iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

クリッカー系

Nonstop Knight

今年に入り、クリッカー系のスタイルのゲームが増えつつあります。
攻撃力や資金がどんどん増えていく「インフレ」と、特典と引き替えにゲームを最初からやり直す「リセット」のシステムは、ガンシューティング+クリッカーの War Tortoise、RTS+クリッカーの オジナユタ、RPG+クリッカーの Soda Dungeon など、様々なゲームと合わさっています。 

そして先日、ディアブロ型のハック&スラッシュとクリッカーが融合した、自動進行の RPG が公開されました。
Nonstop Knight」です。

見た目は 3D グラフィックのアクション RPG のようですが、移動も攻撃も全てオートで、プレイヤーが行うのはスキルの使用と装備の強化のみ。
ほぼ眺めているだけで進む内容ですが、グラフィックや演出はそんなシンプルなゲームとは思えないほどのクオリティで、「最上位のオート進行ゲーム」と言えますね。

そのお手軽さと見栄えの良さで、世界的なスマッシュヒット作となっています。
ただ、ゲーマー的な視点では、色々と物足りません・・・ 詳しくは後述します。

アプリ本体は無料、課金はありますが必須ではなく、無課金で問題なく遊べます。
強制広告やスタミナもありません。
開発したのはドイツのメーカーです。

Nonstop Knight

スタートすると勝手に主人公がダンジョンを走り回り、武器をブンブン振り回して並みいる敵を倒していきます。
一定数倒せば自動で次の階層に移動し、コインも自動で貯まっていきます。
本当にフルオートで、何もやらなくても進んでいきます。

ただ、画面下には3つのスキルボタンがあり、これで分身を出したり、回転攻撃やジャンプ攻撃などを発動させられます。
スキルは一度使うとしばらく再使用できませんが、待機時間は8秒~15秒で、MP などを消費する訳ではないので繰り返し使うことが可能。
プレイヤーはこのスキルで戦いをサポートします。

ザコ戦でやられることはまずありませんが、3階ごとにボスが登場。
このボスは相応に手強く、装備が弱いとやられてしまいます。

ただ、貯めたコインで装備をどんどん強化できます。
装備には武器・鎧・マントの3種類があり、それぞれ攻撃力・防御力・スキル威力に影響。
また、ボスを倒すと宝箱をを入手でき、「敵を倒すと攻撃速度アップ」「攻撃を受けると防御力アップ」などの効果が付いた装備をランダムで入手できます。

派手なスキルを連発し、ランダム装備をゲットしながら、どんどん強化して先に進む・・・
この辺はオート進行でありながら、しっかりハック&スラッシュしていると言えますね。

Nonstop Knight
※オート進行のゲームですが、スキルは頻繁に使えるので、ずっと見ているだけという訳でもありません。
ボスは登場する前に(日本語で)名前が表示されます。 結構ユニークな名前も多め。
たまに特殊アイテムを落とす「エリートボス」も登場します。


ただ、ある程度進むと戦力不足になり、多少の強化ではボスの打倒は困難になります。
しかしここで登場するのが「リセット」。

このゲームでは「転生」と呼ばれていて、実行すると1階から再スタートになる代わりに、トークンと呼ばれる通貨を得ることができます。
このトークンを使って攻撃力や防御力、コイン獲得量の倍率を増やすパワーアップを購入でき、これにより転生するほど戦いは有利になっていきます。

また、転生時に「凶暴化の薬」を得られ、これを使うと攻撃力と速度が超アップ!
敵を瞬殺しまくりながら、しばらくの間ハイスピードでゲームを進行させることができます。

なお、主人公はレベルが上がると新しいスキルを習得しますが、このレベルは転生しても維持されます。
よってスキルはゲームの継続でどんどん増えていきます。
ただし装備は転生すると失われてしまいます。

Nonstop Knight
※左は転生トークンで買い物ができるショップ。 何を買うか自分で決められるので、転生で得られる効果はランダムではありません。
右は凶暴化の薬でバーサーク中。 敵を気持ちよく殲滅していけます。


誰でも手軽に楽しめる、高いレベルでまとまったゲームという印象ですね。
ただ、ゲーマー的には・・・ 割と早くに単調さを感じてしまいます。

このゲーム、自動で進むバトルを眺めて、たまに強化して、ボスを倒せなくなったら転生する。
それしかありません。

ゲーム展開の変化が乏しく、敵やステージの見た目が変わるのみ。
ランダム生成の装備はありますが、転生後は引き継げないので、ある意味使い捨て。
転生時のパワーアップにも特殊なものはなく、ほぼ攻撃や防御などの基本ステータスを伸ばすのみ。
またクリッカー系としてはインフレ感に乏しく、どんどん桁が増えていくダメージを見て楽しむ、みたいなものもありません。

凶暴化の薬も、超高速で敵を倒せるようになりますが、どのみち見ているだけだし、効果時間はそんなに長くありません。

このゲームに限らず、最近のクリッカー系を見ていて思うのは、Tap Titans がいかにゲームバランス的に優れていたかと言うこと。
Tap Titans は仲間を増やすことで強くなりますが、途中で仲間を増やすのが辛くなります。
しかしそれを突破すると、しばらくの間はメチャメチャ強くなり、敵を一撃で葬り続けます。

ゲームバランスに激しい起伏があるのは普通は良くありませんが、クリッカー系は単調なゲームであるため、こうした起伏も必要なのだと思います。
ただ、このゲームにはそうしたものがなく、どうにも平坦・・・
せめて装備を転生後も継承できれば、ハクスラとしての楽しみが増えるのですが・・・

ただ、これはあくまで「ゲーマー視点」での話。
おそらくこのゲームは「ライトユーザーがアクションゲームっぽい RPG を手軽に楽しめるアプリ」として作られているのだと思います。
ここまで作っているのですから、他に仕様を加えようと思えばいくらでも加えられるはずで、だから複雑な要素はあえて廃しているのでしょうね。

実際、これでヒットしているのですから、そういう需要も多いということなのだと思います。
まあ、iTunes レビューなどの評価は初見で書かれがちだし、少なくとも2~3回転生するまで単調さは感じないので、それで評価が高いというのもあると思いますが。

Nonstop Knight
※オフライン中でもコインを稼いでくれるので、行き詰まったら一旦やめるのも手。
右はアイテムの効果画面。 注意として、マントの「敵を倒した後」というのは誤訳で、実際には「スキルを使った後」です。
スキルを連続で使えばその分だけ効果が発生するので、ダブル使用できるスキルを使えば効果を多く重ねられます。


眺めているだけでノンビリ楽しめ、長期的かつ手軽な育成を行える・・・
そんなゲームを望んでいる人には良いと思います。

ただ、ゲーマーだと私と同じく、早い段階で飽きると思います。
そういう路線のゲームではないと思いつつも、「ここまでやっているのなら、もっとゲーム性が高くても・・・」と思ってしまうのも本音。
強力なドロップ装備を集め、多彩なスキルを駆使してボスを攻略する、そんな本格ハクスラではありませんので、その点はお間違えなく。

しかし変わり種のクリッカーとして一見の価値のあるアプリで、少なくとも初見のインパクトはかなりのものです。
ある意味、カジュアルゲームが行き着いた形かもしれませんね。

Nonstop Knight(iPhone 版、iTunes 起動)

Nonstop Knight(Android 版、Google Play へ移動)

※Youtube 公式 PV

【特集】人気クリッカー系アプリ アップデート情報

2016 年の前半にもっとも熱かったスマホゲーム・・・
それは「クリッカー系」のゲームでしょう。

何度もマウスをクリックして、ただひたすらクッキーを増やし続けるゲーム「クッキークリッカー」。
最初は1枚ずつ増えていたクッキーが、パワーアップの効果で 100 枚、100 万枚、100 億枚とどんどんインフレしていく様子に、多くのユーザーが虜になりました。
その大ヒット後、RPG 風のものや、開発ゲーム風のものなど、様々な派生作が登場します。

