iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

シューティング

Revolt

近未来、ロボットに支配された世界で人間のレジスタンスが戦う全方向スクロールの SF シューティングゲーム
それが「Revolt」です。

敵を倒しながらダンジョン内をゴール目指して進んで行く「探索型」のシューティングで、メジャーなゲームで言うと Solomon's Keep に似たスタイルと言えます。

今人気で個人的にも好きな「全方向スクロールシューティング」の新作、Game Center にも対応しているので試してみたのですが・・・
結論から言うと今ひとつでした。

revolt

画面左下のスティックで移動、画面右下のスティックで銃の発射方向を指示するという、全方向スクロールシューティングおなじみの操作方法です。 操作性は良好です。
通常の銃攻撃の他に、強力で弾数制限がある手榴弾も存在します。

前述したようにダンジョンを進んで行くタイプで、敵がいるとそのまま戦闘になります。
敵には銃を撃ってくるタイプと体当たり攻撃をしてくるタイプの2種類がいて、敵弾が敵にも当たるという性質があります。
また、背景には「撃つと爆発するもの」がたくさんあり、この爆発に巻き込むことで敵を倒すことも出来ますが、こちらも巻き込まれるとダメージを受けてしまいます。

基本的には敵を倒さずに進行しても良いのですが、敵を倒すとクレジットが得られ、ステージクリア後にそれを使って銃や弾などを購入することが出来ます
つまりショップでのパワーアップ要素もある訳ですね。

Revolt

ここまでの内容を聞くと、「結構面白そう」と思った方もいると思いますが・・・ 色々残念な点も多いゲームです。

まず、敵の数が少ない
敵は1体1体が少しずつ出てくる感じで、まとめて出てくる時でも2~3体ぐらい。 多くても4体以上をまとめて相手することは希ですね。
他の全方向スクロールシューティングのような、「大量の敵を次々と撃ち倒す爽快感」と言ったものはこのゲームにはありません

また、銃の弾数に制限があり、リロードも頻繁に行うため、無駄に銃を撃つ事は出来ず、相応に狙い撃ちしていく必要があります。
よって、「銃を撃ちまくる爽快感」みたいなものもありません

ダンジョンの様子も、最初は SF 的な背景に「おおっ」と思うのですが、終始変わり映えしないため、だんだん単調に思えてきます。
しかも1フロアが妙に長く、ラスト以外にボスや中ボスのような存在もないため、「ゲームの変化」に乏しいですね。
ステージ数は8ステージ。 1ステージが 10~15 分ほどのため、全体を通してのボリュームも「そこそこ」と言ったところでしょうか。

マップが狭く、敵を全滅させるとステージクリアになる「サバイバルモード」も用意されていますが、これもそんなに敵が多い訳ではありません。


正直、Solomon's KeepMinigore などの全方向スクロールシューティングをやったことのある人には、物足りない内容でしょう。
ゲーム展開はどちらかと言うと Guerrilla Bob に似ているのですが、でもこれを買うなら Guerrilla Bob をやった方が良いでしょうね・・・

価格は現在は発売セール中で 230 円。 定価は不明です。
(セール中なら)そんなに高い訳ではなく、今後のアップデートが色々予定されているようなので、それに期待してもいいかもしれないけど・・・
私的にはあまりオススメできませんね。

Revolt(iTunes が起動します)

Geometry Wars : Touch

Xbox のゲームソフトの「おまけ」として付いていたミニゲームだったにも関わらず大人気になり、拡張版が配信され、海外では Wii 版やニンテンドー DS 版まで発売されたという全方向スクロールシューティング。
それが「Geometry Wars」・・・ らしいです。

「らしいです」というのは、私はこのゲームの事をまったく聞いたことがなかったから。
Xbox のゲームであったため、日本での知名度は低いですね。
しかし海外では非常にメジャーなゲームのようで、iPhone / iPod touch に移植されたことも大きなニュースとして伝えられていました。

geometrywars

画面左下のコントロールサークルで自機を移動、画面右下のサークルで弾の発射方向を指定する、全方向スクロールシューティングおなじみの操作方法です。
操作性は良好で、コントロールサークルは指を置いた場所に現れるため、操作していて違和感を感じることはありません。

