ダンジョンの主となり、大量に、本当にすごく大量にやって来る人間達をトラップで撃退しまくる、ちょっと懐かしい雰囲気のタワーディフェンスが登場しています。
ダンジョン・ウォーフェア」(Dungeon Warfare)です。

タワーディフェンス(TD)と言えば大量の敵を倒しまくる「無双感」も面白さですが、このゲームは敵の数がハンパじゃないので、特にそれが強いです。
加えてルート固定型ではなく、敵の移動経路がこちらのトラップの置き方により変化する自由配置型で、戦略性も高い作り。
トラップも一風変わったものが多く、見た目は古い感じですが、タワーディフェンスとしての完成度は高いです。

価格は 480 円。 買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等は一切ありません。
開発したのは韓国の個人開発者の方のようですが、メッセージは日本語化されています。

ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare

ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
入口から大量の冒険者がやって来て、ダンジョンの深部にある「次元門」を目指します。
プレイヤーはダンジョン内に様々なトラップ(タワー)を配置して、次元門に到達されないよう冒険者を撃退します。

トラップは基本的に、敵が来たら自動で稼働します。
よって配置後は特に操作しなくても敵を攻撃してくれます。

このゲームのトラップは壁に配置するものと、床に配置するもの、障害物となるものに分かれていて、壁配置型は矢を撃つ「ダートトラップ」や、槍を打ち込む「ボルト・トラップ」などがあり、向いている方向に発射されます。
床配置型には針が出て来る「スパイク・トラップ」などがあり、真上にいる敵にダメージ。
敵の速度を遅らせる「スライム罠」といったものも存在します。

そして重要なのは、障害物となる「バリケード」。
敵は通常、最短距離でゴールに向かいますが、そのルートをバリケードで塞ぐと別の道を通るようになります。
バリケードを各所に置くことで相手のルートをコントロールすることが可能で、これが攻略の大きなポイントになります。

ゴールまでの道を完全に塞ぐことは禁止されていますが、進行中の道を塞いでバックさせたり、ゴールへのルートを細かく変えて敵を行ったり来たりさせる「ジャグリング」も可能。
さらにバリケードを敵の上に出して押し潰すこともでき、かなり自由度の高い作りですね。

ただ、バリケードは設置価格に対して売却額が少ないため、置いて売ってを繰り返していると資金がムダになります。
ジャグリングは緊急時には便利ですが、多用は出来ません。

敵のルートが変わるとラインが引かれて、経路を視認することができます。
入口をタップしても確認可能で、マップはピンチ操作でズームイン / ズームアウトが可能。
2倍速にする事もでき
、操作やインターフェイスで不足している点はありません。

ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
※トラップ一覧画面。 特定のステージをクリアすることで増えていきます。
「消費トラップ」は罠や地雷などの使い捨てトラップで、使い捨てと言っても一定時間ごとに何度でも使用可能。
使うトラップをセットする枠は、プレイヤーレベルが上がれば増えていきます。


ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
※ステージマップ。 結構ステージ数は多く、やり応えがあります。
袋小路のステージに新トラップがあったりするので、一通りクリアしていくことになるはず。


ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
※このおかしいぐらいの敵の量! 冒険者というか、もう大軍団。
そしてこれを何とか出来てしまうゲーム性が魅力。


このゲームの最大の特徴は、ユニークなトラップにあります。
このゲームには敵を押すとか、跳ね飛ばすとか、ワイヤーで引っ張るとか、直接ダメージを与えるのではない特殊なトラップが多くあります。

そしてマップ上にある穴や溶岩にトラップで敵を落とすことで、強敵でも一撃で葬ることができます。
このゲームはものすごく大量の敵が出て来るため、1体ずつ倒していたのでは間に合いません。
しかし押し出しトラップで穴にダーッと落とすことで、まとめて撃退することができます。
これが結構爽快で、このゲーム特有の面白さになっています。

ゲームが進むと敵を足止めできる回転ノコギリや、敵の前に立ち塞がるデーモンを召還する装置も登場、これらで敵の移動を阻み、バネのトラップでまとめて溶岩に吹っ飛ばすといった、色々な戦法を考えられるようになります。
ダンジョン固有のしかけもあり、例えば鉱山ステージなら線路上をトロッコが走り回っていて、敵の移動ルートを線路にうまく誘導すれば、トロッコに激突させることができます。

ステージクリア時には経験値と「ジェム」を得られ、これを使ってトラップを強化することも可能。
プレイヤーのレベルが上がれば初期資金も増えていきます。
よって難しいステージでも、レベルを上げれば何とかなるはず。

「ライフを1にする」「敵の体力 +20%」などハンデを設定することで経験値(スコア)の倍率を上げることもでき、エンドレスモードなどのやり込み要素もあります。

ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
※敵をドーンと押して池ポチャさせているところ。 どんなに耐久力があっても落ちれば即死。
基本としては、即死トラップで数を減らし、残った敵をダメージ攻撃で倒す形でしょうか。


ダンジョン・ウォーフェア Dungeon Warfare
※線路を渡っている敵がトロッコに跳ね飛ばされて続々落下中。
敵の経路をうまく操り、地形を利用するのも重要な作戦。
どのステージも多様な戦略を考えられる作りになっています。


私的には iPhone 初期のタワーディフェンスを思い出し、ちょっと懐かしい気がしました。
昔はこんな感じの、見た目はややチープながら、アイデアに富んだ楽しめる TD が結構ありました。
これはそんな雰囲気を備えつつ、インターフェイスや敵の数などは最近のゲームに相応しいものになっています。

敵がバラバラになったりする残酷な表現があるため、子供には勧められませんが、ドットキャラなのでそんなにスプラッタという訳ではありません。

ともあれ、これをやって改めて思いました。
やっぱりタワーディフェンスは面白いですね!

ダンジョン・ウォーフェア(iPhone 版、iTunes 起動)

ダンジョン・ウォーフェア(Android 版、Google Play へ移動)
Dungeon Warfare(PC 版、Steam へ移動)

※Youtube 公式 PV