そして多くのゲームが登場する中で、延々と増やし続けるのではなく、成果に応じた特典と引き替えにゲームを1からやり直す「リセット」のシステムが導入されるようになります。
これによりクリッカー系は一方通行ではなく、リセットによる周回プレイにより、更に長く楽しめるものに改良されていきます。

そして今、「インフレ+リセット」のクリッカー系のシステムは、様々なゲームと融合しています。
正当進化形と言える RPG クリッカーの代表格「Tap Titans」、ガンシューティング+クリッカー系の「War Tortoise」、RTS+クリッカー系の「オジナユタ」、ハクスラ+クリッカー系の「Soda Dungeon」など・・・

先日より、これらの人気クリッカー系ゲームが一斉に大型アップデートを実施しているので、今回はその内容をお伝えしたいと思います。

----------

Tap Titans

人類を腱鞘炎にいざなう RPG 風クリッカーの世界的大定番
今でも人気の衰えないこの作品に、新主人公が登場する新たな舞台が用意されました。
スペルマスターの旅」です。

Tap Titans update

新たな主人公は女魔術師で、アーティファクトや武器などが一切ない状態から、再びスタートします。
一度アンロックすれば従来のモードと自由に切り替え可能。
前のモードのデータはそのまま保持されています。

設定としては「古代の戦い」ですが、ヒーロー(仲間)は全く同じ。(色だけ違う)
敵も変化ありませんが、背景は一新されていて、童話のような城や、氷の宮殿、忍者屋敷などが現れます。
主人公の必殺技は新しくなっており、多段攻撃や宝箱を呼び出すものが追加されています。
仲間の攻撃演出も強化されました。(アーティファクトも違う模様)

ほぼ見た目の変化であり、ゲームはあまり変わっていませんが、前の状態を残したまま、また1から Tap Titans を楽しめるのはファンには嬉しいところでしょう。

ただし、このモードをアンロックするにはヒーローのレベルが 2000 必要です。
達成の目安はステージ 580~600 辺り。 タイミングとしては「魔獣の調教師チェスター」を仲間にした後の頃。
そこまでゲームを進めないといけないので、中級者になってからですね。

Tap Titans レビュー
Tap Titans(iPhone 版、iTunes 起動)
Tap Titans(Android 版、Google Play へ移動)


War Tortoise

先日発売されたばかりですが、早くも大ヒットとなっているクリッカー系ガンシューティング
アップデートで新戦力「ヒーロー」が追加されました。

war tortoise update

ヒーローには接近戦型の老戦士、重武装ガンナー、ウサギ衛生兵、カエル重歩兵などがいて、フィールドに出撃して戦ってくれます。
それぞれアクティブスキルも持っていて、一定時間ごとに発動可能。
味方を強化したり、お金が増える鉱石がまとめて出るなどの効果が現れます。

アンロックするにはメダル(課金通貨)が必要で、出撃できる人数もメダルで増やさなければなりませんが、一度アンロックしてしまえば雇用に資金は不要です。
レベルがあり、戦っているうちに強くなるので、強化費用もかかりません。
日々のプレイでメダルを貯められるゲームなので、無課金でもいずれ一通り入手することは出来ます。

他にも鉱石の自動回収、攻撃力を上げる PERK(スキル)の効果上昇、射程や爆発の範囲修正、一撃死しにくいようにバランスを調整、ヤバい敵に赤い!マークが付くなどの修正が行われています。
ますます長く楽しめるゲームになりそうですね。

War Tortoise レビュー
War Tortoise(iPhone 版、iTunes 起動)


オジナユタ

ユニットを編成・強化し、固定画面シューティングのステージを攻略していく、クリッカー系の自動進行 RTS
アップデートでユニットに付属できる「サポート機」が多数追加され、さらに転生(周回)することでチームの最大コストが増えるようになりました。

オジナユタ アップデート

ユニットの前方に配置されるサポート機が加わっていて、敵弾を防ぐ盾になり、突進型のユニットなら攻撃の補助にもなります。
また転生ごとに最大コストが 0.1 アップするので、周回を繰り返すことのメリットが増しています。
今までは出来るだけ粘って転生した方が良かったのですが、これなら小まめな転生をした方が有利かも?

ゲームバランスの修正も行われていて、特にデバフ(弱体系)に調整が入っています。
なお、無料版も公開されており、編成コストが通常版より少なくなっていますが、どんなゲームなのか手軽に試せるようになりました。

オジナユタ レビュー
オジナユタ(iTunes 起動、通常版)
オジナユタ Lite(iTunes 起動、無料版)


Soda Dungeon

ハクスラ系の RPG にクリッカー系の要素を加えた、手軽ながら一度やると延々とハマってしまうゲーム。
新たに4つの職業が追加されています。
ただ、上級者用の職業という位置付けで、無課金でアンロックするには最終ディメンジョンで「キャップ」というアイテムを集めなければなりません。
課金すればすぐに使用することができますが・・・

Soda Dungeon Update

新職業のうち、グラディエーターは酒場の客ですが、残りの3人はなんと以前からいた従業員。
酒場の主人ショップの店員、ワープの魔法を使ってくれていた魔法使いです。
これらはカウンターにいる彼らを直接タップして雇用します。

ただし前述したように、雇用には専用アイテムを集めるか、課金する必要があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

Gladiator(剣闘士):120 円かキャップ 25 個
パッシブ:仲間の攻撃がバックアタックとして扱われる場合がある?
パッシブ:非常に高い初期攻撃力を持つが、徐々に減っていく
パッシブ:チームメイトがやられると攻撃力アップ

ShopKeeper(ショップ店員):240 円かキャップ 50 個
パッシブ:ステータス異常を受けない
Focus:6MP:次の攻撃を 2.2 倍にする。蓄積可能。
Stack:5MP:ゴミ?を投げてランダムダメージ

Wizard(魔術師):240 円かキャップ 50 個
パッシブ:ワープイベントの移動距離が2倍になる
パッシブ:魔法の威力 +90 %
Eviscerate:10MP:敵全員に大ダメージ
Debilitate:5MP:敵全員の攻撃力を減少

Owner(酒場の主人):360 円かキャップ 100 個
パッシブ:3回までやられた味方を復活させる
Closing Time:6MP:敵全体にダメージ
Torpor Tonic:5MP:酒を投げて攻撃+相手を眠らせる

他に、高レベルで発生するバグの修正やバランス調整などが行われています。

Soda Dungeon レビュー
Soda Dungeon(iPhone 版、iTunes 起動)
Soda Dungeon(Android 版、Google Play へ移動)

War Tortoise

ios iphone ipadandroid

あの Foursaken Media が送る「3D ガンシューティング+クッキークリッカー」。
カメ戦車に乗ったラット兵士たちが押し寄せるカエル軍団を撃退する、やり込み度十分のカジュアルシューティングが公開されています。
War Tortoise」です。

3D グラフィックのゲームですが、フィールドを走り回りながら敵と撃ち合う訳ではありません。
プレイヤーの位置は固定されていて、正面から突っ込んで来る敵を撃退するディフェンスゲーム型のガンシューティングです。

大きな特徴は、条件を満たすと攻撃力が底上げされた状態で最初からリスタート出来ることで、繰り返すとどんどん強くなっていきます。
昨今のクリッカー系に良くあるリセットのシステムですね。

Foursaken らしい豊富なパワーアップもあり、様々な味方兵士を雇用して、防御塔や補助武器を配備することも可能です。
同社の人気作である N.Y.ZombiesBlock FortressHeroes and Castles などの流れを汲む作品と言えるでしょうか。

アプリ本体は無料ですが、パワーアップやコンティニューに使う課金通貨があり、全画面広告や任意動画広告なども存在します。

War Tortoise

War Tortoise

プレイヤーはカメ戦車に乗ったラットのガンナー。
戦車と言っても前述したように動くことは出来ないので、実質「砲台」です。
前方からカエル兵士たちがやって来るので、それを機銃で蜂の巣にしていきます。

画面をドラッグすることで照準を移動、ショットは敵に照準を合わせれば自動で行われます。
リロードも自動で、弾数やオーバーヒートはなく、無制限にバリバリ撃ちまくれます。

