iPhone AC 番外レポート

iPhone や iPad(スマホやタブレット)の、主にゲームアプリのレビューを行っています。

パズル

Toy Physics

画面を指でなぞって「板」を出し、上から降ってくる「おもちゃ」を木箱に入れていく、ゆるやか系(?)の物理パズルゲーム。
それが「Toy Physics」です。

ちょっとシュールでオシャレなグラフィックのゲームなのですが、全体的にゆったりとした動きとサウンドで、独特でゆるい世界観があるゲームですね。
開発したのはアメリカのメーカーのようです。

toyphysics

上からボールやキューブ、その他さまざまな形の「おもちゃ」が落ちてきます。
画面には色々な障害物があり、おもちゃはそれらに当たりながら、物理シミュレートされた動きで下へと落ちていきます。
一番下には木箱があって、ベルトコンベアーのように一方向に動き続けており、この木箱の中におもちゃを指定の数だけ入れればステージクリアとなります。
木箱以外の場所に落ちてしまうとミスとなり、3ミスでゲームオーバーです。

プレイヤーは画面をなぞることで緑色の「板」を出す事が出来ます
これにおもちゃを乗せたり当てたりして木箱に入れていく訳ですが、板は1枚しか出す事ができず、新しい板を描くと前の板は消えてしまいます
おもちゃはどんどん落ちてくるので、1つのおもちゃだけに気を取られていると他のおもちゃが落ちてしまうのが難しいところですね。
板はタップする事で、任意のタイミングで消すことも出来ます。

以下は Youtube で公開されている公式トレーラーです。



「物理・重力シミュレート」のゲームですが、あまり重力は強くなく、月面のようなゆるやかな感じの動きです。
サウンドも見た目もホノボノで、難易度もそんなに高くない、ゆったりしたゲームですね。
子供向けという訳ではありませんが、割と万人向けのゲームではないかと思います。

内容としては、「とびきり面白い」とか「ユニークなアイデアがある」という訳ではないのですが、ほんのりと(?)ストレスなく楽しめます。

ステージは全 40 ステージで、正直ボリュームがあるという程ではなく、集中してやると1時間ぐらいで終わってしまうかもしれません。
難易度には「ノーマル」「ハード」「エキスパート」の3種類があるのですが、ステージはどれも同じで、おもちゃの落ちてくる間隔が短くなるのみです。

toyphysics2

OpenFeint や Game Center などに対応していないのが残念ですが、とても丁寧な作りのゲームですね。

価格は 115 円と安いので、値段を考えると悪くないアプリと言えます。
どちらかと言うと、この洒落た雰囲気は「女性向け」と言えるでしょうか。
私的には iPhone / iPod touch にマッチしたゲームではないかなと思います。

Toy Physics(iTunes が起動します)
Toy Physics Lite(iTunes が起動します)

Colorbind

「紙テープ」を使った、シンプルで渋い、そして手強いパズルゲーム。
それが「Colorbind」です。

今年の2月に公開された、結構前からある個人作成のパズルゲームなのですが、私が知ったのはつい最近です。
やってすぐに「こんな良作が埋もれていたとは」と思ったアプリですね。

iPhone / iPod touch のクールなイメージとタッチパネルに良くマッチしたパズルゲームです。

colorbind

紙テープの端を指でドラッグすると、それに従って伸びていきます。
画面上には紙テープと同じ色の「丸」が描かれていて、同じ色の紙テープを通過させると塗りつぶされます。
全部の丸を塗りつぶすとステージクリアとなります。

ルールはシンプルですが、以下のルールがあります。
紙テープは折れ曲がる時に必ず直角に曲がります。
そして折れ曲がったポイントでは、「丸」を塗りつぶすことはできません
また、テープは縦と横なら交差させることが出来ますが、この時に「縦」の方(明るい方)が手前に来ます。
そこに「丸」があった場合、手前のテープの色のみが反映されます

colorbind2

ルールとしてはそんなに難しくはありません。 やればすぐに解ります。
また序盤ステージはかなり簡単で、最初にやった時は「低難度のサクサククリアしていくタイプのパズルゲームかな」と思ったのですが・・・

ステージが進むとかなり難易度が上がってきて、EASY レベルでも後半になると結構考えなければクリア出来なくなってきます。
Medium レベルになると、もう1ステージずつ熟考していかないとクリア出来ないレベルになります。
難易度は結構高めと言っても良いでしょうね。

colorbind4

見た目がシンプル、紙のようなグラフィックと渋めの色使いで、サウンドも控えめ。
派手さはないのですが、全体的にクールな雰囲気です。
地味な事は確かですが、これはこれで iPhone / iPod touch らしくて良いのではないでしょうか。

