iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

概要/お知らせ

【お知らせ】おすすめアプリ ショートゲーム編、更新

昨年公開した本家 iPhone AC の「iPhone おすすめゲームアプリ ショートゲーム編」のページに、2013 年末から 2014 年に公開されたアプリを追加・・・
しようと思ったのですが、数が増えてきたので2ページ目を新たに作成しました

今回は「その他」に分類されるようなジャンル分けが難しい作品のうち、1プレイが短いものも含めています。

今回の選出作は Smash Hit、Knightmare Tower、Giant Boulder of Death、Ridiculous Fishing、サムライディフェンダー、口先番長、空気読み。1 / 2、Little Inferno の8作品。

iPhone 6 / 6 Plus で新たにスマホユーザーになった方もいると思われますし、アプリ選びの参考にして頂ければと思います。
なお、今回推薦したアプリは全て Android 版もあるので、Android ユーザーの参考にもなると思います。

iPhone おすすめゲームアプリ ショートゲーム編 その2

各アプリの選出 / 非選出の理由については こちら のページをご覧下さい。

【お知らせ】おすすめアプリ RPG 編、更新

昨年公開していた本家 iPhone AC の「iPhone おすすめゲームアプリ RPG 編」のページに、2013 年末から 2014 年に公開されたアプリを追加しました。

元々このコーナーは iPhone 初心者の方に、推薦できるゲームをカタログ形式で紹介するために作ったもので、新たに発売される iPhone 6 / iPhone 6 Plus で iPhone ユーザーが増えると思われるため、一通りページを見直して最新のものに更新していこうと思います。

とりあえず RPG 編のページを見直し、ドラクエシリーズ、オーシャンホーン、バトリクスを追加しています。

iPhone おすすめゲームアプリ RPG 編

各アプリの選出 / 非選出の理由については こちら のページをご覧下さい。 
次はショートゲームのページを更新する予定です。

【お知らせ】Apple のアプリ価格改定について

もうご存じの方が多いと思いますが、Apple が為替レートの変動に伴いアプリの価格を改定しました

当初(2011年7月以前)iTunes ストアの各商品の価格は1ドル 115 円で計算されていました。
それが 2011年7月、円高に伴って1ドル 85 円に変更されました。

そして今回(2013年10月)、1ドル 100 円に改められています。

もしメーカー側でこれに伴う価格の変更を行わなかった場合、アプリ等の価格は以下のように値上げされています。

85 円100 円
170 円 200 円
250 円300 円
350 円400 円
450 円500 円
500 円600 円
600 円700 円
700 円800 円
800 円900 円
850 円1000 円
1000 円1200 円
1500 円1700 円
1800 円2100 円

ただし、メーカー側が価格を据え置きするように再設定している場合もあります
例えば 1400 円の ケイオスリングス2 や 1800 円の FF5、3000 円の シュタインズゲート などは再設定されていて価格は変わっていません。

メーカーによって対応がまちまちで、まだ検討中や変更作業前の場合もあると思いますので、高額アプリの購入は少し様子を見た方が良いかもしれません

アプリ内課金にも影響があるので、ソーシャルゲームの課金通貨の購入や、電子書籍の購入の際にもご注意下さい。

当サイト/ブログの課金表記も、これにより実際の販売価格と異なっている場合があります
おすすめアプリのページは落ち着いた後に改定後の価格に修正しようと思いますが、ブログ記事までは対応しきれないので、その点はご了承頂ければと思います。

【お知らせ】 FF5 攻略ページ完成 & レイトンミステリールーム アップデート

以前に一度お伝えした、本家 iPhone AC で作成中だった「ファイナルファンタジー5」の攻略ページが、先日ようやく完成したので、こちらでも報告したいと思います。

全てのジョブとアビリティの確認などを行っていたため、結局1ヶ月近くかかってしまいましたが、スマホ版 FF5 の一通りの仕様は網羅していると思います。
これから FF5 をプレイされる方は、参考にして頂けると幸いです。

Final Fantasy V 基本攻略
Final Fantasy V ストーリー攻略 第一世界編
Final Fantasy V ストーリー攻略 第二世界編
Final Fantasy V ストーリー攻略 第三世界編
Final Fantasy V ジョブ&アビリティ一覧
Final Fantasy V 追加ダンジョン&やり込み要素

