剣やハートのパネルを合体させて攻撃力やライフを高めつつ、ダメージを受けるドラゴンのパネルは合体させないようにする、「2048」の亜種と言えるパズル RPG が公開されています。
ダンジョンタイルズ - Dungeon Tiles -」です。

2014 年、同じ数字のパネルを合体させていくパズルゲーム「Threes!」が公開され大ヒットしました。
Threes! はスライドした方向に、画面上の全てのパネルが1マスずつ動くのが特徴でした。
それから間もなく、それを模倣し、かつ全てのパネルが画面端まで滑っていくようにアレンジされた「2048」が公開され、Threes! に勝るとも劣らないヒットになります。
このゲームは、その 2048 を RPG 仕立てにしたものですね。

2048 は Threes! と比べると難易度が低く、遊びやすかったのがヒットの要因と言われています。
このゲームは 2048 のスタイルなので、難しいゲームが多いパズル RPG の中では、易しめで遊びやすいのが特徴です。
ただ、慣れると延々と続いてしまうのが良し悪しですが・・・

アプリ本体は無料。 ゲーム終了時に動画広告が出て来ますが、頻繁には出て来ません。
スタミナはなく、課金は広告を非表示にするもののみです。

ダンジョンタイルズ Dungeon Tiles
ゲームが始まると 4x4 のマスの中に、剣・ハート・金塊・ドラゴン の4種類のタイルが現れます。
画面を上下左右にスライドすると、配置されている全てのパネルがその方向に滑っていき、同じ色のパネルにぶつかると合体します。

各パネルには数字が書かれていて、最初は全て1。
剣1と剣1のパネルが合体すると剣2になり、そして上部に書かれている「ソード」の数値が2上がります。
ハート2とハート1のパネルが合体した場合はハート3が出来て、「ライフ」が3増えます。

そしてドラゴンのパネルが合体すると、ライフが減少します。
ドラゴン1とドラゴン2のパネルが合わさるとドラゴン3になり、画面上部の「ドラゴン」の数値も3に上昇、そしてライフが3減ります。
その後、さらにドラゴン3とドラゴン1のパネルが合わさると、ドラゴンの数値が4増えて合計7になり、ライフは7も減ってしまいます。

ただし剣のパネルを合体させると、ソードの分だけドラゴンの数値が減ります。
ドラゴンが7あっても、剣2と剣3を合わせて剣5にすれば、ドラゴンは 7-5 で2に減少。
その後でさらに剣5と剣1を合体させると 2-6 でドラゴンは0になり、ソードの数値は4に増えます。

剣パネルとドラゴンパネルを同時に消した場合、ドラゴンによるダメージ処理は最後に行われるので、ソードの数値が十分にあって計算によりドラゴンが0になる場合、ドラゴンのパネルを消していてもダメージは受けません。

ドラゴンの数値をソードで減らすと、その分だけ経験値が増えていき、レベルが上がります。
レベルが2になると各パネルの初期値も2になるので、ソードやライフの増加量が増えていきます。
ドラゴンのダメージも増えますが。

他に黄色の金塊パネルがあって、これは合体させた分だけゴールドが増えます。
ゴールドは一定量になるとドラゴンのパネルを消したり、ハートをその場で増やせる「買い物」に使用でき、そしてゲーム終了後も引き継ぎます。

ライフが0になるか、パネルが埋まって消せなくなるとゲームオーバーです。

ダンジョンタイルズ Dungeon Tiles
※ドラゴンパネルを出来るだけ重ねないようにしながら他のパネルを重ねていくゲームですが、そうは言っても合わさってしまうものは仕方がない。
ライフとドラゴンの数値に気を付けてプレイしましょう。
右はパネルが全部埋まりそうな状態。 動かせなくなるとゲームオーバーなので、こうなったらライフ云々より、とにかくパネルを開けるのが優先です。
右上の「次」の表示をよく見て、手詰まりにならない方向に動かしましょう。


そして重要なルールが、一度に3つ以上のパネルを合体させると獲得スコアが倍増し、そして消滅すること。
通常、パネルを合体させると数値が合わさって1つになる訳ですから、数値はどんどん増えていきます。
ドラゴンのパネルの数字もどんどん増加し、それは受けるダメージが際限なく増えていくことを意味します。

しかしドラゴンのパネルを3つ以上同時に合体させて消滅させれば、数値がクリアされ、ダメージの増加を防止できます。
ただ、剣やハートのパネルは消さずにどんどん数値を増やしていった方が有利。
よってドラゴンは3つ以上同時に消すのを狙い、剣やハートは3つ同時消しをしないようにする・・・
これが基本攻略であり、パズルの要点となりますね。

ゲームが進むと、斧や弓、双頭や4つ首のドラゴンが現れます。
斧は4方向、弓は8方向のドラゴンパネルの数値を減らし、逆に双頭の竜は4方向、4つ首は8方向のドラゴンパネルの数値を増加、もしくは剣やハートのパネルの数値を減らしてしまいます。
高いレベルになるほどボスドラゴンの出現率が増えるため、難易度は上がっていきます。

ダンジョンタイルズ Dungeon Tiles
※左画像のようにドラゴンパネルが3つ以上並べばチャンス! まとめて消滅させることが出来ます。 ただし消える前にダメージは受けるので注意。
右はボスドラゴンの効果で十字方向のハートパネルを減らされているところ。
赤ならハート、青なら剣、黒ならドラゴンに影響を及ぼします。


ただ、難点は・・・ 慣れると長時間続いてしまい、終わらなくなること。
うまく重ねていけば剣やハートパネルの数値が 1000 を超え、ソードやライフが一万、十万を突破したりします。
この状態でドラゴンパネルをうまく消滅させれば、ソードやライフの増加量がドラゴンの攻撃力をはるかに超えるため、もはや手詰まり以外では死にません。
双頭や四つ首ドラゴンの効果も、十分に増えたソードやライフの前では脅威となりません。

もうちょっと、レベルに応じた数値の上限を設けるとか、特殊ボスがパネルの数値を半減させるとか、Dungeon Raid のような特殊効果のあるボスが出て来るとか、そういうのがないとダレて来ますね。
Threes! や スバラシティ のようなパズルとしての「シビアさ」も乏しいので、よほどヘタをしない限り手詰まりも起こりません。

やっていて、もっと色々やりようがあったようにも感じます。
それとも、一応 RPG 仕立てなので、際限なくパネルを育成していけるよう、ワザとこうしているのでしょうか?

ダンジョンタイルズ Dungeon Tiles
※左画像は買い物画面。 ライフ2倍とか、パネル消去とかありますが・・・ もっとアイテム的なものが欲しかったかも。
右は2人対戦モード。 自分と相手側のパネルを同時に動かせ、自分側を有利にしながら、同時に相手の邪魔をします。


私的にはゲームバランスにもう少し調整が欲しい印象ですが、手軽に楽しめるパズルゲームです。
見た目もオシャレだし、システムが 2048 に近いので、なじみのある人も多いでしょう。
忙しい操作も必要なく、いつでもじっくり遊べるゲームです。

なにより無料なので、気になった方は、とりあえず試してみるのが良いと思います。

ダンジョンタイルズ - Dungeon Tiles -(iTunes が起動します)