ゲームはかなりスピーディーに進みます
敵の出るペースが早く、数も最初から多めなので、全体的に速いテンポで進行します。
おかげで次々と出てくる敵をバシバシ倒しまくる爽快感がありますね。
敵を倒した時には火花が飛び散るため、見た目もハデです。

敵を倒すと緑色の破片が出て、それを集めると得点の「倍率」が上がっていきます。
この倍率はゲームオーバーになるまで蓄積され続けるので、長く続けるほどスコアが加速的に伸びていきます。
このスコアシステムもなかなか面白いです。

ゲームモードはかなり豊富で、
3分間のタイムアタックである「DEADLINE」、
円形のバリアの中でしか攻撃出来ない「KING」、
通常モードと言える「EVOLVED」、
弾が撃てず爆発するしかけを利用して敵を倒す「PACIFISM」、
波のように一直線の敵が襲ってくる「WAVES」、
ステージクリア型のモードである「SEQUENCE」、
巨大な敵が登場する「TITANS」があります。

これらは条件を満たすことで徐々にアンロックされていきます。
最初は「こんなにモードがあっても・・・」と思いましたが、やってみるとどれも特徴があって楽しめます

geometrywars2

ただ、このゲームには致命的な欠点があります。
それは・・・ 激しく「指」が邪魔になる

画面の左下と右下には指が置かれている訳ですが、このゲームはそれらの指がある場所にも自機が頻繁に移動する(移動せざるを得ない)事に加え、敵が四方八方からどんどん湧き出てきて、当然右下や左下からも敵が出てくるため、「指が邪魔になって敵が見えなくて死んでしまった」という事も頻発するのです。

このゲームは閉じられた空間の中で逃げ回りながら戦うゲームですが、その空間が狭めなうえに移動スピードがけっこう早いため、すぐに画面端に到達してしまいます。
よって、指で見えない場所に行ってしまうことが多いのです。

他の全方向スクロールシューティング、例えば Meteor BlitzSpace Miner は「画面端」というものがないため、常に自機が画面中央に位置しています。
これだと指はあまり邪魔になりません。

MinigoreiDracura は閉じられた空間ですが、空間が広めなうえに自機の速度がそこまで速くないため、自分からそちらに行かない限り見にくい場所に追い詰められる事はまずありません。
Critical Wave は上下の端に行っても、自機の縦位置は常に画面の中央付近をキープしています。

つまり人気のある全方向スクロールシューティングは、iPhone / iPod touch でもプレイしやすいよう配慮されているか、ゲームシステムがマッチしている訳ですが・・・

しかし残念ながら Geometry Wars は、iPhone でプレイするにはシステムがマッチしておらず、配慮や調整もまったく加えられていませんでした
操作性自体は悪くないのですが、やはり一般のゲーム機のゲームをそのまんま iPhone に持ってきても、やり辛いだけという事でしょうか。

とは言え、ゲームとして面白いか面白くないかで言うと・・・ 面白いです
さすが XBOX で人気になっただけあります。
このスピーディーさと、気軽に短時間で出来るゲーム性、ハイスコア狙いが熱い得点システムなどは、さすがヒット作と言えます。

また、このアプリは iPad にも対応していて、iPad だと画面が大きいので指の問題はかなり解消されます。
iTunes のレビューには iPad での操作に問題があるというようなコメントがありますが、私がやった限りでは特に難点は見当たりませんでした。
指で敵が見えないというケースが激減するため、明らかにスコアは iPad の方が伸びますね。
(それでも指が邪魔になるケースがないとは言えませんが)

現在はセールで 115 円になっているので、この値段ならなかなかオススメできるアプリだと思います。
ただこのアプリ、定価は 800 円のようで・・・ この価格だと、他の全方向スクロールシューティングと比べると、明らかに高いです。
定価ではオススメし辛いアプリですね・・・

・Geometry Wars : Touch(公開終了)
・Geometry Wars : Touch Lite(公開終了)
 

Solomon's Keep

魔術師学校の生徒が卒業テストを兼ねて、悪の魔術師に占領された砦に挑む・・・
そんな全方向スクロールシューティングのダンジョン探索 RPG
それが「Solomon's Keep」です。

