンクは当サイトのレビューページへ移動します。
各アプリの詳細と iTunes リンクは、移動先の記事でご確認下さい。

----------

【 アドベンチャーゲーム部門 】

特選Brothers: A Tale of Two Sons
Brothers: A Tale of Two Sons

次点Forgotten Memories : Alternate Realities
Forgotten Memories : Alternate Realities

次点The Room Three
The Room Three

2015 年は優秀なアドベンチャーゲームが数多く公開されました。
アクション性が強めですが、特選としたいのは、兄弟が豊かな自然の中を進んでいく Brothers
美しく意味深なビジュアル、セリフがなくても感動できる奇想天外なストーリーなど、文句なくお勧めの作品。

次点は光と影が美しく恐怖を煽る、廃病院を舞台にしたホラーアドベンチャー Forgotten Memories
これだけのビジュアルの作品を Apple が BEST of 2015 でスルーしたのは意外でしたが、難易度が高く、あえて不便さを残した作りであったため、遊び辛いと判断したのでしょうか?
恐すぎたというのもあるかも。

もう1つの次点としたのは The Room Three。 特選でも良いレベルのクオリティ。
箱や部屋の謎を解いていく、アドベンチャーゲームらしいアドベンチャーゲームで、細密に描かれたグラフィックの美しさは相変わらずです。

海外の BEST of 2015 ではジオラマを撮影して背景にしている Lumino City、脱出ゲームである Agent A: 偽装のパズル なども高く評価されています。
Amazon ゲームスタジオの作品である、廃病院探索の Lost Within、ディズニー風のアクションアドベンチャー Til Morning's Light も、やや佳作感はありますが良作のアクションアドベンチャーですね。

他にはロンドンを舞台にしたユニークなストーリーの バートラム・フィドルの冒険 EP1、雰囲気の良い 月見花(Lunar Flowers)などがピックアップしたいアドベンチャーと言えるでしょうか。


【 経営/開発シミュレーションゲーム部門 】

特選夢おこし商店街
夢おこし商店街

次点Puzzle Craft 2
Puzzle Craft 2

次点Wizards and Wagons
Wizards and Wagons

開発 SLG の特選は、カイロソフトの 夢おこし商店街 にしたいと思います。
カイロの経営 SLG の集大成と言える内容で、様々な店舗を多角化経営する欲張りな内容。 最初からゲーム速度を高速化できるのも良い点。
他にカイロは テニスクラブ物語 などを公開していますが、iOS9 のメッセージ英語化問題をモロに受けてしまい、その対応に追われる苦況の年となってしまいました。

次点として勧めたい Puzzle Craft 2 は一筆書きパズルで素材を集め、集落を開拓していく、没頭して楽しめる作品。
英語なので取っ付き辛い点もありますが、個人的にオススメで、アメリカでは BEST of 2015 にも選出されています。

Wizards and Wagons はワゴンに交易品を積んで運搬する、大航海時代のような作品ですが、舞台は陸路。
戦闘にはアクション性があり、こちらも英語ですがコツが分かれば没頭して遊べます。

海外では核戦争後を舞台にしたシェルター開発ゲーム Fallout Shelter や、シムシティのスマホ版 SimCity BuildIt が高評価を受けていますが、Fallout Shelter はゲームシステムはかなりシンプル。
SimCity BuildIt も昔ながらのソシャゲ農園ゲームのシステムに過ぎません。
SimCity BuildIt をやるのであれば、当サイトではあまり大きく取り上げませんでしたが、コロプラの ランブル・シティ の方がお勧めです。

神となって土地を造成していく Godus は、ソシャゲ農園ゲームなシステムを取り入れた点が海外で強く批判されましたが、私的には技術的なクオリティの高い開発ゲームとして評価しています。
他に取っ付きやすいとは言えませんが、宇宙の大航海時代である Cosmonautica は長く遊べるゲームです。


【 戦略/戦術シミュレーション部門 】

特選世界の覇者3
世界の覇者3

次点Battlestation: Harbinger


2015 年は戦略系のゲームは少なめでしたが、特選とすべきはやはり 世界の覇者3 でしょう。
大戦略型のターン制戦術シミュレーションで、第二次世界大戦から近代までを網羅、連合と枢軸の両陣営のステージがあり、世界制覇モードや長期的な将軍の育成なども備わっています。
同シリーズの戦術 SLG の集大成ですね。
世界の覇者3 の前身である、三國志の戦術 SLG 三国合戦 も楽しめる作品。