ステージは 80 以上用意されていて、難易度やクリアにかかる時間を考えると、割とボリュームはあります。
外出時や移動中の空き時間などにやるのにも良さそうですね。


雰囲気とゲーム性、パズルらしい難易度がうまく融合したアプリで、価格も 85 円
10 ステージしかありませんが無料体験版もあるので、そちらで試してみるのも良いでしょう。 雰囲気の良さは解ると思います。
私的には好みで、パズルが好きな方にはオススメしたいゲームです。

Colorbind(iTunes が起動します)
Colorbind Lite(iTunes が起動します)

Trainyard

世界的に大ヒットしているシンプルでクールな、列車を使ったパズルゲーム。
それがこの「Trainyard」です。

販売直後から日本はもちろん欧米でもかなりの高評価を受けていて、すでに iPhone / iPod touch の定番となりつつあるアプリです。
私的には「そこまで大絶賛されるほどでは」という気もするのですが・・・
いや、秀作であることは確かだと思うのですが。

開発したのはカナダの小メーカーで、最近カナダの秀作アプリが増えつつありますね。

trainyard

マスの上に列車のスタート地点とゴールがあります。
画面を指でなぞるとそれに沿って「線路」が敷かれ、スタートボタンを押すと線路に沿って列車が走り出します。
列車を全てゴールに到着させればステージクリアとなります。

列車には赤や青の色が付いていて、ゴールも各色に色分けされています。
赤のゴールには赤の列車を、青のゴールには青の列車を到着させなければなりません。
また、ゴールごとに到着させる列車の数が指定されている場合もあります。

線路は交差させたりポイント(分岐点)を作ったりすることも可能で、ポイントは列車が通過するごとに切り替わります。
初期のポイントの状態はダブルタップで変更できます。

ゲームのルール、画面の構成などは非常にシンプルにまとめられています。
そのためハデさはありませんが、解りやすくてクールな印象で、パズルらしいパズルと言う感じですね。

そして操作性が非常に良く、削除(ERASE)モードで指をサッとなぞると線路を消すことができ、かなりの手順まで戻せるアンドゥ(一手戻る)機能も付いています。
列車をスタートさせた後も、ダメだと思ったらすぐボタンで停止して設置モードに戻れるし、列車のスピードもコントロールできます。
全体的に「キビキビ」とした操作感ですね。


最初の頃はかなり簡単なステージが続き、あまりにも簡単過ぎてダレて来ました。
しかし中盤以降になると「列車を同時にゴールさせなければならないステージ」「色の違う列車を合わせて別の色にしてからゴールさせなければならないステージ」などが登場。
こうなると各列車をどこで合流させるか、どうやって時間を合わせるかなどを考えなければならなくなり、急にパズルとしてのレベルが上がります。

それでもパズルとしてはそんなに難しい訳ではないのですが、思考性はかなり高く、かなり頭を使うゲームである事も確か。
程よい難易度が、逆にクリアする気持ち良さを与えてくれますね。
難しいステージでも、失敗したと思った時にすぐ設置モードに戻れるので、やっていてストレスになりません。

Trainyard

ただ私的にはこのゲーム、ちょっと物足りなさもありますね。
全体的に淡々としていて、派手な演出がある訳でもなく、イマイチ盛り上がりに欠けます
私がこの手のパズルに慣れてしまっているというのもあるかもしれませんが・・・

しかし日本でも、そしてアメリカやヨーロッパでもかなり評価されていて、iTunes レビューでも大絶賛の嵐です。
一般の人にとってはゲームっぽい派手な演出はない方がプレイしやすいだろうし、複雑なルールよりシンプルなルールの方が解りやすいです。
このアプリはそれらの条件を満たしていて、それでいて思考性と操作性に優れるので、それがこれだけのヒットになっている要因でしょうか。

私は序盤が簡単過ぎると思ったのですが、「万人ウケ」の事を考えると、むしろこのぐらいの方が良いのかもしれません。
後半になると本格的な難易度になるので、パズルに慣れている人は序盤だけでゲームを判断しないようにして下さい