かなり秀作のアプリで、本当は iPhone AC にページを作るつもりだったのですが、なかなか機会が得られないまま外伝作品まで登場したので、とりあえずこちらでご紹介します。

ゲーム内容は(解る人にしか解らない説明ですが)、「ディアブロ」をもっとライトにして、全方向スクロールシューティング風にアレンジした、という感じですね。
公式サイトの解説文でも「ディアブロ風のゲームです」と説明されています。

solomonskeep

左下の仮想スティックでキャラクターを移動させ、右下の仮想スティックで弾の発射方向を指定するという、全方向スクロールシューティングおなじみの操作方法です。
操作性は非常に良好で、操作し辛いと感じる事はまずありません。
かなり良い感じで調整が行われています。

ゲームごとに自動生成されるダンジョンの中を探索していくゲームで、ダンジョンの地図は自動的に作成され画面の中央に表示されるため、迷うことはありません。

多数の敵が次々と登場しますが、それを派手な魔法で次々撃破していけるため爽快感もあります
魔法には爆風で敵を倒せるファイアーボール、自動追尾で複数同時発射するマジックミサイル、出っぱなしで継続ダメージを与え電導もするライトニングの3種類があり、どれもハデな画面効果を伴っていて、見た目的にも綺麗です。

ただ魔法を使っていると「マナ」を消費し、これがなくなると攻撃力が激減するため、マナを節約しながら撃つか、マナを回復する方法を併用しながら使用する必要があります
この辺りは他の全方向スクロールシューティングと違う点ですね。

ゲームは町からスタートするのですが、「マジックキー」というアイテムを使って「どこでもドア」のようなものを出し、いつでも戻ることが出来ます。
マジックキーは何度使ってもなくならず、町から元の場所に戻ることも出来るため、冒険中にいつでもショップを利用しにいけるのが特徴です。

敵を倒して経験値が貯まると「レベルアップ」し、「スキル」を覚えることが出来ます。
スキルはレベルアップごとにランダムに選ばれる候補の中から1つを選択する形で、魔法の強化やマナ回復量の増加、特殊攻撃や補助魔法の習得、アイテムを吸い寄せる補助スキルなど多岐に渡ります。
同じスキルを強化してパワーアップさせていくこともでき、この辺りのシステムはディアブロによく似ています。

Solomon's Keep

グラフィックとサウンドの質が全体的に高く、演出や操作性も良い、少しやっただけで完成度の高さを感じる事が出来るアプリです。

砦は 13 階までで、1時間強でクリアすることが可能です。 2時間はかかりません。
しかしクリア後は難易度が上がった2週目・3週目が始まり、レベルやスキルもそのまま強化し続けていくことが出来ます
アイテムはランダム生成であり、2周目以降はさらに強力な装備が出たりするため、それらを探す楽しみもありますね。

そして特筆すべきもう一つの点は、価格。
この完成度で 115 円という安さです! 無料体験版まで用意されています。

※現在は無料化され、ゴールドを課金で購入できるようになりました。

内容的にも価格的にも文句なくオススメできる、秀作アプリですね。

Solomon's Keep(iTunes が起動します)
Solomon's Keep Lite(iTunes が起動します)
 

Guerrilla Bob

ヒゲ面のゲリラのおじさんが銃を撃ちまくりながら突き進む、全方向スクロールのライトなシューティングゲーム。
それがこの「Guerrilla Bob」です。

ゲーム内容は(解る人にしか解らない説明ですが)「Minigore」+「戦場の狼」と言った感じで、全方向スクロールのシューティングではありますが、ゴールを目指して進み続けるタイプのゲームですね。

販売は iPhone アプリのマーケティング会社の大手 Chillingo ですが、開発は Angry Mob Games という開発スタジオ。
国籍は不明ですが、たぶんアメリカの小規模メーカーだと思います。
かつて「IGF」というインディーズゲームの表彰で、最終候補にノミネートされたゲームでもあります。

Guerrilla Bob

左下のスティックで主人公を操作、右下のスティックで銃を撃つ方向を指示するという、全方向スクロールシューティングおなじみの操作方法です。
操作性は良好で、カーソルから指がズレてもちゃんと補正してくれます。