敵を倒すと資金を得られ、いつでもパワーアップを購入できます。
パワーアップは WAR TORTOISE(カメ戦車)と SUPPORT UNITS(サポートユニット)の2種類に分れており、カメ戦車の強化は耐久力アップや武装の追加&強化、補助武器の装備など。
サポートユニットではネズミの兵士を雇用したり、防御塔や採掘塔の強化を行えます。

味方兵士は自動で敵に斬り込んでいき、フィールドで戦ってくれます。
敵の攻撃を引き付ける盾にもなるので結構重要。 やられても一定時間で自動で補充されます。
射撃兵や飛行兵なども登場し、防御塔も迫ってきた敵を迎撃してくれます。

もちろんゲームが進むと、敵にも様々な兵士が登場。
耐久力のあるイグアナ兵、空から攻撃する鳥、突っ込んでくる自爆蜘蛛、遠くから銃を撃ってくる敵ラット兵などなど・・・
ライバルはカエルだけではありません。

重要になるのは、追加武装のスナイパー(狙撃銃)とホイッツァー(大砲)の使い方。
どちらも非常に強力ですが、リロード時間が長く、不必要なところで撃って肝心な時にリロード中だとピンチに陥ります。
もちろん攻撃力や連射力の強化も大切。 敵の攻撃を完全にシャットアウトするのは困難なので、カメ戦車の耐久力も高めないと生き残れません。

War Tortoise
※スナイパーライフルで味方と戦闘中の敵を狙い中。 画面は自動的にズームになります。
素早く狙うため、敵に照準を合わせてからスナイパーボタンを押しましょう。
味方兵士も大切なので、しっかり強化してあげること。


War Tortoise
※マシンガンを撃つプレイヤーラットの勇士。 たまに手を振り上げるのが可愛いです。
奥に見えるのは採掘塔。 最初から設置されていて、タップで回収できる鉱石はこれが掘り出している設定。
強化すると鉱石の出現ペースが早まります。


1つのステージ(LEVEL)は 10 の WAVE で構成されています。
そして1つのエリアは5つの LEVEL で構成されていて、それを突破できれば次の戦地に向かうのですが・・・ 最初はその前にやられてしまうでしょう。

しかしカメ戦車が破壊されても、即ゲームオーバーではありません。
やられると復帰待ち時間が表示され、それが経過するとその LEVEL の最初から再スタートできます。
ペナルティは(待ち時間が必要なこと以外)ありません。

そしてこの時(もしくはゲーム中にいつでも)、一定の LEVEL を突破していれば「NEXT GENERATION」(次世代)を選択することも出来ます。
次世代に移行すると、与えるダメージと初期資金が増加して LEVEL 1 から再スタートになります。

最初からになりますが、戦闘力が大幅に上がるためゲームはかなりラクになります。
前回の記録を塗り替えることも容易で、ゲームの進行も早まるでしょう。
3世代目、4世代目と移行を繰り返すことで、さらに有利になっていきます。

また、LEVEL 5 や 10 などの節目のステージをクリアすると赤いチップを貰えます。
これは課金通貨ですが、使用することで「PERK」と呼ばれるスキルを習得できます。
特定の武装を強化したり、入手金を増やすなど様々な効果のものがあり、これを集めることも強化のポイントになります。
PERK は一定時間ごとにログイン(+動画広告閲覧)しても貰えるので、日々のプレイでも自然と集まっていきます。

強化して、先に進んで、厳しくなったら次世代に移行して再スタートする・・・
ガンシューティングですが、その展開はまさにクリッカー系ですね。

もう1つ、2周目からの特徴に「オート」があります。
オートボタンを押すか、画面をダブルタップすると、敵を自動で機銃攻撃してくれるようになります。
自分で狙う必要がなくなり、死角から来た敵に気付かないということもなくなります。
敵が弱いうちはほったらかしで進行することも出来ますね。

しかし敵が強くなってくると、オート任せには出来なくなります。
狙撃銃や大砲は自分で使わなければならないし、近い敵を優先するため、厄介な敵が後回しになる場合もあります。
またオート中は集弾性が下がり、弾がバラ付いてしまいます。

どのみちパワーアップは自分で行わないといけないし、たまに出て来る鉱石もタップで拾わなければなりません。
2周目からは、手動とオートの素早い使い分けもゲームのポイントになります。

War Tortoise
※空から撃たれてダメージを食らってるシーン。 地上の敵は味方がいれば止めてくれるので、空の敵を優先したいところ。
ただオートだと近くを優先してしまうので、手動で狙う必要があります。


War Tortoise
※パワーアップ画面。 注意として、装備に付いているアイコンはアイコンではなくボタンです。
それをタップすることで強化する項目を切り替えることが出来ます。
レベルアップしたら覚えるスキル、とかではないのでお間違えなく。
次世代に移れる条件は NEXT GENERATION のボタンで確認を。
その上に表示されている COMPLETE の表示は次世代の条件ではなく、ボーナスのチップを貰える条件です。


War Tortoise
※ゲームオーバー画面。 時間が経過すれば無条件でコンティニュー出来ますが・・・
当面は NEXT GENERATION できるなら、それを選んだ方が良いでしょう。
ただ、次世代移行時に上がる攻撃力は、先のステージに進んでいるほど多くなります。
待ち時間はゲームオーバーになった回数が多いほど長くなります。


特に難点と思える部分はありません。
Foursaken が作るとカジュアル・ガンシューティングもここまでやり応えがある、面白いものになるのかと思えます。
どっかのガンシューティングみたいに強化待ち時間とか、先に進むための強化条件とか、課金装備てんこ盛りとか、そんな面倒な仕様はありません。

強いて言えば、課金ゲーを嫌う発言をしていた Foursaken が課金ゲーに流れてしまったことが気になりますが、今作はカジュアルシューティング+クリッカー系なので、本体無料のビジネスモデルの方が合っているのは確かですね。
同社のゲームの多くはヘビーユーザー向けで、Block FortressHeroes and Castles などはプレイヤーが偏っていたでしょうから、それらのゲーム性を踏襲しつつ、もっと幅広い層に遊んで貰えるものを作りたかったのかもしれません。

ともあれ今作は、ゲーマーからライトユーザーまで楽しめる内容になっています。
メッセージが英語なところだけ敷居が高いですが、ゲーム自体は難しくありません。
私的にイチオシできるアプリですね。

War Tortoise(iPhone 版、iTunes 起動)

※Youtube 公式 PV

オジナユタ

クッキークリッカー系+オートシューティングバトル。
どんどん湧き出るエネルギーチップを回収してユニットを編成し、自動で行われるシューティングバトルを勝ち進んでいく、変わり種のクリッカー系アプリが公開されています
オジナユタ」です。

見た目はシンプルですが、クリッカーのようなインフレ感と、どの機体をどういう風にパワーアップさせていくかの戦略性がある、思わずやり続けてしまうアプリですね。
開発したのは自動進行インベーダー「オジトロッコ」の作者さんで、強化の選択がゲームのポイントになる点は共通しています。

240 円の買い切りゲームで、課金や広告は一切ありません。
※無料版の「オジナユタ Lite」も公開されました。

オジナユタ

まずは湧き出てくるエネルギーチップを、画面をなぞって回収していきます。
チップは無限に現われ、枯渇することはありません。
「なぞって回収」がメインであり、連打はしないので、クリッカー系と言っても手は疲れません。

エネルギーがある程度貯まったらユニットを雇用可能に。
最初に使えるのは体当たりで攻撃する機体で、チーム編成ボタンを押し、配置を行えば戦闘開始。
後は自動でバトルが行われます。

戦闘は完全にオートで、指示を出すことは出来ません。 よって見ているだけで進行します。
敵を倒すと大きめのエネルギーチップを落とし、全滅させれば次のステージに進む矢印が現れます。
ただ強制的に次のステージに移る訳ではなく、矢印を押すまでは同じステージが延々と繰り返されます。