次点は宇宙戦争をテーマにしたシヴィライゼーションの関連作 Sid Meier's Starships ではなく・・・
それを簡略化したような RTS Battlestation: Harbinger を選びたいと思います。
Sid Meier's Starships も十分楽しめる作品ですが、シヴィライゼーションと比べると縮小されている感があり、その割にプレイ時間は相応にかかります。
Battlestation はそれをもっと手軽に楽しめる感じで、難易度も適度に手強く、繰り返し遊びたくなる内容に仕上がっています。


【 ボードゲーム / カードゲーム部門 】

特選Hearthstone: ハースストーン


次点World of Tanks Generals
World of Tanks Generals WoTG

この部門の特選は文句なく ハースストーン でしょう。
オンライン時代の新しいトレーディングカードゲーム(TCG)で、手軽に遊べるゲーム性、解りやすいルール、多彩な演出を備えた、クオリティの高い作品です。

World of Tanks Generals もハースストーンに劣らないクオリティの TCG で、長期的な育成や収集要素もあります。
ただ、ミリタリーであることがコアなファンを引き付ける一方で、一般向けとは言えないかも・・・ 私はミリタリー好きなので好みですが。
どちらもオンライン対戦がメインなので、その点に敷居の高さはあります。

今年はデッキ構築型カードゲーム Dominion(ドミニオン)の公式アプリもようやく公開されました。
しかし iPad 専用で、課金が高く、常にネット接続が必要など、難点も多いデキ。
ただドイツゲーム好きにとっては、待ちに待ったアプリでもありますね。

他に麻雀アプリですが、40 秒で手を作る高速麻雀 雀神クロニクル、漫画のキャラクターが多数登場する 闘牌伝 などは、ユニークで楽しめる作品だったと思います。
また新しいトランプのソリティアを作り出した Sage Solitaire は私的に評価しています。


【 タワーディフェンス部門 】

特選クレイジー・キング
クレイジーキング crazy king

2015 年度の紹介できるタワーディフェンスは クレイジー・キング のみ。
しかし十分に「特選」と言えるだけの内容を持っています。

Kingdom Rush に似ているタワーディフェンスですが、1ステージが短めでサクサク遊べます。
タワーはカードを集めて入手し、合成で強化するソシャゲ型で、スタミナもありますが、長期的な育成・収集要素があり、ソシャゲ型である点が良い方にも働いています。


【 レースゲーム部門 】

特選Horizon Chase - World Tour
Horizon Chase World Tour

次点Need for Speed No Limits
Need for Speed No Limits

レース部門も紹介できるアプリはこの2つのみ。 しかしどちらもクオリティは高いです。
Horizon Chase は古いレーシングゲームを現代向けにアレンジした新旧融合アプリで、レトロなゲーム性と操作感覚が、逆に幅広い世代に受け入れられた作品。

Need for Speed No Limits は1分もかからないうちに終わる短いレースを繰り返す、ショートゲーム的なレース。
しかしそのサクサク感と、短いながらもしっかりレースしているゲーム性で世界的な人気に。
いかにもスマホらしいアレンジですが、それが成功している作品です。
この2作は 各国の BEST of 2015 でも選出されています。


【 放置系 / クリッカー系 部門 】

特選Tap Titans
Tap Titans

次点Tap Quest : Gate Keeper
Tap Quest : Gate Keeper

Tap Titans は昨年末のゲームですが、これだけ世界的に遊ばれているにも関わらず、発売時期の影響で Apple や Google の選出 から漏れているので、ここで取り上げておこうと思います。
クッキークリッカー系の中では内容もプレイ人口も現時点の No.1 でしょう。
RPG 仕立てのクリッカーで、ハマると延々タップし続けてしまう、ある意味危険なアプリです。

Tap Quest : Gate Keeper はクリッカーと言うより、超高速アクション RPG。
敵の進行から塔を守るディフェンスゲームですが、ちょっと油断するとすぐ塔が崩れてしまうため、かなりのスピード勝負。 強化部分はクリッカー系です。

また、隕石をひたすら破壊する みどりのほし も人気になりました。
黙々と破壊を繰り返すだけの内容ですが、爆発がハデで爽快感があり、延々と続けてしまう変則クリッカー系と言えるアプリ。

放置系では、狩りガールをテーマにした ハントクック が可愛らしい絵と料理で、なんとなく続けてしまう魅力があります。
また当サイトでは扱っていませんでしたが、ラクガキ風の絵が可愛い ねこあつめ(iTunes 起動)が女性を中心に話題になりました。
ネコの写真を撮ってアルバムに残していく、ゲーム的に云々言うようなアプリではないのですが、その人気はアメリカ・中国・東南アジアなど海外にも飛び火しています。


【 ソーシャルゲーム部門 】

※ソーシャルゲームは数が非常に多いため、その全ては網羅できません。
あくまで自分で試した中での選出になのでご了承下さい。


特選:なし

次点MOBIUS FINAL FANTASY
MOBIUS FINAL FANTASY メビウス ファイナルファンタジー

次点FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS(FFBE)
FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS FFBE