ゲームは横やナナメ方向に向かう場合もありますが、基本的には「縦スクロール」のシューティングゲームです。
ただし強制スクロールではなく、プレイヤーが前進しなければスクロールも止まります。

ゲームの最初に EASY と HARD を選択出来ますが、EASY にするとかなり簡単で、HARD でもそんなにすごく難しいという程ではありません
キャラクターのグラフィックもポップな感じで、ゲリラが主人公の近代戦のゲームではありますが、全体的にコミカルなイメージです。

加えて、このゲームには「オートエイミング」(自動照準)が用意されており、開始時の選択でこれを ON にすると、自動的に銃を敵の方向に撃つようになります。
つまり「狙う必要さえない」訳で、iPhone / iPod touch のユーザー層に合わせてか、誰でも楽しむ事ができる、かなりライト(軽い)感じのゲームになっています。

操作感覚は Minigore に近いのですが、画面がスクロールしていきボスも出現する点と、敵キャラの多くは立ち止まって銃を撃つ場合が多いのが異なります。
多くの全方向スクロールシューティングゲームは体当たり攻撃がメインの敵が多いので、それらとはちょっと違う印象ですね。

ゲームモードは3種類、スコアがあり武器はステージ内で手に入れる「ARCADE」と、敵を倒すとお金を入手でき、それを使ってステージ間に行けるショップで武器の購入やアップグレードが行える「MERCENARY」、さらに延々と敵と戦い続ける「SURVIVAL」です。

マーセナリーとサバイバルはアップデートで追加された新モードで、アーケードとマーセナリーはシステムが違うだけで、プレイするステージは同じです。

Guerrilla Bob

難点は、そんなにボリュームがないことでしょうか。
ステージは全8ステージで、1時間ほどでオールクリアしてしまえます。
HARD だとそれなりに難しいですが、1UP しまくるし、セーブしたところから再開できるので、クリア出来るのは早いでしょう。
最初から最後まで似たようなステージばかりで、変化があるのは最終面ぐらいなのもちょっと欠点です。

継続してプレイするゲームと言うより、1回ごとのプレイのスコアを競うタイプのゲームなのだと思いますが、そう考えた場合、1ステージの長さも、クリアまで1時間近くかかるというのも、ちょっと長いように思いますね。
この手のゲームとしては、もうちょっと派手さも欲しかったところです。

サバイバルモードなら短時間でのスコアアタックが出来ますが、サバイバルで言うなら MinigoreiDracura の方が面白いかなと思います。

とは言え海外で表彰を受けただけあって秀作ゲームであることは確かです。
全方向スクロールのシューティングゲームが好きな人にはオススメ出来ますね。
「他の全方向スクロールのシューティングは自分にはちょっと難しい…」という人でも、このゲームなら十分楽しめると思います。

価格は 350 円と、内容相応かなと思える値段で、決して高くはないと思います。
ただ個人的には・・・ まだ他の全方向スクロールシューティングをやっていないのなら、Meteor BlitzMiniGoreiDracura などの方がいいかなぁ、というのも本音です。

Guerrilla Bob(iTunes が起動します)
Guerrilla Bob Free(iTunes が起動します)
 

怒首領蜂 大復活

縦スクロールのシューティングゲームにおける「歴史的作品」と言えるのが、ゼビウス、1942・1943、雷電、そしてこの「怒首領蜂」でしょう。
怒首領蜂は今日流行りの「弾幕シューティング」の草分け的存在であり、もう 10 以上前のゲームですが今見ても通用するクオリティーで、私も今でもたまにプレイしています。
その怒首領蜂の(事実上)3つ目の続編となるのが、この「怒首領蜂 大復活」です。

開発したのはシューティングを牽引するメーカー「CAVE(ケイブ)」で、ゲームセンターに登場したのは 2008 年という、比較的最近のゲームです。
その「怒首領蜂 大復活」が、他のゲーム機に先駆けて iPhone / iPod touch に移植されました。
最新のアーケードゲームが最初に iPhone で登場するというのは、「そういう時代になったんだな」というのを感じますね。