編成中、雇用中、強化中、どのウィンドウを開いている時でもバックでは戦闘が進行しており、止まることはありません。
半放置でもゲームは進行しますが、エネルギーチップは回収しなければなりませんし、エネルギーが貯まったら強化などを行う必要もありますね。

エネルギーが貯まれば誘導弾を撃つ機体や、散弾を放つ機体、強固な機体や爆弾をばらまく機体など、様々な種類のユニットが登場。 多様な編成を組めるようになります。
ただ、各機体にサイズ(コスト)があり、それが規定値を超える編成は組めません。
最大コストは増えないようなので、機体が多くなるとどれを使うかの取捨選択が必要になります。

各機体はエネルギーを消費してレベルアップさせられ、レベルが一定量を超えると「強化」によりスキルも習得できます。
強くなったのを明確に感じることができ、クリッカー系らしいインフレしたパワーアップを見せてくれます。

得られるスキルは機体ごとに決まっていて、色々なものを選択できる訳ではありませんが、ユニットにはメイン機体の他に「サポート機」があり、これを付加することで特定のステータスを強化したり、特殊効果を付加するといったカスタマイズが可能。

ただしサポート機もコストに含まれるので、メイン機体をたくさん入れて数で攻めるか、主力機にサポートを付けまくって少数精鋭で行くか、その辺もゲームのポイントになります。

オジナユタ
※チーム編成画面。 どれをどこに置くかが重要ですが、まずは機体を使ってみて、どんな性質を持っているか確認しないといけませんね。
主に攻撃役と防御役に分れていて、右の画像の散弾を撃っている機体は一見攻撃役に見えますが、実際には攻撃力は低く、敵弾を撃ち落とすための迎撃役です。
サポート機も重要で、特に攻撃回数や弾数が増えるものがポイント。


10 ステージごとにボスが登場し、ここが大きな「壁」になります。
突破できればインフレの桁が上がるのですが、手前のステージを楽勝で勝てるようになっても、編成次第では苦戦します。
ボスごとに攻撃方法も違うので、それに合わせた強化も時には必要でしょう。
ゲームが進むとザコとの戦いも苦戦する様になり、行き詰まるかもしれません・・・

しかしゲームが進むと「輪廻」が可能になります。
これは最近のクリッカー系でおなじみの「リセット」で、ゲームを最初からやり直す代わりに、ボーナスを得た状態で再スタートすることが出来ます。
このゲームの場合、ステージ 50 から紫色のチップを取得でき、その数に応じた分だけユニットの基本ステータスが底上げされます。

行き詰まっても輪廻を繰り返していればどんどん強くなっていくし、序盤ステージをラクにクリア出来るようになるのでゲームも加速します。
輪廻を重ねて那由他(10の60乗)エネルギーを目指すのが、当面のゲームの目標でしょうか。

ただ、1周目でステージ 50 を突破するのは結構大変です。
50 を越えないと輪廻できないので、ここが最初の難関になりますね・・・
編成を見直しつつ、半放置でノンビリ進めていくことも必要でしょう。

チップは自然消滅することはなく、合体して大きくなっていくため、必死で回収し続けなくてもロスすることはありません。 方手間でやる時は、たまに見て回収するぐらいでも OK です。
一応、オフライン中にもエネルギーは貯まりますが・・・ 多くはありません。

もし機体がやられてしまうとペナルティーとしてエネルギーが減少します。
エネルギーを使いすぎてゼロに近いときに全滅してしまった場合、エネルギーがマイナスになることもあります。
エネルギーは攻撃にも使用されるので、チップを回収せずにずっと放置していてもいずれは尽きます。

エネルギーがマイナスになってしまうと、自然に現れるチップを集めてプラスに回復させるまで、バトルを進行できなくなります。
初期バージョンはマイナスが大きいと復帰が困難で、ゲームが完全に停滞していましたが、先日のアップデートで改善され、初期よりも復帰しやすくなりました。
しかしマイナスにならないのがベストなので、ボスに挑むのは相応にエネルギーを貯めてからにしましょう。

オジナユタ
※ゲージが貯まると機体を一時的にパワーアップさせられる「解放」を使えます。
ただし1機だけなので、どの機体に使うかが重要。 ボス戦は解放を使うのが基本なので、それも考慮して編成しましょう。
右はステージ 60 のボスの超強力な全方位攻撃。 出される前に倒すしかない。


オジナユタ
※リセットが「輪廻」や「来世」という日本語になっていると重みがあります。
数の単位も日本語だと、単なる乗数表示よりもインフレ感があって良いですね。


クリッカー系ですが手が疲れることがなく、戦闘シーンも AI 操作の機体が撃ち合うものなので他より見応えがあり、戦闘の展開も毎回変化。 周回ごとに違う機体を使ってみることも出来ます。
編成と配置の戦略性もあり、見た目は簡素ですが、システムは他のクリッカー系より1歩進んだ内容だと感じますね。

リセット(輪廻)で得られるボーナスが Tap Titans や タップキングダムSoda Dungeon のようなレリックアイテム制ではなく、単なるステータスアップのみなので、そこに若干単調な感もあります。
ただ、気になった点はそのぐらいでしょうか。
最大の難点だった「資金マイナスからの復帰困難」は解消されましたし。

手軽に片手間で、しかし没頭して遊び続けられる、新タイプのクリッカー系としてオススメです。

オジナユタ(iTunes が起動します)

オジナユタ Lite(無料版。最大コストが少し低く、任意動画広告あり。有料版への引き継ぎ可能)

※Youtube 公式 PV

Soda Dungeon

ios iphone ipadandroid

冒険者の集まる酒場・・・ ならぬソーダバーを経営し、お客を雇ってパーティーを組ませ、ダンジョンを攻略していく、半自動バトルの RPG が公開されています。
Soda Dungeon」です。

シンプルなゲームですが、とてもテンポ良く進み、新しい冒険者や装備が次々と登場するため、やめられない楽しさがあります。
いわゆる「パワーアップが楽しい系」のゲームで、本当に没頭してやり続けてしまいますね。

本体無料のアプリですが、スタミナ制ではないため延々と遊べます。
課金も必須ではなく、全画面広告や動画広告はありますが、強制的に表示されるものは短時間でカットできるようになっています。

Soda Dungeon

Soda Dungeon

ソーダ水しか出さない酒場(?)で、お客を選んでパーティーを組みます。
と言っても、最初は裸で酒場にやって来る「ソーダジャンキー」しか雇えません。
はいてますが安心は出来ません。

パーティーを組んだら、さっそく禍々しいダンジョンへ。
戦闘はターン制で、敵をタップで攻撃し、スキルがあるならボタンで使用します。
ただ、画面右下にオートのボタンがあり、普段はこれで自動進行させることになるでしょう。

オート中でも回復手段があるなら、ピンチになったキャラを回復してくれます。
無傷の敵やボスには攻撃スキルを使い、敵が多いなら全体攻撃魔法を放つなど、オートでも割と効率よく戦ってくれるので、基本的には見ているだけで OK ですね。

ただ、オートの回復タイミングはやや遅く、全体回復や MP 回復アイテムなども使ってくれないので、ボス戦やピンチ時には頼りないです。
よって状況によってはオートを切り、プレイヤーが指示する必要もあり、その点のバランスは良い形に取られていると思います。

敵を倒すごとにお金やアイテムを入手でき、途中で全滅しても全て持ち帰れます。
手に入れた資金で酒場のイスや机を増やしたり、装飾を買うことで、より多くの冒険者がやって来るようになります。

また、ソーダ水の種類を増やすことで新しい冒険者も登場。
パンツ男の次はニートですが、いずれは戦士、魔術師、治療士、騎士などがやって来ます。
それぞれが固有のスキルと特性を持ち、その組合わせも重要になります。

さらに持ち帰った装備を冒険者に身に付けさせることも出来るようになります。
装備の種類は豊富で、クリティカルヒットが出やすいナイフ、魔法攻撃が強化される杖、状態異常を防ぐアクセサリなどがあり、どれを使っていくかも攻略のポイントですね。

