iPhone AC で公開していた最新のスマホゲームレビューは、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」さまに移転しております。(経緯は こちら をご覧下さい)

以下は 2019年4月 に電ファミニコゲーマーで公開された、当方のゲームレビューのリストです。
レビューの公開は iPhone AC の サイト / 当ブログ、及び Twitter でも告知し、記事ページに移動できるようにしております。

----------

4/22:ポプテピピック++
pptp
クソアニメをクソゲー化した自動進行のハクスラ系アクションRPG風クソアプリ。
Nonstop Knight」に似た内容で、主人公は勝手に戦い、装備の強化によりダメージやHPがどんどんインフレしていく。
ボイスが男性verと女性verに交互に切り替わるなど、ポプテピらしい演出を備えている。

4/18:Rush Rally 3
rushrally2
自然豊かなオフロードコースでタイムアタックを行うリアル系ラリーレースゲームの最新作。
繊細かつ大胆なドリフトを駆使する走りが魅力だが、リトライを繰り返しながら1秒を削っていくゲーム性はかなりストイック。
グラフィックが美しくなっており、車体の汚れやライトの明かり、雨や雪の表現、ぶつかったところが凹む車体ダメージなど、演出面もリアルになっている。

4/15:ダンジョン・ウォーフェア2
dungeonwarfare
Steamでもスマホでも人気になった、ルート可変型タワーディフェンスの名作の続編。
通路を埋め尽くす圧倒的物量の敵を数々のトラップで一網打尽にしていく。
基本部分は変わっていないが、スキルや装備アイテムが追加され、新たな敵やトラップも登場。
レベルを際限なく上げられ、周回プレイもあるなど、やり込み要素が強化されている。

4/11:エバーテイル
evertale
「ドラゴンアイランドBLUE」や「ハンターアイランド」、「ネオモンスターズ」の後継となるモンスター収集RPG。
今回はポケモン的な内容ではなく、王道ファンタジーのストーリーとなっており、グラフィックも大幅に改善されている。バトルも相変わらず戦略性が高い。
第二幕からスタミナ制になるため、その点で過剰に叩かれているが、第一幕は普通のフィールド移動型RPGであり、一幕だけでも十分なボリュームがある。

4/8:アボ(Avo)
avo
主人公はなんと「アボカド」。実写映像の研究所の中を歩き回るムービーアドベンチャー。
アボカドは CG だが、それ以外はすべて実写で、しかも主人公の移動に合わせて背景の人が振り向くなど、自然な映像が流れる。
ショートムービーと言えるが、海外ドラマのような物語を楽しめる。

4/4:Pirates Outlaws
piratesoutlaws
海賊がテーマのデッキ構築型ローグライク・カードゲーム。
カードを使って戦うソロプレイの RPG だが、手札の使い方より、カードの強化と破棄で「デッキ圧縮」をすることが勝利のポイントとなる。
他のローグライク・カードゲームより遊びやすく、ビジュアルセンスに優れ、アプリも安い。

4/1:DJノブナガ
djnobunaga
サウンドは中田ヤスタカさん、ゲームデザインは「グルーヴコースター」の石田礼輔さん、アートデザインは「ウゴウゴルーガ」などで知られる田中秀幸さんという、名うてのクリエイターが携わった戦国DJ音楽アクションパズル。
2018年7月にスタートし、2019年2月に終了したソーシャルゲームを買い切り化した作品。
音楽ゲームではなく、音楽がテーマのアクションパズル。

----------

2019年3月のレビューリストは こちら をご覧下さい。