価格も 200 円と安く、無料の「Trainyard Express」も用意されています。
有料版は 150 ステージ、Trainyard Express は 60 ステージですが、無料版でも(タダの割に)十分なボリュームと言え、さらに有料版と無料版のステージは全て異なるので、無料版も単なる「体験版」という訳ではありません。

このアプリの場合、ゲームっぽくないシックな雰囲気が大ヒットの要因と言えるでしょうか。
普段ゲームなどをあまりやらない一般の方に、特にオススメしたいアプリですね。

Trainyard(iTunes が起動します)
Trainyard Express(iTunes 起動、無料版)

iMamonoSweeper

Windows を使ったことがある人なら1度はやった事があるであろう「マインスイーパー」。
ヒントの数字を元に地雷の位置を探していくパズルゲームですね。
そのマインスイーパーと RPG 組み合わせたゲームが iPhone アプリになっています。
それが「iMamonoSweeper(マモノスイーパー)」です。

元は Flash で作られたミニゲームとしてホームページ上で公開されていたもので、今でも以下のサイトで(パソコンで)プレイ可能です。
http://www.hojamaka.com/ (Hojamaka Games)

imamonosweeper

ゲームのルールは「マインスイーパー」に似ていますが、地雷の代わりに「マモノ」が隠れています。
そしてヒントの数字は周囲にいるマモノの数ではなく、「周囲のマモノの合計レベル」になっています。

プレイヤーは最初はレベル1で、自分とレベルが同じかレベルが低い相手ならノーダメージで倒せますが、自分より高いレベルの相手と戦うと(そのマモノがいるパネルを開けると)ダメージを受けてしまいます。
しかし敵を倒していくと経験値が貯まってレベルが上がり、より強い相手もノーダメージで倒せるようになっていきます

HP が 0 になる前に全てのマモノを倒すとクリア。
強いマモノのパネルを開いて HP が 0 になってしまうとゲームオーバーですね。
なかなか操作性は良く、ピンチ操作でズームイン/ズームアウトも可能、パネルを押しっぱなしにする事で「マーキング」も出来ます。

レベルが低い時に強いマモノがいるパネルを開けてしまうと即死してしまいますが、レベルが1つ上の相手ならダメージを受けても倒すことは出来るので、オリジナルのマインスイーパーと違って「1ミス即ゲームオーバー」という事がなく、運の要素がそのぶん緩和されています

また、単に地雷を避けるだけのオリジナルと違い、レベルが上がるとマモノを倒していく事が出来るので、それが普通のマインスイーパーにはない面白さに繋がっています。

グラフィックは見ての通り、非常に古くさいシンプルなものです。
見た目とボリュームの点では、とても有料アプリのクオリティーではないですね。

ただ、色々なサイトやブログで紹介されてきたゲームだけあって、内容自体は面白いです
私はマインスイーパーが好きなので、このゲームにも思わずハマってしまいました。
マインスイーパー好きで、この見た目でも問題ないという方なら、間違いなく楽しめると思います

EASY しかプレイ出来ませんが、無料版も公開されているので、まずそちらで試してみるのもオススメです。

・iMamonoSweeper(現在非公開)

Cut the Rope

キャンデーに繋がっているロープを切り、ミニモンスターのところに落とすシンプルかつ新機軸の物理パズルゲーム
それがこの「Cut the Rope」です。

販売は iPhone アプリのプロモーターの大手 Chillingo
開発は ZeptoLab という小さなメーカーのようで、詳細は解らないのですが新興メーカーのようです。

iTunes のレビューは非常に高評価で、やってみるとそれも頷ける、とても遊びやすいパズルアプリです。

Cut the Rope

キャンデーにロープが繋がっていて、指でカットすると切ることができ、それによってキャンデーが「重力と物理法則」に従って動きます
ロープをうまく切っていき、画面内に座っているミニモンスターのところにキャンデーを落とすとゲームクリアとなります。

言葉ではやや説明しづらいので、下の画像を参考にしてみて下さい。
ロープを切る事で丸いキャンデーの位置が変わっていくのが解ると思います。
一度やればすぐに解るルールです。

Cut the Rope

また、ステージ内には3つの「★」があり、これをキャンデーで取ってからクリアすることで「クリア評価」が上がります。
単にクリアするだけだと非常に簡単なので、この★を3つ集めてクリアする方法を考える方がパズルゲームとしては楽しめますね。

ステージが進むとロープだけでなく、当てるとキャンデーが昇っていく泡、風を送るブーブークッション、スライドして動かせる支点、ロープを巻き取れるハンドルなど、様々な仕掛けが登場します。