Soda Dungeon
※いかにも恐ろしげなボス登場。 ボス相手だとオートでは回復が不十分な場合が多いので、手動で早めに治療した方が無難。
なお、ヒーラーの単体回復は状態異常も治せます。


Soda Dungeon
※装備選択画面。 自動にも出来ますが、デメリットのある装備があるし、職業の特性に合わせたものを持たせるべきなので、ゲームが進めば手動で編成することになります。
戦闘は半オートなので、ここでの選択が勝負の分かれ目。


Soda Dungeon
※酒場の拡張画面。 設備を増やすことで名声(Reputation)が上がっていきます。
ソーダ水を増やしても、名声が足りないと新しい冒険者はやって来ません。
まあ、基本設備はすぐに整えることが出来るでしょう。 ただ VIP 用設備もあり・・・


ダンジョンは1つのエリアが 10 のフロアで構成されていて、5フロア目で中ボス、10 フロア目でボスが登場します。
酒場が拡張されると「ワープ」を利用できるようになり、10 フロア単位で開始地点を選択できます。
よって毎回1階からスタートしなければならない訳ではありません。

そして最初のダンジョンは 100 フロア目に大ボスが登場します。
打倒に成功すると晴れてエンディング・・・ にはなりません。
広場にあるゲートがオープンし、新しい「次元」に移動することが出来ます。

そのまま 101 階以降に挑んでいくことも出来るのですが、次の次元に移動すると、お金・装備・ソーダ水などがリセットされる代わりに、「レリック」と呼ばれる伝説のアイテムを入手できます。
まあ、このゲームの場合はレリックもソーダですが。

レリックソーダにはパーティー全員の攻撃力を底上げしたり、HP を増やすなどの強力な効果があり、さらに冒険中に得られる「エッセンス」と呼ばれるアイテムで強化することも出来ます。

加えて次元移動するたびに、特定の冒険者にスキルを与え、ステータスも強化するレリックを入手できます。
これがあるとパンツマンが追加の回避力を持ったり、ニートがナイフを三連投をするなど、バカに出来ない特性を持つようになります。

ただ、酒場の設備は次元移動をしてもリセットされません。
さらに設備には「VIP」と呼ばれる高額なものが用意されていて、これをそろえていこうと思ったら次元移動せず、ダンジョンの深層まで潜ってお金を稼がなければなりません。
いつ次元を越えるのか、そのタイミングも悩むところですね。

こうしたリセットシステムはクッキークリッカー系でよく見られますが、それ以外のゲームで見かけるのは珍しいです。
次元を越えるたびに新しい敵も登場し、ボスも強力なものが出現するようになります。

Soda Dungeon
※酒場の外にあるディメンジョンゲートは大ボスを倒すことで開きます。
すぐに入るか、先に設備を整えるか・・・
ただレリックが1つはないと、冒険中にエッセンスが出て来ないので、最初はすぐ移動した方が良いでしょう。


Soda Dungeon
※ディメンジョンワープ! 時空を越えたその先には・・・ ソーダがあった。
その効果により周回するほどゲームの進行は早まりますが、先の次元ほど大ボスが出現する階は後になります。


こういう表現はおかしいかもしれませんが、ソーシャルゲームからソーシャルゲームの要素である課金・ガチャ・スタミナ・合成を抜いたようなゲームという印象もあります。
ソシャゲを普通のゲームにしたら、こんなに面白くなるのか」と思えるアプリですね。
無論、ゲーム内容にもよると思いますが。

とにかく手軽でテンポが良くて、どんどん強化されていくので、やめ時がないゲームです。
強制広告が出ることだけが難点ですが、任意広告以外の動画は5秒で消せるので、それほどストレスにはなりません。
120 円の課金で解除も可能で、任意広告も左下のコインの表示をタップすると出て来る形で、アピールするウィンドウのようなものは表示されません。
しいて言えば、ソーダジャンキーのゲップの音はしばらく慣れなかったけど。

オススメできる「お手軽ハクスラ RPG」ですね。

Soda Dungeon(iPhone 版、iTunes 起動)

Soda Dungeon(Android 版、Google Play へ移動)

※ Youtube 公式 PV



【 ちょこっと攻略 : Soda Dungeon キャラクター特性 】

Soda Junkie(ソーダジャンキー)
パッシブ:回避率 +20 %

Ruffian(ごろつき)
Dagger Toss:1MP:3回攻撃。対象はランダム

Conscript(足軽)
パッシブ:クリティカルダメージ +50 %

Fighter(戦士)
Dropkick:2MP:2倍攻撃
Piledriver:10MP:3倍攻撃

Conjurer(奇術師)
パッシブ:魔法の威力 +50 %
Bolt Storm:3MP:全体魔法攻撃

Healer(治療師)
パッシブ:魔法の威力 +50 %
Therapy:2MP:仲間1人の HP を大きく回復し、状態異常も治療
Group Heal:4MP:味方全員の HP を回復

Thief(盗賊)
パッシブ:アイテム入手率 +20 %
パッシブ:宝物庫の宝箱を全部開けられる
Pilfer:2MP:対象からゴールドを盗む

Kight(騎士)
パッシブ:扉を選択するシーンでトラップが出ない
パッシブ:ピンチの味方をかばう
Heavenstrike:3MP:敵に魔法攻撃。その周囲にも余波ダメージ

Marchant(商人)
パッシブ:ゴールド入手量 +20 %
50/50:使用するのに 500 G必要。半々の確率で相手の HP 1/2

Darkmage(ダークメイジ)
パッシブ:魔法の威力 +80 %
Noxin:4MP:全体魔法攻撃。たまに毒か混乱を与える

Regezerker(怒戦士):雇用には VIP の FURY X が必要
パッシブ:コマンドを指示できない
パッシブ:最初のターンに味方1人の攻撃力を上げる。蓄積していく
パッシブ:敵を倒すごとに ATK +0.5。蓄積していく

(以下は追加キャラクター。アンロックには特殊アイテムの「キャップ」か課金が必要)

Gladiator(剣闘士):120 円かキャップ 25 個
パッシブ:仲間の攻撃がバックアタックとして扱われる場合がある?
パッシブ:非常に高い初期攻撃力を持つが、徐々に減っていく
パッシブ:チームメイトがやられると攻撃力アップ

ShopKeeper(ショップ店員):240 円かキャップ 50 個
パッシブ:ステータス異常を受けない
Focus:6MP:次の攻撃を 2.2 倍にする。重ねがけ可能
Stack:5MP:ゴミ?を投げてランダムダメージ

Wizard(魔術師):240 円かキャップ 50 個
パッシブ:ワープイベントの移動距離が2倍になる
パッシブ:魔法の威力 +90 %
Eviscerate:10MP:敵全員に大ダメージ
Debilitate:5MP:敵全員の攻撃力を減少

Owner(酒場の主人):360 円かキャップ 100 個
パッシブ:3回までやられた味方を復活させる
Closing Time:6MP:敵全体にダメージ
Torpor Tonic:5MP:酒を投げて攻撃+相手を眠らせる

Tap! Tap! Faraway Kingdom(タップ・キングダム)

昨年末からスマホではクッキークリッカー系のゲームが数多く公開されています。
大手メーカーもクリッカー系アプリの開発を発表しており、2016 年の流行の1つになるのかもしれません。

そんな中、TapTitans のシステムをパクった踏襲した、ドットグラフィックのキャラがかわいい、新作のクリッカー RPG が公開されています。
Tap! Tap! Faraway Kingdom」です。
※現在は日本語化され「タップ・キングダム」に名前が変わっています。

このゲームには、すでに運営終了している RPG 仕立ての TinyTower 系ゲーム「ポケットキングダム」のキャラクターや背景が流用されています。
登場人物も一部共通しているため、続編にあたるのではないかと思われます。
※ポケットキングダム(Faraway Kingdom)は日本では終了していますが、海外では継続中のようです。

クリッカー系なので、やることはただタップするのみ。
ゲームの要点は強化バランスになりますが、TapTitans と比べると、やや甘いというか、序盤が厳しすぎてメリハリも乏しい印象がありますね。
ただ、このゲームにしかないオリジナル要素も若干加えられています。

