あの Foursaken Media が送る「3D ガンシューティング+クッキークリッカー」。
カメ戦車に乗ったラット兵士たちが押し寄せるカエル軍団を撃退する、やり込み度十分のカジュアルシューティングが公開されています。
War Tortoise」です。

3D グラフィックのゲームですが、フィールドを走り回りながら敵と撃ち合う訳ではありません。
プレイヤーの位置は固定されていて、正面から突っ込んで来る敵を撃退するディフェンスゲーム型のガンシューティングです。

大きな特徴は、条件を満たすと攻撃力が底上げされた状態で最初からリスタート出来ることで、繰り返すとどんどん強くなっていきます。
昨今のクリッカー系に良くあるリセットのシステムですね。

Foursaken らしい豊富なパワーアップもあり、様々な味方兵士を雇用して、防御塔や補助武器を配備することも可能です。
同社の人気作である N.Y.ZombiesBlock FortressHeroes and Castles などの流れを汲む作品と言えるでしょうか。

アプリ本体は無料ですが、パワーアップやコンティニューに使う課金通貨があり、全画面広告や任意動画広告なども存在します。

War Tortoise

War Tortoise

プレイヤーはカメ戦車に乗ったラットのガンナー。
戦車と言っても前述したように動くことは出来ないので、実質「砲台」です。
前方からカエル兵士たちがやって来るので、それを機銃で蜂の巣にしていきます。

画面をドラッグすることで照準を移動、ショットは敵に照準を合わせれば自動で行われます。
リロードも自動で、弾数やオーバーヒートはなく、無制限にバリバリ撃ちまくれます。

敵を倒すと資金を得られ、いつでもパワーアップを購入できます。
パワーアップは WAR TORTOISE(カメ戦車)と SUPPORT UNITS(サポートユニット)の2種類に分れており、カメ戦車の強化は耐久力アップや武装の追加&強化、補助武器の装備など。
サポートユニットではネズミの兵士を雇用したり、防御塔や採掘塔の強化を行えます。

味方兵士は自動で敵に斬り込んでいき、フィールドで戦ってくれます。
敵の攻撃を引き付ける盾にもなるので結構重要。 やられても一定時間で自動で補充されます。
射撃兵や飛行兵なども登場し、防御塔も迫ってきた敵を迎撃してくれます。

もちろんゲームが進むと、敵にも様々な兵士が登場。
耐久力のあるイグアナ兵、空から攻撃する鳥、突っ込んでくる自爆蜘蛛、遠くから銃を撃ってくる敵ラット兵などなど・・・
ライバルはカエルだけではありません。

重要になるのは、追加武装のスナイパー(狙撃銃)とホイッツァー(大砲)の使い方。
どちらも非常に強力ですが、リロード時間が長く、不必要なところで撃って肝心な時にリロード中だとピンチに陥ります。
もちろん攻撃力や連射力の強化も大切。 敵の攻撃を完全にシャットアウトするのは困難なので、カメ戦車の耐久力も高めないと生き残れません。

War Tortoise
※スナイパーライフルで味方と戦闘中の敵を狙い中。 画面は自動的にズームになります。
素早く狙うため、敵に照準を合わせてからスナイパーボタンを押しましょう。
味方兵士も大切なので、しっかり強化してあげること。


War Tortoise
※マシンガンを撃つプレイヤーラットの勇士。 たまに手を振り上げるのが可愛いです。
奥に見えるのは採掘塔。 最初から設置されていて、タップで回収できる鉱石はこれが掘り出している設定。
強化すると鉱石の出現ペースが早まります。


1つのステージ(LEVEL)は 10 の WAVE で構成されています。
そして1つのエリアは5つの LEVEL で構成されていて、それを突破できれば次の戦地に向かうのですが・・・ 最初はその前にやられてしまうでしょう。

しかしカメ戦車が破壊されても、即ゲームオーバーではありません。
やられると復帰待ち時間が表示され、それが経過するとその LEVEL の最初から再スタートできます。
ペナルティは(待ち時間が必要なこと以外)ありません。