2015 年度のソーシャルゲームの特選は「なし」にしたいと思います。
それでも選ぶとすれば、グラフィックのクオリティが圧倒的な メビウスファイナルファンタジー になると思いますが、当初のボリュームが不足していた感があります。
FFBE も楽しめる作品ですが、私的にはストーリーの続きを待っている間にどうでもよくなってしまいました・・・

最近のソシャゲはストーリーをアップデートで少しずつ追加していく形式が増えていますが、ストーリー重視のゲームでストーリーを進められなくなってしまうと、モチベーションが下がります。
ソシャゲはそれでなくても数日プレイしなかったら急に冷めてしまうので、この運営方法は継続率が重要なソシャゲで本当に正解なのか、私的には疑問です。
ただ、今はどちらも相応にストーリーが追加されているので、始めるには悪くないと思います。

他には 星のドラゴンクエスト が、上記の2つに匹敵するクオリティと話題性ですね。
BEST of 2015 には萌えゲーの バトルガールハイスクール と なないろランガールズ が選出されていましたが、これは高いアニメーション表現を評価したものだと思われます。
私的には なないろランガールズ が、育成ゲームとしてもしっかり作られていて好評価です。

萌えゲーでは音楽ゲームの アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)と ガールフレンド(♪)が話題で、特にデレステのクオリティの高さは今年のソシャゲの中でもトップクラス。
ガルフレは開幕からトラブル続発で、セガから笑いの神を引き継いだのかと思う勢いでしたが、なんとか安定してきた模様。 一度憑いた笑いの神はなかなか取れないとは思いますが。

他には、リアル野球シーンがありプロ野球情報も見られる プロ野球スピリッツA、スマホ用の新たなモンハンを作り出している モンスターハンター エクスプロア、世界観とゲーム性が良い 18(エイティーン)、完成度の高さに驚いた 妖怪ウォッチ ぷにぷに が私的に注目作でした。
巷ではポケモン公式の ポケとる スマホ版 が評価されている事が多いですが、今となっては妖怪ウォッチに負けてる印象がありますね。


【 インディーズゲーム 特別選出 】

特選ヒュプノノーツ
ヒュプノノーツ

次点DeckDeFantasy
DeckDeFantasy

次点再生! カラカラ惑星
再生!カラカラ惑星

2015 年は個人開発者や小メーカーのインディーズ作品に優れたものが多くありました。
私的に特選としたいのは、人生を「進む」と「戻る」だけの RPG で表現したノスタルジックなゲーム ヒュプノノーツ
大人向け、と言うか昭和世代向けの、心に刺さる作品です。

次点としたのはドミニオン型(デッキ構築型)のカードゲームと RPG を組み合わせた DeckDeFantasy
戦略性が高く、多様な攻略法が考えられるゲームで、やればやるほどハマるアプリです。
再生! カラカラ惑星 は砂漠を緑化していくシンプルな内容ですが、未開の土地を明らかにしていく探索の楽しさとテンポの良さがあり、始めるとやめられません。

世界的には Agar.io がブームになっていました。 多人数での補食合戦、単なる鬼ごっこに近いのですが、それを数十人規模で行えるオンラインゲームで、手軽に参加できるためいつまでも遊んでしまいます。

ロボットが望遠鏡で地球を探す OPUS 地球計画、文明の利器を作り出して地球を進化させる よくわかる地球のそだてかた は、手軽に遊べる物語重視のゲームとしておすすめ。
また RPG の ひまつぶフロンティア一閃勇者 も良作ですね。

すでに他の部門で紹介した スバラシティ や ナイト・アンド・ドラゴン勇者ダンジョン異世界に生きる.Decluster Zero なども人気インディーズ作品と言えます。
他に実用系として、フリック入力練習ゲームの にゃんこフリック道場 もピックアップしたい作品です。


【 おバカ / ネタゲー / クソゲー部門 】

ネタゲー特選Evoland
Evoland

バカゲー特選I am Bread
I am Bread

まずは「ネタゲー」の秀作から。
Evoland はゲームの進化を辿る一風変わった作品で、色々なジャンルが混在しているのでネタゲーとしてここで扱いたいと思います。
ゲームボーイ風からファミコン風、スーファミ風、3D とゲームが変化していくユニークな作品。

I am Bread は食パンが素敵なトースターになるために部屋の中を冒険する奇想天外なバカゲー。
しかしゲームとしてしっかり作られており、難易度も相応に高いです。 その辺が余計におバカ。

以下、各作品を特別賞と共に紹介したいと思います。

続きが来ないで賞創世のエル -英雄の夢の終わりに-
本当なら 2015 年の春には後編が出るはずだったのですが、延期延期また延期。
そろそろ何として欲しい・・・ もう前編の内容忘れたよ・・・

