iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

アクション

ロックマン モバイル 1~6 - あのロックマンが6作まとめて登場

ios iphone ipadandroid

1987 年末にファミコンで発売された、アクションゲームの金字塔の1つ「ロックマン」。
高難度でありながら、様々なロボットが登場し、倒すと彼らの武器を使えるようになるこの作品は、世界中のゲームファンに愛され、数多くの続編と派生作を生み出しました。

そんなロックマンシリーズのファミコン版の6作品が、まとめてスマホで登場しています。
ロックマン モバイル」「ロックマン2 モバイル」「ロックマン3 モバイル」・・・ です。
それぞれ別のアプリで、6作目まで存在します。

さて、このスマホ版がどんな内容なのか・・・
まずは、海外のスマホゲーム情報サイト「TouchArcade」のレビューをご覧頂きたいと思います。
評価は5段階でなんと1、そこでは Mega Man(海外版ロックマン)を愛するユーザーの心の叫びがつづられています。
以下、翻訳文です。(多少?の意訳あり。原文は こちら

「買うな。やるな。マジで笑えねぇ。 誰かが陳腐に作り直したんじゃねぇのか?
動きが違う、
敵の動作も違う、当たり判定がおかしく、ダメージ時の挙動も変わっている。
フレームレートはひどく、初期のスピードは馬鹿げて遅く、高速にすると速すぎる上に不安定。
UI は使いにくく、手前にある物の裏に隠れなくなり、物理コントローラーのサポートもない。
あぁ、あの素晴らしいゲームがこんな最悪な形で帰ってくるなんて。

マジでウンザリだ。 ずっと昔の、俺が高校の時のコンピューターはこのゲームをスムーズにエミュレートしていた。 カプコンは長年に渡りこのゲームを何度も移植してきて、俺たちはもっと美しいバージョンも見てきた。
なのにどうして iOS 版はここまで最悪なんだ。

(海外で出ていた2009年公開の)再現版ロックマン2はこんなにひどくなかった。
これ以上このレビューに書くことはない。 ドット絵はおそらくそのままだ。 音楽は変わっていないが効果音はいくつか消えている。 操作性はそこまで悪くないが、難しいシーンをさらにハードにしている。 色々なオプションがあり、残機を無限に出来るので、ミスっても何度でもやり直せる。 これ以上良い点はあげられない。
あぁ、難易度設定があり、オートセーブもある。

だが、それだけだ。 カプコンはこの作品をこの状態でリリースしたことを恥ずべきだ。
俺の思い出補正が強すぎるのかもしれないが、しかしこれがひどいことは疑いようがない。
これは最悪の事態であり、自分を傷付けたくないなら買わないでくれ」


うーん、ここまで言うとは・・・ こんなにフルボッコだと・・・
むしろやりたくなるじゃないか! どこまでクソゲーなのか見届けるために!

まあ、先に結論から言うと、私的な印象はそこまで最悪ではないです。
ただし、これは「ガラケー版のロックマンをほぼそのまま移植したもの」です。
つまり本当に「陳腐(低スペック用)に作り直したもの」なんですね。

海外にはガラケーなんてありませんでしたから、TouchArcade の中の人が「どうしてこうなった!?」と思ってしまうのも無理はないところ。
しかしだからこそ、スマホなのですから・・・ 上記の嘆きは真実でもあります。

価格は 360 円。 1作目~6作目、すべてこの値段。
買い切りゲームなので課金・スタミナ・広告等は一切ありません。

rockman

rockman続きを読む

Roar Rampage - 巨大怪獣がパンチ連打する爽快アクション

ios iphone ipad

ゴジラっぽい巨大怪獣がパンチで町を破壊していく、ちょっとコミカルな怪獣アクションゲームが公開されています。
Roar Rampage」です。

2013 年のゲームで新作という訳ではないのですが、11月にレビューした Super Cat Tales の開発メーカーをチェックしている時にこのゲームが目に付き、試してみると面白かったので、いつか紹介しようと思っていました。
最近テレビ CM でゴジラをやたら見かけますし、この機会に取り上げておこうと思います。

価格は 120 円。 買い切りなのでスタミナや広告はありません。
資金(ジェム)を買う課金要素がありますが、必須ではありません。
やや古いゲームなので、iOS10 だと「iPhone の動作が遅くなる場合があります」と表示されますが、特に問題はないと思います。

Roar Rampage

Roar Rampage 2続きを読む

サリーの法則 - 父と娘、それぞれの気持ちを描くランゲーム

ios iphone ipadandroid

今年のクリスマスは、親子愛をアクションゲームで描いた、心温まる作品を紹介したいと思います。 
サリーの法則」です。

このゲームは韓国の「BEST of 2016」で次点に選ばれていたアプリです。
ただ、その時点ではタイトルも解説もハングルで、詳細が解らなかったのでスルーしていました。
しかし先日より日本語化され、日本の iTunes ストアでも公開されています。

シンプルなアクションゲームですが、同じステージを娘のパートと、父のパートでプレイします。
そして娘のパートでは娘の気持ちが表示され、父のパートでは娘の手助けをしつつ、こちらも父の心情が語られます。