それらがステージの進行に合わせて順次出てくるため、マンネリ化しがちな展開にも変化が与えられています。

Cut the Rope

ステージはいくつかのエリアに分かれており、1つのエリアは 25 のステージで構成されています。
現在4エリア用意されているので、合計で 100 ステージ。

ただ難易度がそれほど高くなく、数秒で終わるステージも多いので、集中してやると意外と早くクリア出来てしまいます。
よってボリュームの点でやや低めなのが難点でしょうか・・・

ただ、気持ちよくサクサクとクリアしていけるし、あまり難しすぎるのも問題がありますから、これはこれで良いのではないかと思います。
私的には程よく頭を使う、誰でも楽しめる難易度ではないかと思います。
また、今後のアップデートでステージが追加されていく予定のようですね。

iPhone / iPod touch ではピタゴラ系パズルや物理破壊パズル、書いた絵が物質化するものやバランス系のゲームなど、数多くの秀作パズルゲームが登場しています。
しかしそれでもなお、このような新機軸の秀作パズルが新たに登場してくるのですから、ちょっと大げさですが「人間の想像力に限界はないんだな」と言うのを感じますね。

価格も 115 円と安く、見た目もかわいくてルールも解りやすい、万人にお勧めできるアプリです。
ステージクリアにかかる時間が短いので、ちょっとした空き時間に遊ぶことも可能です。
これで定期的なアップデートでステージが増えていけば、十分 iPhone の定番になり得るアプリだと思いますね。

Cut the Rope(iTunes が起動します)
Cut the Rope Lite(無料体験版です)

shibuya

とてもシンプルなルールとグラフィック、しかし結構頭を使うクールなパズルゲーム
それがこの「shibuya」です。

shibuya って、「渋谷」って事ですよね・・・?
でも開発したのはアメリカのメーカーです。
うーん、渋谷って海外でもクールな感じのイメージなんでしょうか?

確かにこのゲームには、渋谷っぽい雰囲気は感じますね。

shibuya

画面を見てもルールがさっぱり解らないと思いますが・・・ 割とシンプルな内容です。

上から透明のレールのようなものが降りてきて、画面左上には次に置かれるブロックが表示されています。
レールの上をタップするとそこにブロックが設置され、レールの最下段に置いた場合は下に落ちて積み重なっていきます。
下に積まれたブロックが同色で2つ以上並ぶと、タップして消すことが出来ます。

言葉では説明し辛いのですが・・・ 下の画像も参考にしてみて下さい。
やればすぐに解るルールです。

shibuya

例えば、 の順でブロックが設置される時、そのまま下から順に置くと同色が重なることはない訳ですが、を置いて、1マス分空けてを置き、さっき空けた部分に次のを置くと、の順になって、が並んでいるので消せるという訳です。
うーん、言葉では説明しにくい・・・

とにかく、そんな風にレールの上に置くブロックの順番を考えながら設置して消していくパズルゲームですね。
慣れないうちはかなり難しく感じますが、割と早く慣れることができ、そして慣れるほど高得点が取れるようになるゲームです。

出来るだけたくさん積んで連続で消していくとコンボボーナスが入り、5つ以上同色のブロックを並べて消すとマッシブボーナスが入ります。
ブロックを残さずに消すとオールクリアボーナスも加算されます。
これらのボーナスをうまく得ていくこともスコア狙いには重要です。

また、このゲームにはレベルごとに分かれた「アチーブ」(達成目標)があり、例えばレベル2なら「4コンボボーナスを得る」「オールクリアをする」「マッシブボーナスを得る」「ノーマルのクイックプレイで一定時間までプレイする」などの目標があり、全て達成するとレベル3になります
これらの達成もゲームの目標の1つとなっています。

shibuya

このゲームで特筆すべきもう1つの点は、BGM が良いことでしょう。
アンビエントっぽいテクノ系・トランス系のサウンドが、見た目のクールさと相まって非常に良い雰囲気を醸し出してくれます
BGM は5曲あり、1曲が結構長いのですが、ゲームが長時間続いている時はそれが順番に流れるので、同じ曲がずっと続くことはありません。


最初は取っ付き辛いかもしれませんが、コツさえ解ればハマれるパズルゲームです。
シンプルな見た目とルールなのに、先読みが必要になる思考性の高いパズルで、ありそうでなかった内容のゲームだと言えますね。