試してみると SFC 版はもちろん、GBA 版とも違っている部分が結構あったので、そうした点は主にアビリティの説明の方に記載しています。

今後は iPhone AC のまとめページのリニューアルなどを行っていく予定です。


さて、これだけでは何なので、先日行われた「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」の大型アップデートを取り上げておこうと思います。

「レイトンブラザーズ・ミステリールーム」はレベルファイブの iOS 参入作だったのですが、推理サスペンスとしては親切すぎるゲームシステムと、価格の割にボリュームが少なめだったために、賛否両論だったアプリです。

しかし今回、5章までだったゲームが全9章に拡大され、さらに 600 円に大幅値下げ
同時に、ゲーム名も「コンプリートパック」に変わりました。

reitonblothers

ただ、9章まで増えたとは言え、7章は短い脱出ゲーム。
8章も短めの内容で、実際には7章~9章までを含めて長めの1章という感じです。
よって実質的には増えたのは2章分といったところでしょうか。

ただ、以前とはちょっと違う展開になってしますし、このバージョンアップのおかげでボリュームは相応のものになったので、これが 600 円で買えるのはかなりお得だと思います

ただ iTunes を見ると、やはり内容には賛否両論あるようですね・・・
前回のレビューでも書きましたが、もうハッキリ断言しておきたいと思います。

このゲームは推理をミスっても何のペナルティーもなく、最悪「選択肢総当たり」で進めてしまうため、「推理すること自体を楽しむ姿勢」が必要であり、それが出来ない人にはまったく合わないゲームです

一応今回はラストで選択肢総当たりでは突破できないようなしかけも用意されましたが、基本的には1~5までの選択肢があった場合に、よく考えて1発で当てようとする人でないと楽しめないゲームであり、1から5まで順番に選んでいく人には合いません。

どうしても解らない場合でも総当たりで何とかなるので、それはそれで親切設計だと思うのですが、それを指して「推理ゲームになっていない」と言っている人には合っていないという事ですね。
総当たりできるけど出来るだけしない。 そんなストイックな遊び方が必要なゲームです。

最初に犯人をいきなり当ててしまい、後で動機やトリックを推論する展開やストーリーも、人によっては推理の楽しみがないと批判の対象になっているようです。
私的には刑事コロンボ的な展開で好きなのですが・・・ 確かに推理モノとしてはイレギュラーなシナリオの作り方なので、気に入らない方も多いかも。

ともあれ賛否ある内容で、iTunes レビューでは批判意見の方が目立つのですが、私は「賛」の方なので、そうした意見を書いてみました。
いずれにせよ 250 円なら、お勧め出来るアプリだと思います。

ただし改めていっておきますが、「頭の体操」のレイトン教授とはまったく違うゲームなので、そこはお間違えなく!

レイトンブラザーズ・ミステリールーム コンプリートパック (オリジナル版)
レイトンブラザーズ・ミステリールーム スターターパック (無料課金版。無料では2章まで)
レイトンブラザーズ 2012/9 のレビュー


なお、このゲームを発売したレベルファイブは先日、スマートフォン向けのゲームブランド「UNIPLAY(ユニプレイ)」を立ち上げています。
まずは3つのタイトルが発表され、同ブランドで合計6タイトルの発売を予定しているとのことです。

「レベルファイブ史上最も壮大な、スマートフォン向けプロジェクト」らしい本格的 RPG や、パチスロ+美少女+課金というあまりにも狙い過ぎなゲーム、安倍晴明が電車に乗って織田信長や坂本龍馬と戦うカオス過ぎる MORPG などが予定されています。

ただ、これらは全部「基本無料+アイテム課金」との事なので・・・
ご存じのようにそのシステムで面白さを損ねたゲームが相次いでいる昨今、嫌な予感がすることも確かです・・・

ただ、期待のプロジェクトなので、今後の続報を待ちたいですね。

・ゲームブランド UNIPLAY 立ち上げ関連記事
 ファミ通App4Gamer.netGame Watch

FF5 ストーリー攻略 & お知らせ & Foursaken アップデート

今回はレビューではなく、当サイトからの更新告知やご連絡などをさせて頂きたいと思います。

ただ、それだけでは何なので、アメリカのメーカー Foursaken Media のゲーム「Heroes and Castles」と「Block Fortress」にユニークな大型アップデートが行われているので、その紹介もしておこうと思います。