アプリ本体は無料。 ただし広告は多め。 スタミナもあります。
課金は広告の非表示やスタミナ回復を行うものになっています。

サリーの法則

サリーの法則
続きを読む

Super Mario Run - 全世界待望の任天堂スマホ本格参入作品

ios iphone ipad

iPhone 7 のイベントで華々しく発表され、世界中のユーザーを驚かせた「iPhone 版のスーパーマリオ」。
任天堂のスマホ本格参入となるそのアプリが、本日いよいよ公開されました。
Super Mario Run」(スーパーマリオラン)です。

スーパーマリオとは言え、主人公が自動的に走り続け、プレイヤーはジャンプ操作のみを行う、俗に言う「ランゲーム」。
スマホのカジュアルゲームの定番ではありますが、ゲームとしては簡素なものが多く、白熱する巷の報道をよそに、心配していたスマホゲーマーも多いことでしょう。

内容は既存のランゲームの枠を超えたものではありませんが、任天堂らしい丁寧な作りと、配慮の行き届いた遊びやすさ、バラエティーに富んだステージを持つ、「確かにマリオだ」と思える作品になっています。
ゲーム自体は巷の期待を裏切らない出来と言って良いでしょう。

問題はボリュームと価格。
集中してやると2時間足らずでメインステージが終わってしまう事と、全ステージをプレイするには 1200 円の課金が必要なことですね。
アプリ本体は無料ですが、そのままではメインステージは3つしか遊べません。
それ以外の課金はなく、スタミナや広告などもありません。

super mario run

super mario run
続きを読む

Party Hard Go - リア充パーティーピーポー殺戮ステルスゲーム

ios iphone ipadandroid

このアプリを当サイトで取り上げるべきか悩んだのですが・・・ 話題作だし、扱っておこうと思います・・・
サイコパスな殺人鬼を操作し、パーティーに潜入してバカ騒ぎしているパーティーピーポーを皆殺しにするゲーム。 
Party Hard Go」です。

その不謹慎さとゲーム性で昨年 PC(Steam)で評判になった作品で、見つからないように直接および間接的に人々を減らしていく、ステルス(隠密)ゲームです。
殺戮ゲームとして話題ですが、好き放題に暴れまくる内容ではありません。
ちまちまと慎重に、1人ずつ消していく感じですね。

残虐な題材のゲームですが、ファミコン時代のような粗いドットグラフィックのため、見た目の残酷さや気持ち悪さはあまりありません。

価格は 840 円。 買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等はなし。
開発したのはロシアのメーカーのようですが、メッセージは全て日本語化されています。
なお、オリジナルのゲーム名は「Party Hard」で、Party Hard Go はスマホ版の名称です。

Party Hard Go

Party Hard Go続きを読む

Super Cat Tales - かわいい子猫が大冒険するマリオ型アクション

ios iphone ipadandroid

世は空前のネコブーム。 テレビでも連日子猫の姿が映されていますが、スマホでもかわいいネコ達が冒険するスーパーマリオ型のアクションゲームが公開されています。
Super Cat Tales」(スーパー・キャット・ブラザーズ)です。

決してブームに便乗しているアプリではなく、開発したのはイタリアのメーカー。
過去に ドロップ・ウィザード なども公開している、レトロテイストなゲームを作っているところです。

2ボタン制で操作が簡単、すごく遊びやすい適度な難易度で、キャラもホノボノ、しかもネコ。
これはライトユーザーを中心に、いかにもヒットしそうですね。

アプリ本体は無料、ただしステージ開始時に全画面広告が出ることがあります。
240 円の課金で広告は撤廃可能です。
なお、iPhone 版と Android 版でアプリ名が違うので注意して下さい。

Super Cat Tales

Super Cat Tales続きを読む

RunGunJumpGun - イカレた世界観の反動浮遊レトロ死にゲー

ios iphone ipadandroid

太陽がイカレてもうすぐ吹っ飛ぶイカレた世界で、ジャンク屋が銃の反動で飛び回りエネルギーを集めていく、イカレた雰囲気の激ムズアクションゲームが公開されています。
RunGunJumpGun」です。

ステージクリア型の強制スクロールゲームで、浮遊感のある操作は Jetpack JoyrideDownwell に似ています。
よってスマホではそれほど珍しいスタイルのゲームではないのですが、その世界観が超独特
MSX のようなレトログラフィックと奇妙なキャラクター、奇想天外なステージとクラブミュージックな BGM が強烈なインパクトを炸裂させています。

ゲームとしては、ひたすらリトライを繰り返しながら高難度のステージに挑戦する「マゾゲー」で、そのため好き嫌いが分かれると思います。 って言うか、私はこのタイプは嫌い。
にも関わらず、あまりに独特な世界観のおかげで思わずハマりました。
私が「やる気になったマゾゲー」は久々ですね。

価格は 360 円。 買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等はありません。
開発したのはカナダの小スタジオで、確かにこの独特なキャラはカナダらしいです。

RunGunJumpGun

RunGunJumpGun続きを読む

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
本家サイトはこちらです
http://iphoneac.com/

最新コメント


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ
ご意見・ご連絡は ezw01271@nifty.com まで
ブログ方針は こちら を。
Google