アプリ本体は無料ですが、課金はあります
強制動画広告はありませんが、報酬付きの任意動画広告は頻繁に出て来ます。

Tap! Tap! Faraway Kingdom

主人公は地下に広がるダンジョンに潜っていきます。
1つのフロアに 10 体の敵がいて、タップで倒しながら進んでいき、ボスを倒せば次のフロアへ。
クリッカーなのでこちらが一方的に攻撃するのみで、攻撃を受けることはありません。
よってテクニックは不要です。

フロアの背景は 森林、山岳、海底、宇宙 など多種多様。
敵の数もかなり豊富で、それら全てが味のあるユニークなドットで描かれています。
冒頭でも述べたように、それらは全てポケットキングダムからの流用なのですが、1年以上運営されているゲームのグラフィックを利用しているため、最初から十分な量があって見た目でも楽しめますね。

システムは良くも悪くも Tap Titans のまんま。
モンスターを倒すとコインがバラまかれ、それを集めて主人公のレベルを上げ、仲間を雇用し、さらに仲間のレベルもアップさせていきます。
仲間は自動で攻撃を行い、レベルアップさせると様々なスキルを習得します。

スキルの中には「主人公の攻撃力が、仲間のトータル攻撃力 の○%増加」というものがあり、このスキルの効果によって仲間を強化すると、主人公の攻撃力も上がっていきます。

ただし、Tap Titans と大きく違うのは・・・ 当面は仲間が弱いこと。
仲間の攻撃力が低すぎて、そのままでは役に立たないのはもちろん、仲間の攻撃力の一部が主人公の強さに足される効果も誤差程度に過ぎません。

おかげで序盤は仲間の強化に資金を費やすと、主人公のレベルアップが遅れ、逆にゲームは困難になってしまいます。
ひたすら主人公のレベル「だけ」上げた方が有利という残念バランス。
仲間が覚えるスキルには「ゴールドの量を増やす」「クリティカル率アップ」といったものもあるため、それらを取得する段階になると仲間も強化していく必要がありますが、当面は「スキルのためだけに」雇用して強化する感じ。

こんな状態ですから主人公のレベル上げが大変になって来ても、仲間でカバーすることは出来ず、行き詰まるとかなり辛いですね。

Tap! Tap! Faraway Kingdom
※とにかく最初は仲間が弱い。 まずは主人公のレベルを集中して上げましょう。
ただ、余裕が出来たら1人目・2人目・4人目の仲間の「タップダメージ +10 %」は取っておきたいところ。
必殺技は敵が落とすゴールドを5倍にする Golden Time が強いので、これが使えるようになったら全部の技をまとめて使って、一気に敵を倒して稼ぎましょう。
なお、このゲームはボスに仲間が倒されることはありません。


Tap! Tap! Faraway Kingdom
※仲間は上位のキャラをどんどん雇用するのが有利、とは限りません。
この画像の上のキャラは、レベルアップに必要な費用が下のキャラの雇用費の半額ですが、アップする DPS(秒あたりのダメージ)には大差ありません。
よってこのケースでは、必要な費用が下のキャラの雇用費と変わらなくなるまで、上のキャラをレベルアップさせた方が良いです。
なお、仲間はたまに Bless(祝福)を受けて、攻撃力が永続的にアップします。


何とか主人公のレベルが 500 に達すれば、Withdrawal(ウィズドローワル、退場)を実行することが出来ます。
これは Tap Titans のプレステージと全く同じで、ゲームがリセットされますが、成果に応じたポイントを貰え、それを使って Relic(レリック)と呼ばれる秘宝を入手することが出来ます。

このゲームの秘宝は提示されている4種類の中から選択可能。
また、提示リストは一定時間ごと、及び課金通貨のダイヤを使うことで入れ替えることが出来ます。
よって Tap Titans のように「引きが悪くて有用な秘宝をゲットできず、ゲームが辛くなる」ということはありません。

ただ・・・ 秘宝が弱い。
Tap Titans の秘宝は特殊効果に加えて全体の攻撃力をアップさせる効果がありましたが、このゲームでは攻撃力の底上げはなく、効果も低いです。
おかげで1つや2つ秘宝をゲットしてもたいして強くなりません・・・

では強さの底上げはどうするのかと言うと、周回時に貰える仲間の衣装で行われます。
衣装は入手数に応じて仲間全員の攻撃力を引き上げる効果があり、さらに着ている仲間はたまに特殊スキルを発動させるようになります。

特殊スキルには「数秒間タップ攻撃力がアップ」「しばらくの間、攻撃がヒットするたびにコインが出て来る」などがあって、特にコイン関連が重要。
この効果を持つ仲間を複数用意すれば、コインがジャラジャラ出る状態になり、気持ちよく稼げるようになりますね。

しかし、得られる衣装は周回ごとに1つずつで、その順番も決まっています。
そして全体の攻撃力が衣装の入手数によると言うことは・・・
きっちり「攻撃力=周回数」です。
秘宝次第で一気に強くなるとか、そういうのはなし。
また攻撃力の上昇がなだらかで、1周目は辛いけど、2周目は一気にラクになる、みたいなものもありません。

仲間の攻撃力のバランスも全体的になだらかで、そのため Tap Titans みたいに「強力な仲間を加えたらしばらくは爽快に無双できる」みたいなこともなし。
よって周回直後はラクですが、辛くなってきたら、そのまま延々と辛いままという印象です。

このゲームをやると、ゲームバランスって単に平坦にするだけではダメなんだな、ある程度の起伏も必要なんだな、というのを実感しますね。

Tap! Tap! Faraway Kingdom
※秘宝を選択して取得できるのは良いのですが・・・ このゲームの秘宝は補助的な効果しかなく、強化の中心ではありません。
なお、入手に必要なキューブは Guardian of Cube というゴツいガイコツのようなボスを倒すことでも得られます。
右はこのゲームのオリジナル要素、ボスからの装備ドロップ。 レアやエピックが出て来たらラッキー。


Tap! Tap! Faraway Kingdom
※強化のメインとなるのは、こちらの衣装の方。 周回するしか増やす方法はないので、当面は周回可能になったらさっさと周回しましょう。
右は追加コインを出す衣装の効果が発動し、緑コインがジャラジャラな光景。
こうなるとようやくラクになるのですが・・・

正直、システムが「そのまんま」なうえにバランスが厳しいので、最初は「劣化 Tap Titans」にしか感じませんでした。
ある程度ゲームが進むと、仲間が発動する衣装スキルやランダムドロップの装備など、このゲーム特有のシステムが解ってきて、楽しくプレイ出来るようになります。
衣装が十分に集まれば、仲間も頼りになってきます。(むしろ主人公との力関係が逆転・・・)

ただし、その「楽しくなる段階」まで 10 周ぐらいかかります。
2周・3周では強くなった実感がまるでなく、5周ぐらいでようやく少しラクになってきたかな、と感じるぐらい。
それでいて、序盤の周回は他のクリッカー系より辛い。
これでは早々に離脱してしまう人は多いでしょうね・・・

ただ、見た目や演出は他のクリッカー系よりも明らかに上。
また、この系統には珍しく、ちょっとしたストーリーもあります。
当面の目標は地下 100 階にいるブラックドラゴンの討伐で、こういうのがあるとやる気に繋がりますね。
会話のセリフなどもアップデートで日本語化されました。

無課金でも遊べるゲームではありますが、私は無課金では苦行過ぎると感じ、ゲームの進行で得られるダイヤ(課金通貨)も少ないため、600 円で 550 ダイヤを購入してしまいました。
そして1周ごとに 100 ダイヤ使ってボーナス資金を獲得、これで何とか序盤を乗り切りました。
無課金で進む人は、放置中に貯まる資金や、一定時間ごとに使える必殺技を活用しつつ、のんびり進めていくものだと考えた方が良いでしょうね。

色々ネガティブなことも言いましたが、現時点のクッキークリッカー系としては間違いなく上位のゲームで、没頭して楽しめる作品です。
クリッカー系の新作を遊びたい方には良いアプリだと思います。