そしてこの時(もしくはゲーム中にいつでも)、一定の LEVEL を突破していれば「NEXT GENERATION」(次世代)を選択することも出来ます。
次世代に移行すると、与えるダメージと初期資金が増加して LEVEL 1 から再スタートになります。

最初からになりますが、戦闘力が大幅に上がるためゲームはかなりラクになります。
前回の記録を塗り替えることも容易で、ゲームの進行も早まるでしょう。
3世代目、4世代目と移行を繰り返すことで、さらに有利になっていきます。

また、LEVEL 5 や 10 などの節目のステージをクリアすると赤いチップを貰えます。
これは課金通貨ですが、使用することで「PERK」と呼ばれるスキルを習得できます。
特定の武装を強化したり、入手金を増やすなど様々な効果のものがあり、これを集めることも強化のポイントになります。
PERK は一定時間ごとにログイン(+動画広告閲覧)しても貰えるので、日々のプレイでも自然と集まっていきます。

強化して、先に進んで、厳しくなったら次世代に移行して再スタートする・・・
ガンシューティングですが、その展開はまさにクリッカー系ですね。

もう1つ、2周目からの特徴に「オート」があります。
オートボタンを押すか、画面をダブルタップすると、敵を自動で機銃攻撃してくれるようになります。
自分で狙う必要がなくなり、死角から来た敵に気付かないということもなくなります。
敵が弱いうちはほったらかしで進行することも出来ますね。

しかし敵が強くなってくると、オート任せには出来なくなります。
狙撃銃や大砲は自分で使わなければならないし、近い敵を優先するため、厄介な敵が後回しになる場合もあります。
またオート中は集弾性が下がり、弾がバラ付いてしまいます。

どのみちパワーアップは自分で行わないといけないし、たまに出て来る鉱石もタップで拾わなければなりません。
2周目からは、手動とオートの素早い使い分けもゲームのポイントになります。

War Tortoise
※空から撃たれてダメージを食らってるシーン。 地上の敵は味方がいれば止めてくれるので、空の敵を優先したいところ。
ただオートだと近くを優先してしまうので、手動で狙う必要があります。


War Tortoise
※パワーアップ画面。 注意として、装備に付いているアイコンはアイコンではなくボタンです。
それをタップすることで強化する項目を切り替えることが出来ます。
レベルアップしたら覚えるスキル、とかではないのでお間違えなく。
次世代に移れる条件は NEXT GENERATION のボタンで確認を。
その上に表示されている COMPLETE の表示は次世代の条件ではなく、ボーナスのチップを貰える条件です。


War Tortoise
※ゲームオーバー画面。 時間が経過すれば無条件でコンティニュー出来ますが・・・
当面は NEXT GENERATION できるなら、それを選んだ方が良いでしょう。
ただ、次世代移行時に上がる攻撃力は、先のステージに進んでいるほど多くなります。
待ち時間はゲームオーバーになった回数が多いほど長くなります。


特に難点と思える部分はありません。
Foursaken が作るとカジュアル・ガンシューティングもここまでやり応えがある、面白いものになるのかと思えます。
どっかのガンシューティングみたいに強化待ち時間とか、先に進むための強化条件とか、課金装備てんこ盛りとか、そんな面倒な仕様はありません。

強いて言えば、課金ゲーを嫌う発言をしていた Foursaken が課金ゲーに流れてしまったことが気になりますが、今作はカジュアルシューティング+クリッカー系なので、本体無料のビジネスモデルの方が合っているのは確かですね。
同社のゲームの多くはヘビーユーザー向けで、Block FortressHeroes and Castles などはプレイヤーが偏っていたでしょうから、それらのゲーム性を踏襲しつつ、もっと幅広い層に遊んで貰えるものを作りたかったのかもしれません。

ともあれ今作は、ゲーマーからライトユーザーまで楽しめる内容になっています。
メッセージが英語なところだけ敷居が高いですが、ゲーム自体は難しくありません。
私的にイチオシできるアプリですね。

War Tortoise(iPhone 版、iTunes 起動)

※Youtube 公式 PV