まず、本家 iPhone AC では現在「ファイナルファンタジー5」の攻略ページを作成しています。
ボリュームがあるうえに FF シリーズの中でも特に攻略要素が豊富なゲームなので、作成に時間がかかっていますが、本編ストーリーの攻略については完成いたしました

まだ全体が出来ている訳ではありませんが、FF5 をプレイ中の方は参考にして頂ければと思います。

Final Fantasy V ストーリー攻略 第一世界編
Final Fantasy V ストーリー攻略 第二世界編
Final Fantasy V ストーリー攻略 第三世界編

当然ですが iOS 版を対象にしているので、他機種版とは一部異なる部分があります。 ご了承下さい。

ちなみに現時点で解っている iOS 版と他機種版の主な相違点は以下の通りです。

・AUTO モードがある
・GBA 版にもあった「追加ダンジョン」と、それに関するボスや装備が導入されている
・GBA 版にもあった新職業「剣闘士」「予言士」「砲撃士」「ネクロマンサー」が導入されている
・他機種版にあったアイテム変化バグやアイテム増殖バグなどは修正されている
・タイムトライアルのイベントでメニュー画面を開いている時はタイマーが止まる
・ブラッドソード、のろいのゆびわ、エクスカリパーなどは「最強装備」の候補にならない
・「ちからのくすり」で普通に攻撃力が上がる
・戦闘中に装備を変えても「ミラージュベスト」の分身は復活しない
・「ストップ」や「カウンター」などでイベントやファイナルアタックを封じることは出来ない
・「老化」によって攻撃力は大きく低下していく
・「小人」の状態では「かばう」は発生しない
・「調合」の効果でレベルが 255 になった敵に「レベル5デス」は効かない

オリジナルの FF5 を知らない人には何のことかさっぱり解らないと思いますが、裏技的な戦法の一部が封じられています。
これらの修正により、iOS 版では使えなくなった攻略が存在します
他にも細かい修正(ギルガメッシュが謝りながら自分をパワーアップするシーンで、事前に沈黙させておくとそれを防げたのが、防げなくなっている)などがあります。

ただ、新ジョブ・新アビリティが追加されたことで、新たに使えるようになった攻略も存在します。
(砲撃士の「合成」でオメガや神竜にスロウが効くなど)


FF5 の攻略ページが完成したら、iPhone AC のアプリ一覧紹介系のページのリニューアルを考えております。
本家側の iPhone AC は攻略をメインとしているため、記事の作成に時間がかかり、このブログの更新に時間を取られている事もあって、古くなっている部分があります。

アプリの紹介はすでにこのブログの方がメインになっているため、本家側の一覧紹介ページは更新しやすいカタログのような形に変更し、詳細紹介はこのブログへのリンクで行う形にしたいと思っています。

なお、「うちのアプリを紹介して欲しい」「当社のアプリの記事を書いて欲しい」といった依頼もよく頂くのですが、当方は依頼を受けての記事作成は行っておりません

まだまだスマホアプリの紹介を行っているメディアが少なく、特に個人や中小メーカーにとってアピールできる場が少ないことは問題だとは思っているのですが、依頼を受けて記事を書くと公平性や信憑性が失われることや、俗に言う「ステマ」の問題、本音の記事が書けなくなってしまうなどの理由から、受け付けておりません

メールを頂いても返信せずに放置ということが多く、大変失礼している状況で心苦しいのですが、このような状況であるため、どうかご理解頂ければと思います。
心証を悪くしてしまった皆さんにお詫び申し上げます。<(_ _)>


さて、話は変わって、最近になってヒットアプリを連発しているメーカー Foursaken Media の Heroes and Castles と Block Fortress にユニークなアップデートが行われているので取り上げておこうと思います。