タップ・キングダム(iTunes が起動します)

Tap Titans

おそらく現時点で、世界でもっともプレイされているクッキークリッカー。
多くの人類を腱鞘炎にいざなう、やめられない止まらない、優れたバランスのクリッカー RPG を今さらですがご紹介したいと思います。 
Tap Titans」です。

ちょうど1年前に公開されたゲームで、中央に現われるモンスターをひたすらクリックして倒して続ける RPG 風味のクリッカーです。
グラフィックセンスとクオリティの良いゲームですが、題材やレイアウトはクリッカー系としてはオーソドックスですね。

にも関わらず、ここまで世界的なヒットになっているのは、そのバランスの良さでしょう。
テンポも良く、本当にプレイヤーを「つかんで離さない」強化バランスになっています。
課金や任意の動画広告はありますが、アプリ本体は無料。 無課金でも遊び続けられます。

このゲームを紹介していなかったのは、日本での公開時にかなりハデなプロモーションをかけていて、各メディアがこぞって紹介&絶賛、東京駅にも広告を出しまくったりしていたため、「だったらうちは後回しでいいや」と思ったのも理由です。
でも、それは海外ですでに大成功を収めていたからでもあり、やってみるとそれだけのゲームであることが解りますね。

Tap Titans

画面をタップすると、中央にいる主人公が剣を振ってモンスターを攻撃します。
ひたすら繰り返してモンスターを倒し続けます。

基本は以上。 クッキークリッカー系ですからね。

モンスターを倒すとコインがバラまかれ、回収することでゴールドが貯まります。
これで主人公をレベルアップさせられるのですが、さらに「ヒーロー」と呼ばれる仲間も雇用することが出来ます。
仲間は自動で攻撃を繰り返し、モンスターにダメージを与えてくれます。

こう言うと「仲間がそろったら、あとは放置で良いのか」と思うかもしれません。
実際、大抵のクリッカーは準備が整ってしまえば、無理に連打しなくても良いものが大半です。

しかしこのゲームは終始、主人公の攻撃、つまりプレイヤーのタップが主力になります。
ヒーロー(仲間)のレベルアップで習得できるスキルの中に「タップダメージがトータル DPS の○%増加」というものがあり、これによって仲間を強化すると、主人公が与えるダメージも増加していきます。
(DPS は Damage Per Second の略で、仲間が1秒間に与えるダメージの総量です)

その結果、ダメージが常に「主人公の攻撃 > 仲間の DPS」になるため、クリッカー系でありながらタップで敵を倒す形が崩れません。
しかも大きく攻撃力が上がると、倒すのに数十回ものタップが必要だったモンスターがワンパンチで沈むようになり、連打で爽快にモンスターを倒し続けられるようになります。

このどんどん強くなる明確なパワーアップが気持ち良く、思わずゲームを続けてしまいます。
仲間の種類も豊富で、ゲームの進行でテンポ良く次の仲間が現われます。
さらにその仲間が「ゴールド増加」「クリティカル率増加」などの様々なスキルを獲得していけるため、冒頭でも述べたようにやめられない楽しさがありますね。
主人公もレベルアップによりいくつかの必殺技を習得できます。

Tap Titans
※どんどん増えていく仲間達と、そのスキル。 クリッカー系には珍しく、ザコをバシバシ倒しまくれ、強化後には無双することが出来ます。
仲間のボタンを長押しすると、まとめてレベルアップさせられるボタンが現われます。


そうは言ってもクリッカー系ですから、敵の耐久力はどんどんインフレしていきます。
こちらの攻撃力もインフレを続け、1 とか 10 とかのダメージが 1K(キロ、1,000)、1M(ミリオン、1,000,000)、1B(ビリオン、1,000,000,000)、1T(トリリオン、1,000,000,000,000)と増えていきますが、敵の HP もそれに負けないレベルで増えていき、そのうち追い付かなくなります。

1つのステージには 10 体の敵がいて、最後にボスが登場するのですが、ボスはザコの数倍の HP を持つうえに時間制限があり、モタモタしていると仲間がやられてしまうことも・・・
ボスが倒せなくなったら進行は停滞してしまいます。

しかし行き詰まっても「プレステージ」をすることが可能です。
これはいわゆる「リセット」で、ゲームを最初からやり直す代わりに、そこまでの進行具合に応じた特典を得られます。

似たシステムは最近のクリッカーにはほぼ導入されていますが、このゲームの場合は仲間のレベルと到達ステージ数に応じた「レリック」と呼ばれるポイントを受け取れます。
そしてこれを使って「アーティファクト」と呼ばれる秘宝の取得と強化を行え、これがあるとゲームがグッとラクになります。

アーティファクトには攻撃のダメージをアップさせる効果があり、それが +100 %になれば威力2倍、+400 %に達すれば5倍。
さらにアーティファクトごとに「クリティカルダメージアップ」「必殺技の効果時間延長」「ゴールド収入アップ」などの多様な追加効果があり、強化することでさらに影響が増します。
ただしどれが手に入るかは 30 種類の中からランダム。

2周目からは「出来るだけ進んで辛くなったらプレステージし、アーティファクトをゲットして再戦」を繰り返す形になりますね。
ただ、プレステージするには主人公のレベルが 600 必要で、そこが初心者の壁になります。
後述する「トーナメント」を使えば、もっと早くにプレステージ出来ますが・・・

Tap Titans
※プレステージを繰り返してアーティファクトを強くするのがゲームを進行させるコツ。
プレステージのステージクリアボーナスは 90 ステージから付き、15 ステージごとに増えていきます。
仲間が1人も死んでいなければフルチームボーナスで入手量が2倍に。
プレステージポーションはさらに倍にする薬ですが、トーナメントでないと手に入りません。


世界的ヒットのゲームで人気は衰えず、公開から1年経過しているので、アップデートで様々な仕様も追加されています。

その1つが週2回行われる「トーナメント」。
プレイヤーが 200 人ごとのブロックに分かれ、一旦プレステージ(リセット)し、24 時間での到達ステージ数や仲間のレベルを競います。
もちろん強力なアーティファクトを集めている人が有利ですが、初参加の時は初心者の枠に入れられるようで、初めてでも上位を狙えないことはありません。

順位はリアルタイムに更新され、下位でもそれなりの報酬を貰えます。
またプレステージが可能なところまで到達できず苦戦している人は、トーナメントを利用して無理やりプレステージする手もあります。

日替わりボスや仲間の武器なども加えられていて、主人公の装備も用意されています。
主人公の装備は見た目を変える「着せ替え用」ですが、ステータスの底上げ効果もあり、たくさん集めることで累積されていきます。
これらの導入で収集要素が増え、さらに長期的に楽しめるゲームになってますね。

Tap Titans
※みんなで競うトーナメント。 最下位にも報酬はあるので参加するだけでもメリットはあります。
世界中でプレイされているゲームなので、参加者の国籍も多様。
報酬のうち、普通の「武器アップグレード」は仲間の武器がランダムで手に入り、「プレミアム武器アップグレード」は持っていないものや低レベルの武器が優先されます。


Tap Titans
※仲間の武器と主人公の装備。 仲間の武器が全部集まると攻撃力にボーナスが。
主人公の装備の変更は、あくまで見た目を変えるだけ。
主人公装備のボーナスは入手するだけで加算されます。


クオリティが高く、バランスが良く、課金必須なゲーム性でもないため、クリッカー系はこれが定番でしょう。
ゲームの面白さの基本の1つ「テンポ良く、効果をハッキリ感じられる、継続的なパワーアップ」をクリッカーで高度に実現しています。

ただ「最初から最後までプレイヤーのタップが攻撃の主力」というのが良し悪しな点でもあります。
ずーっと連打し続けないといけないので、指が疲れること請け合い。
自分のタップで倒すからこそダラダラにならないというのもありますが、ハマっていると本当に腱鞘炎になりそうですね。
特定のアーティファクトがあれば、自動攻撃の必殺技の効果時間を延ばし、連打を休めるようになるのですが、アーティファクトの入手はランダムです・・・