ちなみに、怒首領蜂の(事実上の)2作目は「怒首領蜂 大往生」というゲームでしたが、このゲームは難易度がハンパじゃなく、私もプレイした時に1面でさえあまりに難しいのに驚愕、当然あっという間にゲームオーバーになり、もう二度とやらなかったという経験があります。
怒首領蜂 大復活は大往生の続きのストーリーですが、大往生を iPhone に持ってこなかったのは正解でしょうね。

怒首領蜂 大復活

自機の攻撃、敵の攻撃、爆発や演出などが全て「ド派手」なのが最大の特徴でしょう。
画面を埋め尽くす程の圧倒的な攻撃力で大量の敵をどんどん殲滅していける内容で、シューティングの基本である「爽快感」は十分です。

「弾幕シューティング」だけあって敵の攻撃も非常に激しいのですが、自機の当たり判定が小さくて被弾しにくい上に、このゲームは常に「オートボム」の状態で、敵弾に当たってもボムが自動的に発動して助かります。
つまり、ボムが3つあれば4回被弾するまでやられない訳で、このオートボムが強いおかげで怒首領蜂シリーズではもっとも低い難易度になっていると言って良いでしょう。
よって見た目の割に、初心者の方でもプレイしやすいゲームです。

また、面白いのは敵のレーザーを、自機のレーザーで撃ち返せるというシステム。
レーザーが大量に飛んできても、自機がレーザーを撃っていればそれがシールドとなって、やられる事がないのです
自機の攻撃はボタン1つでいつでもショットとレーザーを切り替えられます。
いかにも強そうな敵の攻撃を簡単に防げるおかげで、ますます「守る事、かわす事の爽快感」を得られますね。

怒首領蜂 大復活

圧倒的な自機の攻撃、かなり激しい敵の弾幕、画面中を飛び交うレーザー、それらで画面が埋め尽くされるにもかかわらず、動作はかなり快適で、ケイブの技術力の高さを感じられます。
エスプガルーダII と同じく、iPhone 3G や第二世代 iPod touch ではプレイ出来ないのが欠点ですが・・・
これだけの処理を行うゲームだと、それも「さもあらん」と思ってしまいますね。
もちろん背景などのグラフィックも精密な書き込みがしてあって、非常に高レベルです。

操作も非常にやりやすく、エスプガルーダII で好評だった優れた操作性はそのままです。
ただ、ボタンの反応範囲がやや狭く、レーザーとショットの切り替えがうまくいかない事がある点は気になりました。
このゲームはここが攻略のポイントになるので、ボタンの大きさや感度も調整できれば良かったのに・・・ というのはありますね。


ゲームシステムについてですが、オリジナルと同じ「アーケードモード」と、iPhone / iPod touch での操作に最適化した「iPhone モード」の2つが存在します。

アーケードモードは、敵を途切れずに倒し続ける事で「コンボ」が増えていき、それによって点数が飛躍的に上がっていくシステムとなっています。
これは従来の「怒首領蜂」でもそうだったのですが・・・

iPhone モードには、この「コンボ」に相当するものがありません。
iPhone モードには S と M のゲージがあって、敵の弾に「かする」ことで M ゲージが上がっていき、それにより得点アイテムの「倍率」が増えていきます。
一方、敵を倒しまくると S ゲージが増えていき、最大になると攻撃力がアップ、さらに敵が得点アイテムを落としまくるようになります。
ただし S の時は得点アイテムの倍率は低下し続けます。
よってスコア狙いのプレイは、敵弾にかすりまくるマゾいプレイで倍率を上げ、その後に S になって得点アイテムを回収しまくる、という形になります。

怒首領蜂 大復活 には「ハイパーゲージ」というのがあって、これを使ってしばらく強力な攻撃を行う事が出来るのですが、iPhone モードでは「M の方がハイパーゲージが上がりやすく、ハイパー攻撃を使ってゲージを消費すると一気に S になる」という特徴があるため、これもハイスコア狙いのポイントになっています。

怒首領蜂 大復活

このようなシステムになっているのは、タッチパネルではボタンの操作がやり辛いため、細かいショットの ON/OFF が難しく、そのため「コンボを途切れさせずに敵を倒す」というのが困難だからのようです。
よって思い切って、「コンボのないシステムを新たに作った」ということのようですね。