そんなに長時間プレイするゲームではないし、忙しい操作が必要なものでもなく、見た目も良いので、外出時や移動中にプレイするアプリにも向いていると思います。
価格は 230 円で、内容相応の値段ではないかと思います。
私的には気に入っているパズルゲームですね。

shibuya(iTunes が起動します)
 

Babo Crash HD

「爽快感」という点では間違いなくナンバー1の「マッチ3ゲーム」(ズーキーパー系パズル)。
それが「Babo Crash HD」です。

名前に HD と付いていますが iPad 専用な訳ではなく、iPhone / iPod / iPad 対応の「ユニバーサルアプリ」です。
日本人から見るとかなり独特な絵柄で、開発したのはカナダのメーカーのようですね。

babocrash

基本的なルールは「マッチ3ゲーム」(ズーキーパー系)と変わりません。
同じ宝石を3つ並べたら消すことができ、消せない場合は動かす事は出来ません。
宝石が消えると上にある宝石が落ちてきます。

このゲームの特徴は、4つ以上の宝石を同時に消すと「ヒーロー」と呼ばれる「顔」のようなマークが現れる事。
そしてこの顔を消すことで、ハデな特殊効果が現れることです。
特殊効果は「縦一列の宝石を消す」「継続的に周囲の宝石を破壊し続ける」「同色の宝石をすべて壊す」など様々で、この効果で別のヒーローを破壊すると、さらに連鎖で効果が発生していきます。

元々このゲームは宝石の種類が少なめで、消しやすくて連鎖も発生しやすい内容になっています。
そこにヒーローによる大量破壊も加わるので、連鎖し始めると本当に、画面中の宝石がバリバリと壊れまくります。
その爽快感は他のマッチ3ゲームでは味わえませんね。
連鎖で宝石が壊れると「パリーン!」という気持ちの良い音を立てるのですが、この効果音も爽快感に繋がっています。

また、このゲームは「アクティブ連鎖」(宝石が壊れている最中に、別の宝石を動かして連続で壊す事が出来るルール)に対応しているため、素早くどんどん破壊していくことがハイスコアを狙うコツにもなっています。

ステージクリア型のゲームになっていて、宝石を壊すことでメーターが上がっていき、制限時間までにメーターを最大にすることが出来ればクリアとなります。
そしてクリア時に「オーバータイム」というボーナスステージのようなモードになり、残っている時間分、通常より大連鎖が発生しやすくなります。
このオーバータイムの残り時間は「連鎖中は止まる」ため、アクティブ連鎖を活用し、少しでも長くオーバータイムを続ける事がスコアに大きく影響します。

連鎖していると得点の「倍率」が上がっていき、オーバータイムなら 100 倍以上にすることも可能です。

babocrash2

もう1つの特徴は、iPhone を回転させる事で、重力の方向を変えられること。
つまり、縦に持っていれば縦方向に宝石が落ちる訳ですが、横向きにすると横方向に落ちるのです。

これは普段のゲーム中にはあまり活用しませんが、「爆弾を指定の枠の中に移動させると大爆発する」というしかけがあって、この時に爆弾を枠の中に落とすため回転システムを活用する事になります。
まあ無理に使わなくても良いのですが、面白いしかけと言えますね。

ゲームモードには通常の「CRASH」の他に、時間やおじゃまキャラがない「RELAX」、75 秒でのスコアを競う「RUSH」があります。
やや難点と言えるのは、難易度がそれほど高くないため、時間制限のある RASH モード以外、かなりプレイ時間が長くなることでしょうか。
でも簡単な方が、誰でも楽しむ事が出来ると思います。
なお、CRASH モードは Level 21 終了でクリアとなるようです。


一般的なマッチ3ゲームのルールでありながら、大連鎖や大破壊による爽快感が非常に高い、他とは一線を画す内容と言えます。
見た目に「クセ」があるので、日本での知名度はそれ程でもないのですが、私的にはかなりオススメ出来るアプリですね。
価格も 230 円と、割と手頃です。

Babo Crash HD(iTunes が起動します)
 

 iPhone AC

 ブログトップへ

iPhone AC
https://iphoneac.com/

 当ブログは
 更新停止中です。
 ゲームレビューは
 無期限の自粛中です。

 2017年以降の
 ゲームレビュー一覧は
 こちら をご覧下さい

最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフ

カムライターオ

ご意見・ご連絡は
iphoneac@mobile.nifty.jp へ
ブログ方針は こちら を。
Google