しかし他に目立った難点はなく、しっかり作られたクリッカーです。
お勧めできるアプリですが、やりすぎて指を痛めないようご注意を・・・

Tap Titans(iTunes が起動します)


【 Tap Titans ちょこっと攻略 】

本文で「テンポ良く進む」と書きましたが、それは 25 人目の仲間「ガイコツ画家 ハムレット」を雇用するところまで。 そこから先に進むのは急に辛くなります。
そこでその辺りの中級者が引っかかる「壁」について解説しておきたいと思います。
なお、攻略は海外の Tap Titans Wiki も参考にしています。

= 追放者 エイスター の壁 =
初心者が最初に引っかかる壁。 ただ、後の壁に比べるとそこまでハードではありません。
以下の手順で攻略することが出来ます。

・ガイコツ画家 ハムレット をレベル 100 まで上げる。
・と言っても、初心者だとそう簡単ではないので、厳しいと思ったらプレステージ。
・途中でプレステージするなら、ステージボーナスが増える 120、135、150、165 辺りがオススメ。
・プレステージ時に仲間が死んでいるとレリック入手量が半分になる。 ボス戦の最初の5秒間は仲間がやられることはないので、その5秒で倒すものだと考えよう。
ハムレットを Lv100 にして、ステージ 185~190 辺りで稼げば、エイスターを獲得できるゴールドが貯まるはず。
・もしまだ攻撃力不足だと思った場合は、剣士タケダ を Lv1000 まで上げて進化させ、さらに 1030 ぐらいまで上げましょう。
Tap Titans

= 中級者が欲しいアーティファクト =
ここから先に進むには有用なアーティファクトがないと辛いです。
以下はこの段階で先に進むのに、特に有用なアーティファクトです。

クラウンエッグ:大量のゴールドをくれる「チェスターソン」の出現率を上げる。これがあるとないでは収入が大きく変わる。チェスターソンの収入を増やす「安堵の宝箱」があるとさらに効果的。
魔力の指輪:仲間のアップグレードに必要な費用が下がる。レベルアップさせると半額まで下がる。中盤のゲーム進行がかなり早まる。
ヒーローの襲撃:クリティカルダメージがアップし、タップの攻撃力が増大する。攻撃系の中ではもっとも強い。
死神:クリティカル発生率がアップする。単体でも強いが、ヒーローの襲撃とセットだと超強力。

アーティファクトは 30 もあり、どれが手に入るかは運次第で、強さについての意見も様々なので、あくまで参考程度として下さい。
アーティファクトの「解体」を行うと取得と強化に費やされたレリックが戻ってきて、取得をやり直せますが、ダイヤを消費します。
Tap Titans
※解体はアーティファクトをダイヤにするのではなく、ダイヤを払って引き直しをするためのもの。

= フラヴィウスとブーブービョルン の壁 =
ここからが本当の壁です。 無理だと思ったらプレステージを繰り返しましょう。

・追放者エイスター をレベル 230~240 まで上げる。到達は 300~310 ステージ辺りになる。
・途中で辛くなったらプレステージ。 225、240、255、270、285 ステージ辺りが良い。 225 のプレステージで得られるレリックは約 130。
ルフトの王 マスターホーク のレベルを 1000 まで上げて進化させる。 ただし高額が必要なのに、進化するまで攻撃力はほとんど上がらない。 辛いならプレステージか、エイスターのレベルをもう少し上げる。 ステージ 300 のプレステージで得られるレリックは約 230。
・マスターホーク を Lv 1030 まで上げて、ステージ 330 でゴールド稼ぎをすれば、フラヴィウスとブーブービョルンに必要なゴールドが貯まるはず。 クラウンエッグがあるなら、ボスの ON/OFF をチェスターソンが出るまで繰り返す手もある。
Tap Titans

= 野獣の調教師 チェスター の壁 =
前述したアーティファクトが複数ないと辛いです。
1つでは厳しいのでプレステージでアーティファクトを集めましょう。

・フラヴィウスとブーブービョルン をレベル 330~360 まで上げる。 到達は 500~510 ステージ辺りになるはず。
・この段階で辛くてプレステージするなら 450、465、480、495 ステージ辺りが良い。 480 でのプレステージで得られるレリックは約 580。 余ったゴールドで仲間のレベルを上げておけば若干増える。
城の番人 ティーニートム を 1000 まで上げて進化させる。 ただし進化するまで攻撃力はほとんど上がらない。
・ティーニートム のレベルを 1050 まで上げながらステージを進行させる。 この辺りが一番大変。 厳しいなら 510 か 525 辺りでプレステージ。 510 でプレステージするとレリックは約 650。
ステージが 540~545 に到達し、ティーニートム が Lv 1050 なら、その辺りでゴールド稼ぎをすればチェスターを仲間に出来るゴールドを貯められるはず。
Tap Titans

= 風の戦士 モハカス の壁 =
最大級の壁です。 当面はプレステージを繰り返してアーティファクトの強化に専念することになるでしょう。
出来れば 野獣の調教師チェスター の武器も欲しいところです。

野獣の調教師 チェスター をレベル 520 まで上げる。 到達はステージ 790~800 辺り。 しかし十分なアーティファクトの強化がないと無理。
・プレステージは 660、675、690、705、720、735 辺りが良い。 入手レリックは 660 のプレステージで約 1050、720 のプレステージで約 1200。 本格的に辛くなるのはステージ 730 からなので、720 でのプレステージがお勧め。
フラヴィウスとブーブービョルン を 1000 まで上げて進化させる。
・フラヴィウスとブーブービョルン を 1025 まで上げながらステージを進行させる。
・ここまで出来れば、ステージ 835~840 辺りでゴールドを稼げばモハカスに到達できるゴールドを貯められる。
taptitans11

次の 無名のジャクリン は、ここまで来た人にとっては壁とは言えないでしょう。
風の戦士モハカスをレベル 360 辺りまで上げた後、野獣の調教師チェスターを進化させて 1040 辺りまで上げれば、ステージ 1055~1060 辺りで稼ぐことで次に進めます。
モハカスの攻撃力が大きいため、チェスターやモハカスの時ほど大変ではありません。

= 反乱妖精 ピクシー の壁 =
無名のジャクリンの攻撃力がこのクラスのヒーローとしては低めなので、どうしても苦戦します。
ジャクリンの武器を入手していれば、ややラクになります。

無名のジャクリン をレベル 500 まで上げる。 到達はステージ 1300 辺り。
・この段階でプレステージするなら 1230、1245、1260、1275 辺りが良い。入手レリックは 1275 のプレステージで約 3500。
風の戦士モハカス のレベルを 1000 まで上げて進化させる。 ただしここが一番辛い。 ステージを進めすぎないよう注意。
・モハカスを進化させたら、ステージを進めながらレベルを 1025 まで上げる。 ステージ 1340~1350 で稼げば、ピクシーに必要なゴールドが貯まるはず。
taptitans12

= Fireballer をジャッカロープ の壁 =
名前がちょっとヘン。 ここでも無名のジャクリンの攻撃力の低さがネックになります。
この辺になると到達にも時間がかかるので、プレステージは月・水・土曜日の朝9時頃から始まるトーナメントも考慮しましょう。

反乱妖精ピクシー のレベルを 400 まで上げる。 到達はステージ 1550~1560 辺り。
・無名のジャクリン のレベルを 1000 まで上げて進化させる。
無名のジャクリン のレベルを 1225 辺りまで上げる。 ただし途中で攻撃力不足に陥りがち。 プレステージするなら 1590、1605、1620 辺りで。 入手レリックはステージ 1605 で約 5300。
ステージ 1640 辺りで稼げば必要なゴールドが貯まるが、無理に進むと苦しくなるので、敵を倒すのに時間がかかる時はジャクリンのレベル上げを優先すること。
taptitans13

ヒーローは次がラストです。ジャッカロープのレベルを 400 まで上げてピクシーを進化させる手順になりますが、どの辺りで到達できるかは手に入れたアーティファクトによります。
達成はステージ 1930 を越えてからになるでしょう。

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google