まず Heroes and Castles
以前行われた Ver 2 のアップデートで、レンジャー(弓使い)メイジ(魔術師)ベテラン(サイボーグ)などの新ヒーロが追加され、さらに城を攻める悪の軍団となって戦う「Siege」モードが追加されたのですが、先日行われた Ver 3 のアップデートでさらに新ヒーローが加わっています。

新しいヒーローはアサシン(暗殺者)、バーバリアン(狂戦士)、ドルイド(自然の僧侶)の3人。
さらにステージやユニットなども追加されている模様です。

heroesandcastles10

これまでの追加ヒーロは全て課金通貨であるクリスタルが 120 円分ほど必要だったのですが、今回追加されたアサシンは無料で加えられています。

これで最初3人しかいなかったヒーローは、実に9人に・・・
悪の軍団側も合わせると 13 人になっています。

その悪の軍団で戦う Siege モードですが、こちらはキャンペーンモードではなく、1ステージのみの単発モードです。
しかし正義の皆さんがメチャメチャ強く、簡単にクリア出来るような難易度ではないため、クリアしようと思ったらかなりやり込む必要があります。

heroesandcastles11

Siege モードはこちらが城に攻め込む側なので、施設の建設などはありません。
ただ、ダークツリーという回復と進攻の拠点があって、これが破壊されるとほぼ敗北ですし、収入を増やすユニットや、味方を強化するユニットなどが存在します。
ですからこれが城や施設建設の代わりになっていて、ディフェンスゲームである点は変わっていません

しかし敵の城は城壁で守られているし、弓兵や塔が矢をビシュビシュ撃ってくるし、兵士はワラワラ出てくるし、敵ヒーローは何度倒してもすぐ次が出てくるのにこっちはやられたら即ゲームオーバーだし、「勇者ずるい」と思わずにいられませんね。

基本戦略は、最低限の出費で守りながら「Cultist」を増やして収入を上げ、アンデッドメインなら「Standard Bearer」、ゴブリンメインなら「Goblin Drummer」を作って全体を強化しつつ、出来るだけ数を絶やさないように攻める形でしょうか。


もう1つの人気ゲーム Block Fortress には、「Bot」と呼ばれるサポートロボットが追加されました。
これまでは1人で戦っていた主人公ですが、これからは Bot と一緒に戦えます。

Bot は7種類あり、敵をマシンガンで攻撃するスタンダードボットや、ダメージを受けたブロックを治す修理ボット、プレイヤーにシールドを張るもの、鉱石を掘ってくれるものなどが存在します。

アンロックするには1つ 170 円の課金が必要になりますが、スタンダード型は無料で利用でき、全部まとめて 350 円でアンロックすることも出来ます。

blockfortress11

連れて行けるのは1体のみ。
「敵を自動で攻撃」「コインを拾い集める」「主人公を追尾する」などの命令を与えることができ、集めたレアミネラルでパワーアップすることも可能です。

得に人気になりそうなのが、犬型の「Dog Bot」。
鉱石を掘ってくれる Bot ですが、攻撃やコイン集めなども行うことが可能で、命令に従ってちょこまか動く様子がすごく可愛いです
見ているだけで和むので、人気が出そうですね。

blockfortress12

Foursaken Media というメーカーは少人数のメーカーだったと思うのですが、昨今の開発ペースやアップデートを見ると、かなり開発力が増している印象があります。
規模を拡大したのでしょうか?

ガチャではない、こうしたゲームらしいゲームの拡張を今後も期待していきたいですね。

Heroes and CastlesiTunes を表示レビューに移動
Block FortressiTunes を表示レビューに移動攻略ページに移動

【お知らせ】共通窓口 iEBA について

先日、iPhone 関連のブログ/サイトを運営している複数の方々への「共通窓口」となるメールアドレスが、ゲームキャストさんを中心に設立されました。

iPhone Entertainment Blogger Alliance」、通称 iEBA です。
メールアドレスは iebacontact@gmail.com になります。

これは開発メーカーや個人開発者、及びアプリなどの販売元、その他 iPhone 関連のプレスリリースの連絡窓口となるメールアドレスです。
ここに送信された内容は、協賛している各ブログ/サイト運営者の方々へと配信されます。


当サイト(iPhone AC)とこのブログ(iPhone AC 番外レポート)は、開発・販売側からの依頼を受けて記事を作成することはなく、メールが来ても全てお断りしています。
これは他の多くの(企業運営ではない)ブログでも同様だと思います。