正直、iPhone モードの「かすると倍率アップ」と言うのは、私的には iPhone に向いていたかどうか微妙な気がします。
iPhone の小さな画面で「敵弾にかする」というのを繰り返すのは、かなり細かい作業で、あまりやりやすいとは言えません。

ただ、オリジナルの「コンボが途切れないように注意しながらプレイする」というのは窮屈で好みではなく、完全な「パターン化」が必要なものであったため、私的には iPhone モードの方が好きですね


とにかくシューティングとしては、圧倒的な完成度と言えます。
前作の「エスプガルーダII」がすでに iPhone のシューティングとしては圧倒的だったのに、その上を行くんだからもうハンパないです。

「オートボム」のおかげで初心者でもプレイしやすく、上級者には「二週目」や「裏ステージ」が用意されていて、やり込み性も高いです。
もちろんスコア狙いも熱いゲームですね。

価格は 1000 円と高めですが、この完成度なら納得です。
今はセールも行われているようなので、動く本体を持っているのなら見逃す手はないと思います。
シューティングとしては絶対的にオススメのアプリですね。

怒首領蜂 大復活(iTunes が起動します)


【追記】
近いうちに iPhone AC に攻略ページを作成する予定ですが、とりあえず自分用も兼ねて、2周目に行くのに必要となる「蜂アイテム」の出現場所の一覧ページだけ先に作成しました。
ここでこっそり(?)先行公開しておこうと思います。
http://iphoneac.com/dodonpachi8.html

プレイしている方は参考にしてみて下さいね。


怒首領蜂 大復活
 

R TYPE (EA)

※このアプリは発売元の EA の権利切れにより、iTunes Store から消去されています。
代わりに iOS 版 R-TYPE の開発元の DotEmu が、新しい iPhone や iPad の画面に対応した新バージョンのアプリを公開しています。

http://iphoneac-blog.com/archives/7971470.html

1980 年代後半に登場し、革新的なシステムを数多く盛り込んで大ヒット、その後のゲームに大きな影響を与えた横スクロールシューティングの金字塔
それが「R-TYPE」です。

その初代 R-TYPE が iPhone / iPod touch 用のアプリとして登場しました。
オリジナルは日本のアイレムという会社が開発したものですが、iPhone / iPod touch 版はフランスの DotEmu というメーカーが移植を担当したようで、発売は EA(エレクトロニック・アーツ)です。

R-TYPE

タッチ操作で自機を動かし、ショットと溜め撃ちである「波動砲」で敵を倒していきます。
パワーアップすると「フォース」と呼ばれる着脱可能なオプションを装着でき、これを入手後はフォースの着脱ボタンが追加されます。
フォースは切り離している間も攻撃が可能で、敵弾を防ぎ、後ろに付けると後方にも攻撃が出来るため、状況に合わせて着脱する事がゲームのポイントとなります。

パワーアップによってフォース装着時に、壁で跳ね返る「反射レーザー」、地を這う「対地レーザー」、交差するように飛んでいく「対空レーザー」などの独特な攻撃を行う事が可能です。

とにかく難度が高く、非常に難しいゲームとしても知られています。
アーケード版(ゲームセンター)でクリアした人はかなり少なく、今でも難解なシューティングの代名詞と言える存在です。
iPhone / iPod touch 版には自機が無制限の「無限モード」が用意されていますが、死んだらスタート地点か中間地点に戻され、パワーアップなしの状態で再開するため、いずれにせよ高難度です。

操作は画面のどこをなぞっても指の動きに合わせて自機が動く形で、スペースインベーダー インフィニティジーンエスプガルーダなどと同じスタイルです。
指の速度と同じスピードで自機が動くため、オリジナルより高速な動きが可能です。
ショットは自動連射にすることも可能で、その場合ショットボタンは波動砲(溜め撃ち)のみに使用します。