軍隊は甘くないで賞自衛隊コレクション
フレンドリーなキャラクターとゲームで子供達に自衛隊を知って貰うためのアプリ。
かと思ったら、地獄の訓練でプレイヤーを選別する恐るべき極悪マゾゲーだった・・・

アプリが働かないで賞俺に働けって言われても 乙携
ニートが冒険者の活動を管理する SLG かと思ったら、アプリが落ちる、巻き戻る。
実際には働かないアプリにイライラするおかんポジションを味わうゲームだった・・・
現在はアップデートで改善されましたが。

下ネタ賞 おしり編おしり前マン ~OSIRIUS~
シューティング? いえ、歌がメインです。 さわやかな歌声でおしりを賛美するおしりソングを聞くアプリ。
「春うらら。 おしりが喜んでる。 全裸になってもいいですか? スプリーング!」

下ネタ賞 人外編Plug & Play
人類には早すぎる、何もかもシュールなアプリ。 もう全てが意味不明。
元のムービーは指がボタンでプラグ人間を操るというものだったようで、このアプリはその指さえもプレイヤーの指が操っているものに過ぎないという意味だったのではと考察してみるけど、でも下ネタ。

解ってないで賞オペレーションドラキュラ
日本の弾幕シューティングを海外のメーカーが作ってみた・・・ という触れ込みのゲーム。
しかしツッコミどころ満載で、海外では「これぞ DANMAKU だ」と大絶賛だが、日本人が見るとネタゲーにしか見えないカルチャーギャップアプリ。

儲からなかったで賞とっとこダンジョン
700 万かけて制作し売上げが 14 万とか、悲しい話で話題になった曰く付きアプリ。
ゲームは普通に楽しめる。 ただ儲からないであろう事も理解できてしまう。

ガッカリゲー大賞Aralon: Forge and Flame
iPhone 初期のオープンワールド RPG の人気作 Aralon の続編。
世界中で期待されていたアプリですが「まるで成長していない」 むしろ退化と評判。
私的には相応に楽しめましたが・・・

クソゲー オブ ザ イヤープリンセスメーカー(iTunes 起動)
娘育成ゲームの名作を原作者の監修で復活させた、大きな期待が寄せられていたアプリ。
しかしフルボイスのオープニングだけ見せられて、そこから全く進まない。
運が良かった人はプレイ出来たらしいが、課金ゲー過ぎると批判が集中。
そのうち完全にサーバーが止まったようで、夜逃げしたのではないかと噂される。
最近 Andorid 版はサービスを再開したようですが、iOS 版の状況は変わらず、それでもアプリは公開され続けており、250 件以上の評価は平均で ★1.5 という驚異の低空飛行。
クソゲーというか、動かないんだからクソゲーにさえ満たない作品。


【 総合大賞 】

最後に、当サイトで決めた総合的な大賞と優秀アプリを発表したいと思います。

2015 iPhone AC ベストアプリRadiation Island
Radiation Island

2015 iPhone AC ベストアプリ次点ヒュプノノーツ
ヒュプノノーツ

2015 年のベストアプリは Radiation Island を選出いたします。
Apple が選んだ BEST of 2015 では「放射線の島」という名前が悪かったのか、完全にスルーされてしまったアプリですが、世界的に高く評価されている無人島サバイバルゲームで、今年度の「ゲームとしてのベストアプリ」はやはりコレでしょう。
このクオリティのゲームをスマホやタブレットで安価に楽しめ、課金や広告もないのは素晴らしいと言うほかありません。

次点は個人的に、ヒュプノノーツ を選びたいと思います。
とても心に残るゲームで、シンプルながら一筋縄では行かない難易度、郷愁を感じる一方で笑える内容。
何より他にない設定のゲームであり、数あるスマホアプリの中でも際立っています。

他には ナイト・アンド・ドラゴンHeroes and Castles 2 が今年のベストゲーム候補でしょうか。

----------

以上、2015 年の iPhone AC 的ベストゲームアプリでした。

あくまで私の独断の選出なので、「コレがない!」「コレの方が好きなのに!」というのはあると思います。
そういったご意見はコメントの方でフォローして頂ければと思います。

2016 年もまた、楽しめるゲームアプリが数多く登場することを期待しましょう。

過去のベストアプリ、及び Apple / Google の選出は以下のページをご覧下さい。

Apple & Google、2015 年のベストアプリ発表
世界の BEST of 2015
・2014 年の iPhone AC 的ベストアプリ
Apple & Google、2014 年のベストアプリ発表
Apple、BEST of 2013 発表
・2012 年 iPhone ゲームアプリ 優秀作発表