ただ、それでなくても iPhone アプリはアピールできる場所が少ないので、それがメーカーや販売元にとっては悩みどころになっており、おまけにその事が「マナーを無視したマーケティング」の要因になっている懸念もありました。

と言うか、ゲームキャストさんの方では言いにくそうなので私がぶっちゃけて言ってしまうと、要するに今の iPhone 市場にはランキング工作やらレビュー自演やら、(依頼とは解らない形での)有料の依頼記事作成やら情報リリースやらが当たり前のように行われている訳で、「これでいいのか」というのがずっとあった訳です。
これでは企業力や資金力のあるメーカーのアプリしか目に止まらなくなるうえに、ステルスマーケティングなどの横行によって全体の信用がなくなっていきます。
そこで、ゲームキャストさんがこの状況を鑑みて「一般ブロガー側の企業窓口も用意しよう」という考えを出され、それで設立されたのがこのメールアドレスになります。

まだメンバーが少なく、これは「iPhone 以外も視野に入れてるから」「デマや中傷を受ける要因になりかねないから」などの懸念があるためですが、とりあえず第一歩ではあると思うので、もしリリース先に困っているメーカーや販売元の方がいましたら、利用して頂ければと思います。
ただし、それを参考にするかどうか、記事にするかどうかはあくまで各ブロガー/サイト運営者の判断になりますので、その点はご了承下さい。


まあ、これだけ書いてこんな事を言うのもアレですが・・・
当サイト&ブログは依頼を受けて記事を作成することはありません。
一応、連絡があったアプリは試してみようとは思いますが、あくまで自分が気に入ったアプリや、注目したアプリしか扱いません。
また、ゲームアプリ以外を試用することはあまりありません。

いずれにせよ、当方にメールを直接送られてもお断りするだけですし、メール対応が遅いこと・行えないことも多いので、前述の iebacontact@gmail.com の方に送って頂ければと思います。
(そちらに送られたメールは当方にも転送されるようになっています)

詳細や問い合わせについては、ゲームキャストさんの以下のページをご覧下さい。

iPhoneブロガーに一括で連絡できる窓口 iPhone Entertainment Blogger Alliance 立ち上げのお知らせ

【お知らせ】ゲームキャストさんが本を出版「凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション」

※発売日になりましたので再告知です! 昨日から全国の書店で販売されています。

iPhone ゲーム情報ブログとしておなじみの「ゲームキャスト」さんが、この度 iPhone のゲームアプリを紹介した書籍を出版されました。
その名も「凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション」。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション

ど真ん中に「なめこ」が鎮座する特徴的な表紙です。
セリフがやたら「ガンダマー」な感じになっていますが、この表紙にはゲームキャストさんもビビったとの事。
どうやら編集さんがインパクトを重視してデザインされたようですね。

ゲームキャストさんがこれまでにプレイしてきた膨大なゲームアプリの中から 200 個のアプリを厳選し、その紹介記事を収めたもので、コラムやゲームメーカー/開発者へのインタビュー記事も掲載されているようです。

ゲームキャストさんは「ゲーマー」な訳ですが、アプリの選出は出来るだけ多くの人が楽しめるよう「ライトユーザー」のことも考慮して選択されたようで、難易度がかなり高いものや、英語が表示されまくるようなものは今回は除外したそうです。

iPhone アプリの書籍は数あれど、これだけ「ゲームアプリ」に集中した本は他にないのではないでしょうか。
また他の iPhone アプリ書籍は、そのアプリのチョイスに(特にゲームにおいては)疑問が残るものが多いのですが、ゲームキャストさんはちゃんとゲームをプレイされている人なので、その点は安心できます
コラムなども個人ブロガーらしい、結構きわどいコメントが載っている模様。

発売は10月25日なのでまだ先ですが、Amazon ではすでに書籍リストに掲載されています。
価格は 1344 円、全 160 ページ。
おそらく最初の「ユーザー視点の iPhone ゲーム本」だと思うので、内容に期待ですね。

凄い!!iPhoneゲームアプリコレクション(Amazon 書籍ページに移動します)

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google