移植度はかなり高く、オリジナルの R-TYPE が遜色なく移植されています。
ただ、アーケード版をそのまま移植したと言うよりは、家庭用ゲーム機向けにちょっとグラフィックのクオリティーを落としたものを移植した、という感じはします。
まあ iPhone である事を考えれば、十分な出来栄えと言えるでしょう。
オープニングとボス出現時の音楽がないのがちょっと残念ですが。

しかし、最初のうちはいいのですが・・・
後半ステージになると、操作の問題が気になり始めます・・・

前述したように操作性自体は悪くありません。
画面のどこをなぞっても指の動きに合わせて自機が移動してくれるので、最初のうちは違和感ありません。

しかし R-TYPE というゲームは、自機をかなり大きく動かさなければならないゲームです。
そのため操作中に画面から指がはみ出てしまい、「指の置き直し」をしなければならなくなる状況が多発するのです。
そして指を置き直していると、その間は自機が動けず、R-TYPE は難しいゲームですから、そんな自機が動けない時間があるとそれが致命傷となってしまいます・・・

設定で画面サイズのフルスクリーンを「オフ」にすると、ゲーム画面が小さくなって外周を指の置き場として使えますが、それでもこのゲームの場合は指の置き直しが必要になるケースが多いです。

後方や斜め下から敵が出てくる場合が多いので、敵が指で隠れて見えなくてやられてしまった、という状況も発生しやすいです。

加えてタップ操作だと、どうしても指が震えたりズレたりして、精密な操作がやり辛くなりますが、このゲームの後半ステージは細かい操作を要求される場面が多いため、タップ操作だと非常にやりにくく、常に操作に気を使わなければならなくなります。

R-TYPE

これらの操作の問題のため、後半ステージはかなりプレイが困難です。
自機がオリジナルより素早く動けるため、簡単になっている部分もあるのですが・・・ それを差し引いてもやりやすいとは言えないですね。

最近は iPhone / iPod touch にも、数多くの秀作シューティングゲームが登場しています。
その多くは操作性も良く、快適にプレイする事が出来ますが、この iPhone 版 R-TYPE をやって解りました。
それらのゲームが快適なのは、操作性に加えて、ゲームシステムもタッチパネルに最適化しているから快適なんだ、という事に。

オリジナルの R-TYPE は当然タッチパネルの事なんか考えられていませんから、それをそのまま移植したのでは、やはりやり辛さが目立つ形になってしまいますね・・・

一応、本体の傾きによる操作や仮想パッドによる操作も用意されていますが、それらの操作性は問題外です。


まあ「かつての名作をそのまま移植した」という所に価値を見い出すべきアプリでしょうから、ヘタに変えない方が良いというのもあると思います。
でも R-TYPE を知らない人にはオススメは出来ないですね。
当時は革新的だったとは言え、今見るとさすがに古いし、オリジナルを知っている人でないとそんなに楽しめないでしょう。

完全な「パターンゲーム」「覚えゲー」ですから、「ミスを繰り返しながら少しずつ攻略を見いだしていく」というのに付いて来れない人も多いかも。
弾避けが苦手な人でもプレイ出来るという利点もありますが・・・

オリジナルを知っている人なら、サウンドなどに気になる部分もありますが、かなり高い再現度なので懐かしみながら楽しむ事が出来ると思います。
前述したように後半ステージは操作が厳しいので、最後まで本気で攻略しようと思っている人には向いていないかもしれませんが、難しいゲームですから「元々前半ステージしか知らない。そこまでしか行けない」という人は多いはず。
そう言う人なら、価格は 230 円とそれほど高くないので、「懐かしさのために」買うというのも悪くないと思います。

コントローラーでプレイ出来たら、もうちょっと評価も変わるんだけどなぁ・・・
Apple はタッチパネルにこだわりがあるようだから、そう言うのは許さないんでしょうね・・・

R TYPE(公開終了。新バージョンは こちら

rtype3
 

Assault Squadron

とにかく綺麗、グラフィックの質がハンパじゃない、技術力も凄い!
ビジュアル的には間違いなく最高品質の縦・横可変シューティングゲーム。
それがこの「Assault Squadron」です。

販売元は iPhone / iPod touch で数多くの秀作ゲームをプロモーションしている Chillingo、開発元はオーストラリアのメーカーのようです。

ゲームもさることながら、とにかくムービーとグラフィックの質が素晴らしいゲームです。

AssaultSquadron

縦&横スクロールのシューティングゲームで、ステージごとに縦か横かが決まっています。
自機は攻撃パターンの異なる数種類から選べ、それぞれ通常ショットとサブウェポン(ミサイル)の2つの攻撃を持ちます。

また、画面から指を離してしばらく「溜める」と特殊なレーザー攻撃を行う事ができ、これで敵を倒すと「ゴールド」が出現、これを集めるとクリア時にボーナス点が加算されます。

敵を倒すとカラフルなパワーチップを落とし、それを集める事でパワーゲージが貯まり、最大になる事でパワーアップします。
チップは近づくだけで吸い込んでくれるので、必死で取りに行かなくても集められます。
グリーンは通常ショット、ブルーはサブウェポンを強化し、赤を集めるとボムのストックが1つ増えます。
ボムボタンは画面の右上にあり、使用すると敵にダメージを与え敵弾も消してくれますが、ボタンの位置はやや使い辛いですね。

自機は「耐久力制」で、敵の攻撃を受けるとライフが減っていき 0 になるとゲームオーバーですが、コンティニューですぐにその場から復帰できます。
コンティニュー回数はノーマルだと 10 回で、コンティニューしてもスコアがリセットされないので、言わばこれが「残機」と言っても良いですね。
難易度は3段階用意されていて、簡単な「カジュアル」だとコンティニューが無制限なので、誰でもクリア可能です。
(ただ、やられるとパワーアップゲージがリセットされるため、ボコボコやられまくっているといつまで経ってもパワーアップできません)

敵の攻撃は割と激しい方で、1面から敵弾が多めなのですが・・・
各ステージはそんなに長くなく、6ステージでオールクリアなので、シューティングに慣れた人ならノーマルでもそんなに苦労することなくクリア出来ると思います。

ステージは前述したように短めですが、携帯で遊ぶにはちょうどいいぐらいの長さで、そこそこの時間でオールクリア出来るので、気軽に遊ぶ事ができます。
iPhone / iPod touch に向いた長さだと思います。

クリア時やステージ間にはムービーが流れ、このムービーの質がハンパじゃないです。 とにかく美しいです。

AssaultSquadron2

ステージ中の背景も綺麗で、ビームなども美しく、グラフィックの質は本当に高いです。
また、敵や弾が多めで、パワーチップなども多数出るにも関わらず、iPhone 3G でも処理落ちがほとんどありません
スムーズにゲームが動作し、操作性も非常によく、技術的な高さが感じられます。

強いて難点を言うと、通常のタッチ操作だと指の前方に自機が位置するので、画面の最後部まで自機を持って行けない事でしょうか。
(指の動きより速く自機が動く操作方法があり、そのモードだと画面の最後部までタッチ操作で移動できますが、やや慣れが必要で、自機が指の裏側に隠れます・・・)
また、ステージごとに「縦スクロール」と「横スクロール」が切り替わる事で、iPhone / iPod touch をその都度持ち変えなければなりません。
このスクロールの切り替えはゲーム性の1つと言えますが、賛否両論あるでしょうね。
注意として、ボスはパーツから壊していかないと倒せません。


全体的に、非常にクオリティーの高いシューティングゲームです。
先日紹介した「Space Laser」と、この「Assault Squadron」の登場によって、iPhone のシューティングはまた新しい時代に突入したなと感じます。
価格は 350 円ですが、十分その価値のあるシューティングですよ!

シューティングゲームが苦手な人だと1面から苦戦するかもなので、そこで尻込みするかもしれませんが、ぜひ一通りやってみて欲しいゲームです。
私的にはかなりオススメのアプリです!

Assault Squadron(iTunes が起動します)
 

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
https://iphoneac.com/

 最新のレビュー記事は
 電ファミニコゲーマーに
 移転しております。

iPhone AC レビュー記事移転

 移転の詳細は
 こちら をご覧下さい。

 更新情報は Twitter
 お伝えしております。



最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ

カムライターオ

ご意見・ご連絡は
iphoneac@mobile.nifty.jp へ
ブログ方針は こちら を。
Google